事例紹介 「世界を変えること はできますか?」
Do you know me ?
My name is papanda . CopyRight PANDA WORLD http://www.h6.dion.ne.jp/~panda_w/top.html About papanda ⇒   http://d.hatena.ne...
【出身】  大阪。  一年前、転職、上京。 【出没地域】  ・アジャイルマインド勉強会  ・アジャイルTOC  ・見積契約WG  ・XPJUG  ・日本ファシリテーション協会  ・要求開発アライアンス  ・PFP勉強会     etc…
上京した、 私を待っていた のは、
アジャイルマインドー な人たちとの 出会い。
熱い。
2007 年 2 月 15 日。
Developers Summit 2007
実践『 From Java to Ruby 』 ~ 血があつい鉄道ならば / 走りぬけてゆく汽車はいつかは心臓を通るだろう ~
感動。
ところが。
外と内の 温度差。
「デブサミって  何? 」
「勉強会?今 忙しいんだよね。 」
氷河期?
周りの気温が 上がるのを待っているほど、 人生は長くない。
凍てついた心 を 溶かすために。
社内で、 デブサミ をやる。
技術 (SpringFW 、 Ruby on Rails 、ファシリテーション)、 知識 ( プロジェクト管理、方法論、ハードウェア、業務知識 )   、 活動 ( 社外コミュニティ活動、 MashUpAward 、地域活動 )  、 経験 (...
組織の 壁を越えて それらを 共有 できる 学びの場 があっても いいんじゃない?
社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二...
2007 年 5 月 芝浦ふ頭某所。
呼びかけに対して、熱い思いを持った裏方集合。
運営 スタッフ
6人。
ミーティング 回数。
15回。
社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二...
社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二...
本業で、時間が ほとんど取れなく なる。 ⇒ 「準備 MTG 不参加の日々」。
まったく影響なし(え
仲間重要。
社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二...
社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二...
超心配。
告知活動 1.社内 SNS での定期的な宣伝。 2.自作ポスターを貼る。 3.メーリングリストへの投下。 4.口コミ。 5.社内ブログで煽る。 ⇒ 事前にどれだけやってみても、 当日まで不安はぬぐえず。
社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二...
2007 年 8 月 8 日 芝浦ふ頭某所。
社内版 デブサミ 開催。
参加者  80名。 延べ  180名。
盛況。
私が、社内版 デブサミを開催して 気づいたこと 。
行動を起こす時、 最初の一歩は、 重い 。
しかし、行動を 起こさなければ 何も始まらない。
思っているだけ、 考えているだけ、 待っているだけでは、 何も変わらない 。
大切なのは、 変えていくための 行動 を起こす 勇気 。
It's AgileMind
行動を起こして 初めて、何かに 気づくことがある。
自分が 気づく だけで 変わるのは、 自分だけじゃない 。
変わった自分を見る、 まわりの人にも 気づきが生まれる。
自分が変わることで 他人も変わることが できる。
だから、
誰か一人 でも、 たった一人 でも、 何かに気づきが あったとしたら
きっと、それを見た 他の人も 気づきが あって
さらに 、それを見た 他の人も気づきが あって
それは、いつか 世界 に 届くんじゃない?
社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二...
2007 年 8 月 竹芝某所。
ある先輩との 会話。
「俺、発表資料 みたよ。」
「俺も、 何か  やりたい と  思ったわ。」
今も熱い。
社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二...
ご静聴 ありがとう ございました。
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Can We Change The World?

2,499

Published on

XP祭り2007事例発表。(だいぶ)調整版。

1 Comment
12 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
2,499
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
1
Likes
12
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Can We Change The World?

