【 Zabbix 2.0 】zabbix 2.0による簡単 MySQL 監視 #Zabbix

17,380 views

Published on

Zabbix 2.0 におけるMySQL監視テンプレートの使い方です。
Zabbix 2.1でもそのまま使えます。

Published in: Self Improvement
0 Comments
14 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
17,380
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8,338
Actions
Shares
0
Downloads
57
Comments
0
Likes
14
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【 Zabbix 2.0 】zabbix 2.0による簡単 MySQL 監視 #Zabbix

  1. 1. 【Zabbix2.0】 Zabbix2.0で簡単MySQL監視 [Template App MySQL]の使い方 2013.09 @qryuu 1 2013/09/29
  2. 2. HN :九龍真乙 所属 :自宅ラック勉強会 TwitterID: @qryuu 自己紹介 2013/09/292
  3. 3. Zabbix2.0によるMySQL監視 2013/09/293
  4. 4. Zabbix には「Template App MySQL」というテンプ レートが含まれいます。 このテンプレートを使うことにより、簡単にMySQL のパフォーマンスを確認するとことができます。 ZabbixのMySQL監視テンプレート 2013/09/294
  5. 5. Template App MySQLはUserParameterにより実装さ れています。 Template App MySQL 2013/09/295
  6. 6. UserParameterの実体は、zabbix_agentd.confの中 でInclude=/etc/zabbix/zabbix_agentd.d/ として インクルードされており、この中のディレクトリ の userparameter_mysql.confが実際のコマンド設 定になっています。 rpmやdpkgでインストールした場合は、すでに 配置されています。 コンパイルによりインストールした場合は、解凍 ディレクトリ/conf/zabbix_agentdの配下にありま すので、自分で配置する必要があります。 UserParameterの読み込み 2013/09/296
  7. 7. userparameter_mysql.confの中身のほとんどは解 説文です。 UserParameterの定義4行です。 使い方については解説文に書かれています。 実際に解説文の中身を見ながら、使い方を説明し ます。 userparameter_mysql.confの中身 2013/09/297
  8. 8. userparameter_mysql.confの先頭には次のように 書かれています。 # For all the following commands HOME should be set to the directory that has .my.cnf file with password information. HOMEディレクトリに、[.my.cnf ]を配置し、そこ にパスワード情報を記載するように指示されてい ます。 そして、各UserParameterのコマンドの中では [HOME=/var/lib/zabbix]として HOMEディレクトリに/var/lib/zabbix が設定され ています。 userparameter_mysql.confの使い 方 2013/09/298
  9. 9. 実際に.my.cnf を作成します。 まずはじめに、 /var/lib/zabbix ディレクトリを 作成します。 続いて、 .my.cnf を作成します。 .my.cnfの作成手順については、RHEL系と Debian/ubuntu系とで異なります。 .my.cnfの準備 2013/09/299 #mkdir /var/lib/zabbix
  10. 10. RHEL/CentOSでは、元となるファイルがありません ので、 手動で作成します。 .my.cnfの中身は以下の通りです。 userはMySQLの管理DBにアクセスできるユーザであ ればroot以外でも可能です。 passwordはuserで定義したユーザのパスワードで す。 hostやsocketはMySQLの設定に合わせてください。 .my.cnfの作成(RHEL/CentOS) 2013/09/2910 #vi /var/lib/zabbix/.my.cnf [client] host = localhost user = root password = hogehoge socket = /var/lib/mysql/mysql.sock
  11. 11. Debian/Ubuntuでは、管理系のツールで共通に使え る「debian-sys-maint」というMySQLユーザが用意 されています。 その設定情報を.my.cnfにコピーして利用します。 (事前にディレクトリは作成しておいてくださ い。) .my.cnfの作成(Debian/ubuntu) 2013/09/2911 $sudo cp /etc/mysql/debian.cnf / /var/lib/zabbix /.my.cnf
  12. 12. .my.cnfは、MySQLの管理系アカウントが記録されるた め、一般ユーザに見られないようパーミッションを設 定します。 以上で、MySQL監視の準備は完了です。 パッケージインストールの場合は userparameter_mysql.confはすでに読み込まれている ので、そのままテンプレートを適用すれば監視が可能 です。 コンパイルインストールで、 userparameter_mysql.confのパスを変更した場合は、 インクルードファイルの読み込みのためagentdの再起 動が必要な場合があります。 .my.cnfのパーミッション 2013/09/2912 # chown root.zabbix /var/lib/zabbix/.my.cnf # chmod 640 /var/lib/zabbix/.my.cnf
  13. 13. ZabbixでのMySQL監視には「Template App MySQL」 が使えます。 「Template App MySQL」を使うためには userparameter_mysql.confが読み込まれている必 要があります。 userparameter_mysql.confが動作するためには /var/lib/zabbix/.my.cnf に管理系アカウント情 報が記録されている必要があります。 1.8のころまでは「公式テンプレートが使えない」 と 言われていましたが、 2.0のテンプレートは使わないと損です。 まとめ 2013/09/2913

×