オルタナティブ・メディア総論②メディアデザイン論③
メディアの役割• 「この世(此岸)」と「あの世(彼岸)」の仲立ち• 「こちら」と「あちら」に存在した者同士の「出会い」の仲立ち• 「あなた」と「わたし」(わたしたち)の共有領域の拡大・喜怒哀楽の感情の共有(メディアはもともとソーシャルなもので「...
オルタナティヴ・メディア• 二つの方向性• 伝統的・原初的なメディアの使い方を見直す• 新しいメディア(ニューメディア)を率先し,革新者的に用いる
1960年の「敗北」を受けて• 「高度経済成長」イデオロギーが社会とマスメディアを覆い尽くす• 一方,都市部への人口流入の結果を受け,公害,農村部の高齢化など,成長の「影」の部分も浮き彫りに(ドキュメンタリー映画の領域)• 若者は「連帯」を希求
大衆(アトム)化• 1965年頃まで(三丁目の夕日時代)は,地縁・血縁・学縁・社縁などによる「拡張家族」の時代で,「話さなくてもわかる」。いつの間にか組織の中に組み込まれている• 大衆化・核家族化が進むと,家族(個人)は集団から切り離される。ア...
運動体に属さない若者• 集団就職などで都会に流入し,ノンポリで運動体(学生自治会・労働組合など)に属さない若者は,根なし草(デラシネ)扱いとなる• そうした若者たちを捕捉する「メディア」が作り出されていく• (注)むろん,大きな受け皿となったの...
歌声喫茶• 1955~1970年• リーダーの指揮のもと,店内に集まった不特定多数の客が一緒に歌う• 伴奏はピアノかアコーディオン• うたごえ運動の「青年歌集」が必需品だったが,歌声喫茶店が独自に編集したガリ版刷歌集もあった
歌声喫茶の意味• 1955年,新宿に「カチューシャ」「灯(ともしび)」がオープン。最盛期(65年)には全国で100店舗超• 組織化されない青年(集団就職者など)を,緩やかに運動に組み込む• 共産党などが関わり,党員獲得の手段にもしていた「うたご...
べ平連(65~74年)• ベトナムに平和を! 市民連合• 規約も会員名簿もなく,何らかの形で平和運動に参加した人・団体を「ベ平連」と括る緩やかな運動体• デモ,意見広告(67/4/3,ワシントン・ポストなど),ティーチイン• 「良心的脱走兵」の...
殺すな 岡本太郎Chim↑Pom(2013)
ティーチイン• 原義は「大学学内討論集会」特定のテーマ(ベトナム反戦運動など)で,多くの立場の人が集まって,長時間にわたって議論する→喫茶店・カフェ文化
ミニコミ「ベ平連ニュース」• 東京の「ベ平連」発行の「ベ平連ニュース」のほか,各地の諸団体がミニコミを発行(393組織)393組織
ガリ版による印刷物映画『コクリコ坂から』の時代設定は1963(昭和38)年5月~6月
日本での印刷• 木版→熟練が必要だが,浮世絵の多色刷りなど高度に発展した活版印刷→使用文字数が多いので,少部数刊行物では組版コストが見合わない
ガリ版(謄写版/孔版)印刷• エジソンが原理を発明したが,製品を完成したのは,日本(滋賀県)の堀井新治郎(1894年)• 1970年代半ばまで,職場・教育現場(試験・配布物など)・運動体の中でガリ版が使われた(台本・楽譜など)• 特殊な原紙を,...
今も続く「孔版印刷」• 理想科学は「プリントゴッコ」を発売していた。原稿を専用の原紙に熱で焼き付けて製版し,インクを付けて転写する(2012年末で消える)
リソグラフ• 本学部でも教員が講義資料の印刷などに用いるのはリソグラフ• イメージスキャナによる高解像度の謄写印刷機使用するマスターはガリ版当時のロウ原紙と基本的な原理は同じである
シビルミニマムな印刷手段• 非常に簡易な印刷装置で小型のものは手で持ち運ぶこともでき、原紙とインクさえあれば電気などがなくても印刷可能なのが特徴• 電気が安定供給されていない地域への教育援助では,手動式謄写版印刷機がセットになっている
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

メディアデザイン論2013 03b

362 views
244 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
362
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

