Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.2013. 5.10プラチナスクール第4回低炭素化とグ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.2論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.3環境行政推進の背景1. 地球環境問題・ 大量消費文明...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.4・ スマート化推進の基盤整備・ ICT技術を活用した...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.5・ 進行する少子高齢化・ 制度疲労し閉塞化した社会・...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.いかにして低炭素社会への移行を実現するか?如何にして市...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.地域 / 自治体による低炭素政策の推進が期待されている...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.世界の都市政策の動向世界の主要機関、主要都市が、低炭素...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.低炭素都市の実現に向けた世界の事例Portland(ア...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国スケールでの低炭素社会への移行達成すべき目標の“見...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.低炭素化に向けた市民の意識向上の重要性市民の行動パター...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.市民の意欲と行動の変革を触発する4つの施策触発従来の行...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.実行力実行意欲高低高低積極的行動者・ 自分が環境に与え...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.市民の意欲 / 実行力に対応した施策の選択適切な情報発...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.15論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.協議会構成員: 214団体(2012.5 現在)・「低...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.①②③④⑤⑥⑩⑨⑧ ⑦⑪⑫⑬⑰⑮⑯⑱⑭⑳⑲環境モデル都...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.中期目標(2020~2030年) 長期目標(2050年...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.環境モデル都市の評価 (21年度)BACBBA宮古島北...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.20論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.21選定された環境未来都市(11都市)下川町柏市横浜市...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.Ⅰ. グリーン・イノベーションによる環境・エネルギー大...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.23(リオ+20) と環境未来都市(リオ+20:国連「...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.環境価値創出、社会的価値創出、経済的価値創出経済的価値...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1) 自律的好循環の形成による価値創出の誘発ヒト・モノ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.26論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.271 安全・安心復興/リノベーションの計画に見られる...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.281. 東松島市(宮城県)における復興の取組み・ リ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.・規制緩和を活用した、日本のモデルとなる広域医療システ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.(1) 集団移転によるエココンパクトシティの実現〈津波...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.(2) 玉浦西地区の土地利用計画31相野釜長谷釜蒲崎二...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.4. 南相馬市(福島県)における復興の取組み再生可能エ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.リノベーション(被災地以外)における新しい価値創出の事...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.2. 富山市(富山県):新たなコンセプトに基づくコンパ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.3. 北九州市(福岡県):新しいエネルギーサービスの提...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.36論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.37内外の都市等との連携による成果の発信と共有内外への...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.38◆ 成果としての共通認識「環境価値、社会的価値、経...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.3.3.1 横浜市:水ビジネス/都市づくり/環境教育と...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.3.3.2 北九州市:国際協力と環境ビジネスの推進1)...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.環境未来都市構想と国際貢献41日本が世界に先んじて抱え...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.42論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.43環境と経済の両立 (北九州市の事例)過去のある断面...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.44① 地区の取組の評価② 自治体全域に対する施策の評...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.企業の財務評価におけるフローとストック(フロー)単独決...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.46論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.CASBEE ファミリーの構成47正確/容易, 専門/...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.48CASBEEツールの階層構造CASBEE-街区CA...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.49CASBEE-都市の概要=BEE: Built E...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.Q と L による評価結果の2次元表示0501003....
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.51CASBEE-都市の評価項目トリプルボトムラインに...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.52[ Q1: 環境] の評価項目大項目 中項目 小項...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.53大項目 中項目 小項目Q2 社会Q2.1 生活環境...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.54大項目 中項目 小項目Q3 経済Q3.1 産業力Q...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.55大項目 中項目 小項目L1エネルギー起源CO2排出...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.56論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.57CASBEE-都市の評価結果の妥当性検証◆CASB...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.58高低(主観)住民の満足度(客観)自然的土地比率の指...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.59高低(主観)住民の満足度(客観)水質の指標値 高低...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.60高低(主観)住民の満足度(客観)防犯性の指標値 高...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.61高低(主観)住民の満足度(客観)医療サービス充実度...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.y = 15.6ln(x) + 20.1R² = 0....
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.63高低(主観)住民の満足度(客観)地方債残高の指標値...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.64y = 0.9518x - 2.756R² = 0...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.岸和田市東松島市郡山市会津若松市いわき市大船渡市石巻市...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.66東日本大震災前後の暮らしやすさの都市間比較59.5...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.67論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の持続可能性評価の概要68◆評価時点:201...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.45N35N40N全国自治体の評価結果 (Q1: 環境...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (Q2: 社会 – 2010年)...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (Q3: 経済 – 2010年)...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (Qの総合評価 – 2010年)...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (Lの総合評価 – 2010年)...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (BEE = Q / L – 2...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (BEE = Q / L – 2...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.76論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.77阪神淡路大震災(1995)における神戸市の被災状況...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.78東日本大震災(2011)における東松島市の被災状況...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.79神戸市復興のプロセス:CASBEE-都市による過去...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.80東松島市の復興計画:環境効率BEEQL=05010...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.81論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.821990年と2010年の比較 – Q1: 環境45...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1990年と2010年の比較 – Q2: 社会45N3...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1990年と2010年の比較 – Q3: 経済45N3...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1990年と2010年の比較 – Q45N35N40N...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1990年と2010年の比較 – L45N35N40N...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1990年と2010年の比較 – BEE45N35N4...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.88論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.89新首都プトラジャヤ(マレーシア)の環境性能評価プト...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.90プトラジャヤの将来計画プトラジャヤ グリーンシティ...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.91プトラジャヤの評価結果: 現在と将来S A B+C...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.92サステナブル都市に向けた都市のリノベーションの方向...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.まとめ: 現状から将来に向けた政策目標の共有イメージ9...
Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.94ご清聴ありがとうございました本研究は、「都市の環境...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

低炭素化とグリーン成長に向けた都市環境政策のあり方

750

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
750
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

低炭素化とグリーン成長に向けた都市環境政策のあり方

  1. 1. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.2013. 5.10プラチナスクール第4回低炭素化とグリーン成長に向けた都市環境政策のあり方村上 周三(財) 建築環境・省エネルギー機構 理事長
  2. 2. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.2論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価
  3. 3. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.3環境行政推進の背景1. 地球環境問題・ 大量消費文明からのパラダイムシフト・ スリム化に向けた価値観の転換環境負荷Lを削減しつつ環境品質Qを向上させる価値観とライフスタイル価値観の転換がもたらす低負荷で充足性の高いライフスタイル大量消費に過剰な価値を置く物質信奉文明例えば、過去15年間の乗用車のスリム化の事例
  4. 4. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.4・ スマート化推進の基盤整備・ ICT技術を活用したイノベーションによる、住宅から都市に至る、環境・社会・経済に係る情報の統合的処理・ 統合的情報処理がもたらす多面的生活サービス①省エネ・蓄エネ・創エネ、 ②健康・快適・知的生産性、③防犯・防災・安全、 ④医療・介護、 ⑤教育・研修、⑥高齢者・生活弱者対応、 ⑦市民参加 等2. ネットワーク社会環境行政推進の背景
  5. 5. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.5・ 進行する少子高齢化・ 制度疲労し閉塞化した社会・経済・政治システム・ 原発事故と省エネ・節電問題 等→ 規制緩和による新しい価値創出環境行政推進の背景3. 課題先進国 日本
  6. 6. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.いかにして低炭素社会への移行を実現するか?如何にして市民の意識を高炭素型のライフスタイルから低炭素型のライフスタイルへ 誘導するか?環境モデル都市、環境未来都市等のプロジェクトによる低炭素化ライフスタイルの“見える化”省エネ性能に優れた建物や都市を作っても、市民がエネルギーをじゃぶじゃぶ使ったのでは省エネ効果は期待できない市民の省エネ意識を刺激 / 共有6
  7. 7. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.地域 / 自治体による低炭素政策の推進が期待されている2) 施策の策定・実行の主体市民の日常生活に直結した目線3) 省エネ / 省CO2政策推進の責務4) エネルギーを消費する各主体に対する影響力5) 地域のエネルギー安定供給に関する責任1) 市民に密着した行政単位なぜ自治体主導の低炭素化か?特に民生用消費に対して7
  8. 8. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.世界の都市政策の動向世界の主要機関、主要都市が、低炭素都市の実現に向けて先導的な取組を開始1. オルボー憲章(Aalborg Commitments)1994年にデンマークのオルボーで採択されたサステナブルな都市を目指す宣言2. 都市監査(Urban Audit)欧州委員会地域政策総局、欧州統計局による、都市評価の欧州統一指標を目指す3. グローバル都市指標(Global City Indicators)世界銀行、国連人間居住計画等の国際機関による都市評価指標4. 気候変動行動計画(Climate Change Action Plans)世界大都市気候先導グループ(C40 Cities)の温室効果ガス削減目標、および行動計画5. Carbon-nプロジェクト(Carbon-n project)ICLEIとUNEPが世界の各都市の温室効果ガス排出量(と削減目標等)を公表するプロジェクトICLEI: International Council for Local Environmental Initiatives, 国際環境自治体協議会(C40 Cities)(ICLEI, UNEP)8
  9. 9. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.低炭素都市の実現に向けた世界の事例Portland(アメリカ)Stockholm(スウェーデン)北九州市、横浜市他 13都市(日本)カーボンニュートラルを目指す都市日本の環境モデル都市欧州環境首都2010 気候変動に積極的に取り組む都市Dalian(中国)過去の公害を克服した都市Copenhagen(デンマーク)欧州環境首都2011Hamburg(ドイツ)9
  10. 10. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国スケールでの低炭素社会への移行達成すべき目標の“見える化”と共有“低炭素型のライフスタイル” へ市民の意識を誘導環境モデル都市, 環境未来都市における成功事例の全国展開まず最初に、市民に対して、将来の低炭素社会の具体的な姿をわかりやすく提示市民と自治体が主導する低炭素化の道筋環境モデル都市, 環境未来都市の事例10
  11. 11. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.低炭素化に向けた市民の意識向上の重要性市民の行動パターンを決定する仕組みは?2. 倫理・軌範4. 行政1. 便益3. 市場5. 行動消費者にとっての直接的な便益(EB)と間接的(NEB)な便益社会貢献へのインセンティブ自発的行動と非自発的行動(規制)見える化による情報の共有省エネ行動を引出す政策推進: ①規制,②誘導, ③情報発信11
  12. 12. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.市民の意欲と行動の変革を触発する4つの施策触発従来の行動パターンからの脱却と変革を促す総合的な政策の提示へA. インセンティブの付与(支援/規制)・税制 ・補助金の交付・罰則、罰金・報奨金制度C. “見える化”の推進・モデルの提示による先導・認証/格付けによる社会的認知・個人的な活動/つながり ・ネットワークの活用D. 社会システムの整備・地域社会活動/共同活動 ・協議会・メディアキャンペーン/世論形成・障壁の除去・情報発信・実行可能性の高い対策メニューの提供・教育/研修の支援B. 参加を支援する施策の整備12
  13. 13. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.実行力実行意欲高低高低積極的行動者・ 自分が環境に与える影響を最小限に留めるように行動関心は持っている消費者・ 行動している方だが更に頑張るべき・ でもカーボンオフセットの方が楽正直な無関心者・ 環境破壊は自分と無関係・ 自分の好きなように生活したい慎重な参加者・ 行動するのは周りの動向を見てから歩みの遅い初心者・ 気候変動をよく知らない・ 車を使いたい第三者的な協力者・ 気候変動は重大・ だが自分の消費量を把握しておらず浪費しがち、もう少し頑張りたい市民の行動パターンの分類:省エネ行動に対する実行意欲と実行力による6つの区分defra, A FRAMEWORK FOR PRO-ENVIRONMENTAL BEHAVIOURSを基に作成 13
  14. 14. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.市民の意欲 / 実行力に対応した施策の選択適切な情報発信と参加機会の付与による対策メニューの提供経済的支援による対策メニューの提示規制による対策メニューの提示1) 意欲的な人:2) 実行ポテンシャルを有する人:3) 意欲が全くない人:14
