Your SlideShare is downloading. ×
資料(MS社 PowerPoint 形式)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

資料(MS社 PowerPoint 形式)

3,020
views

Published on


0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
3,020
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. オープンソースソフトウェア( OSS )の概要~代表的製品と普及の背景 NPO法人 オープンソースソフトウェア協会( OSSAJ ) 理事 NPO法人 地域自立ソフトウェア連携機構( MSCO ) 理事 株式会社シーエーエル 顧問 小碇暉雄
  • 2. OSS の特性、再確認
    • ソースコードの公開~ ソフトウェアの作りが公開されていて、自由に改変、再配布できる、ただし原作者の著作権に基ずく利用許諾条件に従わなければならない
    • 製造コストと流通コストがかからない(箱物製品は原則ない)
  • 3. 企業や個人や地域はいかに生きるか
    • 発展目覚しい中国、インド等に仕事を奪われないために、教育や社会システムは?
    •   ・・・IQ(知能指数)よりCQ(好奇心指数)とPQ(熱意指数)、肩書きや階層構造的な企業連携よりコミュニティ的連携、 etc
    • 個人がグローバル世界の中で主役になること
    •   ・・・偉大な共同作業者(まとめ役)、偉大な連携役、偉大な広報・説明役、偉大な夢想人(ブルーオーシャン戦略者 ( 注 ) )、 etc
    • 地域も人も、ローカルな存在を、グローバル世界でかけがえのない存在とすること
    •   神楽坂、湯布院、旭山動物園のような存在に
    • 地球規模の環境改善・保全へ待ったなし!
    OSS が普通に使われる時代背景 ( 注 ) ブルーオーシャン戦略:競争のない市場の創造(ハーバードビジネスプレス刊行)
  • 4. OSS が評価されてきた背景
    • 集合知による質の向上:
    • エリック・レイモンド「伽藍とバザール」のバザールモデルの典型 Linux の発展と普及
    • Linux 開発者リーナス・トーバルズの言葉「目玉の数が十分あれば、どんなバグも深刻ではない」
    • OSS ならセキュリティの脆弱性を強化できる
    • Web2.0 時代を牽引:
    • Google や mixi の創業と発展の背景は、 OSS の賜物
    • 永遠の β 版を牽引する PHP 、 Ruby 等の OSS 言語による軽量プログラミング
  • 5. OSS 文化と Web2.0 文化の共通認識
    • 進歩的性善説( Radical Trust ):信頼が進歩・発展につながる文化
    • ベンダー・ロックイン(囲い込み)から、ユーザー主導のコミュニティの文化へ
    • 一人が皆のために、皆が一人のために補完し合う繋がりが支えるコミュニティが栄える
    • 永遠の β 版 ~ ソフトウェアはユーザとともに進化
    • 参加型の文化 ~ コミュニティの発展による知の共有と集合知の文化
    • マッシュアップ(組合せ)によるサービスの創造
  • 6. 地球環境の視点でITを見直せば
    • オープンソースで、 なるべくソフトウェアを作らない、占有しない ~  省資源化
    • オープンソースは、グリーンITの有力な手段、アプリケーション、仮想化、グリッド、運用管理、・・・あらゆる側面で  ~  クラウドコンピューティング
    オープンソースソフトウェア協会( OSSAJ )からの提言 ◇ ユーザ視点で OSS 利用情報の共有を図る
  • 7. OSS 活用推進の主要対象分野
    • OSS 効用を生かすべき業務分野
    • 誰もが使うオフィスソフト(*)
    • 情報共有
    • 地球環境対応(温暖化対策、省エネ)
    • 教育分野
    • 医療・介護・福祉分野
    • 対象業務分野(*以外)の特性
    • 分野を問わず多くの人の用途に関る
    • 国際化時代、日本固有の制度や慣習によるIT課題がある
  • 8. デスクトップを OSS で
    • デスクトップ Linux : デスクトップ用途に人気高い ubuntu Linux 、 用途に応じて、教育機関向けの「 Edubuntu 」、デスクトップ用X Window を用いた「 Kubuntu 」、同じく「 Xubuntu 」などのパッケージが用意されている。
    • オフィスソフト MS Office ( Excel 、 Word 、・・・)から OpenOffice.org への切替の活発化
    <備考> ubuntu とは、アフリカ・ズールー族の言葉で「他人への思いやり」の意
  • 9. OpenOffice.org を使いませんか
    • パソコン作業で必須なオフィス文書作成に、そのソフトウェアを購入したり、購入するベンダーに拘束されることから、解放されませんか
    • オープンソース OpenOffice.org なら Microsoft Office とほぼ互換で使えます
