team bokete!
!

∼チームがリモートで活動するために!
大事にしている10のこと∼

Osamu Ise!
HALO / Omoroki / PLAY
boketeとは
bokete

写真で一言ボケて!
2億PV(SV)!
アプリ300万DL
bokete
イセオサムです
1983年生まれ。スマホメディア・アプリのプロデューサー。!
慶應義塾大学経済学部卒業!
日テレでズームインスーパーの制作に関わる!
オプトにてモバイルのメディアプランニングを統括!
2008年にスマホアプリを企画・制作する株式...
Index
1.Storyを大事に!
2.コアはスモールチーム!
3.フラットなパートナーシップ!
4.コミュニティを大事に!
5.二人ペアのススメ!
6.ツールで環境をつくる!
7.ビジョンを共有する!
8.収益は等分がベスト!
9.世代交代...
今日のお話は、!
2014年現在ではレアケースです。
ですが、!
2020年くらいには選択肢の一つになっ
ているといいな、と思います。
1.Storyを大事に
Omoroki founders
2008年、オモロキオフィス
2011年、韓国で。
2013年、ボケて釣り大会
一見関係なさそうな出会いから、!
仲間が増えていきました。
2.コアはスモールチーム
Small team
Team building
CEO!
鎌田武俊

CTO!
ゆーすけべー

CIO!
つよしさん

CSO!
イセオサム
CCO!
新甚さん
3.フラットな!
パートナーシップ
最強メンバーを一つの会社
で抱えるのはちょっと違う。
パートナーシップだからこそ!
実現するチーム !
※写真はTERIYAKI BOYZ
WEB
!

オモロキ:サーバーサイド・
フロントの開発!
ハロ:フロントの開発補助!
プレイ:広告マネジメント
アプリ
!

オモロキ:API提供!
ハロ:デザイン・プロデュース!
ブレイブソフト:ネイティブ開発!
コラボ
!

キャッチボール:プロデュース、
ディレクション!
ハロ:デザイン、運用!
オモロキ:監修!
運営
!

ハロ&オモロキ:カスタ
マーサポート!
ガイアックス:監視!
4.コミュニティを大事に
自分から発信すると、!
周りが助けてくれる
Onion Structure
Community

Coming soon!

Partner

Small team
5.二人ペアのススメ
二人は、意思決定が速い。!
かつ、孤独にならない。
WEB:だんご&ゆっけ!
アプリ:おっさむ&ゆっけ!
コラボ:しんちゃん&おっさむ!
などなど。
6.ツールで環境をつくる
Remote
コミュニケーション方法
- 打ち合わせは月1回+個別!
- 開発はgithub、backlog!
- デザイン系はchatwork!
- 最大公約数はメール!
- 急ぎはLINEと電話!
- などなど。
会社で、部分的にリモートを実施しても!
うまくいかない。!
やるなら、全員がやる必然性があるとよい。
大事なのはコミュニケーションスキル!
自分の領域をはみ出し、!
テクニカルな部分でも相互理解をする。
7.ビジョンを共有する
普段あんまり会わないチームだからこそ、
月1回のミーティングを大事にする。
8.収益は等分がベスト
食っていけないと続かない。!
だから、組織に所属しながら手弁当ではじめて、
利益が出たら配分するモデルがよいと思う。
9.世代交代する
事業が立ち上がった段階で、!
次の世代へ任せる
たとえば

81世代

86世代

ユーザーが循環するのと同様、!
運営チームもバトンを引き継いでいくことで、!
サービスに新鮮さが保てるのではないか!
(仮説)
10.おわりに
実現したい世界や、サービスを重視する。!
それに共感する仲間を集める。!
という実験に参加してみたい方、ぜひ。
・サーバーサイドエンジニア!
・フロントエンドエンジニア(WEB、ネイティブ)!
・海外運営担当(各国)!
!

最適な組織にジョインする!
か、!
フリーで活動してもらえると嬉しいです。!
!

Twitter:@ossam!
Faceboo...
チームがリモートで活動するために大事にしている10のことbokete140219
チームがリモートで活動するために大事にしている10のことbokete140219
チームがリモートで活動するために大事にしている10のことbokete140219
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

