Govakao2009 01

944 views
884 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
944
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Govakao2009 01

  1. 1. ガバナンス論 2009 赤尾担当分 第1回 もう一つのジャーナリ ズム
  2. 2. 全 3 回のメニュー ① もう一つのジャーナリズム ② メディアの自主管理 ③ インターネットのガバナンス 評価:毎回課す小リポート ( 〆 切は次回授業時まで ) 。ブロ グに記述
  3. 3. 赤尾担当の「演習」メニュ ー ①7/14 「ジャーナリズム演習 」 ②7/21 「ブログ演習総括」 ③7/28 「自主学習」 (78 限は 「論」の試験 ) 次回はインタビュー実習です。 録音機器が不可欠だと思って いる人は,用意してきてくだ
  4. 4. 本日のメニュー Ⅰ. ジャーナリズムの変質  マスメディアによる寡占  第四の権力 Ⅱ. 参加型ジャーナリズム  ① パブリック・ジャーナリズム  ② シビック・ジャーナリズム  ③ オープンソース・ジャーナリズ ム
  5. 5. ジャーナリズム の変質
  6. 6. ジャーナリズムとは何か • 「新聞・雑誌などの職場をすで に与えられた者の活動を越えて , 市民のなしうる記録活動全体 ・日々の営みの 中にジャーナリ ズムの根を新しく見出すことに ズムの根を新しく見出す 日本のジャーナリズムの復活の 希望がある」 – 鶴見俊輔『ジャーナリズムの思想』 (1965)
  7. 7. 「日々の営み」とは • 身の周りで起きた出来事 ( 事実 ) を記録しておく ( 日記・日報 ) • 人と話し合ったことを記録してお く ( 議事録・面談録・講義録 ) • 生活の中で感じたことを記録して おく ( 雑感 ) • 事実や雑感をベースに何らかの主 張を展開する ( 意見文 )
  8. 8. 「日々の営み」の共有化 • ネットの登場以前は「市民の日々の 営み」としての記録活動を共有する には,多くの労苦が伴った ( ミニコ ミや同人誌など ) • ネットが登場し, Web 日記,ブログ , Wiki ,掲示板, SNS , Twitter など,「日々の営み」たるジャーナ リズムが生き生きと息づく場が増え てきた
  9. 9. ガバナンスとジャーナリズ ム • ジャーナリズム ( 言論機関・行為 ) は民主主義の根幹 ( 言論 / 表現 / 思 想 / 信条の自由が民主制の根幹 ) • ジャーナリズムは協冶のための議場 を提供する「広場」 • ジャーナリズム活動を通じて,公共 圏 ( 公共的領域 ) に市民が関与でき に市民が関与 る
  10. 10. メディアのガバメント / ガバナンス  第四の権力として統治機構の一つと なったマスメディア ( 放送・新聞 ) に機能不全がみられる  新たなプレイヤー ( 組織化された市 民 ) が公益の担い手として参入する 公益の担い手 結果,既存の秩序 ( 統治機構 ) に変 化が生じ,社会運営の新たな仕組み が生まれる
  11. 11. ジャーナリズムの変質  ジャーナリズム= journal→ 日々 起こった出来事を記録する日録。 起こった出来事を記録する日録 市民一人ひとりの言論・表現・記 録活動 ( 生活世界のガバナンス )  ジャーナリズムが産業化され,マ スメディア企業の従事者による営 みのことだとの意識 (“ 知る権利 みのこと ”の委託者・代行者 / 権力の監視 者)
  12. 12. マスメディアとジャーナリ ズム マスメディア勃興期 ジャーナリズム マスメディ ア
  13. 13. マスメディアの支配 マスメディア全盛期 マスメディア ジャー ナリズ ム
  14. 14. マスメディアが第四の権力 に  マスメディアが高度に産業化し,思 想の流通市場を寡占した段階で,マ スメディア ( プレス ) そのものが第 四の権力として,市民に対する抑圧 的存在に  プレスも監視役から 権力と相互依存に
