Your SlideShare is downloading. ×
0
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

【 Zabbix 2.1 】 zabbix 2.2のVM監視機能評価 #Zabbix #自宅ラック勉強会

7,658

Published on

Zabbix2.2で導入されるVM監視機能の設定について …

Zabbix2.2で導入されるVM監視機能の設定について
α版である Zabbix 2.1を用いて解説しています。

Published in: Self Improvement
0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
7,658
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
35
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 【Zabbix 2.2】 Zabbix 2.2のVM監視機能 Zabbix 2.1 でのVM監視設定 2013.09 @qryuu 1 2013/09/29
  • 2. HN :九龍真乙 所属 :自宅ラック勉強会 TwitterID: @qryuu 自己紹介 2013/09/292
  • 3. Zabbix2.2によるVM監視 2013/09/293
  • 4. Zabbix2.2で実装が予定されているVMware監視機能 の評価や、バグレポートのため、アルファ版であ るZabbix2.1での設定方法をご紹介します。 VMware監視機能機能はZabbix2.1.4で実装されまし た。 ZabbixのVM監視機能 2013/09/294
  • 5. Zabbix2.1には5つのVMware監視テンプレートが登 録されています。 2.0系からアップデートインストールした場合、DB はコンバートされますが、データは更新されませ ん。 VM監視テンプレートを登録するためには、2.1系の data.sqlを用いてDBを作成する必要があります。 VM監視テンプレート 2013/09/295
  • 6. テンプレート名 解説(推測) Template Virt VMware vCenter vCenter Server用テンプレート (手動適用) Template Virt VMware vCenter Guest vCenterServerに対してLLDを実 施し見つかったVMに対して自 動適用されるテンプレート Template Virt VMware vCenter Hypervisor vCenterServerに対してLLDを実 施し見つかったESX/ESXiに対し て自動適用されるテンプレー ト Template Virt VMware vSphere 単体利用のESX/ESXi用テンプ レート(手動適用) Template Virt VMware vSphere Guest 単体利用のESX/ESXiに対して LLDを実施し見つかったVMに 対して自動適用されるテンプ レート VM監視テンプレートの種類 2013/09/296
  • 7. VM監視機能をコンパイルするためにはlibxml2- develが必要です。yumインストールが可能です。 VM監視機能のコンパイルオプションについては、 まだ「configure --help」には記載されていませ ん。 --with-libxml2 をコンパイルオプションに追加し てコンパイルします。 VM監視機能のコンパイル 2013/09/297 #yum install libxml2-devel
  • 8. 自宅環境にはESXiしかないため、ESXiの監視設定 を解説します。 おそらく、vCenter環境でも同様に監視の登録で動 作すると思われます。 ESXi監視設定 2013/09/298
  • 9. VMware監視はシンプルチェックとして登録されて いるため、エージェントインターフェイスを登録 すれば監視できます。必要に応じてIPMIインター フェイスなども登録してください。 ESXiホスト登録 2013/09/299
  • 10. テンプレートの種類で解説したとおり、 「Template Virt VMware vCenter」もしくは 「Template Virt VMware vSphere」だけをリンク します。 ESXiへのテンプレートリンク 2013/09/2910
  • 11. VM監視テンプレートを利用するためには、vCenter やESXiのデータを取得するためのID、パスワード、 URLが必要です。 ESXiテンプレートのマクロ設定 2013/09/2911
  • 12. マクロ 内容 {$URL} vCenter/ESX/ESXiのURLを記入します。 https://<IPアドレス>/sdk となります。 ※/mobではないので注意 {$USERNAME} 対象のvCenterやESX/ESXiにアクセス出来るUserIDを 記入します。 {$PASSWORD} UserIDのパスワードを記入します。 マクロの内容 2013/09/2912
  • 13. VM監視が正常に動作していれば、実際に値が取得 できます。 ESXi監視 2013/09/2913
  • 14. LLDの機能により、自動的にVMがホストグループ [Virtual machines]に登録されテンプレートがリ ンクされて監視が開始されます。 VM監視 2013/09/2914
  • 15. Zabbix2.1.xはあくまでもアルファ版です。 動作しない機能や、今後変更される機能などもあ るため、商用には使用しないでください。 現在のVM監視テンプレートは値の取得は出来ます が、グラフやトリガーは定義されていません。 おかしな動きや、不具合を見つけたらZabbix- Japan(@zabbix-jp)やZabbix SIAのサポートシス テムに報告しましょう。 あくまでもアルファ版 2013/09/2915
  • 16. Zabbix2.1.x(4以降)でVM監視機能を使うためには libxml2-develが必要。 コンパイルオプションは--with-libxml2 VM監視テンプレートはアップデートインストール では導入されない。 監視対象のURLはhttps://<IPアドレス>/sdk VMや管理されたESXはLLDで見つけてくれるのでテ ンプレート適用は不要 あくまでもアルファ版、みんなでバグレポートを。 まとめ 2013/09/2916

×