Your SlideShare is downloading. ×
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
越境する開発 -Seek Right Things-
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

越境する開発 -Seek Right Things-

646

Published on

Published in: Software
0 Comments
9 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
646
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
9
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 越境する 開発 Ichitani Toshihiro 市谷聡啓 -Seek Right Things-
  • 2. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. http://about.me/papanda0806 Ichitani Toshihiro 市谷聡啓 @papanda
  • 3. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 受託→SIer→サービス→受託→ プロダクトオーナー支援 アジャイル開発プロジェクト マネージャ 現場コミュニティDevLOVE ファウンダー ここまでのあらすじ 「リーン開発の現場」
  • 4. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved.
  • 5. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved.
  • 6. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 市谷聡啓 中村洋 上野潤一郎 増田亨
  • 7. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 受託→SIer→サービス→受託→旗揚 プロダクトオーナー支援 アジャイル開発プロジェクト マネージャ 現場コミュニティDevLOVE ファウンダー ここまでのあらすじ 「リーン開発の現場」
  • 8. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. ・現実的な作戦 ・理論より実践 ・大規模プロジェクト ・カンバンの活用 ・チーム編成 ・問題の原因分析 ・テストの自動化戦略 ・見積もり ・平鍋健児の解説 ・電子版もありますetc... 監訳 角谷信太郎 共訳 市谷聡啓 藤原大
  • 9. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. ※皆さんにアンケート すること
  • 10. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. なぜ、ソフトウェア開発は モメるのか? 問い http://www.amazon.co.jp/dp/4534051158
  • 11. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 想定外の失敗 不慣れなやり方 顧客の理解 多すぎる変更要望 組織の理解初めてのチーム 契約の壁 コミットメント 練度不足 コレジャナイ 合ってない 俺のアジャイル
  • 12. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. User Customer Dev
  • 13. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. User Customer Dev
  • 14. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. User Customer Dev
  • 15. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 誰かが正解を持っている 訳ではない。
  • 16. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 期待 リスク 開発の命運を握る2つのレバー
  • 17. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 関係者が互いに持っている プロダクト/プロジェクト/チーム への暗黙的な望み 期待 期待を明らかにして適切に調整 し続ける。役割と時間を越えて。 期待マネジメント
  • 18. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved.
  • 19. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. プロダクト として 何を作るか 考えたい。 考え 終わったら 呼んで 下さい。 これで良いのだっけ? プロダクトオーナー 開発チーム
  • 20. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 目的 目的 目的 目的 目的 期待 期待 期待 期待
  • 21. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 目的 目的 目的 目的 目的 期待 期待 期待 期待 開発への 期待。 プロダクト オーナーへの 期待。 役割を超えた理解
  • 22. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. プロジェクト 開始直前 Sprint0 Sprint1 SprintN 期待 リスク 期待があるから プロジェクトを 始める。広がる夢 状況の把握が進む。 PJのWhat/How が明らかになる。 如何にQCDSを 着地させるかが 焦点になる。 Moving Management Target 時間を超えた理解