    • ISO 標準文書形式 ODF ( Open Document Format )採用
    • マルチプラットホーム
    •   Microsoft Windows ( 95 以降、 OO.o3.0 は 2000 以降)
    •   Mac OS X( 10.4 以降)
    •   Linux 、 FreeBSD 、 Solaris ( X86 と UltraSPARC )
    • PDF 出力を標準装備、 Acrobat ライセンス不要
    • ダウンロードサイト:
    •   http://ja.openoffice.org/download/3.0.0/
  • 10. MS Office と OpenOffice.org の対比
    • MS Access と Base の互換性はテーブルとクエリのみ
    • MS Powerpoint と Impress のレイアウト、アニメの互換性は低い
    • マクロ( VBA )、 100 %互換ではない
    Math ー 数式 Draw ー 図形描画 ー Outlook メール・情報管理 Base Access データベース Impress PowerPoint プレゼンテーション Calc Excel 表計算 Writer Word ワープロ OpenOffice.org MS Office 機能
  • 11. 全社的な OpenOffice.org 導入事例
    • アシスト株式会社(従業員 760 名)
    • 住友電気工業株式会社(従業員 3900 名)
    • NTT コムウェア株式会社(従業員約 5000 名)
    • 会津若松市役所(職員 1080 名)
    • その他公開事例:沖縄県浦添市、栃木県二宮町、高知県四万十町、大分県津久見市、日本体育大学、会津大学、山形県立寒河江工業高校、・・・
    共通する導入効果として、 長期的な MS Office 更新料金の削減(アシストで 1700 万円)、自治体等で進む標準文書の相互運用性
  • 12. OpenOffice.org の特徴
    • 誰でも無償で使用でき、メンテナンス費用もかからない
    • Microsoft Office と高い互換性をもつ統合オフィス・スィート製品
    • 国際標準規格( ISO )の OpenDocumentFormat ( ODF )形式
    • PDF 形式でのファイル保存が可能
    • マルチプラットフォーム、マルチランゲージ対応
    • ユーザ主導でバージョンアップや償却期間を決定できる
  • 13. 地球環境における OSS 活用
    • 地球環境対応のグリーンIT、クラウドコンピューティング環境でのグリーン IT 化には
    • OSS Xen 等サーバ仮想化によるサーバ集約、資源共有、空調抑制等による省エネ(消費電力、発熱量)
    • SOA (サービス指向アーキテクチャ)のシステム基盤となる ESB ( Enterprise Service Bus) ソフトでも有力な OSS Mule
    • グリッド・コンピューティング環境では、グリッド既成標準環境の Globus ミドルウェアもアプリケーションも OSS (ソース公開)
    • Ubuntu Linux 採用のオープンソースクラウド「 Eucalyptus 」も、カリフォルニア大学サンタバーバラ校発、 Amazon EC2 並み
  • 14.  
  • 15. 教育にはオープンソースが向いている
    • 教育システムや教育環境は、
    • 誰にもオープンで、創造の多様性を提供するものであるべき
    • 探究心を刺激し、発見や創造の喜びを得られるものであるべき
    • オープンソースを育む
    •  ネットコミュニティになじむ
    •  ことも教育の一環
  • 16. 日本の教育現場での課題
    • インターネットを快適に利用できる小中高校の校内 LAN の都道府県別普及度( 2007 年)  平均  56.2%
    •    ベスト3              ワースト3
    •  岐阜  89.9%      東京  28.3%
    •  富山  85.3%      奈良  29.0%
    •  長野  85.1%      青森  31.5%
    •  (この背景には、先生のIT素養の貧しさがある)
    • 少子化による大学の統廃合に伴う課題
    • 産学連携、クロスフィールドの推進上の課題
    OSS 活用されるべき
  • 17. 教育向け CMS は OSS
    • 大学eラーニング向け主体に普及進む Moodle
    •    http://portal. mie-u .ac. jp / moodle 08/
    •   OpenOffice.org 研修用教材(アシスト社)、地域検定( MSCO )などの教材作りの Moodle 使用も
    • グループウェア、 Web サイト構築用にも普及進む NetCommons
    •    事例:  http://www. yakushima-town . jp /
    •   NetCommons プロジェクト:国立情報学研究所( NACSIS )母体に日本ユニシスグループ、 CS ソリューション、 SRA 、 NTT アドバンステクノロジ、イーネットからも開発者が参加 .