  15. 15. 統治の道具としてのメディ ア  代議制民主主義は世論 ( 感情の分布 ) によって成り立つため,三権から マスメディアに対して記者クラブな どを通じ,常に情報操作が企図  意識的な市民による輿論 ( 理性的議 論の総体 ) はマスメディアから排除 され,市民運動とマスメディアが乖 離
  16. 16. ガバナンスのメディアへ マスメディアジャーナリズム 融合・共存領域
  17. 17. 参加型 ジャーナリズ ム
  18. 18. 参加型ジャーナリズム  Particpatory Journalism あるいは Alternative Journalism( もう一つ のジャーナリズム )  市民が参加できる回路を限定して きた既存のジャーナリズム ( マス メディア ) に対し,市民が参画で きる仕組みを工夫していくこと
  19. 19. ジャーナリズムの転換期 • 「ジャーナリズムに公共への奉仕と いう最も深遠なる使命を回復させる ための草の根の改革運動」 ( ジェイ = ローゼン ) • 市民と政府との間の溝を埋める。政 治の劇場化で,冷笑的で無関心な市 民が増加したことへの危機意識 ローゼン (1999) 『パブリック・ジャーナリズ ムの概念―理念の実行』
  20. 20. 「情報」から「対話」へ • 「情報のジャーナリズム」から「対 話のジャーナリズム」へ ( ジェーム ス・カレイ ) –市民の議論の質を高める –第三者的立場の「客観報道」の否定 –ジャーナリストを市民生活に関わるメ ンバーとして位置付ける –市民に対して真剣な議論への参加を呼 びかける カレイ (1999) 『パブリック・ジャーナリズム擁護論』
  21. 21. ① パブリック ジャーナリズム
  22. 22. パブリック・ジャーナリズ ム Public Journalism→ 既存ジャ ーナリズム内部のさまざまな制 度改革を志向 ( 運営主体の担い 手の多くは既存ジャーナリズム 経験者 ) 市民記者が顕名で記事を発信 Web 上の電子新聞や動画で情報 を提供 ( 物理的制約を打破 )
  23. 23. パブリック・ジャーナリズ ム媒体  Ohm ynew 韓国 ) s(  PRESSian( 韓国 )―寄稿は専門家中 心  JANJAN(*)  市民運動と連携する「インターネット新聞」  ライブドア PJ  ポータルサイトにオリジナルなニュース  Videonews.com *―Japan Alternative New for Justices and New Cultures s
  24. 24. パブリック・ジャーナリズム の理念  多くの人々が市民記者になって生活や仕事、ボラ ンティア活動の現場からニュースを送ります。  市民のボランティア活動とカンパが編集作業を支 えます。  既存マス・メディアのニュース価値にかかわりな く市民の視点に立って良質な言論を創り上げます。  正義と自由、公正を大切にする市民社会の創造を 目指し、市民主権と地域自治を確立する制度改革 に取り組みます。  国境を越える情報交流による異文化の相互理解を 進めます。 〈 JANJAN宣言〉日本インターネット新聞社
  25. 25. 市民記者コード (JANJAN)  記事は市民記者個人の責任で書きます。  情報は正当な方法で収集し、事実関係を十分確 認します。  盗作など他人の著作権を侵害しません。  名誉毀損、人権侵害や言論の「暴力的な記事」 は書きません。  差別的な記述や品格を欠く記述はしません。  取材対象から金品を受け取るなど不当な行為は しません。  編集権は編集委員会にあることに同意します。
  26. 26. メディア記者の欠点  設備と枠があるから何かを伝える  インパクトの大小が優先し,移り気  二次情報 ( 記者発表など ) をもとに 一次情報 ( 当事者取材など ) を収集  中央から現場に駆けつけて取材・報 道 ( 遠い・浅い )  〆切が最優先  長年培われたメディアの文法に束縛
  27. 27. 市民記者の利点 伝えたいから発信。ネタが身近 にあるから,こだわり続ける 現場に近い地元から発信する 当事者 ( に近い ) 感情に立脚で きる 身近な話題をフックに問題を提 起