  15. 15. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.15論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価1) 環境モデル都市2) 環境未来都市
  16. 16. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.協議会構成員: 214団体(2012.5 現在)・「低炭素都市 推進協議会」 の設置(2008年12月)1) 環境モデル都市 2) 選定外自治体 3) 意欲的な非応募自治体4) 関係省庁 5) 関係都道府県 6) 各種公的団体 7)民間企業(2)両プログラムの普及促進の仕組み・「環境未来都市構想 推進協議会」へ改組(2012年5月)(3)両プログラムの連携・両プログラムとも毎年追加選定 (2013年3月,7都市を追加選定)・「環境モデル都市」は全国をカバーすることが理想的・「環境未来都市」は厳選、環境モデル都市のトップランナーとしての位置づけ(1)選定・環境モデル都市 (13都市) 2008年 低炭素社会づくり・環境未来都市 (11都市) 2011年 新成長戦略環境モデル都市と環境未来都市の連携の枠組み都市間の競争・連携と成果の共有により、全国都市の環境性能の底上げと活性化を図る 16
  17. 17. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.①②③④⑤⑥⑩⑨⑧ ⑦⑪⑫⑬⑰⑮⑯⑱⑭⑳⑲環境モデル都市(13都市 + 7都市)№ 市区町名 人口(千人) 取 組 概 要① 下川町 3.6 北の森林共生低炭素モデル社会・下川② 帯広市 168 田園環境モデル都市・おびひろ③ 千代田区 50 省エネ型都市づくり、エネルギー効率向上④ 横浜市 3,690 横浜スマートシティプロジェクトの展開⑤ 飯田市 103 市民参加による自然エネルギー導入、低炭素街づくり⑥ 富山市 420 富山市コンパクトシティ戦略によるCO2削減計画⑦ 豊田市 420 次世代エネルギーとモビリティを活用した低炭素まちづくり⑧ 京都市 1,470 人が主役の魅力あるまちづくり、「地域力」を活かした低炭素化活動⑨ 堺市 840 「快適な暮らし」と「まちの賑わい」が持続する低炭素都市⑩ 梼原町 3.8 木質バイオマス地域循環モデル事業⑪ 北九州市 970 アジアの環境フロンティア都市・北九州市⑫ 水俣市 27 環境と経済の調和した持続可能な小規模自治体モデルの提案⑬ 宮古島市 52 島嶼型低炭素社会システム・「エコアイランド宮古島」№ 市区町名 人口(千人) 取 組 概 要⑭ 新潟市 808 「田園型環境都市にいがた」~地域が育む豊かな価値が循環するまち~⑮ つくば市 217 つくば環境スタイル“SMILe” ~みんなの知恵とテクノロジーで笑顔に~⑯ 御嵩町 19地域資源(森林、公共交通、再生可能エネルギー等)を活かした低炭素コミュニティ「みたけ」の実現⑰ 尼崎市 451 「ECO未来都市あまがさき」へのチャレンジ⑱ 神戸市 1,542 神戸市環境モデル都市⑲ 西粟倉村 1.6 「上質な田舎」を目指した、低炭素モデル社会の創造⑳ 松山市 513 環境と経済の両立を目指して「誇れる環境モデル都市まつやま」【2008年度選定 13都市】【2012年度選定 7都市】低炭素化に向けて多様な意欲的提案17
  18. 18. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.中期目標(2020~2030年) 長期目標(2050年)大都市30% 50~60%40% 60%15% 60%30% 60%25% 50%地方中心都市40~50% 70%30% 50%30% 50%30% 50%小規模都市32% 66%33% 50%30~40% 70~80%50% 70%(出典:内閣官房地域活性化統合事務局、各環境モデル都市の行動計画、2009.5.15時点)注1 注1注2帯広市下川町千代田区横浜市富山市飯田市豊田市京都市堺市梼原町北九州市水俣市宮古島市平均 約30% 約60%環境モデル都市のCO2削減目標 (民生、運輸、産業3部門合計)注1: 人口一人当りの削減目標, 注2: 排出量の多い民生家庭部門における削減目標意欲的な削減目標モデル都市の成果の波及は、政府の中長期目標の達成を強力に支援18
  19. 19. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.環境モデル都市の評価 (21年度)BACBBA宮古島北九州水俣梼原堺京都A下川B帯広A富山千代田C横浜B飯田B豊田出所:環境モデル都市の21 年度の取組のフォローアップ結果について,内閣官房 地域活性化統合事務局(2010.5)ベストプラクティスを進捗状況から「A」~「C」の3段階で評価A: 計画を前倒して先進的な事業を実施する等、進捗状況が優れているB: 事業を計画通りに実施する等、進捗状況が良いC: 事業の進捗に遅れが見られる等、事業の一層の推進が求められるB19
  20. 20. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.20論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価1) 環境モデル都市2) 環境未来都市(1) 環境未来都市構想とグリーンイノベーション(2) 環境未来都市における価値創出の事例(3) 国際貢献の展開
  21. 21. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.21選定された環境未来都市(11都市)下川町柏市横浜市北九州市富山市岩沼市新地町南相馬市東松島市釜石市陸前高田市,住田町,大船渡市(被災地以外) (被災地)各都市のユニークな成功事例を世界へ発信
  22. 22. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.Ⅰ. グリーン・イノベーションによる環境・エネルギー大国戦略Ⅱ. 健康大国戦略Ⅲ. アジア経済戦略Ⅳ. 観光・地域活性化戦略・・・・1. 「固定価格買取制度」の導入等2. 「環境未来都市」構想・・・・11. 「総合特区制度」の創設等・・・・21の国家戦略プロジェクト(2010.6)新成長戦略と7つの戦略分野(2010.6)グリーンイノベーションを目指す「環境未来都市」構想22グリーンイノベーションによる、都市をエンジンとする活性化東日本大震災の被災地の復興支援「環境未来都市」構想(ウェブサイトURL: http://www.kantei.go.jp/jp/sinseichousenryaku/)
  23. 23. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.23(リオ+20) と環境未来都市(リオ+20:国連「持続可能な開発」会議)日本政府主催の公式サイドイベント:「Future Cities We Want」玄葉外相の挨拶村上周三(有識者検討会委員長)による、「環境未来都市」 構想の紹介
  24. 24. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.環境価値創出、社会的価値創出、経済的価値創出経済的価値創出社会的価値創出環境価値創出・ 低炭素・ 生物多様性・ 資源循環と3R・ 水・大気環境・ 社会的連帯/公平 等・ 超高齢化対応・ ソーシャルキャピタル ・ 雇用・所得・ 新産業・ 健康・介護・ 社会的コストの最小化 等・ ナレッジ・エコノミー・ 知識情報集積・ 防災・安全・安心24キーワードとしての“環境”と“超高齢化”グリーンイノベーションに向けた3つの価値創出・ 超省エネ社会 等
  25. 25. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1) 自律的好循環の形成による価値創出の誘発ヒト・モノ・カネを官・民が集中投資し、規制緩和をすれば情報・サービス・ビジネス等が集積・融合し、新しい価値の創出・ 社会・経済システムのイノベーションの誘発促進2) 自律的好循環の波及効果新しい価値が創出されれば、さらにヒト・モノ・カネが内外から集まる25自律的好循環・ 国の発展のエンジンとしての新しい “都市像”の提示・ 結果として、誰もが住みたいまち、活力のあるまちの実現いかにして価値創出の仕組みを内包させるか?