  1. 1. 事例紹介 「世界を変えること はできますか?」
  2. 2. Do you know me ?
  3. 3. My name is papanda . CopyRight PANDA WORLD http://www.h6.dion.ne.jp/~panda_w/top.html About papanda ⇒   http://d.hatena.ne.jp/papanda0806/  
  4. 4. 【出身】  大阪。  一年前、転職、上京。 【出没地域】  ・アジャイルマインド勉強会  ・アジャイルTOC  ・見積契約WG  ・XPJUG  ・日本ファシリテーション協会  ・要求開発アライアンス  ・PFP勉強会   etc…
  5. 5. 上京した、 私を待っていた のは、
  6. 6. アジャイルマインドー な人たちとの 出会い。
  7. 7. 熱い。
  8. 8. 2007 年 2 月 15 日。
  9. 9. Developers Summit 2007
  10. 10. 実践『 From Java to Ruby 』 ~ 血があつい鉄道ならば / 走りぬけてゆく汽車はいつかは心臓を通るだろう ~
  11. 11. 感動。
  12. 12. ところが。
  13. 13. 外と内の 温度差。
  14. 14. 「デブサミって 何? 」
  15. 15. 「勉強会?今 忙しいんだよね。 」
  16. 16. 氷河期?
  17. 17. 周りの気温が 上がるのを待っているほど、 人生は長くない。
  18. 18. 凍てついた心 を 溶かすために。
  19. 19. 社内で、 デブサミ をやる。
  20. 20. 技術 (SpringFW 、 Ruby on Rails 、ファシリテーション)、 知識 ( プロジェクト管理、方法論、ハードウェア、業務知識 ) 、 活動 ( 社外コミュニティ活動、 MashUpAward 、地域活動 ) 、 経験 ( 大成功も大失敗も、辛いことも楽しいことも… ) 、 熱い思い ( 暑苦しい )‏ 誰でも何かしら持っている。
  21. 21. 組織の 壁を越えて それらを 共有 できる 学びの場 があっても いいんじゃない?
  22. 22. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  23. 23. 2007 年 5 月 芝浦ふ頭某所。
  24. 24. 呼びかけに対して、熱い思いを持った裏方集合。
  25. 25. 運営 スタッフ
  26. 26. 6人。
  27. 27. ミーティング 回数。
  28. 28. 15回。
  29. 29. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  30. 30. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  31. 31. 本業で、時間が ほとんど取れなく なる。 ⇒ 「準備 MTG 不参加の日々」。
  32. 32. まったく影響なし(え
  33. 33. 仲間重要。
  34. 34. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  35. 35. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  36. 36. 超心配。
  37. 37. 告知活動 1.社内 SNS での定期的な宣伝。 2.自作ポスターを貼る。 3.メーリングリストへの投下。 4.口コミ。 5.社内ブログで煽る。 ⇒ 事前にどれだけやってみても、 当日まで不安はぬぐえず。
  38. 38. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  39. 39. 2007 年 8 月 8 日 芝浦ふ頭某所。
  40. 40. 社内版 デブサミ 開催。
  41. 41. 参加者  80名。 延べ  180名。
  42. 42. 盛況。
  43. 43. 私が、社内版 デブサミを開催して 気づいたこと 。
  44. 44. 行動を起こす時、 最初の一歩は、 重い 。
  45. 45. しかし、行動を 起こさなければ 何も始まらない。
  46. 46. 思っているだけ、 考えているだけ、 待っているだけでは、 何も変わらない 。
  47. 47. 大切なのは、 変えていくための 行動 を起こす 勇気 。
  48. 48. It's AgileMind
  49. 49. 行動を起こして 初めて、何かに 気づくことがある。
  50. 50. 自分が 気づく だけで 変わるのは、 自分だけじゃない 。
  51. 51. 変わった自分を見る、 まわりの人にも 気づきが生まれる。
  52. 52. 自分が変わることで 他人も変わることが できる。
  53. 53. だから、
  54. 54. 誰か一人 でも、 たった一人 でも、 何かに気づきが あったとしたら
  55. 55. きっと、それを見た 他の人も 気づきが あって
  56. 56. さらに 、それを見た 他の人も気づきが あって
  57. 57. それは、いつか 世界 に 届くんじゃない?
  58. 58. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない 。
  59. 59. 2007 年 8 月 竹芝某所。
  60. 60. ある先輩との 会話。
  61. 61. 「俺、発表資料 みたよ。」
  62. 62. 「俺も、 何か  やりたい と  思ったわ。」
  63. 63. 今も熱い。
  64. 64. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  65. 65. ご静聴 ありがとう ございました。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×