    ー LCMS : 教育向け CMS /e Learning 向け CMS
  • 18. 群雄割拠するオープンソース CMS
    • 大規模な Web コンテンツを一元的に管理・編集する CMS ( Contents Managenment System )製品は、機能拡張性面やサポート面で多様、多くは GPL
    • Wiki : 電子掲示板的に参加者が自由に記事を書き加えてゆけるグループウェア的な用途向け
    • Plone : Web アプリケーションサーバー Zope と一体で、 Python で書かれた高機能で細密なデザイン実装ができる
    • XOOPS : PHP 実装、 Apache 上で動く、 DB は MySQL 、ブログ、 BBS 、フォトアルバム等の自製モジュールを組み込める
    • Drupal : PHP 実装のフリーソフトウェア、 CMS 以上の EC サイトサービス等も可能な Web アプリケーションフレームワーク的
    • Geeklog : PHP 、 MySQL 実装、セキュリティ機能に優れた CMS で、グループウェアや高機能ポータルサイトを構築、コミュニティ活動が活発である
    • eZ Publish : ノルウェー生れで PHP 、 MySQL 実装、汎用的な Web アプリケーション構築が可能でそのサポート体制も強力
    • OpenCms : ヨーロッパでの普及実績高い、 Java 、 XML 技術による実装、完全な OSS 環境でも、代表的商用環境でも稼動
  • 19. 日本医師会の ORCA プロジェクト支援
    • Ⅰ .日医IT化宣言に基ずくプロジェクトの成り立ち
    • 全国 10 万余の医療機関が診療報酬請求の専用機(レセコン)を導入、データ互換性なく、ネットワーク化阻害という現実の打破
    • 既成レセコンのメンテナンス費用含めた高額過ぎを改める
    • Ⅱ . ORCA システムのオープンソース化
    • 日医は全医療機関の IT 化と標準化を急務とし、オンライン診療レセコンシステム( ORCA )を開発、無償公開する
    • OS もミドルウェアも全てオープンソース化、無償提供とし、総費用のコストダウンを実現する、コストダウンを医療負担の軽減に還元する
    • ユーザーの希望で、 ORCA を自由に改良できる
    • 毎年の診療報酬(点数)改定時の更新は、ネットワークで ORCA が一元的に行う ~ 専用レセコンから標準ネットワーク端末レセコンへ
    < OSSAJ 、 MSCO 共通の取組み例 (2) >
  • 20. 日次単位で受療や罹患の状況をモニタリングし、広く国民に提供できる仕組みを目標とする。 EBM ( Evidence-Based Medecine )の基盤 ORCA ネットワークの意図する構想
  • 21.
    • アプリケーション開発(すべてオープンソース):
    • 日レセソフト(無床診療所版、有床診療所版)
    • 介護ソフト(医見書/主治医意見書作成支援、給管帳/給付管理・介護報酬支援、訪看鳥/訪問看護専用請求支援)
    • ネットワークセキュリティ(日医認証局実証実験中)
    • 決済・金融( J-Debit 日医電子決済サービス)
    • マスタ開発:使用禁忌データベース、傷病名マスターデータ、レセプトチェックマスターデータ
    • 法務:日医オープンソースライセンス管理、認証局運用規定 
    • メンテナンス: ORCA サポートセンター、日医IT認定事業所
    ORCA プロジェクトの活動内容(整理)
  • 22.
