Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
クラウド入門
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

クラウド入門

  • 3,127 views
Published

2012/04/28自宅ラックパーティーでの発表資料に、口頭説明部分を加筆修正した資料です。

2012/04/28自宅ラックパーティーでの発表資料に、口頭説明部分を加筆修正した資料です。

Published in Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
3,127
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
34
Comments
0
Likes
1

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. クラウド入門仮想化技術概論
  • 2. 名伏しがたきサーバのようなモノ 仮想化技術概論
  • 3. 自己紹介 伊藤覚宏 Zabbix、vCenterなどをいじって仕事 をしています。 Twitter:@qryuu Logstudy主宰
  • 4. クラウドの分類 SaaS(Software as a Service) ASPと同義、ソフトウェアのサービス提供 を指す PaaS(Platform as a Service) サービスの構築基盤を提供。一般的にはミ ドルウェア提供までを指す IaaS(Infrastructure as a Service) VPSの進化形、仮想マシンと、その管理コ ンソールの提供を指す場合が多い
  • 5. クラウドの特徴低 自由度 高 出典:ITpro 『電子行政:キーワード SaaS/PaaS/IaaSとは』 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20110216/357282/
  • 6. 利用者からみたクラウドの特徴 SaaSの利点 イニシャルコストの低減 ニーズに応じたコスト負担 常に最新版が利用可能 SaaSの欠点 カスタマイズがしづらい 勝手に最新版になってしまう (FBやGmail)
  • 7. 実現手法 SaaS ソフトウェアのマルチテナント機能、アカウント制 御、グループ制御。 同一ソフトをユーザ毎にPaaSやIaaSで提供すること も可能(この方法ならカスタマイズもやりやすい) PaaS OSコンテナ、ミドルウェアが共通となるため、提 供者側で管理が可能 IaaSを用いて、オートアップデート機能により提供 する事も可能 IaaS サーバ仮想化
  • 8. IaaSの構成要素 仮想化基盤(ハイパーバイザ) コンピューティングリソースを管理 ESX,KVM,Hyper-V,Xen,OracleVM 仮想化管理 仮想化基盤を制御 vCenter,RHEVM, Hyper-Vマネージャ, virt-manager, Oracle VM Manager オーケストレーション ユーザポータル、リソース管理、課金管理等 v Cloud Director,CloudForms,SystemCenter, CloudStack, OpenStack
  • 9. 仮想化技術の比較VM対応 ESXi KVM Hyper-V Xen OracleVMCPU 透過&仮想 QEMU※1 透過 QEMU※1 未確認メモリ OC可 OC可※2 OC可※3 OC不可 未確認NW vSW,DvS br0 仮想SW vif 未確認 W ※4 xenbrその他 SPARC対 応 ※1KVMはOC(OverCommit)可、XenはOC不可 ※2「十分なスワップが使用できない場合は、 ゲストオペレーティングシステムは 強制的にシャットダウンされます。」 RHEL5仮想化ガイド【28.4. KVM でオーバーコミット】 ※3Dynamic Memory機能が必要。R2SP1以降、Windowsゲストのみ可 ※4VLAN使用にはHPのNICもしくはHyper-V3.0以上が必要
  • 10. Nested hypervisor可否 ESX KVM Hyper-V Xen OracleESX ○ △ × ○ ○KVM × × × ○ ?Hyper-V ○ ○ × ○ ○Xen × × × ○ ×Oracle ? ? ? ? ? 自宅ラックユーザとか少ないHWで仮想化の勉強をするときには ネスト構成は重要です。 CPU仮想化支援が必須なハイパーバイザは、 ネスト構成上では動作出来ません。 ESX on ESXを行うためには、 VMのパラメータをごにょごにょする必要があります。
  • 11. CPUの特徴 (必須要件、VMからの認識) VMware HW:64BitCPU必須 VM:透過的もしくは、統一レベル KVM,Xen HW:VT必須(Xenは不要) VM:QEMU Hyper-V HW:VT必須 VM:透過的
  • 12. メモリの特徴 ESX OC可、バルーニング、ホストスワッ プ KVM OC可、バルーニング、ホストスワッ プ(強制シャットダウンあり) HyperーV OC可(R2SP1以降、Windowsゲスト のみ)
  • 13. ネットワークの特徴 ESX vSW,DvSW,Nexs1000vが利用可能 KVM br0→LinuxのNICにブリッジ、Linuxのネットワーク機 能に依存(自動生成はされないのでLinuxインストール 後にbr0を作成してから仮想化を行う必要がある) Xen vif仮想デバイス、 「ブリッジ」「ルーティング」「NAT」の3モード Hyper-V ハードウェアドライバに依存、vlanはHP製のみ使用可 3.0からソフトウェア実装
  • 14. Xenのネットワークイメージ 出典:TIPro Xenによる仮想化システム構築術 第3回 Xenによる仮想環境のネットワーク構築
  • 15. 仮想化制御ソフト vCenter WinServerに構築、(vSpher5から CentOSベースのアプライアンス有り) RHEVM WinServerに構築(3.0からJAVAベースに なりLinuxでも構築可) Hyper-V WinServerに附属 virt-manager Linuxに附属(パッケージ)
  • 16. オーケストレーションソフト vCloud Director RHEL+OracleDBで構築(アプライアンスは CentOS+OracleXE) 初期設定を完了するためにvShield Manager が必須 25VM単位のライセンスが必要 CloudForms 調査中 SystemCenter CMDBを中心とした運用Suite製品
  • 17. ライセンス特典 OSベンダー各社が仮想化に力を入れ ているため、自社の仮想化基盤上で 動くOSライセンスに特典を与えてい ます。
  • 18. ライセンス特典 Hyper-V
  • 19. ライセンス特典 RHEL5 Advanced Platform 仮想化インスタンス数 無制限 RHEL6 仮想化インスタンス数 1or4or無制限
  • 20. ライセンス特典 Oracle VM 以前は、Oracle DBのCPUライセンス カウントについての特典があったの ですが、いつの間にか無くなったよ うです。
  • 21. まとめ 仮想化技術は、CPU,メモリ,ネット ワーク,ストレージについての横断的 理解が必要。 1つのシステムを理解すると、他のシ ステムを類推することは可能 システムのトータルコストを最適化 するにはインスタンスライセンスも 含めた理解が欠かせない。
  • 22. まとめ 仮想化基盤のベストミックスのため には、複数の仮想化基盤を統合して 提案、設計、構築できるエンジニア が必要!!
  • 23. 参考資料 Red Hat Enterprise Linux 5 仮想化ガイド http://docs.redhat.com/docs/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/5/html/Virtualization/sect-Virtualization- Tips_and_tricks-Overcommitting_with_KVM.html ITPro Xenによる仮想化システム構築術 第3回 Xenによる仮想環境のネットワーク構築 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061010/250215/ クラウドwatch Hyper-Vの使い勝手を格段にアップする「Dynamic Memory」を試す http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/virtual/20100921_394025.html Computerworld 「KVM」――Linux標準の仮想化機能の得意領域を知る http://www.computerworld.jp/topics/602/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E5%8C%96/111429/%E3%80%8 CKVM%E3%80%8D%E2%80%95%E2%80%95Linux%E6%A8%99%E6%BA%96%E3%81%AE%E4%BB% AE%E6%83%B3%E5%8C%96%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%81%AE%E5%BE%97%E6%84%8F%E9% A0%98%E5%9F%9F%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8B さくらインターネット研究所 KVMを使う(ネットワーク設定編) http://research.sakura.ad.jp/2010/03/12/kvm-network/