Your SlideShare is downloading. ×
国産業務PaaSを担いで稼ぐ方法 ~SIerの生き残る道の1つとなるか? ~
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

国産業務PaaSを担いで稼ぐ方法 ~SIerの生き残る道の1つとなるか? ~

11,802
views

Published on

デブサミ Developers Summit 2013 Summer (夏サミ2013)B-4 講演資料 …

デブサミ Developers Summit 2013 Summer (夏サミ2013)B-4 講演資料

吉田雄哉(モデレータ) 株式会社co-meeting 取締役 CTO
林哲也 株式会社パイプドビッツ 取締役CTO
安立雄亮 株式会社シグマクレスト 絆処~晶~

業務にフィットするアプリをスピード開発できるPaaS「SPIRAL」 http://developer.pi-pe.co.jp/

Published in: Technology

0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
11,802
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Developers Summit 2013 吉田パクえ 株式会社co-meeting 取締役 CTO 国産業務PaaSを担いで稼ぐ方法 ~SIerの生き残る道の1つとなるか? ~ B-4 #natsumiB4
  • 2. Developers Summit 2013 自己紹介 CTO : Chief Talk Officer 最高話術責任者 吉田雄哉 tw: @yuya_lush fb, github: yuyalush
  • 3. Developers Summit 2013 またの名を・・・
  • 4. Developers Summit 2013 吉田パクえ パブリック クラウド えばんじぇりすと クラウド業界の歩くDMZ(非武装地帯) http://fb.com/pakuepakue
  • 5. Developers Summit 2013 本題に入ります
  • 6. Developers Summit 2013 クラウドファースト  情報システムを構築する際に、パブリッ ククラウドを第一の選択肢とすること <出典元> http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130312/462771/ 日経コンピューター 中田氏
  • 7. Developers Summit 2013 感覚的には・・・ Early Majorityの真ん中・・・かな?
  • 8. Developers Summit 2013 何となくメリットは解ってきた  IaaSによるインフラ調達の最適化  時間の最適化, 投資の最適化  SaaSによる機能調達が手軽に  現場主導による「お試し」  PaaSの台頭により開発に集中  インフラ管理はお任せし大きめの案件も
  • 9. Developers Summit 2013 顧客は何を求めてる?  早く、安く  フィットするシステム  業務知識を持っている人 昔も今も変わらず・・・
  • 10. Developers Summit 2013 提供者も”昔も今も変わらず”? クラウドの時代に これまでと同じやり方では、 競争力の観点で弱くないです か?
  • 11. Developers Summit 2013 不安と向き合おう!! クラウドの利用者になり パワーを活用する姿勢が必要 誰のため? 全ては顧客のために
  • 12. Developers Summit 2013 そこで!
  • 13. Developers Summit 2013 PaaSという選択肢  国内の業務系を意識している  PaaSなので、システム提供に集中でき る  パートナーシップによる展開に期待 “国産 業務系 PaaS” に注目してみます
  • 14. Developers Summit 2013 1. 活用した企業のお話 2. 使われたPaaSのお話 あるチャレンジの事例
  • 15. Developers Summit 2013 では、 活用した企業の 体験談から
  • 16. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 国内業務PaaS開発 安立雄亮 株式会社シグマクレスト 絆処~晶~ 処長 B-4 #natsumiB4
  • 17. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 株式会社シグマクレスト 設立 2001年9月 (13期目) 社員数:29名 主業務:システム受託開発 大手食品メーカー業務システム構築 例)生産管理システム、営業支援システム
  • 18. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 経営課題 • スキルの偏り • 情報化予算削減をもろにくらう
  • 19. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 経営方針の転換 技術偏重からの 脱却 開発体制の 変革 他社製品を 担ぐ
  • 20. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer SDP(SPIRAL® Developers Program) 前提条件 ・クラウド上で使えるDB ・効率よくフロントの開発技術が 活かせるプラットフォーム 決め手 ・代理店費用が安い ・開発環境の提供/サポート 比較 1)海外大手CRM 営業特化 DBのみの使用ができない 2)国内グループウェア DBとして使いづらい ノルマあり
  • 21. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 経験 • 自社HPの問合せフォーム • メルマガ配信 • セミナー集客 • DM→Webへの連動 開発経験の浅いメンバーによるスピード開 発 システム構築の感触を得る
  • 22. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 開発事例紹介 個人 事業主 個人事業主 マスタ ログイン ID PASS 出納帳入力 フォーマッ ト ダウンロー ド ページ 提出状況確認 一覧表 管理者 Cloud 基幹システム (オンプレミ ス) (1)認 証 (7)ステータス 表示 (3)ダウン ロード (4)ステータス確認・ 更新 (2 ) (5)データ登 録 (6)連 携 VBAプログラム ・入力値 チェック ・API連携 API連携 API連携 個人事業者向け 会計クラウド 個人事業主支援サービス業種 青色申告支援システム(仮)システム名
