Your SlideShare is downloading. ×
Movable Typeを使って、iPad/iPhoneに向けた電子書籍(ePub)の自社配信の方法
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Movable Typeを使って、iPad/iPhoneに向けた電子書籍(ePub)の自社配信の方法

2,055
views

Published on

2012年1月23日に、合同会社アライアンス・ポート、シックス・アパート株式会社主催で開催されたセミナーでのプレゼン資料。 …

2012年1月23日に、合同会社アライアンス・ポート、シックス・アパート株式会社主催で開催されたセミナーでのプレゼン資料。

セミナーは「Movable Typeを利用したタブレット向けハイクオリティコンテンツ制作ソリューションとワークフローのご紹介」というテーマで開催されました。

その中で、「Movable Typeを使って、iPad/iPhoneに向けた電子書籍(ePub)の自社配信の方法」として、ePubの電子書籍をPodcast形式で自社配信する方法を紹介しました。

Published in: Technology, Business

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,055
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
18
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • 2010年、iPadの登場で注目されたEPUB形式は、オープンなフォーマット。北米では業界標準になりつつある。\n
  • \n
  • EPUBとは、パッケージング化したウェブサイト。しかし、パッケージング化することで、ウェブサイトとは違った「体験」をユーザーに与える。\n
  • \n
  • \n
  • Appleが無料提供する電子書籍リーダー「iBooks」。個別の書籍はすべて本棚に収められ、管理もしやすい。\n
  • iBooksからアクセスできる「iBookstore」は日本の書籍に未対応。現状は、無料で提供される洋書のみしか手に入らない。\n
  • 国内でEPUBを販売するには、独自にサイトで告知し、決済を準備しなければいけない。\n
  • デジタルコンテンツのマーケットなどを利用する例もある。やや手間はかかってしまう。\n
  • 配布方法が整っていないEPUBだが、PODCAST技術を利用することで、面白い利用の仕方ができる。\n
  • PODCASTとは、もともとは音声や動画を配信する技術。アップルのiTunesが対応している。\n
  • EPUBとPODCASTというオープンな規格を利用することで、課金は困難だが可能になる利用法がある。\n
  • 一番のメリットは「1クリック」。EPUBに慣れないユーザーにとって扱いが簡単になる。\n
  • サイト上に、「1クリック」させるボタン(リンク)を用意する。\n
  • クリックすると、自動的にiTunesが起動し、ダウンロードが始まる。通常、最新のものがダウンロードされるが任意で過去のものも入手できる。また、次回からは最新号がメールマガジンのように自動的に配信される。\n
  • iTunesにダウンロードされたEPUBの電子書籍は、iPadをiTunesと同期させたときに自動的に本棚に転送される。\nサイト上で「1クリック」させるだけで、本棚登録まで自動的に行ってくれる。\n\n
  • 一度、iTunesに登録すると、次回から最新号が自動的に本棚まで届けられる。\n
  • PODCASTとは、RSSの拡張版。この仕組みには対応したRSSを用意する必要がある。\n
  • そこで、RSS作成に「Movable Type」が利用することができる。\n\n
  • Movable Typeでの配信例。通常のブログにプラグイン(MT-Enclosures)を導入している。\n
  • \n
  • \n
  • 本文の中に、EPUBファイルへのリンクが記載されていれば、PODCAST用のRSSが作成される仕組み。\n
  • ブログとして公開される。\n
  • 「週刊たびくん」は、ブログのページは公開せず、iTunes Storeに登録している。(申請が必要)\n
  • 「週刊たびくん」は、ブログのページは公開せず、iTunes Storeに登録している。(申請が必要)\n
  • 検索すると登録されていることがわかる。アートワーク下の「無料購読」をクリックすることで登録できる。(前出のサイトからの登録と同様)\n
  • 「無料購読」すると、やはり最新版のダウンロードが始まる。\n
  • iPadと同期すると本棚に追加されている。\n
  • 本棚から選ぶと読むことができる。\n
  • Facebookページを作成し、その中で1クリックできるボタンを設置することもできる。\n
  • iTunes Storeに申請して登録すると、iPadやiPhoneの「iTunes」からも検索することができるようになる。\n
  • パソコン上と同様、キーワード検索でヒットする。\n
  • iPad上からは、無料購読はできない。アーカイブを個別にダウンロードできる。\n
  • iTunesの代わりに定期購読をするAndroidアプリの作成例。第三者が作成している。EPUBがオープンな仕様であるが故。例えば、Twitterがヒットした理由に第三者がTwitterアプリをどんどん作成したことも要因の1つ。オープンであることのメリット。\n
  • EPUBとPODCASTの組み合わせはどちらもオープンな規格であるため、課金は困難な面もあるが、広がりの可能性も大きい。世の中には無料配布の紙媒体も多い。新たなマーケットの可能性はあるのではないだろうか?\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • Transcript

    • 1. MT iPad/iPhone (ePub) 2012.1.23
    • 2. EPUB
    • 3. EPUB
    • 4. • ZIP .epub• XML• XHTML CSS PNG JPEG Web• PDF
    • 5. EPUB 3.0
    • 6. CSS3 & HTML5
    • 7. PODCAST
    • 8. PodcastPodcast.m4a .mp3 .mov .mp4 .m4v .pdf .epub
    • 9. EPUB + PODCAST
    • 10. RSS
    • 11. Movable Type
    • 12. MT-Enclosures
    • 13. MT-Enclosures
    • 14. elsif ( $url =~ /^.*.epub$/i ){ MT-Enclosures$mime = application/epub+zip;}
    • 15. EPUB + PODCAST
    • 16. iBook Author
    • 17. .iBooks
    • 18. ARAKAWA PRINTING