• Save
Tokyo Technical College
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

Tokyo Technical College

on

  • 520 views

Fascination of Plants Day 2013

Fascination of Plants Day 2013

Statistics

Views

Total Views
520
Views on SlideShare
371
Embed Views
149

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

3 Embeds 149

http://www.plantday12.eu 132
http://plantday12.eu 16
http://plantday.org 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Tokyo Technical College Document Transcript

  • 1. 主催:NPO 法人 くらしとバイオプラザ 21共催: 独立行政法人 農業生物資源研究所専門学校東京テクニカルカレッジ (TTC)感染する?しない?植物とウイルスのミクロな駆け引き私たちが風邪を引いてしまったとき、一緒に生活している犬や猫などにはうつりません。同様に、ピーマンやナスに病気を起こすウイルスには、トマトには感染できないものがあります。このような場合、ウイルスはどのようにして感染できる植物を選ぶのでしょうか?それとも、その原因は植物側にあるのでしょうか?実は、そこには植物とウイルスの巧みな駆け引きがあったのです。この「駆け引き」の詳細が分かると、病気に強い作物新品種やウイルス病に対する新しい防除方法の開発につながるかもしれません。今回の TTC バイオカフェでは、農業生物資源研究所植物科学研究領域の石橋和大先生をお招きし、植物とウイルスのミクロな「駆け引き」について紹介していただきます。コーヒーを傾けながら科学の視点でいっしょに話し合いましょう。予約不要です、どうぞ気軽にご参加下さい。日時:2013 年5 月24 日(金)(国際植物の日)受付開始 17:45開始時間 18:00 終了時間 19:45参加費:無料(コーヒーとお菓子のサービス付き)場所:中野区東中野4-2-3 Tera-House (東中野駅前)専門学校 東京テクニカルカレッジ(http://www.tera-house.ac.jp)6F 学生ホールお問合せ:03-5651-5810(NPO 法人くらしとバイオプラザ21 佐々)代表:大島美惠子(東北公益文科大学名誉教授)副代表:正木春彦(東京大学教授)くらしとバイオプラザ 21(http://www.life-bio.or.jp/)は、くらしとバイオの視点にたって、バイオテクノロジーに関する情報をわかりやすく提供し、対話の場創りをしている NPO 法人で、すでに茅場町を中心に全国各地でバイオカフェを 160 回以上開催しています。東京テクニカルカレッジが、法人の実験教室に協力、同校研修会では、法人の佐々義子常務理事に講演いただくなど協力して活動しております。■NPONPONPONPO 法人法人法人法人「「「「くらしとバイオプラザくらしとバイオプラザくらしとバイオプラザくらしとバイオプラザ 21212121」」」」とはとはとはとは????■■■■石橋和大先生のご紹介■■■■(独)農業生物資源研究所 植物科学研究領域 植物・微生物間相互作用研究ユニット 任期付研究員2008 年北海道大学大学院農学研究科応用生命科学専攻博士課程修了。博士(農学)。日本学術振興会特別研究員等を経て 2011 年より現職。ウイルスがどのように植物に感染するのか、植物はどのようにウイルスから身を守っているのか、目に見えない生存競争の研究を通して、ウイルス病に負けない農業の実現を目指している。