  28. 28. 市民記者は万能か 悪意に充ちた虚報・善意に基づ く誤報・バランスを欠く論説な どが含まれうる ( 読み手の判断 能力 ) 事実を確認する ( ウラをとる ) 取材,事実を伝える表現の訓練 が不足? 市民運動〈主体〉とジャーナリ
  29. 29. ② シビック ジャーナリズム
  30. 30. シビック・ジャーナリズム Civic Journalism 。コミュニテ ィの再建を運動の照準に据え,そ こに奉仕するジャーナリズムの役 割を模索 主に地方新聞を,市民 ( 読者 ) と ともに作る言論の広場へと改革す る 語り手自体が紡ぐ事実
  31. 31. 新聞とブログの共生  新聞社のニュースサイトが RSS 発 信。コメント・トラックバックを 開放  新聞社が主宰するブログ・電子会 議室などで,市民が記事作成過程 に関わり ( バックヤード・ブロガ ーズ ) ,言論の多元性を確保する  市民 ( 読者 ) は記事作成の協働者 ,新聞製作の積極的貢献者
  32. 32. コミュニタリアニズムの思 想  アメリカ伝統の思想潮流。歴史的 に培われた共同体的価値を尊重。 個人を育む共同体を抜きにした個 人の自由はありえない  リベラリズム,個人主義などには 批判的立場。行き過ぎた個人主義 がもたらす現代社会の病理問題の 解決を目指す
  33. 33. シビックを目指す動き  NewYork Tim 。ブログ・サービ es ス About.comを傘下に収め,紙面 との連動企画を実施  産経新聞「 iza! 」。記者と読者が ブログ  八重山毎日新聞。記事にコメント ができ,フォーラムも併設  神奈川新聞。生活情報限定だが, 無料コミュニティサイト「カナロ
  34. 34. ③ オープンソー ス ジャーナリズム
  35. 35. ③ オープンソース・ジャーナ リズム Open-Source Journalism 。草 の根 (Grass-roots) ジャーナリ ズム 社会の隅々で活躍する市民が ( 勝手に ) 発信するジャーナリ ズム。多くの市民がブログ・ Wiki などで自発的に連携し合っ て,ニュースを作り上げていく
  36. 36. Slashdot Japan  ハイテクオタクのためのニュースと 雑談のためのサイト (3000 万 pv/ 月 )  ニュース記事は読者からのタレコミ (*) で提供され,編集者 ( ボランティ ア ) が選択し掲載。読者が匿名で自 由にコメントすることができる  VA Linux Systems Japan 株式会社 OSDN 事業部 タレコミなので,情報の正確さを Slashdot は保証していない
  37. 37. オープンソース型社会  義務→自分の楽しみのため  情報の専有→情報の共有  片務性→互酬性 (give & take)  金銭的報酬→仲間からの賞賛  絶対的保証→ベストエフォート ( 最 善努力 ) =自己責任 (your own risk)
  38. 38. オープンソースの特徴  誰もが書き手になりうる ( いつでも 退出できる )→ 無責任さ  ゲートキーパーが不在→玉石混淆  評価は平等→読むべき記事の選別に 時間を要する  RSS を用いたヘッドライン,ランキング,ソーシ ャル・ブックマークなど  顕名で書くリスク→情報の信頼性
  39. 39. まとめ
  40. 40. 本日のまとめ  既存のジャーナリズムの改良運動とし てのパブリック / シビック・ジャーナ リズム  ネット発の新たな言論・表現空間の形 成を目指すオープンソース・ジャーナ リズム ( 詳細は「電子メディア論」で )  両者は敵対的関係 ? 補完的関係 ?
  41. 41. 本日の小リポート  もう一つのジャーナリズムの記事を読み, 既存のジャーナリズムと異なる点を具体的 に指摘したうえで,感想を書きなさい。  制限字数なし。自分のブログにエントリー すること ( カテゴリーは「ジャーナリズム 」を推奨 ) 。〆切は 7 月 14 日 ( 火 ) 授業開 始時。参照した記事には必ずリンクをはる こと。 注■小リポートのエントリーは演習のポイントにカウントされま ん!

×