openpear の紹介

961 views
936 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
961
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
71
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

openpear の紹介

  1. 1. openpearの紹介 riaf (nequal)
  2. 2. 自己紹介 •riaf(りあふと読む人が多い) •本名は「さとうけいすけ」 •北海道の東側に生息 •昨日、北見から札幌入り •所属: nequal
  3. 3. ちなみに •羽田 -> 新千歳 •約 1.5 時間 •北見 -> 札幌 •約 5 時間 一番の アウェーは 僕じゃない だろうか?
  4. 4. nequal? •nequal.jp •個人でウェブサービスを作る •モチベーション維持が大変 •みんなでやる •適度な責任感&リソースの共有
  5. 5. nequal? •members •sotarok(東京) •riaf(北海道) •wozozo(東京) •anatoo(佐賀) •genfm(新潟)
  6. 6. ここから本題
  7. 7. openpear •誰でも参加可能な PEAR •Subversion + PEAR Channel •パッケージングはブラウザ上で
  8. 8. 何故 openpear が 必要なのか
  9. 9. PEARとは •PHP Extension and Application Repository •PHP で書かれたライブラリ集 •標準構成の PHP をインストールする と、一緒にインストールされる
  10. 10. 他の言語では? •Perl - CPAN •Python - PyPI •Ruby - RubyForge (gems) •PHP - PEAR
  11. 11. パッケージ数 CPAN PyPI RubyForge PEAR 0 5,000 10,000 15,000 20,000
  12. 12. 開発者数 CPAN RubyForge PEAR 0 10,000 20,000 30,000 40,000 PyPi は不明... パッケージ数を考慮すると 5000 人以上?
  13. 13. なぜこんな事態に •PEAR は登録が面倒 •パッケージングが面倒 •標準関数が充実しているため、ライブ ラリを用いない開発されることもしば しば
  14. 14. 登録するまで (1) •PEAR のルールに乗っ取ってコードを 記述 •コード品質検証用の ML もある ※僕は登録したことが無いので もしかしたら間違ったこと言うかも
  15. 15. 登録するまで (2) •pear.php.net のアカウント取得 •登録作業は人力 •ライブラリ情報とともに Proposal (提 案) をあげる •ここでスルーされると終了
  16. 16. 登録するまで (3) •反応がくるまで待つ •特に問題がなければ、投票ステージへ •PEAR 開発メンバが一人一票 +/- を投 票 •5票以上あつまればようやく登録
  17. 17. ほかにも •パッケージング •リリース作業 •ドキュメント ここまでして 「公開したい!」 と思えるかどうか
  18. 18. 自作ライブラリ •気軽に作ってみた •そこそこ便利だからブログにでも掲載 しておこうかな ライブラリの分散 情報の分散 結局自作してしまう
  19. 19. ノウハウが 蓄積されない
  20. 20. PHPを一言で言うと、 「使えても作れない」言語 (snip) だから、PHPに対して正 しいスタンスは、「使うに とどめる」というものだと 思う。「作る」までやりた かったら、他をあたるべき だろう。
  21. 21. どげんかせ んといかん
  22. 22. きっかけは昨年 •at PHP 懇親会(3月) •「PHPユーザー会でPEARチャネル作 りましょう」 •at PHP Conference(7月) •全く話が進んでいない
  23. 23. どげんかせ んといかん
  24. 24. というわけで
  25. 25. 誰もやらないなら 俺がやる。
  26. 26. 2008/11 リリース
  27. 27. なにができるの?
  28. 28. openpearで できること •OpenID でログイン •Subversion リポジトリを提供 •コミット権の設定 •PEAR パッケージ化 •openpear 自体が、PEAR Channel
  29. 29. openpear.org ローカル パッケージ 新規作成 パッケージ リリース Subversion (自動作成) Channel Server 登録 チェック アウト 開発 コミット 任意のop でログイン 開発のイメージ
  30. 30. つまり •PHP を書くことが出来て •SVN の操作ができて •ブラウザを操作することができれば PEAR を意識せずに PEAR パッケージがリリースできる
  31. 31. 夢のような話だ -- sotarok
  32. 32. 登録増えてきたよ! •GD_Tab_Guitar •Services_MixiAPI •Maple_DocTest •HTML_CSS_Mobile •実体は CodeRepos 上に
  33. 33. 目指すところ •とにかく敷居を広げたい •PHP 開発者はもっとたくさん居るはず •PEAR なんかよりステキなライブラリ 作者もたくさん居るはず •もっと表にだそうよ!!
  34. 34. openpear のしくみ
  35. 35. システム •見た目のシステム •rhacoを用いて開発 •リポジトリブラウザ等も自前実装 •PEAR サーバー等 •PEAR パッケージを利用
  36. 36. 運用 •PHP 5.2.6 + Apache •なんと FastCGI •Dreamhost •海外の格安うんこサーバー •遠い。重い。よく落ちる。
  37. 37. これから •サーバー移転 •さくらの専用サーバーを確保した •ユーザー同士をつなげる •Follow 機能的なもの
  38. 38. これから •わかりにくすぎるインタフェース改善 •タグ付け(カテゴライズ) •APIリファレンス自動生成 •ドキュメント管理
  39. 39. これから •プロジェクト毎にフォーラム •チケットシステム •国際化(内部では既に部分的に対応)
  40. 40. やりたいこと •git などとの連携 •僕が github 好きになったから •openpear 自体を open に •github に入れちゃおうかとか
  41. 41. 言いたいこと
  42. 42. おうちにかえって、 「rhacoってライブラリが アツいらしい」 と、ブログに書いてもらえれば 今日の目的達成です
  43. 43. まちがえた
  44. 44. 皆さんのコミット おまちしております 真面目系ライブラリでも ネタライブラリでも!
  45. 45. ありがとう ございました!

×