• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
第4期わが街のプラチナ構想 葛飾区
 

第4期わが街のプラチナ構想 葛飾区

on

  • 234 views

 

Statistics

Views

Total Views
234
Views on SlideShare
194
Embed Views
40

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 40

http://www.platinum-handbook.jp 40

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    第4期わが街のプラチナ構想 葛飾区 第4期わが街のプラチナ構想 葛飾区 Presentation Transcript

    • 1 ふるさと協定の推進   ~ 心ふれあう地域間交流を目指して ~     葛飾区     政策経営部    政策企画課    経営改⾰革担当係                             宅宅間  ⼤大介 葛飾区  わがまちのプラチナ構想
    • 2 背景①  急速に進む都市部の⾼高齢化   都道府県別の高齢者(75歳以上)人口の推移                      厚生労働省「第1回都市部の高齢化対策に関する検討会資料」より                             データ元 2010年高齢者人口:「平成22年国勢調査」(総務省統計局)                                    2025年高齢者人口:「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)」                                                            (国立社会保障・人口問題研究所) 2010年時点の 高齢者人口 (万人) 2025年時点の 高齢者人口 (万人) 増加数 (万人) 増加率 (%) 順位 埼玉県 58.9 117.7 58.8 +100 1 千葉県 56.3 108.2 52.0 +92 2 神奈川県 79.4 148.5 69.2 +87 3 : : : : : : 東京都 123.4 197.7 74.3 +60 8 : : : : : : 全国 1,419.4 2,178.6 759.2 +53
    • 背景②  葛飾区の課題 3 せ ん べ ろ ♪ 物価水準が低い ゼロメートル 地帯 土地も低い 密接な人間関係 住宅も密集
    • ⽬目的 4 ふるさと 協定の 推進 生きがいを持ち、 いつまでも元気 に暮らせる 自分に合った ライフスタイル が選択できる いざというとき に頼れる場所 がある
    • 計画内容① 5 自 治 町 会 商 店 街 各 種 団 体 自 治 町 会 商 店 街 各 種 団 体 葛飾区 A市①「ふるさと協定」 締結 ②参加 募集 ③応募 ③応募 ④情報 提供 ②参加 募集 ④情報 提供 ⑤コーディネート ⑥「ふるさと同盟」 締結 学 校 学 校
    • 計画内容② 6 さまざまな交流・・・イベント参加、農業体験等、短期就労、 合宿、「初めての一人旅」 等々 一人ひとりが親善大使!
    • 成果・アウトプット 7 文化の 融合 地域間 交流 災害時の 協力体制 健康増進 ふるさと協定 の推進 第二の 故郷 避難場所 の確保 食育の 推進 雇用促進 余暇の 充実 生きがい・ やりがい 自然との ふれあい 世代間 交流 介護予防
    • 成し遂げるための必要条件 8 1 協定締結自治体の確保 2 参加団体の確保 3 参加団体の自主性 積極的な 情報収集 積極的な 情報発信 的確な バックアップ
    • スケジュール 9 1年目 ◎「ふるさと協定」締結内容検討 ◎「ふるさと協定」締結先検討、協議 2年目 ◎「ふるさと協定」締結 3自治体程度 ◎区内周知、参加団体募集、PRレポート作成支援 3年目 ◎ふるさと協定」締結追加 3自治体程度 ◎「ふるさと同盟」締結 5団体程度 4年目~ ◎ふるさと協定」計10自治体達成を目指す ◎「ふるさと同盟」計50団体達成を目指す
    • 実施体制  ・  資⾦金金計画 10 区 自治 町会 商店 街 大学 小中 学校 保育 園 NP O 産業 団体 農業 団体 区内 企業 <区内協力体制> <資金計画(経費/年)> ◎人件費(職員給料)   800万円 ◎旅費(現地視察・協議)   50万円 ◎消耗品費(災害用備蓄)   500万円 <区執行体制>  職員1名 ◎協定締結自治体との連絡・調整 ◎区内参加団体との連絡・調整 ◎情報収集・周知活動
    • おわりに ふるさと協定の推進によって、 すべての区民が、 主体的に、 自分に合ったライフスタイルを見つけ、 生きがいを持って、 いつまでも元気に暮らせる社会を目指します。 区は、その実現に向け、 様々な選択肢を提供するとともに、 区民の主体的な行動をバックアップします。 11
    • 12 ご静聴ありがとうございました。