楽天テクノロジーカンファレン2009 基調講演

1,985 views
1,794 views

Published on

楽天テクノロジーカンファレンス2009 楽天株式会社代表取締役会長兼社長三木谷浩史による基調講演資料です。http://tech.rakuten.co.jp/rtc2009/subject.html#keynote

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,985
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
280
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

楽天テクノロジーカンファレン2009 基調講演

  1. 1. テクノロジーカンファレンス2009 基調講演 楽天株式会社 三木谷 浩史 2009年10月24日
  2. 2. 楽天市場 世界有数のインターネットのショッピングモールに成長 店舗数: 約3万店 商品数: 約4,000万点 流通総額: 約7,300億円 会員数: 約6,000万人※店舗数・商品数:2009年9月現在※流通総額:2008年3Q-2009年2Q※会員数: 2009年2Q 2
  3. 3. グループビジネスの拡大 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 3
  4. 4. 世界のインターネット企業 時価総額ランキング 147.1 50( Billion US$) 楽天グループは唯一の「日本発」インターネット企業 40 37.66 30 29.14 21.65 20 18.79 12.64 11.84 10 8.35 7.54 6.73 0 e ! ay ー A u 天 le ia n in d B o g ed フ 楽 eB oo ai az el A o ヤ xp B o IB c ah m G ri L E A p Y A ※2009年8月14日の株価(終値)、US$1=95円で計算 4
  5. 5. ネットが未来を 変えていく 5
  6. 6. 可能性を信じることの重要性ネットの可能性を誰よりも信じた創業当時の4つの仮説・ インターネットは、もっと簡単に、もっと便利になる・ インターネットは、爆発的に普及する・ インターネットで、日本人はモノを買うようになる・ インターネットで、流通が変わる 6
  7. 7. 楽天市場のコンセプト Shopping is Communication! Communication is Entertainment!Shopping is Entertainment! 7
  8. 8. ネットの可能性に力を与えたネットショッピングは究極の対面販売販売者に編集権を与えた 8
  9. 9. インターネットが常識を変える 豊富な情報とコミュニケーションが鍵! インターネット上で、売れないものはない! 開園以来、自家配合のエサにこだわって旨味を追求し、 店長さんが愛情を込めて、ひよこから育てたたまごは、 まさに絶品。楽天市場でその名を全国に広め、リピー ター続出! 店 長 さ ん の ひよこの成長日記信州伊那谷のたまごやさん(http://www.rakuten.co.jp/oohara/) 9
  10. 10. 匠Styleコンテンツ 高品質な伝統工芸品の状況  百貨店等の売上の不振  既存流通ので売り場の現状 【匠Style】 高付加価値な日本の伝統工芸 品の販売を促進 10
  11. 11. インターネットが常識を変える「SILVER BULLET 」 http://www.rakuten.co.jp/silver-bullet/■業界のモバイル化に成功した事例 『これからはアイデアとフットワークを持った 「個人商店の時代」がくる! 』1年間だけで月商1億突破(2006年11月)子供服から「お兄系」と称される若年層メンズ服に転換、モバイル注力がブレイクポイント11月売上のモバイル構成比は70%を越える。 「モバイルで服を買おうよ」 と道筋をつけてあげただけ 2,000万円分の福袋が即日完売! 「お色気SUMMER」こそ、究極のモバイル戦略の現れ モバイルは「戻る」より「先に進む」アクションを促すのがカギ。 女性スタッフが書くメルマガは「ギャル語」が好評。 11
  12. 12. E-commerce における違いNo Touch Hybrid Touch Hi Touch C to C B to B to C B to Cマーケットプレイス マーケットプレイス マーケットプレイス 12
  13. 13. ビジネスモデルにおける違い 広告メディア サーチ × キーワード広告 ネット による 流通 × 金融 の革命 13
  14. 14. 流通はスケールが違う マーケット規模 内、ネット(EC)シェア広告 約7兆円 約7000億円小売 約176兆円 約2.5兆円流通 出典: 電通 日本の広告費(2008) 経済産業省 電子商取引実態調査 14
  15. 15. 楽天は流通を根本から変える 15
  16. 16. 楽天は流通を根本から変える 日本全国をエンパワーメントデータベースによるユーザーごとのサービス金融を含めた経済圏によるトータルサービス 16
  17. 17. 日本全国をエンパワーメント 全国の中小企業から大企業までサポート多様なロングテールの価値を結び、Empowerする 17
  18. 18. エンパワーメント = 地方を元気に!インターネットショッピングの特徴 商圏に制限なし どんな地方からでも、全国を相手に商売できる ロングテール ネット上には多様なニーズが存在。地方の特色ある特産品、工芸品 にも、ビジネスチャンスは広がるインターネットは、地方経済の活性化のための重要なツール 18
  19. 19. 日本全国をエンパワーメント 小さな村をネットショップが支える!和歌山県北山村にある、人口わずか600人弱の小さな村が村おこしとして選んだ、“じゃばら”という果実楽天市場でその名を全国に広め、現在、インターネット販売による売上は年間 2,000万円を超える規模に。 じゃばらドリンク 北山村販売センター じゃばら ( http://www.rakuten.co.jp/jabara/ ) 19
  20. 20. 営業拠点と開発拠点で日本を元気に (開発拠点展開)東京都⇒宮城県⇒大阪府⇒北海道⇒福岡県 神戸 2007(営業) 札幌 2006(営業)福岡 2005 (営業) 新潟 2008(営業) 2008(開発) 2008 (開発) 宮城 2006(営業) 広島 2008 (営業) 2007(開発) 東京 1997 (営業/開発) 沖縄 2008 (営業) 横浜 2008 (営業) 名古屋 2007 (営業) 大阪 2000(営業) 2007(開発) 松山 2009 (営業) 鹿児島 2009 (営業) 20
