Your SlideShare is downloading. ×
クラウド概略(プレゼン)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

クラウド概略(プレゼン)

1,511
views

Published on

Published in: Technology

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,511
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
14
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. クラウドの概要とマイグレーションのポイント
  • 2. 自己紹介 所属:自宅ラック勉強会 なまえ:九龍真乙 Twitter:@qryuu
  • 3. クラウドの定義 オンデマンド・セルフサービス ユーザー自身が管理者の手をわずらわせずに、必要に応じて瞬時 にコンピューティング資源を利用できる。 広範なネットワーク・アクセス クラウドの機能をネットワーク経由でクライアント機器のタイプ に依存せずに利用できる。 リソースのプーリング コンピューティング資源が備蓄されており、利用者のニーズに合 わせて割り当て・解放可能になっている。利用者はコンピュー ティング資源の物理的な場所については意識する必要がない。 迅速な弾力的規模拡大・縮小 利用者の必要に応じて速やかに処理能力を拡大したり縮小できる。 測定されたサービス リソースの使用量が自動的に測定され、最適化される。
  • 4. クラウドのサービスモデル SaaS(Software as a Service) アプリケーションのサービス提供 PaaS(Platform as a Service) アプリケーションの稼働基盤を提供。一般 的にはミドルウェア提供までを指す IaaS(Infrastructure as a Service) サーバー、CPU、ストレージなどのインフ ラをサービスとして提供。
  • 5. クラウドのサービスモデル
  • 6. クラウドの展開モデル プライベートクラウド 特定の組織のために単独で運用される。そして、当該組織あるい はサード・パーティーにより管理され、オンプレミスあるいはオフ プレミスで運用される。 コミュニティークラウド いくつかの組織により共有され、関心事(ミッション/セキュリ ティ要件/ポリシー/コンプライアンス)を共有する特定のコ ミュニティをサポートする。そして、当該組織あるいはサード・ パーティーにより管理され、オンプレミスあるいはオフプレミス で運用される。 パブリッククラウド. 不特定多数の人々や大規模な業界団体などに提供され、対象とな るクラウド・サービスを販売する組織により所有される。 ハイブリッドクラウド 複数のクラウド定義(private/community/public)から、2 つ以 上を組み合わせたものとなる。それぞれに固有の実体は保持する が、標準あるいや個別のテクノロジーによりバインドされ、デー タとアプリケーションのポータビリティ(クラウド間でのロード・ バランシングのためのクラウド・バーストなど)を実現する。
  • 7. クラウドの提供モデル パブリッククラウド 展開モデルのパブリッククラウド・コミュニティーク ラウドに相当、不特定多数や大規模な業界向けに共通 のプラットフォームで提供する バーチャル・プライベート・クラウド パブリッククラウドのリソースをサブネットにまとめ、 VPN等を用いて企業DCとシームレスに接続することで、 あたかも自社所有のクラウドであるかのようなサービ スを提供する エクスターナル・プライベート・クラウド 社外にプライベートクラウドをホスティンブする形態。 クラウドの利用は自組織に限定される。 インターナル・プライベート・クラウド 自組織のDCにクラウド環境を構築する。狭義のプライ ベートクラウド
  • 8. パブリック・クラウド 不特定多数や大規模な業界向けに共通のプ ラットフォームでクラウド事業者が提供す るクラウドサービス
  • 9. バーチャル・プライベート・クラウド パブリッククラウドのリソースをサブネットにまとめ、 VPN等を用いて企業DCとシームレスに接続することで、 あたかも自社所有のクラウドであるかのように提供する サービス
  • 10. インターナル・プライベート・クラウド 自組織のDCにクラウド環境を構築する。 狭義のプライベートクラウド
  • 11. エクスターナル・プライベート・クラウド 社外にプライベートクラウドをホスティンブする 形態。クラウドの利用は自組織に限定される。
  • 12. クラウドの技術要素  コンピューティング仮想化VM対応 ESXi KVM Hyper-V Xen OracleVM Citrix Xen開発 VMware Linux Microsoft Linux Oracle CitrixCPU 透過&仮想 QEMU※1 透過 QEMU※1メモリ OC可 OC可※2 OC可※3 OC不可NW vSW,DvSW br0 仮想SW vif ※4 xenbrその他 SPARC対応
  • 13. クラウドの技術要素 ネットワーク仮想化  仮想スイッチ: 仮想化レイヤーでの仮想マシン同士のネットワーク スイッチVM対応 ESXi KVM Hyper-V Xen OracleVM Citrix Xen標準 vSW,DvSW br0 仮想SW vif ※4 xenbr拡張 Cisco Nexus 1000V Open Open Open vSwitch vSwitch vSwitch – SDN(Software Defined Networking ):ソフトウェア によるネットワーク制御
