Your SlideShare is downloading. ×
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
講義資料
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

講義資料

2,167

Published on

Published in: Technology, News & Politics
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,167
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. インテリジェントシステム 第2回
  • 2. Android の主要機能 • 画面の設計 • アプリケーションの状態遷移
  • 3. Android におけるアプリケーシ ョン • 複数ファイルを用いて定義 – s rc • クラス定義 – res • リソース – assets • 画像や音声などの元データ – AndroidManifest.xml ファイルで要素を一つにまとめ る • 必ず Activity クラスを含む – アプリケーションの状態遷移を司る
  • 4. Eclipse の画面を見てみると
  • 5. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" package="lecture_android.android2" android:versionCode="1" android:versionName="1.0.0"> <application android:icon="@drawable/icon" android:label="@string/app_name"> <activity android:name=".Sample2" android:label="@string/app_name"> <intent-filter> <action android:name="android.intent.action.MAIN" /> <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" /> </intent-filter> </activity> </application> </manifest> AndroidManifest.xml “ ”@ 他のファイル(ここではリソースファイル)に 定義がある Activity の クラス名
  • 6. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <resources> <string name="hello">Hello World, Sample2</string> <string name="app_name">Sample2</string> </resources> <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <resources> <string name="hello">Hello World, Sample2</string> <string name="app_name"> サンプル 2</string> </resources> リソースファイルの働き (values.strings.xml)
  • 7. クイズ なぜこんなことをするのか??
  • 8. import android.app.Activity; import android.os.Bundle; public class Sample2 extends Activity { /** Called when the activity is first created. */ @Override public void onCreate(Bundle avedInstanceState) { super.onCreate(savedInstanceState); setContentView(R.layout.main); } } 最も単純な Activity リソースファイル から作られる 画面定義
  • 9. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <LinearLayout mlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/a ndroid" android:orientation="vertical" android:layout_width="fill_parent" android:layout_height="fill_parent" > <TextView android:layout_width="fill_parent" android:layout_height="wrap_content" android:text="@string/hello" /> </LinearLayout> リソースファイル ( main.xml)
  • 10. 文字の属性を変える • 色 • 大きさ • フォントの種類 • 配置 • 背景色 等
  • 11. TextView の色の指定方法 • フォーマット • 赤 (R) 緑 (G) 青 (B) に 16 進 2 桁( 00 ~ FF ) を使って色を表す。 • A は、透明度を表す。
  • 12. <TextView android:layout_width="fill_parent" android:layout_height="wrap_content" android:text="@string/hello“ android:textColor="#ff0000" />
  • 13. http://developer.android.com/ reference/android/widget/ TextView.html
  • 14. リソースファイルの作成は、 Eclipse の支援がある
  • 15. /* AUTO-GENERATED FILE. DO NOT MODIFY. * * This class was automatically generated by the * aapt tool from the resource data it found. It * should not be modified by hand. */ package lecture_android.android2; public final class R { public static final class attr { } public static final class drawable { public static final int icon=0x7f020000; } public static final class layout { public static final int main=0x7f030000; } public static final class string { public static final int app_name=0x7f040001; public static final int hello=0x7f040000; } }
  • 16. import android.app.Activity; import android.os.Bundle; public class Sample2 extends Activity { /** Called when the activity is first created. */ @Override public void onCreate(Bundle avedInstanceState) { super.onCreate(savedInstanceState); setContentView(R.layout.main); } } 最も単純な Activity
  • 17. HelloWorld を動かす
  • 18. Eclipse を用いたアプリケーショ ンの構築 • File メニューから、 Android のプロジェク トを新規に作成する – プロジェクト名、パッケージ名、 Activity の クラス名、アプリケーション名を指定する • アプリケーション名を用いてメニューから起動さ れる • とりあえず動かしてみる • x mlや java ファイルの追加、変更を行 う
  • 19. 画面の設計 方法その2 - プログラムで画 面を構成する
  • 20. public class Sample3 extends Activity { /** Called when the activity is first created. */ @Override public void onCreate(Bundle savedInstanceState) { super.onCreate(savedInstanceState); TextView tv = new TextView(this); tv.setText(" こんにちは "); setContentView(tv); } } TextView クラスによる文字表示 教科書  P. 178
  • 21. http://developer.android.com/ reference/android/widget/ TextView.html
  • 22. 画像の表示
  • 23. 画像の表示 ( リソースファイルに よる) • 表示する画像を、 res/drawable ディレクトリに 用意する • main.xml に、 ImageView タグを追加する <ImageView android:id="@+id/imageview" android:layout_width="wrap_content" android:layout_height="wrap_content" android:src="@drawable/sdk_large" />
  • 24. 画像の表示 (プログラムによ る) • ImageView クラスを用いる public class Sample4 extends Activity { /** Called when the activity is first created. */ @Override public void onCreate(Bundle savedInstanceState) { super.onCreate(savedInstanceState); ImageView iv = new ImageView(this); iv.setImageResource(R.drawable.sdk_large); setContentView(iv); } }
  • 25. その他の widget
  • 26. 画面部品 ( Widget) • Button • CheckBox • Chronometer • EditText • ListView • Spinner 等
  • 27. main.xml への追加記述 <Button android:id="@+id/button1“ android:layout_width="wrap_content“ android:layout_height="wrap_content“ android:text=" ボタン 1“ /> リソースファイルによる、ボタンの表示

×