  • 23. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 期待マネジメント ・確認できた最古の書籍  「達人プログラマー」  ※最近では「アジャイルサムライ」邦訳版コラムに ・PMBOKと期待マネジメント  第3版まで明記はない   第4版からコミュニケーションマネジメントの中に  第5版からステークホルダーマネジメントとして格上げ   ※10個目の知識エリア 
  • 24. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. インセプションデッキ われわれは なぜここに いるのか エレベーター ピッチ パッケージ デザイン やること やらないこと リスト プロジェクト コミュニティ 技術的な 解決策 夜も眠れない 問題 期間を 見極める トレードオフ スライダー なにが どれだけ 必要か Whyを明らかにする Howを明らかにする
  • 25. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 関係者同席のデッキ作り ワークショップ 10個のタフクエス チョン PJを始める前に関係者 の認識をあわせる 「然るべき人が集まって いるか」 「プロジェクトが然るべ き方向を向いているか」 デッキのゴールデンサークル なぜインセプションデッキを作るのか? 何のためにやる Whyを実現 する手段 アクション
  • 26. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 数々のデッキ作りと 期待マネジメントを通じて 分かったこと。
  • 27. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 仮説検証型と最短距離型
  • 28. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 検証(学び)から 何をどう作るか 徐々に 決められる。 目的実現の ための選択肢が いろいろある 手段と対象が 決まれば ゴールまで 一直線でいく 迷わない 何を選ぶか 決めるために 試行し 検証する 仮説検証型 最短距離型 仮説検証型と最短距離型
  • 29. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. サービスの 企画を 一緒に考えて 欲しい。 サービス実現に 必要な技術検証 をしましょう。 仮説検証型と最短距離型
  • 30. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 3月末までに サービスを ローンチしたい 作りながら もろもろ 決めて いきましょう 仮説検証型と最短距離型
  • 31. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 3月末までに サービスを ローンチしたい 作りながら もろもろ 決めて いきましょう 危険 仮説検証型と最短距離型
  • 32. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 戦い方が変わる
  • 33. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 仮説検証型 最短距離型 仮説立案(リーンキャンバス) ユーザーストーリーマッピング スコープ最小(MVP) バッファマネジメント リスク回避のための イテレーション開発 学習効果を得るための イテレーション開発 共通認識を作る ためのカンバン ワークフロー可視化の ためのカンバン セットベース ゴールデンパス Plan Do Check 仮説評価 レトロスペクティブ Action 転回 改善
  • 34. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 仮説検証型 最短距離型 仮説立案(リーンキャンバス) ユーザーストーリーマッピング スコープ最小(MVP) バッファマネジメント リスク回避のための イテレーション開発 学習効果を得るための イテレーション開発 共通認識を作る ためのカンバン ワークフロー可視化の ためのカンバン セットベース ゴールデンパス Plan Do Check 仮説評価 レトロスペクティブ Action 転回 改善 コンセプト作り 計画作り
  • 35. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 仮説 検証 仮説 検証 リーンキャンバス エクスペリエンスマップ ユーザーストーリーマッ ピング インセプション デッキ インタビュー フィードバック 初期コンセプト
  • 36. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 誰の何のために何を提供するのか 企画書を検証する。 リーンキャンバス 課題 解決策 測定 指標 提供 価値 圧倒的 優位性 チャネル 顧客 収益コスト コンセプトの硬さ(練り具合)を見る。 仮説検証型
  • 37. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. エクスペリエンスマップ 仮説検証型 キャンバスで立てた仮説を叩く。 時系列でユーザーの行動と感情を追う。
  • 38. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. エクスペリエンスマップ キャンバスの課題が困ったことに現れるか? 提供価値が顧客の感情を変えられるか? 仮説検証型
  • 39. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 共感マップ 顧客は何を考え、 感じているのか? 顧客は何を 見ているのか? 顧客は何を 聞いているのか? 顧客はどんな事を言い、 どんな行動をしているのか? 苦痛を与えるもの 得たいもの <<場面>> 代替道具
  • 40. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. ユーザーストーリーマッピング ソフトウェアとして必要なストーリー(要求)を洗う。 検証したいMVPを特定する。 エクスペリエンスマップから変換する 仮説検証型