  21. 21. データベースによるユーザーごとのサービス 楽天の多様なデータを集約 一人ひとりのユーザに応じたサービスの実現データの集約 データの分析・利用商品・サービスDB リコメンデーション 顧客属性DB 楽天 パーソナライズ スーパーDB 購買履歴DB 購 買 予 測 KPIモニタリング 閲覧履歴DB 21
  22. 22. 独自のレコメンドエンジンによるパーソナライズ 楽天技術研究所による高度なレコメンド楽天市場 楽天レンタル楽天ブックス 楽天ダウンロード 22
  23. 23. 金融を含めた経済圏によるトータルサービス 金融を含めた利便性の高い事業群 楽天経済圏によるトータルサービスの実現 顧客流入 共通ID ・ショッピング・モール ・オークション楽天スーパーポイント Business Business EC Application Application ポータル/ Business Business Business Business ・広告 Application Application カード Application Application ・クレジット・カード ・ストリーミング配信 コンテンツ ・ダウンロード ・人材 ・マリッジ 楽天会員ID データベース Business Business ・決済 Business Business トラベル Application Application 銀行 Application Application ・個人ローン・宿泊施設の予約・航空券の予約・ダイナミック・パッケージ Business Business Business Business 通信 Application Application 証券 Application Application ・株式 ・債券 ・固定IP電話 ・投信 ・モバイルIP電話 ・FX 23
  24. 24. 流通革命は進行している 年間ベースでは1兆円規模 単位:十億円 300 287.5 278.0 280 262.3 260 246.2 238.1 240 230.0 224.9 220 193.4 197.2 200 187.2 178.2 180 161.0 160 140 120 100 80 60 40 20 0 06/3Q 06/4Q 07/1Q 07/2Q 07/3Q 07/4Q 08/1Q 08/2Q 08/3Q 08/4Q 09/1Q 09/2Q*1:国内EC流通総額=モール(通常購入・共同購入)、モバイル、オークション(旧フリマ含む)、ブックス、GORA、ビジネス、ダウンロード、チケット*2:トラベル予約流通総額=予約受付時に対する流通総額(キャンセル前、税別料金に換算) =国内/海外施設予約、海外航空券、楽天バスサービス、国内/海外ダイナミックパッケージ、レンタカー 24
  25. 25. 国際展開も進行 アメリカ 世界を ネットで変えていく 台湾タイ 25
  26. 26. 台湾楽天市場の店舗数・流通総額の推移 日本の立ち上げ時を上回る成長 (百万円) OPEN店舗数比較 流通総額比較800 100 台湾楽天市場 台湾楽天市場 90700 日本楽天市場 日本楽天市場 80600 70500 60400 50 40300 30200 20100 10 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 26
  27. 27. 国際配送事業の拡大海外展開のファーストステップとして、国際配送サービスの実施を行う。 今後の海外進出を視野に、国際配送サービスを積極的に展開 08年4月 08年6月 08年9月 台湾スタート 香港スタート イギリス スタート アメリカ スタート シンガポール スタート 他アジア諸国 27
  28. 28. テクノロジーが未来を 変えていく 28
  29. 29. インターネット接続回線 合計トラフィック 0 1000 2000 3000 4000 5000 6000 7000 8000 9000 10000 2002年2月 2002年5月 2002年8月 2002年11月 175Mbps 2003年2月 2003年5月 2003年8月 2003年11月 2004年2月 2004年5月 2004年8月 2004年11月 2005年2月 2005年5月 2005年8月 2005年11月 楽天のシステム規模:トラフィック 2006年2月 5年間で50倍に増加 2006年5月 2006年8月 2006年11月 2007年2月 2007年5月 2007年8月 8.6Gbps 集計上の問題 ギザギザはデータ ※楽天トラベル及び、一部のInfoseek系サービスを除く 12 流通日商40億 トランザクション、データ量も増大 流通革命をテクノロジーが支える 6,000万会員29
  30. 30. ROMA & fairy 大量データを処理する基盤を構築 【楽天】 【まつもとフェロー】 大量データをより効率的・Rubyにも大規模対応が必要 生産的に処理したい 分散KVS 並列処理フレームワーク 30
  31. 31. オープン化 (WebAPI )による楽天経済圏の拡大 データや決済システム、技術をオープン化 日曜プログラマ ニッチサイト 開発ツール マッシュアップサイト パートナー Business Business EC Application Application Business Business Business Business 日曜プログラマ クレジット Application Application トラベル Application Application ニッチサイト 開発ツール 楽天経済圏 会員データベース 日曜プログラママッシュアップサイト 開発ツール ポータル/ Business Business Business Business Application Application 証券 Application Application コンテンツ Business Business 金融 Application Application ニッチサイト マッシュアップサイト 日曜プログラマ 開発ツール パートナー 31
  32. 32. オープンイベントの実施楽天テクノロジーカンファレンス楽天グループだけでなく、コミュニティや個人の技術紹介・交流の場を提供。インターネットテクノロジーの方向性についての情報を発信 技術力を高めるテクノロジーイベント 32
  33. 33. 楽天テクノロジーアワード楽天テクノロジーアワード日本のインターネットテクノロジーへの貢献者を表彰するため、2008年より新設【第一回金賞受賞者】吉岡 弘隆氏 ミラクルリナックス株式会社 シニアエキスパート 技術を応援 目指すべき目標の共有 33
  34. 34. テクノロジーこそが未来をつくる 楽天は流通を根本から変える流通革命はテクノロジーが支えるテクノロジーを信じることこそが 大きく未来をつくる 34
  35. 35. 35

×