越境する開発

4,949 views
4,778 views

Published on

越境する開発の話

Published in: Technology
0 Comments
62 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,949
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
754
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
62
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

越境する開発

  1. 1. 越境する 開発 Ichitani Toshihiro Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日 市谷聡啓
  2. 2. Ichitani Toshihiro 市谷聡啓 ソフトウェア開発13年 受託→SIer→サービス→受託 プロジェクトマネジメント http://about.me/papanda0806 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  3. 3. 本日のお話 本日のお話は、私が これまでに経験した さまざまな開発現場を元に 受託開発のコンテキストで 構成しています。 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  4. 4. ソフトウェア開発のお話で 必ずコンテキストが 問われるのはなぜか Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  5. 5. ソフトウェアを創り上げるもの プロジェクト チーム ユーザー 顧客 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  6. 6. ソフトウェアを創り上げるもの どういう ルールで 誰のために 何を 誰が 誰と 「誰が」「誰と」「 誰のために」 「 どういうルール」で 「何を」作るか Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  7. 7. ソフトウェアを創り上げるもの どういう ルールで 誰のために 何を 誰が 誰と とるべきHow(どうやってやるか)は 現場によって異なる Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  8. 8. http://www.ipa.go.jp/sec/softwareengineering/reports/20130319.html Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  9. 9. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  10. 10. 解決策 状況 効果 問題 フォース Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  11. 11. お話すること ソフトウェア開発で挑むこと どのように戦うか 向うべき先に向うために Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  12. 12. 問い Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  13. 13. ソフトウェア開発の 難しさとは一体何なのか? Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  14. 14. User Customer Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日 Dev
  15. 15. User Customer Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日 Dev
  16. 16. User Customer Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日 Dev
  17. 17. User Customer Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日 Dev
  18. 18. User Customer Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日 Dev
  19. 19. 相手の意図もこちらの意図も 圧倒的に伝わらない。 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  20. 20. 理想 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  21. 21. Do the Right Things Right. 正しいものを正しく作る Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  22. 22. 正しく作る Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  23. 23. ? 正しいものを? Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  24. 24. 誰かが解決したい問題やニーズへの 正解を持っている訳ではない。 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  25. 25. Do Things Right のために 期待マネジメント Do Right Things のために セットとポイント Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  26. 26. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  27. 27. プロダクトオーナー 開発チーム Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  28. 28. プロダクト として 何を作るか 考えたい。 考え 終わったら 呼んで 下さい。 これで良いのだっけ? Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  29. 29. 目的 目的 目的 目的 目的 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  30. 30. 目的 期待 目的 期待 目的 期待 目的 期待 目的 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  31. 31. 目的 期待 開発への 期待。 目的 期待 目的 期待 期待 プロダクト 目的 オーナーへの 期待。 目的 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  32. 32. 目的 関係者互いの期待を 可視化し 調整し続ける マネジメントが要る 期待 目的 期待 目的 期待 目的 期待 目的 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  33. 33. 期待マネジメント ・確認できた最古の書籍  「達人プログラマー」  ※最近では「アジャイルサムライ」邦訳版コラムに ・PMBOKと期待マネジメント  第3版まで明記はない   第4版からコミュニケーションマネジメントの中に  第5版からステークホルダーマネジメントとして格上げ   ※10個目の知識エリア  Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  34. 34. Do Things Right のために 期待マネジメント Do Right Things のために セットとポイント Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  35. 35. セットとポイント Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  36. 36. セットとポイント 目的実現の ための選択肢が いろいろある Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  37. 37. セットとポイント 目的実現の ための選択肢が いろいろある 何を選ぶか 決めるために 試行し 検証する Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  38. 38. セットとポイント 目的実現の ための選択肢が いろいろある 検証(学び)から 何をどう作るか 徐々に 決められる。 何を選ぶか 決めるために 試行し 検証する Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  39. 39. セットとポイント 目的実現の ための選択肢が いろいろある 検証(学び)から 何をどう作るか 徐々に 決められる。 何を選ぶか 決めるために 試行し 検証する Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日 手段と対象が 決まれば ゴールまで 一直線でいく 迷わない
