• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
基調講演 プラチナ構想ハンドブックとは 20130725
 

基調講演 プラチナ構想ハンドブックとは 20130725

on

  • 146 views

 

Statistics

Views

Total Views
146
Views on SlideShare
143
Embed Views
3

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

2 Embeds 3

http://www.platinum-handbook.jp 2
http://s.deeeki.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    基調講演 プラチナ構想ハンドブックとは 20130725 基調講演 プラチナ構想ハンドブックとは 20130725 Presentation Transcript

    • プラチナ大賞発表会 2013年7月25日 「プラチナ構想ハンドブック」   というプロジェクト   (社)俯瞰工学研究所
    • プラチナ構想推進の「知恵袋」   (小宮山構想のプラチナハンドブック) 「みんなとつながる『窓』」 知識のJIT:   必要な人に、必要な 知恵を、必要な時に 提供する プラチナ構想に関 する多様、広範囲 の知恵を収集し、 構造化する 2
    • プラチナ構想ハンドブックの   コンセプトデザイン 地域の次世代リーダー プラチナ構想の推進者 プラチナ   スクール 教科書 プラチナ構想の理解・普及 プラチナ   ハンドブック 企画・推進の支援 3
    • システムの機能要件 •  協調と革新を通してより高次の複雑な思考、問題解決、統 合する集団的知性を実現する。   •  継続的に学習し、成長するシステムである。   •  意味的検索で、容易に「知恵」が得られる。知恵とは知識 と感性の相乗したものである。   •  文字情報だけでなく、画像、動画、音楽・・すべての情報形 態を均質的に処理できる。   •  外部システムの情報を広く取り込み提供出来る。   •  ネットワーク上のどこからでも、いつでも、誰でも、文書を 書き換えて保存することができる。   •  多様の情報端末、多様なユーザに優しい、易しいインター フェイスである。   •  システム開発、システム維持のコストが低く、継続性の高 いシステムである。   4
    • システム構成 内容評価システム 知識データベース ユーザ活用システム   編集委員 プラチナプロジェクト 専門家G 支援・運用システム 編集局   編集支援   システム構築・運用 知識入力システム 執筆者G プラチナ求道者 ? 5
    • 公開閲覧サイトと編集サイトの機能 閲覧サイト 編集サイト 閲覧者 編集者 Webデザイン 編集インターフェース コンテンツ   編成(表示順) キーワード自動リンク マスターデータ   キーワード       コンテンツ
    • プラチナ構想ハンドブックの活動  プラチナ構想ハンドブック  編集グループの組織化 プラチナ構想ハンドブック    第4部 行動の構造化 企画・開発・公開 英語版 プラチナ構想ハンドブック 翻訳・編集・出版 ハイパーテキスト版 プラチナ構想ハンドブック コンテンツ編集 ハイパーテキスト版 プラチナ構想ハンドブック システム開発 電子書籍版 プラチナ構想ハンドブック 編集 出版  Webサイト プラチナ構想ハンドブック 開発 公開 日経BP版 プラチナ構想ハンドブック 編集 出版 2011.3     2012.01  2012.03 2012.07 2012.11 2012.12 (2013.02)
    • プラチナ構想ハンドブック 8
    • WEB版プラチナ構想ハンドブック h4p://www.pla;num-­‐handbook.jp/ 9
    • ハイパーリンクで情報を付加 10
    • 電子書籍の販売 電子書籍販売サイト: honto,  紀伊國屋書店 h4p://honto.jp/ebook.html h4p://www.kinokuniya.co.jp/disp/CSfDispListPageTop.jsp?dispNo=004002003
    • 電子書籍(.book)の画面 iPadでダウンロードした際の画面   紀伊國屋書店、honto な どの電子書籍サイトから   ダウンロード可能。PCの 各ビューワーで表示可。  
    • iphone(スマフォ)でも読めます iTunesアプリで作成した 「プラチナ構想ハンドブック 1部、2部、3部」画面:
