• Save
第4期わが街のプラチナ構想 立川市
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

第4期わが街のプラチナ構想 立川市

on

  • 297 views

 

Statistics

Views

Total Views
297
Views on SlideShare
265
Embed Views
32

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 32

http://www.platinum-handbook.jp 32

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

第4期わが街のプラチナ構想 立川市 第4期わが街のプラチナ構想 立川市 Presentation Transcript

  • 1 わがまちプラチナ構想 立川市 総合政策部 企画政策課 根岸
  • 22  テーマ 高齢社会における地域の課題を 地域で解決できるプラチナ社会 高齢者が地域の中で、活躍できる 場所を創出できるプラチナ社会 コミュニティビジネス(CB)の支援
  • 33 ※ コミュニティビジネスとは 「コミュニティビジネスとは、 地域の課題を地域住民が主体的に、 ビジネスの手法を用いて解決する取り組み 」 ※ 関東経済産業局HPより
  • 44  背景 l  高齢化により、地域で活躍する人材の宝庫 l  セカンドライフにおける選択の多様化への 期待 l  女性の社会進出や核家族化・高齢者世帯 の増加により私的領域として扱われがちな 個人の課題が、社会の課題・地域の課題へ  例)子育てや介護
  • 55  背景:関連データ 出典:立川市第3次基本計画 ※ 詳細な説明は省略します 65歳以上の人口が26.4%へ   ⇒人財の宝庫   ⇒多様な高齢者 出典:立川市高齢者福祉介護計画(平成24年3月) 平均世帯数の減少 平成24年 国民生活基礎調査概況(厚生労働省)
  • 66  目的 l  退職した人を「地域の中で雇用」できる、活用の場 を作り出す(職住近接・自立した高齢者を増やす) l  働くことで、健康寿命を延伸する l  高齢者が活躍することで、地域の課題を地域で解 決する共助の仕組みへ(高齢者が増えることがプ ラスとなる社会へ) ⇒課題解決の仕組みを継続するためには、ビジネス 形態が必須 ⇒コミュニティ・ビジネスの起業支援・事業支援
  • 77  背景:参考データ ※ 詳細な説明は省略します 出典:「多摩地域における新たな働く機会と場の創造~団塊の世代を対象に~」平成18年3月  財団法人 東京市町村自治調査会 全体的に自分の趣味や家族のための活動の意欲が高いが、 それ以外の活動としては「退職後の再就職」への意欲が36.9% と高くなっている。多くはないものの、起業への意欲も見られる。
  • 88  計画内容(概要) l  地域の場・縁の創出     行政が仕掛ける l  CBの起業支援 l  事業拡大支援 l  成功事例の情報共有化 l  人材育成支援 l  大学連携 事業者や金融が支援 (行政による委託) 受動的な施策が多い!! 積極的に地域へ出る!! 地域ごとに「一連」の流れの中で事業展開
  • 99 3.計画内容(場・縁の創出) 市民 事業者 金融 NPO法人 地方 公共団体 市民団体 地域課題 地域課題を話し合い、課題解決のために地域資源を どのように活かしていくか議論する場・縁の創出(行政主導で実施)
  • 1010  計画内容(コミュニティの範囲) l  活動範囲の違い l  地域の多様性  同じ立川市でも大きく分けて北部と南部では、地域資源が大きく異なる。 市民 市民団体等 狭い 広い 市町村 NPO法人 事業者・金融 ※イメージ それぞれがイメージできる地域の中で、共通と認識できる課題や資源を議論する 必要があり、その範囲で場・縁を創出する。 場の適正規模 ⇒ 人の顔が見える範囲 ⇒ 学校単位での地域づくり
  • 1111  計画内容(2つのパターン) 地域課題の発見 地域課題の 話合いの場 地域課題を解決できる 事業者等と連携 既存の事業者や活動団 体と連携すれば、解決 可能な場合 既存の事業者や活動団 体では解決できない 起業支援が必要 既存事業者等の拡大 起業支援 2つ方向から雇用を拡大