チームがリモートで活動するために大事にしている10のことbokete140219

5,941
-1

Published on

写真で一言ボケて(bokete)の開発チームがリモートで活動するために大事にしている10のことを紹介しています。

Published in: Business

チームがリモートで活動するために大事にしている10のことbokete140219

  1. 1. team bokete! ! ∼チームがリモートで活動するために! 大事にしている10のこと∼ Osamu Ise! HALO / Omoroki / PLAY
  2. 2. boketeとは
  3. 3. bokete 写真で一言ボケて! 2億PV(SV)! アプリ300万DL
  4. 4. bokete
  5. 5. イセオサムです 1983年生まれ。スマホメディア・アプリのプロデューサー。! 慶應義塾大学経済学部卒業! 日テレでズームインスーパーの制作に関わる! オプトにてモバイルのメディアプランニングを統括! 2008年にスマホアプリを企画・制作する株式会社ハロを共同創業! 2013年からオモロキにも参画、ボケてのディレクション、戦略立案を担当! プレイ株式会社では、WEBサービスのグロースハックやNPOのマーケ ティング支援、執筆・講演活動を実施! 現在運営する「ボケて」「カオコレ」などのアプリは累計500万インス トールを突破、現在世界展開に向けて準備中。
  6. 6. Index 1.Storyを大事に! 2.コアはスモールチーム! 3.フラットなパートナーシップ! 4.コミュニティを大事に! 5.二人ペアのススメ! 6.ツールで環境をつくる! 7.ビジョンを共有する! 8.収益は等分がベスト! 9.世代交代する! 10.おわりに
  7. 7. 今日のお話は、! 2014年現在ではレアケースです。
  8. 8. ですが、! 2020年くらいには選択肢の一つになっ ているといいな、と思います。
  9. 9. 1.Storyを大事に
  10. 10. Omoroki founders
  11. 11. 2008年、オモロキオフィス
  12. 12. 2011年、韓国で。
  13. 13. 2013年、ボケて釣り大会
  14. 14. 一見関係なさそうな出会いから、! 仲間が増えていきました。
  15. 15. 2.コアはスモールチーム
  16. 16. Small team
  17. 17. Team building CEO! 鎌田武俊 CTO! ゆーすけべー CIO! つよしさん CSO! イセオサム CCO! 新甚さん
  18. 18. 3.フラットな! パートナーシップ
  19. 19. 最強メンバーを一つの会社 で抱えるのはちょっと違う。
  20. 20. パートナーシップだからこそ! 実現するチーム ! ※写真はTERIYAKI BOYZ
  21. 21. WEB ! オモロキ:サーバーサイド・ フロントの開発! ハロ:フロントの開発補助! プレイ:広告マネジメント
  22. 22. アプリ ! オモロキ:API提供! ハロ:デザイン・プロデュース! ブレイブソフト:ネイティブ開発!
  23. 23. コラボ ! キャッチボール:プロデュース、 ディレクション! ハロ:デザイン、運用! オモロキ:監修!
  24. 24. 運営 ! ハロ&オモロキ:カスタ マーサポート! ガイアックス:監視!
  25. 25. 4.コミュニティを大事に
  26. 26. 自分から発信すると、! 周りが助けてくれる
  27. 27. Onion Structure Community Coming soon! Partner Small team
  28. 28. 5.二人ペアのススメ
  29. 29. 二人は、意思決定が速い。! かつ、孤独にならない。
  30. 30. WEB:だんご&ゆっけ! アプリ:おっさむ&ゆっけ! コラボ:しんちゃん&おっさむ! などなど。
  31. 31. 6.ツールで環境をつくる
  32. 32. Remote
  33. 33. コミュニケーション方法 - 打ち合わせは月1回+個別! - 開発はgithub、backlog! - デザイン系はchatwork! - 最大公約数はメール! - 急ぎはLINEと電話! - などなど。
  34. 34. 会社で、部分的にリモートを実施しても! うまくいかない。! やるなら、全員がやる必然性があるとよい。
  35. 35. 大事なのはコミュニケーションスキル! 自分の領域をはみ出し、! テクニカルな部分でも相互理解をする。
  36. 36. 7.ビジョンを共有する
  37. 37. 普段あんまり会わないチームだからこそ、 月1回のミーティングを大事にする。
  38. 38. 8.収益は等分がベスト
  39. 39. 食っていけないと続かない。! だから、組織に所属しながら手弁当ではじめて、 利益が出たら配分するモデルがよいと思う。
  40. 40. 9.世代交代する
  41. 41. 事業が立ち上がった段階で、! 次の世代へ任せる
  42. 42. たとえば 81世代 86世代 ユーザーが循環するのと同様、! 運営チームもバトンを引き継いでいくことで、! サービスに新鮮さが保てるのではないか! (仮説)
  43. 43. 10.おわりに
  44. 44. 実現したい世界や、サービスを重視する。! それに共感する仲間を集める。! という実験に参加してみたい方、ぜひ。
  45. 45. ・サーバーサイドエンジニア! ・フロントエンドエンジニア(WEB、ネイティブ)! ・海外運営担当(各国)! ! 最適な組織にジョインする! か、! フリーで活動してもらえると嬉しいです。! ! Twitter:@ossam! Facebook:Osamu Ise! Mail:osamuise@halo-web.com
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×