  26. 26. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.26論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価1) 環境モデル都市2) 環境未来都市(1) 環境未来都市構想とグリーンイノベーション(2) 環境未来都市における価値創出の事例(3) 国際貢献の展開
  27. 27. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.271 安全・安心復興/リノベーションの計画に見られるキーコンセプト2 リスク認知(Awareness)と防御システム4 自立・自律と持続可能性7 再生と活性化5 小規模分散と地産・地消6 スマート化と再生可能エネルギー8 絆、社会的連携、市民と行政の連携3 レジリエンス(Resilience、 回復力)とリダンダンシー(Redundancy、多重・冗長性)9 コンパクト、スリム、機能集約、反大量生産・大量消費Ⅰ 災害対応Ⅱ 環境・エネルギー対応Ⅲ 社会・経済システム対応
  28. 28. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.281. 東松島市(宮城県)における復興の取組み・ リサイクル率97%・ 地域住民の雇用創出・ 分別資源の高価売却により処理コストを大幅に低減徹底したリサイクル・ 家屋解体前に家財の搬出・ 分別を行いながら解体・ 混合ごみは19品目を手選別東松島方式の震災ガレキ処理効果市民参加による混合ゴミの手作業による分別復興活動(被災地)における新しい価値創出の事例: ガレキ処理における新しいコンセプトの開拓社会的連携の新しいスキーム
  29. 29. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.・規制緩和を活用した、日本のモデルとなる広域医療システムの構築・医療先進地域、暮らしやすいまちとして全国へのブランド化医療・介護・保険・福祉連携協議会の設立(2012.8)地域の医療・介護・福祉関係者や有識者、自治体職員で構成・2市1町での医療・介護・福祉連携モデルの開発と運用・地域医療データベースの設計開発とモデル運用・医療・介護・福祉の視点からのまちづくりと世代循環型拠点の整備取 組目 標: 2市1町による医療・介護・福祉の先進的連携モデル創出292. 気仙広域 (大船渡・陸前高田・住田、岩手県) における復興の取組み高齢化対応の新しいスキーム
  30. 30. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.(1) 集団移転によるエココンパクトシティの実現〈津波による浸水被害〉岩沼駅岩沼市役所 沿岸集落岩沼市の東部は、仙台空港、高速道路周辺まで津波による浸水被害沿岸集落の集団移転①防潮堤の改修相野釜地区116戸藤曽根地区19戸二野倉地区91戸長谷釜地区74戸蒲崎地区128戸新浜地区43戸集団移転先玉浦西地区303. 岩沼市(宮城県)における復興の取組み浸水深(m)0.0-0.40.5-1.41.5-2.93.0-4.95.0-6.9沿岸部の6つの集落を1ヶ所へ集団移転
  31. 31. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.(2) 玉浦西地区の土地利用計画31相野釜長谷釜蒲崎二野倉藤曽根新浜公園兼調整池生活利便施設まちのシンボル貞山堀の線形をかたどった緑道3つの津波防御対策①防潮堤(7.2m)の改修 ②貞山堀の改修 ③市道の嵩上げ・ 2012.8造成工事着工・ 2013.5公共施設整備工事開始・ 2013.11一般住宅建築開始・ 2014.3住民引越完了予定移転と集落再編成の新しいスキームスケジュール
  32. 32. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.4. 南相馬市(福島県)における復興の取組み再生可能エネルギーを活用した植物工場プロジェクト( )太陽光発電売電(400kW ) エネルギー代金6次産業化の連携・支援電力供給(100kW )買電代金系統電力東北電力太陽光発電(500kW) 体験・交流による成長支援(固定価格買取制度)植物工場太陽光発電利用・水耕用ポンプ・空調 など・被災地の子供達が自ら考え行動する力を習得・地元と全国の交流を促進・発電電力のうち約100kWを植物工場へ供給・残りを売電植物工場プロジェクト①イニシャルコスト:市が整備(復興交付金)小水力等農村地域資源利活用促進事業(農水省)福島復興ソーラー(株)((株)東芝等が出資)参考資料:南相馬ソーラー・アグリパーク事業≪福島復興ソーラー(株)≫32運営:農業事業者建設:市(復興交付金)②植物工場の経営:市内の農業者に無償貸与③ランニングコスト:維持管理費等は経営者が負担④スケジュール:・着工:2012. 11・竣工:2013. 3 (予定)産業創出の新しいスキーム
  33. 33. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.リノベーション(被災地以外)における新しい価値創出の事例1. 柏市(千葉県):新ビジネス創出プログラム33アジア・アントレプレナーシップ・アワード(AEA) (シンガポールチームが獲得)「柏の葉キャンパスエリア」をアジアにおけるベンチャー企業のメッカにアジアのチカラを結集ベンチャー企業のグローバル展開を推進技術力に優れた日本×急速な成長を遂げるアジア諸国産業創出における日本の課題:技術はあるが、事業化に結び付いていない事業化ノウハウマーケット育成資金調達TXアントレプレナーパートナーズ(TEP)を設立アジアの起業家が一堂に会するビジネスコンテスト 「AEA 2012」を開催新ビジネス振興の新しいスキーム
  34. 34. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.2. 富山市(富山県):新たなコンセプトに基づくコンパクトシティの実現LRTネットワークなど公共交通の活性化沿線に居住、商業などの都市機能を集積市民や事業者の建設費などを支援まちなかや公共交通沿線への居住を推進公共交通を軸とした拠点集中型のコンパクトなまちづくりOECDコンパクトシティプログラムにおいて、世界の先進5都市(富山、メルボルン、バンクーバー、パリ、ポートランド)の1つに選定鉄軌道運行頻度の高いバス路線地域生活拠点等と都心を結ぶバス路線居住を推進する地区地域生活拠点コミュニティバス34コンパクト化推進の新しいスキーム
  35. 35. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.3. 北九州市(福岡県):新しいエネルギーサービスの提供35電力需要の平準化・ダイナミックプライシングの導入・電力需要の少ない時間帯の価格を割安に・電力需要の多い時間帯の価格を割高に・季時別料金の適用電力使用をシフト・スマートメーターの導入消費エネルギーの削減ピークシフト・ピークカットエネルギー需要の「見える化」消費エネルギーの削減ピークシフト・ピークカットピーク時と夜間では約20倍の価格差効果モデル地区(東田地区)での電力需要の平準化 実証実験の事例(OECDグリーンシティプログラムにおいて、世界の代表的4都市の1つに選定)コミュニティスケールの省エネの新しいスキーム20%のピークカットに成功
  36. 36. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.36論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価1) 環境モデル都市2) 環境未来都市(1) 環境未来都市構想とグリーンイノベーション(2) 環境未来都市における価値創出の事例(3) 国際貢献の展開
  37. 37. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.37内外の都市等との連携による成果の発信と共有内外への発信成功事例のヒトモノカネ規制改革住みたいまち活力あるまち集中投入ための社会実践新たな価値創出の環境未来都市等環境未来都市の国際的ネットワーク国際的「知」のプラットホーム3.1 環境未来都市構想の推進: 国際的ネットワークの構築
  38. 38. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.38◆ 成果としての共通認識「環境価値、社会的価値、経済的価値という3つの価値創出の最大化、バランス性の確保」◆ 日時 場所:平成24年2月21日, 東京◆ 主催:内閣官房・内閣府◆ 国内外参加者 約600人 (内アジア諸国等の政府・自治体幹部、大学等研究者 約20カ国43人含む)第1回フォーラム概要3.2 「環境未来都市」構想 推進国際フォーラム◆ 日時:平成25年2月16日(土)◆ 場所:北海道下川町◆ 主催:内閣官房・内閣府◆ メインテーマ :環境未来都市構想と国際貢献- 復興, リノベーションを通した価値創出 -◆ 平成25年10月頃◆ 北九州市で開催予定(案)第1回フォーラム概要第2回フォーラム概要第3回フォーラム概要
