電子メディア論課題
インターネットが世論を喚起した例
「対・人権擁護法案」
人権擁護法案の妙
 主な流れ

 人権擁護法案・・・包括的な人権擁護を目的とする法案
 ・ 2002 年に国会提出
 ・ 2003 年衆議院解散と共に廃案
  その後も法務省、自民党内で検討
 ・ 2005 年与党懇話会にて再浮上
  同年ま...
人権擁護法案の問題とされる部分
 人権侵害の定義が曖昧
  →でっちあげによる告発・非難が可能
   結果、言論の封殺が起こる可能性がある?
 人権委員会の権力が強すぎ
  →裁判所の令状なしで強制召還可能
   書類の提出や立ち入りもでき...
ネット上での騒動の発端
 2005 年~
  巨大掲示板の一部をはじめ、所々で議論がか
  わされる。
 2007 年 9 月ごろ~
  掲示板まとめブログ
  youtube 、ニコニコ動画などにて法案が紹介
  され、関連議論が過熱。署...
実際におこわなれた行動
 反対派有力議員に対する意見表明
  FAX 、電話、投書、電子メールなど
 電子政府宛への意見文送信
 Web 署名、街頭署名
 掲示板、ブログに対する大量の書き込み
 動画のリスト登録運動
 コピペ荒らし
なぜ?
 言論弾圧への反対
  漫画・アニメ・ゲームなどのサブカルチャー
  規制に対する恐れ。同年のスクイズ問題?
 朝鮮総連がらみ。
 仮想敵に対する正義感
  マスコミがほとんど報道しない事に対する憤
  り、使命感。ペッパーランチ...
ネットによる喚起の可能性
 ポジティブ:政治、マスコミへの監視
 本当の意味での民主主義の実現?
 But !
 この運動で動いたのはあくまでも一部の人間。
 関心が無ければネットで話題になっていようともわざわざ参加
 しようと思わないのでは...
そもそも有効だったのか?
 一連の騒動がなくても法案は通らなかった?
  2005 年の時点でも反対派のコミュニティや識者によ
  る反対の合意がとられており、抵抗勢力(野党)の
  存在も確たるものだった。
  そも、提出時の国会審議で問題...
ネットによる喚起の問題点
 騒動に参加しているのか、参加させられてい
 るのか
 本人は運動をしているつもりでも、実際には誰かの
 口車に乗って行動しているだけかもしれない。顔の
 見えないネットでは思考が一方向に転がりがちでは
 ないのか。...
それでも希望はある?
 「認識」という希望
  又聞きであっても、知り、伝える事によって世論が
  成熟していくと言う事もありうる?

 まだまだ続く問題
  ・自民党の一部の派閥は未だに諦めておらず、機を
  得れば再び提出すると洩らす。...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

05

683 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
683
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
21
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

05

  1. 1. 電子メディア論課題 インターネットが世論を喚起した例 「対・人権擁護法案」
  2. 2. 人権擁護法案の妙  主な流れ 人権擁護法案・・・包括的な人権擁護を目的とする法案 ・ 2002 年に国会提出 ・ 2003 年衆議院解散と共に廃案  その後も法務省、自民党内で検討 ・ 2005 年与党懇話会にて再浮上  同年まとめサイトが立ち上がる。  人権擁護法案反対 VIP 総司令部まとめサイト   ( http://zinkenvip.fc2web.com/) ・ 2007 年安部内閣解散後、賛成派が法案再提出を画 策  ネット上での戦い(?)が今始まる!
  3. 3. 人権擁護法案の問題とされる部分  人権侵害の定義が曖昧 →でっちあげによる告発・非難が可能  結果、言論の封殺が起こる可能性がある?  人権委員会の権力が強すぎ →裁判所の令状なしで強制召還可能  書類の提出や立ち入りもできる。弾圧?  外国籍人も委員になれてしまう →特定団体の政治・国家権力への介入を許す 事  に?
  4. 4. ネット上での騒動の発端  2005 年~ 巨大掲示板の一部をはじめ、所々で議論がか わされる。  2007 年 9 月ごろ~ 掲示板まとめブログ youtube 、ニコニコ動画などにて法案が紹介 され、関連議論が過熱。署名運動も広く認知。 人権擁護法案ポータル wiki ( http://wiki.livedoor.jp/pinhu365/l/)  2008 年 3 月ごろ~ ピークを迎え徐々に沈静化 結果としては法案は提出されなかった。
  5. 5. 実際におこわなれた行動  反対派有力議員に対する意見表明 FAX 、電話、投書、電子メールなど  電子政府宛への意見文送信  Web 署名、街頭署名  掲示板、ブログに対する大量の書き込み  動画のリスト登録運動  コピペ荒らし
  6. 6. なぜ?  言論弾圧への反対 漫画・アニメ・ゲームなどのサブカルチャー 規制に対する恐れ。同年のスクイズ問題?  朝鮮総連がらみ。  仮想敵に対する正義感 マスコミがほとんど報道しない事に対する憤 り、使命感。ペッパーランチから続く不信感 。  社会的一体感の受容 社会への参加要求を満たす行為。
  7. 7. ネットによる喚起の可能性  ポジティブ:政治、マスコミへの監視 本当の意味での民主主義の実現? But ! この運動で動いたのはあくまでも一部の人間。 関心が無ければネットで話題になっていようともわざわざ参加 しようと思わないのでは?  ネガティブ:扇動政治への逆戻り ファシズムの再来? 人権擁護法案が「人権」という美談を盾に論理を展 開したように世論が恣意的に操られる可能性がある ?
  8. 8. そもそも有効だったのか?  一連の騒動がなくても法案は通らなかった? 2005 年の時点でも反対派のコミュニティや識者によ る反対の合意がとられており、抵抗勢力(野党)の 存在も確たるものだった。 そも、提出時の国会審議で問題点は識者だけでなく 議員にも認識はされていた。  踊らされていたのは Web 住人だったのか? ネット上での一般人による合意が図られたのは一部 のアクティブな者の勇み足?あるいは「保険」に過 ぎなかった?
  9. 9. ネットによる喚起の問題点  騒動に参加しているのか、参加させられてい るのか 本人は運動をしているつもりでも、実際には誰かの 口車に乗って行動しているだけかもしれない。顔の 見えないネットでは思考が一方向に転がりがちでは ないのか。  メタ・リテラシー? 情報そのものを見極めるリテラシー能力だけでなく 、その情報を自分は今、何故、誰の意図で見ている のかなど、もう一層上からのリテラシー能力が必要 なのではないか?
  10. 10. それでも希望はある?  「認識」という希望 又聞きであっても、知り、伝える事によって世論が 成熟していくと言う事もありうる?  まだまだ続く問題 ・自民党の一部の派閥は未だに諦めておらず、機を 得れば再び提出すると洩らす。 ・児童ポルノ規制法改正案でもまた似たような騒動 が。 「人権」とは結局何なのか? そもそも反対派が言うような問題は本当におこるの か? 正義の鉄槌とやらは果たして誰が振り下ろすのか?  

×