  40. 40. セットとポイント 目的実現の ための選択肢が いろいろある 検証(学び)から 何をどう作るか 徐々に 決められる。 手段と対象が 決まれば ゴールまで 一直線でいく 迷わない 何を選ぶか 決めるために 試行し 検証する セット ポイント Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  41. 41. セットとポイント サービスの 企画を 一緒に考えて 欲しい。 サービス実現に 必要な技術検証 をしましょう。 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  42. 42. セットとポイント 3月末までに サービスを ローンチしたい 作りながら もろもろ 決めて いきましょう Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  43. 43. セットとポイント 3月末までに サービスを ローンチしたい 危険 作りながら もろもろ 決めて いきましょう Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  44. 44. セットとポイント 考えながら 3月末までには サービスを ローンチしたい 作りながら もろもろ 決めて いきましょう Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  45. 45. セットとポイント 3月末までに サービスを ローンチしたい 超危険 作りながら もろもろ 決めて いきましょう Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  46. 46. セットとポイント 3月末までに サービスを ローンチしたい 3月末までに 必要な スコープを 定めましょう Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  47. 47. セットとポイント 3月末までに サービスを ローンチしたい 3月末までに 必要な スコープを 定めましょう この機能が このくらいで 出せたら 良いよね 期間契約 最短距離で いかないと 間に合わない 請負契約 目的に応じた方針と建付けを適用する Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  48. 48. お話すること ソフトウェア開発で挑むこと どのように戦うか 向うべき先に向うために Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  49. 49. セット ポイント Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  50. 50. セット ポイント 仮説検証型 最短距離型 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  51. 51. セット ポイント 仮説検証型 最短距離型 リーンキャンバス ユーザーストーリーマッピング 学習効果を得るための イテレーション開発 共通認識を作る ためのカンバン スコープ最小 バッファマネジメント リスク回避のための イテレーション開発 ワークフロー可視化の ためのカンバン Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  52. 52. リーンキャンバス 仮説検証型 誰の何のために何を提供するのか 企画書を検証する。 解決策 提供 価値 課題 測定 指標 コスト 圧倒的 優位性 顧客 チャネル 収益 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  53. 53. リーンキャンバス 仮説検証型 誰の何のために何を提供するのか 企画書を検証する。 解決策 提供 価値 課題 測定 指標 コスト 圧倒的 優位性 顧客 チャネル 収益 コンセプトの硬さ(練り具合)を見る。 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  54. 54. 「ユーザーの声を聴いても仕方ない」 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  55. 55. 相手の無謀を止める 「ユーザーの声を聴いても仕方ない」 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  56. 56. 相手の無謀を止める = 開発を止める?! 「ユーザーの声を聴いても仕方ない」 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  57. 57. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  58. 58. どのレイヤで顧客と向き 合っているのか? 顧客の プロダクトが 売れなければ 意味がない PJの期間が 1ヶ月 伸びれば 1人月分 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  59. 59. 相手とどんな関係を築きたいのか? 関係のマネジメントと取引のマネジメント 取引 関係 一時限り 長期的 彼ら われわれ 疑念 信頼 自分を良く見せる 相手を理解する 現在に注目 将来に注目 勝利すること 関係を保つこと 消耗、防御 心地良さ、開放的 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  60. 60. 顧客のプロダクトの売り方を考える。 受託開発の顧客=他の顧客にとっての顧客 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  61. 61. セット ポイント 仮説検証型 最短距離型 リーンキャンバス ユーザーストーリーマッピング 学習効果を得るための イテレーション開発 共通認識を作る ためのカンバン スコープ最小 バッファマネジメント リスク回避のための イテレーション開発 ワークフロー可視化の ためのカンバン Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  62. 62. 監訳 角谷信太郎 共訳 市谷聡啓 藤原大 ・10月26日発売 ・現実的な作戦 ・大規模プロジェクト ・カンバンの活用 ・チーム編成 ・問題の原因分析 ・テストの自動化戦略 ・見積もり ・平鍋健児の解説 ・電子版もありますetc... Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  63. 63. カンバン 仮説検証型 最短距離型 仮説検証型フェーズの場合ワークフローが 定まりにくいため関係者の状況把握に使う タスク、課題解決の可視化 => タスクボード 最短距離型フェーズの場合ワークフローを 見えるようにし改善できるようにする 全体フローの見える化 => カンバンボード Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  64. 64. 検閲済 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  65. 65. 検閲済 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  66. 66. 「リーン開発の現場」P21 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  67. 67. 一枚の絵を全員で見る Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  68. 68. 鳥の目 虫の目 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  69. 69. セット ポイント 仮説検証型 最短距離型 リーンキャンバス ユーザーストーリーマッピング 学習効果を得るための イテレーション開発 共通認識を作る ためのカンバン スコープ最小 バッファマネジメント リスク回避のための イテレーション開発 ワークフロー可視化の ためのカンバン Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  70. 70. インセプションデッキ セット ポイント 仮説検証型 リーンキャンバス ユーザーストーリーマッピング 学習効果を得るための イテレーション開発 共通認識を作る ためのカンバン 最短距離型 スコープ最小 バッファマネジメント リスク回避のための イテレーション開発 ワークフロー可視化の ためのカンバン Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  71. 