  39. 39. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.3.3.1 横浜市:水ビジネス/都市づくり/環境教育と国際貢献1) 横浜が培ってきた水道事業の技術・ノウハウの提供○ 海外からの研修員の受入 (1987年~)世界各国から2200人以上を受入○ 海外への専門家・調査団等の派遣 (1973年~)JICA等の他機関と連携し、これまでにアジア、アフリカを中心として29か国に210人を派遣2) 持続可能な都市づくりの支援○ フィリピン共和国セブ市への技術協力 (2012年~)・持続可能な都市の発展に向けた技術協力に関する覚書を締結・市内企業等と合同で、廃棄物・水環境等の都市インフラ分野について現地調査を実施3) 持続可能な都市づくりに向けた環境教育(2004年~)○ アジア諸国(ベトナム、カンボジア、スリランカ、バングラデシュ、フィリピン) に対する支援・自治体職員・学校・子どもたちを対象・職員派遣、研修員受入、フォーラム等により廃棄物処理や水資源管理等の環境教育を実施393.3 各都市の国際協力の事例
  40. 40. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.3.3.2 北九州市:国際協力と環境ビジネスの推進1) 公害克服で培った経験やノウハウを開発途上国へ○ 海外から多くの研修生を受入30年以上にわたり140ケ国・6,638人の研修生を受入○ 環境と経済の両立環境改善と経済成長が両立し得るものであることを示す2) アジア諸都市とのネットワークを活用した環境国際協力やビジネスの推進○ 中国・大連市への技術協力 (1981年~)・「大連環境モデル地区計画」の提案(1993年)・大連市がUNEP「グローバル500」受賞(2001年)○ カンボジア・プノンペン市への技術協力(1999年~)・漏水の大幅な改善(1993年・72%→2006年・8%)・飲料可能な水道水の供給○ インドネシア・スラバヤ市への技術協力 (1997年~)・生ごみ堆肥化事業を推進・廃棄物埋立量を30%削減(2005年-2010年比)00.511.520 5 10 15 20 25 30Environmental Pollution(mg-SO3/100c㎡/day)Economic Development(Value of Shipments: 100Billiom Yen)196019611962196319641965196619671968196919701971197219731974197619771978 19791980経済開発が進むにつれて環境改善が進んだ環境汚染(mg-SO3/100cm2 /日)経済開発(製造品出荷額: 千億円)環境と経済の両立大連市スラバヤ市 プノンペン市
  41. 41. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.環境未来都市構想と国際貢献41日本が世界に先んじて抱える多くの課題近い将来アジア各国が直面する普遍的な課題世界に先んじて求められる日本の取り組み課題解決のテコとして期待される「環境未来都市」構想成果の国際的発信
  42. 42. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.42論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価1) 評価におけるストックとフローの視点2) ストック評価ツールとしてのCASBEE-都市
  43. 43. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.43環境と経済の両立 (北九州市の事例)過去のある断面ではフローとしての環境汚染が多い年も存在1968年以降、ストックとしての環境汚染は減少ある年の環境汚染の排出量が都市の状態を表すストックを示す1年毎の変化量がフローを示す北九州市では10数年をかけて高いレベルのストックを達成00.51.01.52.00 5 10 15 20 25 30環境汚染(mg-SO3/100cm2/日)経済開発(製造品出荷額:1千億円)1960196119621963196419651966196719681969197019711972 19731975197619771978 19791980経済開発が進むにつれて環境改善が進んだ1974
  44. 44. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.44① 地区の取組の評価② 自治体全域に対する施策の評価③ 地区の環境品質・活動度の評価④ 自治体の環境品質・活動度の評価空間スケール(10年~数10年)→フロー(1年~数年)地区 自治体(全域)都市環境評価におけるフローとストック①の評価: 終了/着手/未着手の進捗状況、数値目標の達成率 等④の評価: CASBEE-都市による現状や将来の評価 等ストック
  45. 45. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.企業の財務評価におけるフローとストック(フロー)単独決算(フロー)連結決算(ストック)単独決算(ストック)連結決算組織のスケール → 単独(フロー)損益計算書(ストック)貸借対照表連結45
  46. 46. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.46論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価1) 評価におけるストックとフローの視点2) ストック評価ツールとしてのCASBEE-都市(1) CASBEE-都市の概要(2) 住民調査による評価結果の検証(3) 全国自治体の評価(4) 復興プロセスの評価(5) 過去から現在に至る環境性能の変化(6) 海外都市の評価
  47. 47. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.CASBEE ファミリーの構成47正確/容易, 専門/非専門 新築 既存 改修簡易な標準版 ○* ○簡易な標準版 ●超簡易版(健康チェックリスト)○正確/容易, 専門/非専門 新築 既存 改修標準版 ○ ○ ○簡易版 ○* ○* ○*超簡易版 (不動産マーケット普及版)○派生ツール正確/容易, 専門/非専門 街区 街区+建築標準版 ○ ○簡易版 ○ ○正確/容易, 専門/非専門 行政区(過去・現在・未来)標準版 ○詳細版 ○○:開発済●:開発中*:自治体などで活用CASBEE戸建てCASBEE住戸ユニットCASBEE建築事務所、学校、物販飲食、集会場、工場、病院、ホテル、集合住宅CASBEE街区CASBEE都市敷地短期使用ヒートアイランド学校(文科省版)●○ ○ ○建築系住宅系街区系都市系
  48. 48. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.48CASBEEツールの階層構造CASBEE-街区CASBEE-都市(都市スケール)(街区スケール)CASBEE-住宅(住宅/建物スケール)CASBEE-建築建物・街区評価の実績・知見を踏まえて、評価対象を都市へ拡大
  49. 49. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.49CASBEE-都市の概要=BEE: Built Environment Efficiency自治体の環境効率BEE※環境負荷 L のスコア(L: Load, 0< score for L <100)環境品質・活動度 Q のスコア(Q: Quality, 0< score for Q <100)自治体内部の環境品質・活動度Qualityの向上自治体を囲む仮想空間自治体の外への環境負荷 Load の低減自治体評価のために想定する仮想閉空間
  50. 50. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.Q と L による評価結果の2次元表示0501003.00.51.5 BEE=1.0100500500100(環境品質・活動度Q)悪良 悪(環境負荷 L)最良最悪自治体XのBEESustainableUnsustainable=1.8 (=70/40)A ランク: ★★★★★: ★★★★: ★★★: ★★: ★4070SAB+B-C環境効率BEEQ のスコアL のスコア=50良 3.0 1.50.51.0S★★★★★A★★★★B+★★★B-★★C★BEE
  51. 51. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.51CASBEE-都市の評価項目トリプルボトムラインに基づく評価項目の整理Q2社会Q1環境環境品質・活動度 Q← 自治体の境界・環境質・資源循環・生活環境・社会サービス・社会活力・産業力・CO2取引力・CO2吸収源対策・自然保全・財政基盤力Q3経済環境負荷 L・エネルギー起源CO2排出量・非エネルギー起源CO2排出量[年間一人当たり排出量]