    • 英語版をAmazon,Appleで全世界販売 iBookstore,  Kindle  store  からダウンロード。   iPadでダウンロードした画面   Amazon  Kindle  Paper  White          端末 の画面   Kindleアプリで    スマートフォンでも  
    • オンデマンドで印刷された書籍も 三省堂書店 楽天市場 <オンデマンド> h4p://item.rakuten.co.jp/books-­‐sanseido/c/0000000460/
    • プラチナ構想ハンドブック   第4部 行動の構造化 •  横展開すべき事例を分析し、モジュール化し、 再構成してモデル化する。   •  課題、目標、プログラム、予算、スケジュール、 地域資源、必要条件、規制,産学連携、支援 政策、成功要件、推進・運用組織、継続用件 を明確化する。   •  横展開の実証プロジェクトの推進   •  プロジェクトデザインのシステム構築   16
    • プロジェクトモデルの構造 規制 解決 課題(状況) 目標(数値) プロジェクト     プログラム(行動)   スケジュール   予算   専門人材   推進・運用組織   成功要件 結果(数値) 地域の変化 残る課題 次の行動 地域資源   支援政策   産学連携   人材 協力者 技術 17
    • 留萌のコホート活動 地域高齢化   市民の健康問題 課題 目標 研究の社会還元   疾病予防   健康診断受診意識 ・NPO創設、健康の駅開設、第一 次検査実施   ・準備3年、H21スタート   ・健康の駅(市1800万円)、大学研 究費、補助金、助成金   ・大学医療研究者(産学連携、移 住)   ・市、大学研究者、市民病院、 NPO   ・研究者のリーダーシップと献身、 住民への説明、住民の理解と協 力 規制 対応 るもいコホートピア     プログラム(行動)   スケジュール   予算   専門人材   推進・運用組織   成功要件 地域資源 支援政策 産学連携 札幌医科大学生との交流   旭川医大との眼底検査連携   20代女性以外人口の転出転入が 少ない、継続的データ収集可 大学医療研究者、市立病院、 NPO、行政の業務連携体制 結果 健康診断受診の促進   研究データの蓄積   脳外科医の来市! 地域の変化 市民の活動活性化   青年商工会議所、NPO   残る課題 要検査時の検査促進   健康産業化   次の行動 健康意識の低い人への働き 掛け   18
    • 実証プロジェクト:マイクロ水力発電 準備中の横展開を前提とした実証プロジェクト “地産池消” 村役場 砂防ダム 公民館 夜間電力利用 電気温水器 小型:高性能で設置土木 工事が簡易な相反転方 式発電機を採用予定! 夜間電力利用 電気温水器 小中学校 夜間電力利用 電気温水器
    • 相反転方式発電機とは 内外ロータが逆方向に回転 N S ロータ ステータ 外側回転電機子 S N ロータ ロータ ステータはロータ に 変身して逆回転 回転速度の倍増 回転電機子/ランナ間で回転トルク相殺    外部に力が働かない 優位性1 簡易な土木工事 内側回転電機子 優位性2 小型化 優位性3  高起電圧化:
    • 小水力発電プロジェクトの規制 21
    • “行動の構造化”システムの構想 課題に対する適切な事例 開発には最先端の AI技術が必要   学術研究者の支援 事例 課題 事例 目標 選 択 地域資源   人材 支援政策   協力者 産学連携   技術 地域固有の情報の入力 プロジェクト企画の素案 想定される規制と 解決策 プロジェクト素案     プログラム(行動)   スケジュール   予算   専門人材   推進・運用組織   成功要件 22
    • 編集グループ参画のお願い! 内容評価システム 知識データベース ユーザ活用システム   編集委員 プラチナプロジェクト 専門家G 支援・運用システム 編集局   編集支援   システム構築・運用 知識入力システム 執筆者G プラチナ求道者 ? 編集グループ   関連情報のリンク、 事例紹介、関連政 策紹介・・・ 23 23
    • 編集局の作業内容 ü  プラチナ構想の概念整理   ü  専門家の基調論文の編集   ü  プラチナ構想ハンドブックの編集と出版(日経BP社)   ü  上記に参考資料を加えた電子書籍の編集、制作、出版   ü  ICTと先進WEB技術を活用したWEBサイト開発   ü  英語版の制作と全世界販売!Amazonで,iBookで。   •  Webサイトのコンテンツ編集と情報構造化(リンク)   •  WEBサイトの継続的開発・保守   •  上記に付随する事務局的な処理   24