Your SlideShare is downloading. ×
0
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
微博&微信マーケティング
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

微博&微信マーケティング

1,691

Published on

微博と微信を使ったマーケティングの概要と注意点、お役立ちツールなど。

微博と微信を使ったマーケティングの概要と注意点、お役立ちツールなど。

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,691
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
27
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 微博/微信(WeChat)によるサービス・商品のマーケティング 2013年3月23日 安徽開源軟件有限公司 董事長 兼 総経理 中尾 貴光
  • 2. 微博と微信微博(ウェイボ) - 日本では中国版Twitterなどと紹介されることも。。。新浪微博、腾讯微博、捜狐微博、网易微博が中国4大微博と呼ばれているが実際は新浪微博、腾讯微博の2強状態。ユーザー登録数は新浪微博 5億人超、腾讯微博は5.7億人(共に自社発表)※CNNICの統計では2012年末時点微博ユーザーは3.0861億人。2010年⇒2011年のユーザー増長率は296%、2011年⇒2012年は23.5%ユーザー層は19〜22歳(36.5%)、23〜30歳(39.5%)と80后、90后が中心(Source: 新浪微博、CIC共同調査データ)
  • 3. 微博と微信微信(WeChat) - 日本では中国版LINEなどと紹介されることも。。。 2011年1月21日 サービスを開始 2012年3月29日 登録ユーザー数が1億人を突破(433日) 2012年9月17日 登録ユーザー数が2億人を突破(172日) 2013年1月13日 登録ユーザー数が3億人を突破(120日) 14ヶ国語をサポートしており海外展開にも積極的
  • 4. 微博でのマーケティング状況(新浪微博)2012年2月末寺点で130,565件の企業 日本は178件の公式アカウントが開設され、公式アカウントが新浪微博にアカウント開設 米国に次いで第2位。3分の1強の5万件が飲食業のアカウント 地方政府が観光誘致のためアカウント開設 をするケースが急増。 Source : 『2012年企業微博白書(CIC、新浪微博共著)』
  • 5. 新浪微博での企業アカウントの開設とV認証取得 ログイン後の画面 他ユーザーから見た画面企業アカウントでもアカウント開設方法は個人と同じ方法。V認証取得には営業許可証や会社印の電子データが必要。
  • 6. 新浪微博の公式マーケティングツール - “粉丝通” 粉丝通 要は広告ツイート ○金額計算方式 ・CPM 当該ツイートを表示させた人数が基準(1,000人表示毎に5元) ・CPE  転送数、ツイート内リンクのクリック数、フォローワー増加数などが基準 (1アクション平均0.5元) ※初回登録時にデポジット3,000元+アカウント開設費600元を支払う必要あり
  • 7. 新浪微博の公式マーケティングツール - “微任務” 微任務 任意のユーザーに自身の望む任務を依頼 ○金額方式 ・依頼するユーザーのフォローワー数、等級に依存 ・開始時にデポジットとして2,000元を支払う必要あり
  • 8. 新浪微博の公式マーケティングツール - “短信营销” ※③広告代理店単価の例 短信营销(SMSマーケティング)利用方法:① 自身のフォローワーで携帯番号を知っているユーザー向けに発送② プレゼントキャンペーンなどをエサに携帯番号を収集してそちらに発送③ 広告代理店に依頼(単価は1件発送あたり0.6元から)
  • 9. 新浪微博のサードパーティ製マーケティングツール 微传播(WeiChuanBo) 微博定時発送器微任務と同様に特定の任務を登録し、任意の 日時を指定した予約投稿が可能。ユーザーに実行してもらう方式 画像、音楽、動画プレビュー付きの微任務と比較して比較的低予算で実行できる 投稿ももちろん可能。のと腾讯微博にも利用できるのが特徴
  • 10. 投稿日時によって効果は異なる? 水曜日、木曜日の18時〜23時 が狙い目? Source: 新浪微博日時別効果測定
  • 11. 微信でのマーケティング状況 スターバックスは微信専用ページを設け展開。 フォローワーは50万人とも。 数値は未公表だが、その他数多くの企業が 微信で公式アカウントを開設済み
  • 12. 微信の公式マーケティングツール 微信 公众平台 (英語版管理ページはこちら)
  • 13. 微信の公式マーケティングツールテキスト、音声、画像、動画、テキスト+画像 認証申請も同公众平台から手続き可能。などのメッセージを予め登録しておき、フォロ ※ただし500名以上のフォローワーがいるーワー向けに投稿可能。 ことが前提条件。 各機能の詳細はこちらをご参照下さい。
  • 14. で、マーケティングするなら微博?微信?結論から申し上げれば、、、 適材適所       です。
  • 15. 微博と微信でのマーケティング      それぞれの長所と短所● (新浪)微博マーケティングの長所 ・拡散性ーーー微群、话题(ハッシュタグ) ・キーワード検索などSEO可能 ・ツールがサードパーティ含め充実 中小企業、知名度 の低い企業向き● (新浪)微博マーケティングの短所 ・アクティブユーザー率の低下 ・簡単に拡散できる分、とりあえずフォローというユーザーも多く忠誠度は低め ・ゾンビユーザーが一杯●微信マーケティングの長所 ・ユーザー数の急上昇が示すとおり一番ホット ・画像、音声、動画などマルチメディア系投稿に強い ブランド力のある ・1人1人にDMを送る感覚なのでフォローワー 企業、リアル店舗  の忠誠度が高い を持つ企業(O2O)● 微信マーケティングの短所 向け ・微信内のみでは拡散性に乏しい ・ゾンビユーザーが増えだした ・公式管理ツールが不安定(投稿できない時も多々) ・サードパーティ製の管理ツールが少ない(APIを最近公開したので改善の兆しはある)
  • 16. 微博、微信マーケティングで留意する点✔継続性例) 中国でのブランド力、知名度がない企業・団体の場合、(平日)毎日情報発信した上で、結果が出始めるまでに3〜6ヶ月はかかる。✔情報発信だけでなくコメントへの返答など”交流”を✔宣伝ばかりでなく関連情報や担当者の声、雑感なども盛り込む✔硬い口調でなく、砕けた口調✔微博、微信担当への正当な評価
  • 17. こういうコンサルティングにはご注意を✔ 「微博で5億人にリーチ」、「微信で3億人にリーチ」などやたらと 登録ユーザー数を強調してくる✔ 成果指標がフォローワー増加数 or 「フォローワー数○万人を 誇るアカウントを保有」が謳い文句 ⇒ フォローワーは購入可能✔ 成果指標が単体投稿の転送数やコメント数  ⇒ 転送やコメントも購入可能✔ 1ヶ月以内など短期間で成果が出るとうたう。上記対策✔ 成果指標は微博や微信以外の場所に置く。 例) Webへのアクセス数(Google Analyticsでも充分にリンク元など管理が可能)✔ 管理実績のあるアカウントを見せてもらい、個々のフォローワーの質や、 1つ1つのメッセージへの転送、コメント回数の付き具合を確認する。
  • 18. 補足資料とご質問について ブログ中国マイクロブログ(微博)雑記 :   http://blog.livedoor.jp/osschina/Social Media in China and Asia :  http://socialmediainasia.blogspot.com/ マイクロブログ/微博 Twitter  : http://twitter.com/osschina Facebook : https://www.facebook.com/takamitsu.nakao 新浪微博 : http://weibo.com/osschina 執筆中国ビジネスヘッドライン http://www.chinabusiness-headline.com/author/anhuioss/
  • 19. ご清聴ありがとうございました!本日の資料 ⇒お問い合せ: nakao@anhuioss.com

×