  • 1212  計画内容(その1) l  地域課題解決のための活動主体がある場合 CB(事業者 NPO法人 市民活動団体等) 【知縁型】 地域市民 【地縁型】 課題の共有ができれば、両者をつなぐことが可能 活動の拡大のための支援を、委託等により事業者や金融と共に実施 つなぐ ※【参考】NPO法人数 立川市 80 多摩地域 1593 (H24.12.31現在) 行政 事業サポート 情報提供
  • 1313  計画内容(その2ー①) l  地域課題解決のための活動主体がない(マッチングできな い)場合 CB(事業者 NPO法人 市民活動団体等) 【知縁型】 地域市民 【地縁型】 創業支援の説明などを地域に出て実施することが必要。 具体性を持たせ、想像できることが起業につながる。 ⇒地域課題の議論と創業説明を一体として実施する。 ⇒起業したい人と就業を希望する人の縁がつながる 起業支援
  • 1414  計画内容(その2ー②) 起業セミナー よくある例 ある程度知識やイメージを持った 方が集まってくる(受動的) 起業セミナー 計画案 地域課題 の話し合い 地域課題 解決のた めの手法と して起業を 選択 + 地域の中で一体的に実施 する必要がある! ⇒ 具体的なイメージの共有    人と人をつなぐ
  • 1515  計画内容(立川市の特性) 北部 ・団地(高齢者)が多い     ・農地が多い 南部 ・大型商業施設が多い     ・駅の乗車人数が多い      →昼間人口・交流人口        が多い
  • 1616  計画内容(立川市の特性を活かした具体案) l  立川市の北部地域  【地域課題】 ・農地は多いが減少傾向にある           ・食の安全           ・高齢者の集いの場 ⇒ 体験農業+朝採り野菜を使用した農家のレストラ ン(コミュニティカフェ)を併設    【効果】 地産地消に農業の活性化        +高齢者の集いの場
  • 1717  計画内容(立川市の特性を活かした具体案) l  立川市の南側   【地域課題】   ・大型商業施設以外の商店の衰退  ・保育施設の不足  ⇒ 来街者の託児所    +地域の保育需要を解消・支援する施設  【効果】 子育てにやさしい商店街を売り出し        商店街の活性化へ
  • 1818  成果(アウトプット) l  地域課題を地域で解決し続けることができ る(社会構造・環境の変化への対応可能) l  活動主体となる高齢者が増えれば、その分 多様な活動の可能性が生まれる(高齢者を 喜んで受け入れる社会づくり) l  地域で雇用が生まれれば、住み慣れた地 域で長く、元気に暮らすことができる(生き がいの場の創出と健康寿命の延伸)
  • 1919  必要条件・資金計画 l  空き店舗の調査(空き店舗を利用して起業)  ⇒・商店街空き店舗対策モデル事業により補助    ※開店時の施設改修と3年間の家賃を一部補助     (都+市)    ・インキュベーション施設の利用⇒市内各地域へ拡大     ※現在1箇所(廃校で1箇所設置予定) l  事業者等と連携した支援体制を構築  ⇒行政と事業者等が連携し、地域出て支援をしていく    ※地域需要創造型等起業・創業促進補助金(経産省) l  人材育成、人と人をつなぐ支援(継続性を保つために バックアップ) l  経営安定のための支援
  • 2020  スケジュール STEP1 学校単位とした 地域で地域課題 の話し合いの場 を創出 STEP2 ① STEP3 大学連携を誘致 運営支援 ①事業者等連携模索 ②起業について学ぶ STEP2 ② 事業拡大を地域 と協力して実施 マーケティング調査 空き店舗又はイン キュベーション施 設で開業支援 市や事業者等と連携し 学びの場や情報提供 人材育成支援 市や事業者等と連携し 事業の継続を支援
  • 2121  実施体制 1つの円(地域)を 研究フィールドとし て大学と連携 成功事例の情報を共有・ 連携 地域 地域 地域 地域 大学 行政 事業者 NPO等 金融
  • 2222  その他 l  地域資源は、地域によって千差万別であるが、 課題は共通するものが多い。 l  受動的な雇用創出ではなく、積極的に地域へ出 て行く施策が必要。 ⇒仕組みとしてモデル化できれば、他の自治体へ の応用可能。
  • 2323 最後に・・・   ご清聴ありがとうございます。
    講師の皆様並びに
     事務局、受講生の皆様、
      ありがとうございました。