  52. 52. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.52[ Q1: 環境] の評価項目大項目 中項目 小項目Q1 環境Q1.1 自然保全 Q1.1.1 自然的土地比率Q1.2 環境質Q1.2.1 大気質Q1.2.2 水質Q1.3 資源循環 Q1.3.1 一般廃棄物のリサイクル率Q1.4 CO2吸収源対策 Q1.4.1 森林によるCO2吸収源対策
  53. 53. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.53大項目 中項目 小項目Q2 社会Q2.1 生活環境Q2.1.1 住居水準充実度Q2.1.2 交通安全性Q2.1.3 防犯性Q2.1.4 災害対応度Q2.2 社会サービスQ2.2.1 教育サービス充実度Q2.2.2 文化サービス充実度Q2.2.3 医療サービス充実度Q2.2.4 保育サービス充実度Q2.2.5 高齢者サービス充実度Q2.3 社会活力Q2.3.1 人口増減率Q2.3.2 健康寿命[ Q2: 社会] の評価項目
  54. 54. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.54大項目 中項目 小項目Q3 経済Q3.1 産業力Q3.1.1 一人当たりGRP相当額Q3.1.2 労働力Q3.2 財政基盤力Q3.2.1 地方税収入額Q3.2.2 地方債残高Q3.3 CO2取引力 Q3.3.1 他地域でのCO2排出抑制支援[ Q3: 経済] の評価項目
  55. 55. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.55大項目 中項目 小項目L1エネルギー起源CO2排出量L1.1 産業部門 -L1.2 民生家庭部門 -L1.3 民生業務部門 -L1.4 運輸部門 -L2非エネルギー起源CO2排出量L2.1 廃棄物分野 -[ L: 環境負荷] の評価項目(CO2排出量/人・年)
  56. 56. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.56論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価1) 評価におけるストックとフローの視点2) ストック評価ツールとしてのCASBEE-都市(1) CASBEE-都市の概要(2) 住民調査による評価結果の検証(3) 全国自治体の評価(4) 復興プロセスの評価(5) 過去から現在に至る環境性能の変化(6) 海外都市の評価
  57. 57. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.57CASBEE-都市の評価結果の妥当性検証◆CASBEE-都市の評価方法:環境負荷 L の評価は再配分型に基づく◆評価対象:(1)全国の150の市区町村◆評価目的:住民満足度と客観データの比較居住する自治体の環境、社会、経済の実態に対する住民の満足度を調査(住民の主観的評価(満足度) に関するアンケート調査)(2)各自治体100名程度政令市、中核市、特例市環境モデル都市、環境未来都市等計13,000人以上にアンケート(2012年11月下旬に実施)公開データに基づいて評価する標準版を使用
  58. 58. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.58高低(主観)住民の満足度(客観)自然的土地比率の指標値 高低((林野面積+主要湖沼面積)/総面積[%])01020304050607080901000 20 40 60 80 100自然的土地比率(Q1.1.1)に関する主観評価(満足度)と客観評価の対応1つのプロットは1つの自治体に対応
  59. 59. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.59高低(主観)住民の満足度(客観)水質の指標値 高低(河川BODの日間平均値の75%[mg/l])y = -10.8ln(x) + 61.8R² = 0.61001020304050607080901000 20 40 60 80 100水質(Q1.2.1)に関する主観評価(満足度)と客観評価の対応
  60. 60. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.60高低(主観)住民の満足度(客観)防犯性の指標値 高低y = -22.7ln(x) + 94.3R² = 0.77601020304050607080901000 5 10 15 20 25 30 35(刑法犯認知件数/補正人口[件/千人])防犯性(Q2.1.3)に関する主観評価(満足度)と客観評価の対応
  61. 61. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.61高低(主観)住民の満足度(客観)医療サービス充実度の指標値 高低(医師数/補正人口[人/千人])y = 16.4ln(x) + 37.9R² = 0.58701020304050607080901000 2 4 6 8医療サービス充実度(Q2.2.3)に関する主観評価(満足度)と客観評価の対応
  62. 62. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.y = 15.6ln(x) + 20.1R² = 0.68001020304050607080901000 10 20 30 4062高低(主観)住民の満足度(客観)GRP相当額の指標値 高低((農業産出額+製造品出荷額等+商業年間商品販売額)/補正人口[百万円/人])*経済学における『限界効用逓減の法則』とも合致GRP: Gross Regional ProductGRP相当額(Q3.1.1)に関する主観評価(満足度)と客観評価の対応
  63. 63. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.63高低(主観)住民の満足度(客観)地方債残高の指標値 高低(公債費比率[%])y = -23.5ln(x) + 103R² = 0.70501020304050607080901000 5 10 15 20 25 30地方債残高(Q3.2.2)に関する主観評価(満足度)と客観評価の対応
  64. 64. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.64y = 0.9518x - 2.756R² = 0.553901020304050607080901000 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100高低(主観)住民の満足度(客観)Qualityの総合スコア 高低Qの総合スコアに関する客観評価と主観評価の対応客観評価(自治体のQの総合スコア)と主観評価(住民の総合満足度)の相関関係を確認
  65. 65. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.岸和田市東松島市郡山市会津若松市いわき市大船渡市石巻市福島市釜石市南相馬市2530354045505560657075千代田区茨木市品川区高槻市西宮市成田市福岡市吹田市宝塚市松本市65住民の主観的な暮らしやすさの都市間比較住民の主観的な暮らしやすさ(100点満点)ランキング上位にはインフラの整った大都市やその周辺のベッドタウンが多い・・・Top 10 municipalities Worst 5municipalities今回評価対象とした150の自治体の中でのランキング下位には東日本大震災で被災した自治体が多い千代田区茨木市品川区高槻市西宮市成田市福岡市吹田市宝塚市松本市大船渡市石巻市福島市釜石市南相馬市復興活動が急務(各自治体100名を対象として暮らしやすさを0~100点で回答して頂いたアンケートの結果)
  66. 66. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.66東日本大震災前後の暮らしやすさの都市間比較59.5 61.3 62.1 54.4 51.1 48.3 59.7 55.7 60.458.0 61.2 61.8 54.6 39.3 37.5 56.6 47.9 31.10102030405060708090100n.s. n.s. n.s. n.s. ** ** * ** **** : p<0.01* : p<0.05n.s.: not significant被災前(2010) 被災後(2012)住民の主観的な暮らしやすさ(100点満点)被災地以外 被災地被災地の暮らしやすさの低下が顕著
  67. 67. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.67論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価1) 評価におけるストックとフローの視点2) ストック評価ツールとしてのCASBEE-都市(1) CASBEE-都市の概要(2) 住民調査による評価結果の検証(3) 全国自治体の評価(4) 復興プロセスの評価(5) 過去から現在に至る環境性能の変化(6) 海外都市の評価