  • 41. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 1. 登場人物を洗い出す 2. 場面を時系列に洗い出す   ※出し易いところから出し前後に広げていく   ※まずはざっくりと(あとから適宜追加すれば良い   ※共感マップを参考にして洗い出していく ユーザーストーリーマップをえがく① 人物 時間の流れ 1 2 場面
  • 42. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 1. 各場面に対して、 ①ユーザーが取る行動 ②ユーザーが求めること を洗いだしていく。 ※共感マップを参考にして洗い出していく ※不足している場面があれば追加 2. マップをチェックする ①ユーザーが求めることによって  「課題」は満たせるか ②想定していた「価値提案」は  役に立ちそうか ユーザーストーリーマップをえがく② 鎌倉駅 江ノ電 極楽寺 友人と 待ち合わせ する iPhoneから 旬なお薦めを 受け取りたい 切符を買う 降りるべき 場所を 知りたい お薦めの 観光先を 知りたい 降りるべき 場所が近づいたら iPhoneからお知ら せして欲しい 江ノ電を 下車する iPhoneから お薦めを 検索したい ① ②
  • 43. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 1. 各場面に対して、 ①ユーザーが取る行動 ②ユーザーが求めること を洗いだしていく。 ※共感マップを参考にして洗い出していく ※不足している場面があれば追加 2. マップをチェックする ①ユーザーが求めることによって  「課題」は満たせるか ②想定していた「価値提案」は  役に立ちそうか ユーザーストーリーマップをえがく② 鎌倉駅 江ノ電 極楽寺 友人と 待ち合わせ する iPhoneから 旬なお薦めを 受け取りたい 切符を買う 降りるべき 場所を 知りたい お薦めの 観光先を 知りたい 降りるべき 場所が近づいたら iPhoneからお知ら せして欲しい 江ノ電を 下車する iPhoneから お薦めを 検索したい ① ②
  • 44. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. ユーザーストーリーマップをえがく③ 1. ユーザーにとって価値の高いストーリーを上げる 2. MVPとして「検証すべきストーリー」を上げる 3. 最上段を「MVP」とする 4. MVPで検証したいことは何か言えるか? ※上下で並び替える
  • 45. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 代替道具 時 系 列 定 点 感情ベース 行動ベース インサイトへの切り口 エクスペリエンスマップ ユーザーストーリーマッピング 共感マップ
  • 46. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. インセプションデッキ プロジェクト準備OKか妥当性を確認する 関係者全員で確認する。 仮説検証型
  • 47. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 仮説 検証 仮説 検証 リーンキャンバス エクスペリエンスマップ ユーザーストーリーマッ ピング インセプション デッキ インタビュー フィードバック 初期コンセプト
  • 48. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 仮説検証型 最短距離型 仮説立案(リーンキャンバス) ユーザーストーリーマッピング スコープ最小(MVP) バッファマネジメント リスク回避のための イテレーション開発 学習効果を得るための イテレーション開発 共通認識を作る ためのカンバン ワークフロー可視化の ためのカンバン セットベース ゴールデンパス Plan Do Check 仮説評価 レトロスペクティブ Action 転回 改善 インセプションデッキ 期待マネジメント リスクマネジメント
  • 49. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved.P109
  • 50. P109 理想とはたどりつくべき 場所のことではなく、 ありたい姿に向かい続ける ことなんだ!
  • 51. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. あり方のはなし ※リーンがない
  • 52. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 正しいものを正しく作る Do the Right Things Right.
  • 53. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. チーム 顧客 ユーザープロジェクト ソフトウェアを創り上げるもの
  • 54. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 誰が 誰と 誰のためにどういう ルールで 「誰が」「誰と」「 誰のために」 「 どういうルール」で 「何を」作るか 何を ソフトウェアを創り上げるもの
  • 55. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 「自分が」「顧客ならば」「ユーザーのために」 「こんなやり方」で 「これを」作るのか? ソフトウェアを創り上げるもの チーム 顧客 ユーザープロジェクト
  • 56. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 前例に囚われず 思考を停止しない = ありたい姿のために
  • 57. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. チーム 顧客 ユーザープロジェクト 自らの境界を
  • 58. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 越えて、行け。
  • 59. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 願わくば、みなさんと 境のどこかで 出会えますように。
  • 60. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. http://about.me/papanda0806 Ichitani Toshihiro 市谷聡啓 @papanda

×