著作権、権利って難しい 技術者もこれだけは知っておきたい知識

6,005 views
5,897 views

Published on

PFIでの社内セミナー、著作権について

Published in: Technology
0 Comments
13 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,005
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,146
Actions
Shares
0
Downloads
45
Comments
0
Likes
13
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

著作権、権利って難しい 技術者もこれだけは知っておきたい知識

  1. 1. Preferred Infrastructure 社内セミナー 著作権、権利利って難しい 技術者もこれだけは 知っておきたい知識識 J.Hasegawa
  2. 2. 「使⽤用」と「利利⽤用」の違いl  使⽤用 l  コンテンツを作った⼈人の了了解を得なくて良良い使い⽅方 l  本を読む l  CDを聴く l  ビデオを⾒見見るl  利利⽤用 l  コンテンツを作った⼈人の了了解を取らなければならない l  多数コピーして販売する l  インターネットで広く送信するl  「あらゆる使い⽅方」ー「利利⽤用」=「使⽤用』
  3. 3. 「著作権」は「知的財産権」の⼀一部l  知的財産権  (「私権」であって「規制」ではない) l  他⼈人が作ったものをパクッてはいけない l  創作意欲を無くしてしまわない様にインセンティブを付与する l  「三世⼀一新の法」「孫の代まで」著作者の死後50年年まで 著作権、著作隣隣接権など 著作権    ( 知知 的的 財所 産業財産権 特許権、商標権など 産有 (⼯工業所有権) 権権 ) 植物品種、IC回路路の保護など その他
  4. 4. 著作権だけは登録不不要l  国際著作権ルール l  権利利を持つのに政府の審査や登録はいらない(無⽅方式主義) l  ⽇日本の著作権法は1899年年(明治32年年)に対応 l  アメリカの著作権法は1989年年(平成元年年)に対応 l  アメリカの保護⽔水準の低さが⼤大問題だった l  ©  はアメリカの様な保護⽔水準の低い国へ持ち込まれた場合でも             「登録されているものと⾒見見なす」を意味する。 l  1989年年以降降  ©  はほとんど無意味 l  事実上  「©マークの次にあるのが著作者名」  となっている。 l  ©マークの有無で法律律上の効果が変わる訳ではない
  5. 5. 「権利利」とは?l  ⼀一般の「権利利」と意味が異異なる l  『Aさんは、X法の規定によって○○権を持っている』 l  『Aさんは○○できる』(X法の規定が無いと○○できない) l  著作権法では「複製権」というものが規定されているが l  『Aさんは著作権法の規定によって複製権を持っている』 l  『Aさんは複製できる』  ではない l  ⾃自分の作品を⾃自分でコピーできるのは当然 l  他⼈人が無断でコピーをしようとしたら『ストップ』といえる権利利 l  あなたは⾃自分の作品について、『放送権』を持っているんですよ l  私は放送局でないし放送設備も持っていないので、「放送権」なんて いらない  X  
  6. 6. 著作権の3つの意味 l  「著作権①」=「著作権②」+「著作隣隣接権」 著 ( 作著 ⼈人格権 権作 ②者 の 著作権③ 権 (財産権) 利利著 )作権① 著 ⼈人格権 実演者のみ ( 作伝 隣隣 達 放送局 接者 財産権 有線放送局 権の 権 レコード制作者(⾳音を固定=原盤 利利 実演者 )
  7. 7. 伝達しているだけでなぜ権利利が持てるのか?l  「どの曲をつかうか」l  「誰に歌わせるか」l  「伴奏はギターかオーケストラか」l  「ライトをどうするか」l  「背景をどうするか」l  「カメラをどうするか」l  などについて「⼯工夫」を評価して、放送局にも権利利を与えているl  レコード会社も同じく「⼯工夫」をしている