  68. 68. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の持続可能性評価の概要68◆評価時点:2010年4月1日◆評価対象:全国の基礎自治体(1,750市区町村)◆評価目的:合理的な国土計画にむけた地域間格差の状況把握◆地図の座標系:経度緯度座標(JGD2000)
  69. 69. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.45N35N40N全国自治体の評価結果 (Q1: 環境 – 2010年)69SapporoSendaiTokyoKyotoHiroshimaNagasakiQ1の評価結果70-80%60-70%50-60%40-50%30-40%20-30%10-20%0-10%良悪90-100%80-90%北海道や中部、中国、四国地方等人口密度の低い中山間地域ほど豊かな自然が残されている傾向Q1.1: 自然保全Q1.2: 環境質Q1.3: 資源循環Q1.4: CO2吸収源対策Q1 環境0 500km
  70. 70. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (Q2: 社会 – 2010年)SapporoSendaiTokyoKyotoHiroshimaNagasakiQ2の評価結果70-80%60-70%50-60%40-50%30-40%20-30%10-20%0-10%良悪90-100%80-90%Q2.1: 生活環境Q2.2: 社会サービスQ2.3: 社会活力Q2 社会北海道や中部、中国地方等人口密度の低い地域ほど安心安全な暮らしが確保される傾向700 500km45N35N40N
  71. 71. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (Q3: 経済 – 2010年)SapporoSendaiTokyoKyotoHiroshimaNagasakiQ3の評価結果70-80%60-70%50-60%40-50%30-40%20-30%10-20%0-10%良悪90-100%80-90%Q3.1: 産業力Q3.2: 財政基盤力Q3.3: CO2取引力Q3 経済関東、東海地方 等太平洋ベルト地帯に属する自治体の経済活動が活発な傾向710 500km45N35N40N
  72. 72. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (Qの総合評価 – 2010年)SapporoSendaiTokyoKyotoHiroshimaNagasakiQの評価結果70-80%60-70%50-60%40-50%30-40%20-30%10-20%0-10%良悪90-100%80-90%Q1: 環境Q2: 社会Q3: 経済Q 環境品質・活動度Q1~Q3の総和の結果、北海道や中部地方 等人口密度が低めの地域の結果がやや良い傾向720 500km45N35N40N
  73. 73. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (Lの総合評価 – 2010年)SapporoSendaiTokyoKyotoHiroshimaNagasakiLの評価結果70-80%60-70%50-60%40-50%30-40%20-30%10-20%0-10%良悪90-100%80-90%L1: エネルギー起源CO2排出量L2: 非エネルギー起源CO2排出量L 環境負荷人口密度が高い三大都市圏と気候が温暖な四国、九州の評価が高い(CO2排出量/人・年)730 500km45N35N40N
  74. 74. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (BEE = Q / L – 2010年)SapporoSendaiTokyoKyotoHiroshimaNagasaki1.25-1.501.00-1.250.75-1.000.50-0.750.50未満BEEの評価結果良悪1.50以上Q:環境品質・活動度L: 環境負荷BEE 環境効率Q、Lを総合して評価すると、比較的格差の少ない均衡ある国土整備が行われていることが判明740 500km45N35N40N
  75. 75. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.全国自治体の評価結果 (BEE = Q / L – 2010年)SapporoSendaiTokyoKyotoHiroshimaNagasaki1.25-1.501.00-1.250.75-1.000.50-0.750.50未満BEEの評価結果良悪1.50以上Q:環境品質・活動度L: 環境負荷BEE 環境効率Q、Lを総合して評価すると、比較的格差の少ない均衡ある国土整備が行われていることが判明750 500km45N35N40N
  76. 76. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.76論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価1) 評価におけるストックとフローの視点2) ストック評価ツールとしてのCASBEE-都市(1) CASBEE-都市の概要(2) 住民調査による評価結果の検証(3) 全国自治体の評価(4) 復興プロセスの評価(5) 過去から現在に至る環境性能の変化(6) 海外都市の評価
  77. 77. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.77阪神淡路大震災(1995)における神戸市の被災状況直下型大地震による都市火災の発生
  78. 78. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.78東日本大震災(2011)における東松島市の被災状況地震と津波により甚大な被害が広域に発生
  79. 79. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.79神戸市復興のプロセス:CASBEE-都市による過去・現在・未来の評価環境効率BEEQL=Q(環境品質・活動度 )L(環境負荷 :CO2排出量/人・年)・エネルギー起源以外・エネルギー起源・環境(自然保護、環境質、資源循環 等)・社会(生活環境、社会サービス等)・経済(産業力、財政基盤力 等)0501003.00.51.5 BEE=1.03.0 1.50.5100500500100(Q(環境品質,活動度))良悪良 悪(L(環境負荷))1.019901995(阪神淡路大震災)2010(現在)2025(将来目標)(最良)(最悪)(環境効率)B-★★C★② 激震災害の面積割合: 約2.3%① 震災によるGDP減少割合: 約2.7%③ 被害を受けた面積割合: 約10%(Sustainable)S★★★★★A★★★★B+★★★
  80. 80. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.80東松島市の復興計画:環境効率BEEQL=0501003.00.51.5 BEE=1.03.0 1.50.5100500500100(Q(環境品質,活動度))良悪良 悪(L(環境負荷))1.0(最良)(最悪)(環境効率)S★★★★★A★★★★B+★★★B-★★C★(Sustainable)2011(東日本大震災)2010(震災前)2025(将来目標)② 激震災害の面積割合 : 約36%① 震災によるGDP減少割合: 約20%③ 被害を受けた面積割合 : 約12%CASBEE-都市による過去・現在・未来の評価Q(環境品質・活動度 )L(環境負荷 :CO2排出量/人・年)・エネルギー起源以外・エネルギー起源・環境(自然保護、環境質、資源循環 等)・社会(生活環境、社会サービス等)・経済(産業力、財政基盤力 等)
  81. 81. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.81論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価1) 評価におけるストックとフローの視点2) ストック評価ツールとしてのCASBEE-都市(1) CASBEE-都市の概要(2) 住民調査による評価結果の検証(3) 全国自治体の評価(4) 復興プロセスの評価(5) 過去から現在に至る環境性能の変化(6) 海外都市の評価
  82. 82. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.821990年と2010年の比較 – Q1: 環境45N35N40N0 500km評価結果(凡例)-0.1 – 0.1-0.5 – -0.1-1.0 – -0.5-1.5 – -1.0-2.0 – -1.5– -2.0良悪0.5 – 1.00.1 – 0.51.0 – 1.52.0 –1.5 – 2.0全国的にみると、環境面に関しては過去20年間で大きな差異は生じていないQ1.1: 自然保全Q1.2: 環境質Q1.3: 資源循環Q1.4: CO2吸収源対策Q1 環境*Q1.3は公開統計情報の欠損により評価結果には含まれていない
