Can We Change The World?
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

Can We Change The World?

on

  • 3,372 views

XP祭り2007事例発表。(だいぶ)調整版。

XP祭り2007事例発表。(だいぶ)調整版。

Statistics

Views

Total Views
3,372
Views on SlideShare
3,204
Embed Views
168

Actions

Likes
9
Downloads
6
Comments
1

2 Embeds 168

http://d.hatena.ne.jp 166
http://oo-monodukuri.g.hatena.ne.jp 2

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as OpenOffice

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Can We Change The World? Presentation Transcript

  • 1. 事例紹介 「世界を変えること はできますか?」
  • 2. Do you know me ?
  • 3. My name is papanda . CopyRight PANDA WORLD http://www.h6.dion.ne.jp/~panda_w/top.html About papanda ⇒   http://d.hatena.ne.jp/papanda0806/  
  • 4. 【出身】  大阪。  一年前、転職、上京。 【出没地域】  ・アジャイルマインド勉強会  ・アジャイルTOC  ・見積契約WG  ・XPJUG  ・日本ファシリテーション協会  ・要求開発アライアンス  ・PFP勉強会   etc…
  • 5. 上京した、 私を待っていた のは、
  • 6. アジャイルマインドー な人たちとの 出会い。
  • 7. 熱い。
  • 8. 2007 年 2 月 15 日。
  • 9. Developers Summit 2007
  • 10. 実践『 From Java to Ruby 』 ~ 血があつい鉄道ならば / 走りぬけてゆく汽車はいつかは心臓を通るだろう ~
  • 11. 感動。
  • 12. ところが。
  • 13. 外と内の 温度差。
  • 14. 「デブサミって 何? 」
  • 15. 「勉強会?今 忙しいんだよね。 」
  • 16. 氷河期?
  • 17. 周りの気温が 上がるのを待っているほど、 人生は長くない。
  • 18. 凍てついた心 を 溶かすために。
  • 19. 社内で、 デブサミ をやる。
  • 20. 技術 (SpringFW 、 Ruby on Rails 、ファシリテーション)、 知識 ( プロジェクト管理、方法論、ハードウェア、業務知識 ) 、 活動 ( 社外コミュニティ活動、 MashUpAward 、地域活動 ) 、 経験 ( 大成功も大失敗も、辛いことも楽しいことも… ) 、 熱い思い ( 暑苦しい )‏ 誰でも何かしら持っている。
  • 21. 組織の 壁を越えて それらを 共有 できる 学びの場 があっても いいんじゃない?
  • 22. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  • 23. 2007 年 5 月 芝浦ふ頭某所。
  • 24. 呼びかけに対して、熱い思いを持った裏方集合。
  • 25. 運営 スタッフ
  • 26. 6人。
  • 27. ミーティング 回数。
  • 28. 15回。
  • 29. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  • 30. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  • 31. 本業で、時間が ほとんど取れなく なる。 ⇒ 「準備 MTG 不参加の日々」。
  • 32. まったく影響なし(え
  • 33. 仲間重要。
  • 34. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  • 35. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  • 36. 超心配。
  • 37. 告知活動 1.社内 SNS での定期的な宣伝。 2.自作ポスターを貼る。 3.メーリングリストへの投下。 4.口コミ。 5.社内ブログで煽る。 ⇒ 事前にどれだけやってみても、 当日まで不安はぬぐえず。
  • 38. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  • 39. 2007 年 8 月 8 日 芝浦ふ頭某所。
  • 40. 社内版 デブサミ 開催。
  • 41. 参加者  80名。 延べ  180名。
  • 42. 盛況。
  • 43. 私が、社内版 デブサミを開催して 気づいたこと 。
  • 44. 行動を起こす時、 最初の一歩は、 重い 。
  • 45. しかし、行動を 起こさなければ 何も始まらない。
  • 46. 思っているだけ、 考えているだけ、 待っているだけでは、 何も変わらない 。
  • 47. 大切なのは、 変えていくための 行動 を起こす 勇気 。
  • 48. It's AgileMind
  • 49. 行動を起こして 初めて、何かに 気づくことがある。
  • 50. 自分が 気づく だけで 変わるのは、 自分だけじゃない 。
  • 51. 変わった自分を見る、 まわりの人にも 気づきが生まれる。
  • 52. 自分が変わることで 他人も変わることが できる。
  • 53. だから、
  • 54. 誰か一人 でも、 たった一人 でも、 何かに気づきが あったとしたら
  • 55. きっと、それを見た 他の人も 気づきが あって
  • 56. さらに 、それを見た 他の人も気づきが あって
  • 57. それは、いつか 世界 に 届くんじゃない?
  • 58. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない 。
  • 59. 2007 年 8 月 竹芝某所。
  • 60. ある先輩との 会話。
  • 61. 「俺、発表資料 みたよ。」
  • 62. 「俺も、 何か  やりたい と  思ったわ。」
  • 63. 今も熱い。
  • 64. 社内版デブサミの課題 1.裏方スタッフが集まるかどうか。 2.裏方スタッフのやる気が続くか   どうか。 3.仕事が忙しくて、準備ができない。 4.なんとなく準備が進まない。 5.参加者が集まらない。 6.結局、盛り上がらない。 7.失敗して二度とやる気にならない。
  • 65. ご静聴 ありがとう ございました。