  • 23. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 開発を終えて 開発効率 工数3割削減 標準機能のテストが不要 定期実行処理の標準装備 技術 憶えることはAPIのみ PHPでカスタムプログラム DBの項目追加、変更が容易 工程 ほぼウォーターフォール式 ドキュメントは既存書式 WEB上で納品(アプリ化) API JSON形式 トークン、トークンシーク レット オープンAPIでセキュリ ティUp
  • 24. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 開発を終えて 苦労した点 ExcelマクロからAPIの呼び出しサンプルがない カスタムプログラムのサンプルが少なく、試行錯誤 ExcelとSPIRALのAPI連携でのレスポンス 現状ではカスタムモジュールがアプリ化できない(対応予定との こと)
  • 25. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer まとめ ①まずは自社で使ってみる ②技術的ハードルが低い ③開発工数はスクラッチに比べ3割削減
  • 26. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer さいごに ディベロッパー勉強会(8月下旬開催) →APIの使い方 →MS製品との連携 詳細は弊社HPをご覧下さい。 シグマクレスト 検 索 http://www.sigma-crest.com/
  • 27. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 国産 業務系PaaS SPIRAL® の紹介 林 哲也 株式会社パイプドビッツ 取締役CTO B-4 #natsumiB4
  • 28. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 事業コンセプト 情報資産の銀行 保全 活用 運用
  • 29. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 情報資産プラットフォーム データベース Webコンポーネント ID PW メール配信 A P I カスタマイズ アプリケーション 業界ソリューション PHP JS
  • 30. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer SPIRAL® 紹介動画を ご覧ください
  • 31. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 続きはYouTubeで または チラシのQRコー ド を読取ってくださ い http://developer.pi-pe.co.jp/about_spiral/
  • 32. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer スピード開発できるSPIRAL ® フォーム、一覧表など開発部品が充実 部品を組み合わせてWebアプリを開発
  • 33. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer PHPによるプログラミング
  • 34. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 業務にフィットするSPIRAL ® HTML、JS、CSSでデザイン編集 PHPで柔軟にカスタマイズ APIが充実
  • 35. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 業務系PaaSの位置付け SaaSSaaS PaaS IaaS 業務系PaaS 開発系PaaS スピード フィット
  • 36. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 2つのPaaSの違い 業務系PaaS 開発系PaaS 対象レイヤー アプリケーション部品まで ミドルウェア / IDE まで テナンシー モデル マルチテナント シングルテナント 運用・保守 大部分はベンダー側 ユーザ側で行う 便利なツールが提供 継続的 機能拡張 新機能がベンダーから 提供される 自作が必要 プログラミン グ 言語の選択肢 少ない 多い
  • 37. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 業務系PaaSがもたらす価値 業務系PaaS アプリケーション部品まで マルチテナント 大部分はベンダー側 新機能がサービス会社から 提供される 少ない 開発スピードと柔軟性の両立 運用・保守の手離れが良い セキュリティの心配が減る 継続的な機能拡張
  • 38. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer SPIRAL ® ならではの強み メール配信が必要なシステムの開発は圧倒的に得意です
  • 39. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer SPIRAL Developers Program Web制作、開発会社様が快適にウェブアプリケーションを構 築し、クライアントに提供するためのプログラムです。 既に400社以上の開発会社様にご加入いただいています。 開発 / 自社利用アカウントの提供 クライアント向けアカウントを特別価格で提供 電話サポート / 開発者セミナーの提供 プログラム年会費 60,000円
  • 40. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer SPIRAL ® をお試しください http://developer.pi-pe.co.jp/
  • 41. Developers Summit 2013 まとめ
  • 42. Developers Summit 2013 全ては顧客のため  よりポジティブに選択を  新しいパートナーシップの構築  提供メニューの幅が新しいビジネスを 生み出す原動力に
  • 43. Developers Summit 2013 国産 業務系 PaaSの 今後に注目しましょう。 そして、顧客に「パートナー」 として 頼られる存在に!