  83. 83. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1990年と2010年の比較 – Q2: 社会45N35N40N評価結果(凡例)-0.1 – 0.1-0.5 – -0.1-1.0 – -0.5-1.5 – -1.0-2.0 – -1.5– -2.0良悪0.5 – 1.00.1 – 0.51.0 – 1.52.0 –1.5 – 2.0Q2.1: 生活環境Q2.2: 社会サービスQ2.3: 社会活力Q2 社会Q2.3 社会活力の大幅な悪化により、過去20年間に全国的に社会の評価結果は低下傾向830 500km
  84. 84. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1990年と2010年の比較 – Q3: 経済45N35N40N0 500km評価結果(凡例)-0.1 – 0.1-0.5 – -0.1-1.0 – -0.5-1.5 – -1.0-2.0 – -1.5– -2.0良悪0.5 – 1.00.1 – 0.51.0 – 1.52.0 –1.5 – 2.0Q3.1: 産業力Q3.2: 財政基盤力Q3.3: CO2取引力Q3 経済過去20年間に評価結果が向上した自治体(図中の青い自治体)と低下した自治体(図中の青い自治体)がほぼ同数であり、格差が拡大*Q3.3は公開統計情報の欠損により評価結果には含まれていない 84
  85. 85. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1990年と2010年の比較 – Q45N35N40N0 500km評価結果(凡例)-1.0 – 1.0-3.0 – -1.0-5.0 – -3.0-7.0 – -5.0-9.0 – -7.0– -9.0良悪3.0 – 5.01.0 – 3.05.0 – 7.09.0 –7.0 – 9.0Q1: 環境Q2: 社会Q3: 経済Q 環境品質・活動度Q1~Q3の総和の結果、Q2の評価悪化の影響が大きく全国的にQの評価結果は低下85
  86. 86. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1990年と2010年の比較 – L45N35N40N0 500km評価結果(凡例)-1.0 – 1.0-3.0 – -1.0-5.0 – -3.0-7.0 – -5.0-9.0 – -7.0– -9.0良悪3.0 – 5.01.0 – 3.05.0 – 7.09.0 –7.0 – 9.0L1: エネルギー起源CO2排出量L2: 非エネルギー起源CO2排出量L 環境負荷関東大都市圏や関西大都市圏では環境負荷が低下。その他の多くの地域では逆に負荷が増大86
  87. 87. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.1990年と2010年の比較 – BEE45N35N40N0 500km評価結果(凡例)0.95 – 1.050.90 – 0.950.85 – 0.900.80 – 0.850.75 – 0.80– 0.75良悪1.10 – 1.151.05 – 1.101.15 – 1.201.25 –1.20 – 1.25Q:環境品質・活動度L: 環境負荷BEE 環境効率Q、Lを総合して評価すると、過去20年間に全国的に多くの自治体の環境効率BEEが低下87
  88. 88. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.88論点1. 環境行政における自治体と市民の役割2. 環境モデル都市と環境未来都市3. CASBEE-都市による環境性能の評価1) 評価におけるストックとフローの視点2) ストック評価ツールとしてのCASBEE-都市(1) CASBEE-都市の概要(2) 住民調査による評価結果の検証(3) 全国自治体の評価(4) 復興プロセスの評価(5) 過去から現在に至る環境性能の変化(6) 海外都市の評価
  89. 89. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.89新首都プトラジャヤ(マレーシア)の環境性能評価プトラジャヤ市の概要総面積: 49.31[km2]人口: 79,400[人]・マレーシアの新首都・クアラルンプールの南方25kmに位置クアラルンプール周辺地図シンガポールイスカンダルマレーシアクアラトレンガヌプトラジャヤクアラルンプール
  90. 90. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.90プトラジャヤの将来計画プトラジャヤ グリーンシティ 2025低炭素社会に向けた計画に加え、環境品質の向上のための計画も策定これらの計画をCASBEE-都市により評価・プトラジャヤを2025年までに低炭素化するシナリオ・将来の環境・社会・経済の定量的な統合モデルに基づく
  91. 91. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.91プトラジャヤの評価結果: 現在と将来S A B+CB-(最良)BEE = 3.0 1.5 1.00.50 50 100050100良 悪環境負荷L良悪環境品質Q(最悪)環境負荷はプトラジャヤの将来計画を推進することで大きく削減1)2)★★★★★ ★★★★ ★★★★★★持続可能な都市に向けて、環境品質を向上させるような将来計画が必要2011 (現在)(BEE = 0.94)2025 (将来)(BEE = 2.46)
  92. 92. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.92サステナブル都市に向けた都市のリノベーションの方向S A B+CB-(最良)BEE = 3.0 1.5 1.00.50 50 100050100良 悪環境負荷L良悪環境品質Q(最悪)持続可能な都市都市 C都市 A都市 A:環境負荷Lの削減が必要都市 B:環境負荷Lを増加させずに、環境品質Qを向上させることが必要★★★★★ ★★★★ ★★★★★★都市 C:環境品質Qの大幅な向上が必要都市 B
  93. 93. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.まとめ: 現状から将来に向けた政策目標の共有イメージ93100500500100良悪良 悪現在将来( BAUケース)将来(対策ケース)⊿L⊿Q最良最悪123ルート 1:ルート 2:ルート 3:特段の対策を施さない場合(BAU)の現状から将来へのルート十分な施策を施した場合の将来へのルート都市施策の効果を表す。が環境品質の向上、が環境負荷の減少分⊿Q⊿L現状、BAU、将来目標の環境性能を比較し、政策の効果を判断(BAU: Business As Usual)自治体、市民、その他ステークホルダーによる将来目標の共有(環境品質・活動度Q)(環境負荷 L)
  94. 94. Shuzo Murakami, Institute for Building Environment and Energy Conservation All Rights Reserved.94ご清聴ありがとうございました本研究は、「都市の環境性能評価ツール開発委員会」(村上周三委員長)(事務局:一般社団法人日本サステナブル建築協会)の活動の一部であり、関係各位のご協力に謝意を表します。特に、検討部会の山口幹事、蕪木幹事、工月幹事には本研究を進めるにあたり貴重な助言を数多く頂きました。出典:[2]Kawakubo S., Ikaga T., Murakami S., “Nationwide Assessment of City Performance Based on EnvironmentalEfficiency”, International Journal of Sustainable Building Technology and Urban Development, Vol.2, No.4,pp.293- 301, 2011[3]川久保俊、伊香賀俊治、村上周三、浅見泰司 “CASBEE都市による全国市区町村の環境性能評価”日本建築学会環境系論文集, Vol.78, No.683, 2013[4]川久保俊 “公開統計情報に基づく全国自治体の持続可能性評価に関する研究”, 学位請求論文(慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻), 2013[1]Murakami S., Kawakubo S., Asami Y., Ikaga T., Yamaguchi N., Kaburagi S., “Development of a comprehensivecity assessment tool”, Building Research & Information, Vol.39, No.3, pp.195-210, 2011

×