  • 14. クラウドの技術要素 オーケストレーション: 仮想環境、クラウド環境の管理ソリュー vCloud Suite CloudForms SystemCenter OpenStock CloudStockション開発 VMware RedHat Microsoft OpenStock CloudStock制御対象 vSpher RHEV-M,vSPher,EC2 Hyper-V,Azure Xen,KVM,vSpher, Xen,KVM,vSpher LXC,Hyper-V利用例 NTTcom:BHEC 不明 Windows Azure NTTデータ KDDIクラウドプ ニフティクラ NTTcom:cloudn ラットフォーム ウド HP Cloud Services
  • 15. リソース特性の違い クラウド環境では、複数のサーバが ディスクを物理的に共有している OSのローカルストレージとして認識 される領域も物理的には共有されて いる バッチスケジュールなどは他のサー バ、クラウド事業者側のバックアッ プタイミングなどを意識する必要が ある
  • 16. リソース特性の違い クラウドの得意領域  負荷分散 WEBフロントエンド等  分散コンピューティング:hadoop、 NoSQLなど クラウドの不得意領域(一般論)  RDBMS  GPUアプリケーション
  • 17. ライセンス条件の変化 認証方式  物理ライセンスキー USBドングルなどによる認証 →ライセンスサーバ方式にするなど アプリの変更が必要  MACアドレス認証 移行によりMACアドレスが変化するた め、再アクティベートが必要 IPアドレス認証への変更も検討
  • 18. ライセンス条件の変化 ソフトウェアライセンス  Oracle DBライセンス Oravle DBのライセンスは仮想CPUではな く物理CPUでカウント  すでに社内仮想化を行っている場合 仮想化ソリューションによっては、ゲスト OSのライセンスを優遇しているものがある。 クラウド移行に際して、優遇がなくなるこ とによるコスト変化に注意が必要
  • 19. Hyper-Vによる仮想化を 行っている場合
  • 20. RedHatの仮想化ソリューション を利用している場合 RHEL5 Advanced Platform 仮想化インスタンス数 無制限 RHEL6 仮想化インスタンス数 1or4or無制限
  • 21. 移行方法 再構築  クラウド化においてクラウドの利点(オートスケー ル等)を利用したい。 WEBサーバのような標準的なサーバの場合。 P2V,V2V  物理サーバを仮想マシンに変換(P2V) または 仮想マシンを別形式の仮想マシンに変換(V2V) 仮想マシンをOVF(OVA)形式にて対応するクラ ウドへアップロードする ISOイメージ化  サーバをISOイメージとしてバックアップし、クラ ウドのユーザISOからのインストール機能を利用し てリストアする。
  • 22. サービスレベルの確認 移行検討、移行計画におけるポイント  耐障害性  ネットワーク性能  IO性能
  • 23. マイグレーション手法 再構築  クラウドサービスではオートスケーリン グ、サーバテンプレート、クラウドアプ ライアンスなどの機能が存在します  クラウド独自の機能を活用するためには、 マイグレーションではなく再構築が最適 となる場合もあります
  • 24. マイグレーション手法  P2V,V2Vツール名 Mware vCenter Converter Disk2vhd virt-p2v SCVMM 2008 R2 virt-v2v開発 VMware Microsoft RedHat変換元 Windows XP Windows XP SP2 以上 Red Hat Enterprise Linux 4,5,6物理 Windows 2003 Windows Server 2003 Windows XP Windows Server 2008 SP1 以上 Windows Vista Windows Server 2008 R2 Windows 7 Windows 7 Windows Server 2003 Linux (RHEL、SUSE、Ubuntu) Windows Server 2008変換元 VMware Workstation、VMware VMware ESX/ESX Xen GSX Server、VMware Player、 VMware Workstation KVMVMイメージ VMware Server、VMware Fusion、 VMware Server VMware ESX VMware ESX VMware Fusion Microsoft Hyper-V、Microsoft Virtual Server、Microsoft Virtual VMware Player PC、Parallels Desktop、変換元 Symantec Backup Exec System Recovery (旧称 Live Stateバックアップイメージ Recovery)、Norton Ghost、 Acronis、StorageCraft変換先 VMware Workstation、VMware Microsoft Virtual PC Red Hat Enterprise Virtualization GSX Server、VMware Player、 Microsoft Hyper-V 2.2 VMware Server、VMware Fusion、 VMware ESX
  • 25. マイグレーション手法 ISO化 サーバイメージをISOイメージに変換 し、クラウド事業者のISOマウント機 能を利用して、サーバを再展開する。