メディアデザイン論2013 03b

  1. 1. オルタナティブ・メディア総論②メディアデザイン論③
  2. 2. メディアの役割• 「この世(此岸)」と「あの世(彼岸)」の仲立ち• 「こちら」と「あちら」に存在した者同士の「出会い」の仲立ち• 「あなた」と「わたし」(わたしたち)の共有領域の拡大・喜怒哀楽の感情の共有(メディアはもともとソーシャルなもので「出会い系」)
  3. 3. オルタナティヴ・メディア• 二つの方向性• 伝統的・原初的なメディアの使い方を見直す• 新しいメディア(ニューメディア)を率先し,革新者的に用いる
  4. 4. 1960年の「敗北」を受けて• 「高度経済成長」イデオロギーが社会とマスメディアを覆い尽くす• 一方,都市部への人口流入の結果を受け,公害,農村部の高齢化など,成長の「影」の部分も浮き彫りに(ドキュメンタリー映画の領域)• 若者は「連帯」を希求
  5. 5. 大衆(アトム)化• 1965年頃まで(三丁目の夕日時代)は,地縁・血縁・学縁・社縁などによる「拡張家族」の時代で,「話さなくてもわかる」。いつの間にか組織の中に組み込まれている• 大衆化・核家族化が進むと,家族(個人)は集団から切り離される。アトム化した人々を繋ぐのがテレビ
  6. 6. 運動体に属さない若者• 集団就職などで都会に流入し,ノンポリで運動体(学生自治会・労働組合など)に属さない若者は,根なし草(デラシネ)扱いとなる• そうした若者たちを捕捉する「メディア」が作り出されていく• (注)むろん,大きな受け皿となったのは新宗教や政党である
  7. 7. 歌声喫茶• 1955~1970年• リーダーの指揮のもと,店内に集まった不特定多数の客が一緒に歌う• 伴奏はピアノかアコーディオン• うたごえ運動の「青年歌集」が必需品だったが,歌声喫茶店が独自に編集したガリ版刷歌集もあった
  8. 8. 歌声喫茶の意味• 1955年,新宿に「カチューシャ」「灯(ともしび)」がオープン。最盛期(65年)には全国で100店舗超• 組織化されない青年(集団就職者など)を,緩やかに運動に組み込む• 共産党などが関わり,党員獲得の手段にもしていた「うたごえ」を大衆化した側面もある
  9. 9. べ平連(65~74年)• ベトナムに平和を! 市民連合• 規約も会員名簿もなく,何らかの形で平和運動に参加した人・団体を「ベ平連」と括る緩やかな運動体• デモ,意見広告(67/4/3,ワシントン・ポストなど),ティーチイン• 「良心的脱走兵」の逃走支援も
  10. 10. 殺すな 岡本太郎Chim↑Pom(2013)
  11. 11. ティーチイン• 原義は「大学学内討論集会」特定のテーマ(ベトナム反戦運動など)で,多くの立場の人が集まって,長時間にわたって議論する→喫茶店・カフェ文化
  12. 12. ミニコミ「ベ平連ニュース」• 東京の「ベ平連」発行の「ベ平連ニュース」のほか,各地の諸団体がミニコミを発行(393組織)393組織
  13. 13. ガリ版による印刷物映画『コクリコ坂から』の時代設定は1963(昭和38)年5月~6月
  14. 14. 日本での印刷• 木版→熟練が必要だが,浮世絵の多色刷りなど高度に発展した活版印刷→使用文字数が多いので,少部数刊行物では組版コストが見合わない
  15. 15. ガリ版(謄写版/孔版)印刷• エジソンが原理を発明したが,製品を完成したのは,日本(滋賀県)の堀井新治郎(1894年)• 1970年代半ばまで,職場・教育現場(試験・配布物など)・運動体の中でガリ版が使われた(台本・楽譜など)• 特殊な原紙を,ヤスリの上で鉄筆で「孔」をあけていく
  16. 16. 今も続く「孔版印刷」• 理想科学は「プリントゴッコ」を発売していた。原稿を専用の原紙に熱で焼き付けて製版し,インクを付けて転写する(2012年末で消える)
  17. 17. リソグラフ• 本学部でも教員が講義資料の印刷などに用いるのはリソグラフ• イメージスキャナによる高解像度の謄写印刷機使用するマスターはガリ版当時のロウ原紙と基本的な原理は同じである
  18. 18. シビルミニマムな印刷手段• 非常に簡易な印刷装置で小型のものは手で持ち運ぶこともでき、原紙とインクさえあれば電気などがなくても印刷可能なのが特徴• 電気が安定供給されていない地域への教育援助では,手動式謄写版印刷機がセットになっている

×