  8. 8. アマチュアにも権利利はあるl  ⼦子供の作⽂文や絵  「著作権②」l  カラオケボックス、⾃自宅宅の⾵風呂呂で歌っている時  「実演者」l  SLの⾳音や⾍虫の⾳音を録⾳音した時  「レコード制作者」
  9. 9. 全ての権利利は独⽴立立して、ちょうじょう的に働くl  FM放送の番組での⾳音楽を無断でコピー・販売すると l  「作曲家(著作者)」から訴えられる l  「演奏者(実演者)」から訴えられる l  「レコード会社(レコード制作者)」から訴えられる l  「放送局」から訴えられる
  10. 10. 「著作権②」=「⼈人格権」+「著作権③」l  ⼈人格権  =  著作者がむかつかないようにするための権利利 l  無断で改変すること l  無断で著作者名を除去してしまうこと l  無断で公表してしまうことl  著作権③  =  財産権  =  損をしないための権利利 l  無断でコピー・販売する l  無断でインターネット等を⽤用いて公衆に送信するl  アメリカ l  「著作隣隣接権」が全く保護されていない l  「⼈人格権」も対象が限定 l  アメリカ⼈人と著作権契約を交わすときに“copyright“という⽤用語を 使ったら、「⼈人格権はなし」「著作隣隣接権もなし」という意味にな る危険性がある
  11. 11. 著作権②の内容 無断で「改変」されない権利利 ⼈人 格 無断で「好評」されない権利利 権 無断で「名前の表⽰示」を変えられない権利利著作権 無断で「コピー」されない権利利② 著 無断で「公衆に伝達されない」権利利 作 権 ③ 「2次的著作物(加⼯工品)」に関する権利利 無断で「作成」されない権利利 無断で「利利⽤用されない」権利利
  12. 12. 「公衆」とは何?l  ⼀一般の法令令の中では「公衆」=「不不特定多数」l  法律律の中では「不不特定多数」と「不不特定少数」は区別されないl  著作権の場合は  「公衆」=「不不特定の⼈人」だけでは不不⼗十分 l  無断でレンタルビデオ l  免許や住所を確認して会員になった「特定の⼈人」にしか貸しません。l  著作権法では  「特定多数の⼈人々」も「公衆」に加えている l  50⼈人を超えたら明らかに「公衆」と⾔言われている l  「特定少数の⼈人」であればレンタル・上演などは著作権侵害になら ない。   l  例例:友達にFAXで地図を送信する。 l  お申し込みになるとどなたでも地図をFAXしますというサービスは 「公衆向け」となり侵害になる
  13. 13. 「著作者」と「著作権者」の違いl  「著作者」=「著作物を作った⼈人」l  「著作権者」は「著作権③」を持つ⼈人を意味する l  「著作権③」(財産権)は譲渡・相続などによる移転が出来る l  「⼈人格権」は移転が出来ないl  「発注者」は「著作者」ではない l  発注者は納品された著作物を無断でコピーできない l  「契約」で対応すべき問題
  14. 14. 「共同著作物」とは?l  著作物によっては、数⼈人が共同して作ることがある。そうしたもの のうち、各⼈人がつくったそれぞれの部分をバラバラには使えないも ののことを「共有著作物」というl  「⼈人格権」「著作権③」は全員⼀一致の合意によらなければ⾏行行使でき ないl  「著作権③」について⾃自分の持ち分を譲渡するには、他の全員の同 意が必要
  15. 15. 「雇い主」が「著作者」となる場合l  会社の「発意」に基づいてつくられた著作物であることl  会社と雇⽤用関係にある者が「職務の⼀一環として」作った著作物l  会社の名義で公表される著作物であることl  特許法ではl  「社員は、相当の対価を受ける権利利をもつ」という曖昧な規定があ る
  16. 16. 発注者側の業務委託契約書(知的財産権)l  納⼊入品に係る著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利利 を含む)は、前条に定める所有権の移転とともに⼄乙から甲に移転す るものとする。なお、当該著作権の移転の対価も契約⾦金金額に含まれ るものとする。 l  ⼄乙は、甲(甲より利利⽤用許諾諾⼜又は権利利譲渡を受けた第三者を含 む)に対し、納⼊入品に係る著作者⼈人格権を⾏行行使しないものとす る。

×