71. インセプションデッキ セット ポイント 最短距離型 仮説検証型 リーンキャンバス スコープ最小 ユーザーストーリーマッピング 学習効果を得るための イテレーション開発 共通認識を作る ためのカンバン バッファマネジメント リスク回避のための イテレーション開発 ワークフロー可視化の ためのカンバン 期待マネジメント リスクマネジメント Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  72. 72. インセプションデッキ 技術的な 解決策 エレベーター ピッチ 期間を 見極める トレードオフ スライダー なにが どれだけ 必要か やること やらないこと リスト われわれは なぜここに いるのか パッケージ デザイン プロジェクト コミュニティ Whyを明らかにする 夜も眠れない 問題 Howを明らかにする Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  73. 73. インセプションデッキの狙い 「然るべき人が集まっているか」 「プロジェクトが然るべき方向を  向いているか」 を明らかにする チームメンバーが誰もいないところ で合意したことを前提にしているか ら、プロジェクトがダメになる アジャイルサムライP44 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  74. 74. Whyを明らかにする Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  75. 75. Start With Why ゴールデンサークル 何のために やる Why Whyを実現 する手段 How What アクションや その結果 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  76. 76. これから作るプロダクトの ゴールデンサークルが描けるか? Why How 誰の何のための サービス? 新感覚の? どうやって? Coolなメガネを売るための 新感覚のECサイト Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  77. 77. これから作るプロダクトの ゴールデンサークルが描けるか? Why ? How 誰の何のための サービス? 新感覚の? どうやって? Coolなメガネを売るための 新感覚のECサイト Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  78. 78. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  79. 79. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  80. 80. Inception Deck Pattern ・Why→要求収集(epic)→How  - 基本パターン ・Why→How→要求収集  - やるべきことがだいたい分かっている ・Why→How→Go/NoGo→Why→How  - プロジェクト開始判断が必要 ・Why + α  - 簡易的に。αでトレードオフスライダー等 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  81. 81. 道具 を使いこなすために 自分からやる 少しずつやる 練習する ふりかえり改善する 作戦を練る Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  82. 82. 道具 を使いこなすために 自分からやる 少しずつやる 自己組織化 練習する スパイク インクリメンタル ふりかえり改善する レトロスペクティブ 作戦を練る イテレーション計画 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  83. 83. 道具 を使いこなすために 自分からやる 少しずつやる 自己組織化 練習する スパイク インクリメンタル ふりかえり改善する レトロスペクティブ イテレーション計画 作戦を練る 少しずつ巻き込む Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  84. 84. お話すること ソフトウェア開発で挑むこと どのように戦うか 向うべき先に向うために Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  85. 85. リーン開発とは? Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  86. 86. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  87. 87. P109 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  88. 88. 理想とはたどりつくべき 場所のことではなく、 ありたい姿に向かい続ける ことなんだ! P109 2013年12月8日日曜日
  89. 89. ※リーンがない あり方のはなし Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  90. 90. 目的に向い続ける意志 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  91. 91. 目的 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  92. 92. Do the Right Things Right. 正しいものを正しく作る Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  93. 93. 誰かが解決したい問題やニーズへの 正解を持っている訳ではない。 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  94. 94. Do Things Right のために 期待マネジメント Do Right Things のために セットとポイント Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  95. 95. 向うべき先に、 近づくために。 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  96. 96. ソフトウェアを創り上げるもの どういう ルールで 誰のために 何を 誰が 誰と 「誰が」「誰と」「 誰のために」 「 どういうルール」で 「何を」作るか Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  97. 97. プロジェクト チーム ユーザー 顧客 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  98. 98. プロジェクト チーム ユーザー 顧客 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  99. 99. 境を、越える Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  100. 100. できる のか? Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  101. 101. 顧客とどのレイヤで Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  102. 102. どんな関係を結ぶつもりで Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  103. 103. 期待を可視化し Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  104. 104. 状況に応じた道具を選び Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  105. 105. 日々の準備があれば Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  106. 106. 境界は、 越えられる。 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  107. 107. 売り方(価値)が分からない プロダクト開発で大丈夫か。 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  108. 108. 相手の無謀を止める = 目的のために 「ユーザーの声を聴いても仕方ない」 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日
  109. 109. 越境せよ。 Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 2013年12月8日日曜日

×