    • 日本医師会に属する医者(開業医8万5千人、勤務医8万人)は日本全医者の6割、特に属さない医者の大勢を占める都市部の大病院、大学病院の大手ベンダーが支配するプロプライアタリな医療システムが ORCA の構想には当面対応しないだろう。
    • 患者の情報を保有するサーバーを、個人情報保護上サーバーを管理する医療機関以外とネットワークで共用できない、医療機関をまたがる医療サービス規制等が、日本の医療情報の共有による医療の効率化を妨げてきた。
    • 医療システムを手がける医療機関
    •   やベンダーのオープンソースソフト
    •   ウェアを扱う技術と経験の向上が
    •    ORCA ベース医療の進歩の鍵。
    ORCA 構想普及上の障壁
  • 23. その他業務向けの普及 OSS
    • 汎用性の高い様々な業務分野へ、また特定業種
    • 分野へ、アプリケーションも OSS の時代へ
    • SugarCRM : 無償オープンソース版と有償版の2本立ての顧客管理システム( CRM )、大半の開発を握る SugarCRM 社はこのビジネスモデルをコマーシャルオープンソースと標榜、 LAMP 環境で動作
    • osCommerce : osCommerce.com を拠点の国際的コミュニティで開発が進められ、多国籍で実績が進んでいるオンラインショップ構築用 OSS 、 LAMP 実装、ブラウザでの商品登録、注文管理、在庫、配送等の処理機能と共に、顧客管理、売上分析など
    • Alfresco : 英 Alfresco 社開発 Java ベース実装の ECM ( Enterprise Contents Management )、仮想ファイルシステム機能、バージョン管理・権限設定、ワークフローコラボレーション等、高度機能
  • 24. モバイルアプリケーションビジネスの創造煽る OSS プラットフォーム Android はブレークするか
    • Linux ( Ver2.6 )で動作する組込み JavaSE プラットフォーム、 OSS 統合開発環境 Eclipse ベース
    • Google と OHA ( Open Handset Alliance 、現在 48 社)が開発・標準化のコミュニティを形成
    • Apache v2 ライセンス、修正したソースの利用制約ない
    • PC 上で開発・テストができる、テスト環境は大概のプラットフォームに対応
    • 実行環境では、 Web ブラウザ機能、 3D グラフィックス機能、各種メディア再生機能あり
    • 専用装置の作成やマッシュアップによる付加価値の創造
  • 25. ERP もオープンソースの時代へ(1)
    • 商用の SAP / R3 に代表される業務横断型ソフトウェア( Enterprise Resource Planning ) OSS が発展の兆し
    • Compiere (米 compiere 社開発):  カスタマイズの容易さや柔軟な拡張性、マルチ言語、マルチ通貨、マルチ単位等への対応で、流通/サービスの中小企業向けに短期導入しやすく、世界中のパートナー経由で普及進む
    • ERP5 (仏 Nexedi 社開発):  難解なアパレルメーカーの現場ニーズから誕生した多次元データ構造等、柔軟性に富み、アパレル、航空宇宙、中央銀行、病院、水道局など、欧州、アフリカでの実績を経て、 2008 年に日本に進出
    • HOOP ( KN 情報システム他):  IPA 支援プロジェクトが発端の国産(広島発)の ERP
  • 26. ERP もオープンソースの時代へ(2) ERP5 は、 Python を開発言語とし、 Zope と MySQL 上に構築されたフレームワーク上にユーザー業務を構築
  • 27. 最後に、 OSS 選択時のチェックポント
    • 用途上、ライセンスに問題はないか
    • 日本発 OSS (少ないが)、コミュニティの対応の早さ、正確さで勝る
    •  (スクリプト言語 Ruby 、 mixi 同等 SNS OpenPNE (ピーネ)
    • 海外発 OSS では、日本のサポート受け口となるコミュニティの有無(複数あればなおいい)、歴史と現状勢力
    • 使用できる言語と動作環境(バージョンも)
    • 使われているユーザ層
    ☆ 日本最大の OSS コミュニティ集合イベント: 10 月 30 日(金)~ 31 日(土)  オープンソースカンファレンス 2009 Tokyo/Fall 開催  (日本工学院専門学校 蒲田キャンパス 12 号館)
  • 28. ご清聴、ありがとうございました ご質問、ご相談承ります [email_address]   mixi ハンドル名: コイ