Your SlideShare is downloading. ×
「健康寿命延伸都市・松本」をめざして
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

「健康寿命延伸都市・松本」をめざして

432
views

Published on


0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
432
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 公約から政策へ 【基本理念】「量から質へ」転換の時代 量から質へ 【基本方針】「20・30年先」を見据えたまちづくり 【基本姿勢】「市民が主役、行政は黒子」 市民が主役 みんなで“いいまち”を創ろう! (職員や市民の意識改革)      より多くの住民に生きていることの幸せを 生きていることの幸せ         感じさせる雰囲気が漂うまち    いのちを大切にするまち いのちを大切に  医療者の市長としてのまちづくり 医療者の市長3K施策(健康づくり・危機管理・子育て支援)
  • 2. 超少子高齢型人口減少社会における まちづくりの都市戦略 健康寿命延伸都市の創造健康寿命=健康で、自立して暮らすことができ、明るく、元気に        生活し、実り豊かで、満足できる生涯の期間 健康寿命延伸都市戦略は、 赤ちゃんからお年寄りまで、市民それぞれが健康長寿を全うすることであり、まさに超少子高齢型の人口減少社会における 最も基本的な姿である。
  • 3. 時代を先取りする新たな都市モデル 医療・福祉のみならず、経済・環境・都市基盤等、あらゆる分野における健康をめざす         医療・福祉 環境・エネルギー 農林業 観光・交流 新たな産業の創出 松本から全国へ、 世界へ向けて発信!
  • 4. 医療・介護周辺サービスへの取組み ロコモ 予防 ③健康産業 健康住宅 サービス付き 高齢者住宅・公的保険制度や行政サービスの対 象外でありながら、行政機関や医療 ②医療・介護周辺サービス 機関と民間事業者との連携により対 応できるエリア・疾病予防、介護予防 ①保険制度内の 配食サービス     医療・介護サービス 運動指導 /行政サービス 買物援助 栄養指導 パーソナル モビリティ 5
  • 5. 産業化により持続可能な超高齢社会へ ○健康は、個人の問題だけではなく、社会全体の問題 ○行政は健康を支えるまちづくりに取り組む ○産業化により、持続可能な社会システムが不可欠 生活の質の向上 健康への投資医療・介護周辺産業や健康産業の集積 健康寿命延伸都市の創造 産業力 飛行機の両翼 健康基盤 需要の創出、企業誘致、 新産業の創出 若い世代の雇用創出 生涯元気で生活を楽しむ 雇用の安定で消費拡大 健康でアクティブな生活は消費を拡大 自治体財政の安定 高齢者の就業 医療費・介護費削減 6
  • 6. 世界健康首都会議1 第1回  平成23年12月9日(金)        参加者 300名2 宣言文趣旨   健康は社会全体の問題であると認識し、行政は健康を支えるためのまちづくりに  取り組み、市民・企業・学術機関と行政が手を携えて、産業化による持続可能な社  会システムの確立に取り組んでいく。3 第2回  平成24年11月12日(月)         参加者  250名(県内外企業、大学、医療関係・一般市民・行政関係他)        内容         ⑴基調講演 2名           ロボットダーレンヘルスロボテクスマネージャ  アダム・ハグマン氏           聖路加国際病院 周術期センター長 宮坂 勝之 氏                        ⑵企業取組み報告 2社           セイコーエプソン株式会社           キッセイコムテック株式会社         ⑶パネルディスカッション            パネラー5名、コーディネーター 三菱総研理事長  小宮山 宏 氏 7
  • 7. 「市民歩こう運動」から始めました
  • 8. ○ 認知症予防事業   「脳活ポイントプログラム」○ たばこ対策事業   「タバコと向き合う松本スタイル」○ 自殺予防対策事業   「いのちのきずな松本」○ 企業連携事業   「健康寿命延伸都市・松本」プロジェクト
  • 9. ロコモティブシンドロームに効果的       室内四肢筋力アップ装置
  • 10. ロコモティブシンドロームに効果的      室内四肢筋力アップ装置使用の効果(モニター調査:市民31名、期間 平成23年1月~6月) 65% 29% 48% 19% 35% 61% 16% 48%
  • 11.  松本市民の健康寿命 区分 H17 H21 比較 男 77.1歳 77.3歳 0.2年の増 女 79.9歳 80.4歳 0.5年の増  血圧変化(健診結果) 脳血管疾患(人口10万対) 男 女
  • 12. ご清聴ありがとうございました。