Your SlideShare is downloading. ×
0
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Scala基礎勉強会 懇親会LT
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Scala基礎勉強会 懇親会LT

706

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
706
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 君(Scalaz)は僕(FSharpx)に似て いる pocketberserker 2012 年 10 月 20 日
  • 2. 自己紹介• 中山 / なかやん / ぺんぎん• @pocketberserker / id:pocketberserker• どこにでもいるふつーのサーガ大学院生• F# / Haskell / Erlang / (Scala) / テスト• 最近は FSharpx を触ってます
  • 3. タイトルは釣り?
  • 4. タイトルは釣り?1. 立場は似ている?
  • 5. タイトルは釣り?1. 立場は似ている?2. 状況も似ている?
  • 6. タイトルは釣り?1. 立場は似ている?2. 状況も似ている?3. 触っている人口数は圧倒的に異なる
  • 7. Scalaz
  • 8. Scalaz“Scalaz: Type Classes and Pure Functional Data Structures for Scala”
  • 9. FSharpx
  • 10. FSharpx “FSharpx is a library for the .NET platformimplementing general functional constructs on top of the F# core library.”
  • 11. GitHub で調べてみた(本日時点)
  • 12. GitHub で調べてみた(本日時点)• Scalaz. . . Contributors:21, fork:120
  • 13. GitHub で調べてみた(本日時点)• Scalaz. . . Contributors:21, fork:120• FSharpx. . . Contributors:16, fork:44
  • 14.    実際全然違う?
  • 15. でも共通している 部分もある
  • 16. どのあたりが?
  • 17. どのあたりが?Core 部分は割と似ているものが並んでいる というわけでここからは Core の話
  • 18. 機能一部抜粋• Validation• Lens• Iteratee• etc. . .
  • 19. なぜ似ている?
  • 20. なぜ似ている?Haskell 参考にしているし、FSharpx は Scalaz も 参考にしていたりする
  • 21. というわけで
  • 22. というわけで僕(FSharpx)が君(Scalaz)に似ている
  • 23. ちなみに• Scalaz から FSharpx に移植しようとすると 詰む
  • 24. ちなみに• Scalaz から FSharpx に移植しようとすると 詰む• 文法や機能が違いすぎる
  • 25. ちなみに• Scalaz から FSharpx に移植しようとすると 詰む• 文法や機能が違いすぎる• なので Haskell から FSharpx に移植するほう が楽
  • 26. ちなみに• Scalaz から FSharpx に移植しようとすると 詰む• 文法や機能が違いすぎる• なので Haskell から FSharpx に移植するほう が楽• とはいえ、妥協点は常に探らねばならない
  • 27. Scalaz にあって FSharpx にないもの
  • 28. Scalaz にあって FSharpx にないもの• 技術的にあきらめているもの
  • 29. Scalaz にあって FSharpx にないもの• 技術的にあきらめているもの• Free とか IO とか云々
  • 30. 共通の問題点ライブラリが巨大すぎる!
  • 31. というと?
  • 32. というと?• Haskell だったら十数パッケージに分解され ている
  • 33. というと?• Haskell だったら十数パッケージに分解され ている• それが 1 個に集約されているということは. . .
  • 34. というと?• Haskell だったら十数パッケージに分解され ている• それが 1 個に集約されているということは. . .• うん、まぁ. . .
  • 35. 究極の問題開発者全員が FSharpx(Scalaz)を使えるのか! ?
  • 36. まとまっていないまとめ• FSharpx は Scalaz に似ている(部分がある)• 言語の勉強には最適(な気がする)• ライブラリがファットマン• プロジェクトメンバー全員の錬度が高くない と仕事では. . .
  • 37. 続きはゆるふわ F# 勉強会(?)で!

×