• Like
  • Save
NetCommons 情報共有基盤システム --- システムをユーザの手に
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

NetCommons 情報共有基盤システム --- システムをユーザの手に

  • 2,012 views
Published

WEBを使った情報共有によって解決できる問題は多くあります。しかし、WEBでの情報共有には相応の技術力や費用が必要です。NetCommonsはオープンソースの強みを生かして、技術力や費用の問題を解決し、システムをユーザのものにすることができます。本講演ではNetCommonsの事例やNetCommonsを使ったビジネスモデルについても紹介します。

WEBを使った情報共有によって解決できる問題は多くあります。しかし、WEBでの情報共有には相応の技術力や費用が必要です。NetCommonsはオープンソースの強みを生かして、技術力や費用の問題を解決し、システムをユーザのものにすることができます。本講演ではNetCommonsの事例やNetCommonsを使ったビジネスモデルについても紹介します。

Published in Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
2,012
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. NetCommons 情報共有基盤システム システムを ユーザの手に ※NetCommonsは[大学共同利用機関]情報・システム研究機構の登録商標です。 1
  • 2. 自己紹介 永原 篤 twitter@nagasheep • オープンソース・ワークショップ 代表 • 内閣府認証NPO法人コモンズネット 理事 • OSSコンソーシアム 理事兼CMSビジネス部会リーダ http://opensource-workshop.jp 2
  • 3. 大きく2つ、お話します。 • OSS でシステム開発ビジネス はどう変わるのか? • NetCommonsとNPO法人 コモンズネット 3
  • 4. OSS でシステム開発 ビジネスはどう変わるのか? 4
  • 5. 今日の話の地図 • コンピュータ • ソフトウェア • OSS • NetCommons 5
  • 6. 何が変わったのか。 COBOL ⇒ VB ⇒ Java ⇒ OSS •PGM言語 •売り物 •ネットワーク •考え方 •OS、環境 •必要スキル •開発手法 •PJT管理技術 6
  • 7. 開発部分を最小限に • 今まで、多くの努力が開発PJTで失敗し ないために注がれてきました。 • 技術研修、PJT管理、開発ルール、etc... 開発で失敗するなら、基本は開発しない。 だから、失敗しない! 7
  • 8. 個別に必要な部分を開発 • 既にあるOSSをベースに採用 (NetCommons、OpenPNE、MosP) • 最低限必要な個別機能のみ開発する。 安全な開発PJT ※ 記載されている製品名や会社名は、各社の商標または登録商標です。 8
  • 9. 必要スキルの変化 • PGM開発や設計よりも、ユーザの要望の 理解、人との話のスキルが必要になる。 • 開発会社にとっては難しい課題 • しかし、これはユーザにとっては本当に 必要なこと。 9
  • 10. OSSでの開発費用注意点 スクラッチ例 OSS利用例 メリット 20円 人件費 技術増分 30円 100円 人件費 50円 10
  • 11. 必要な部分へ費用を厚く • 開発からサポートメインの予算取りへ 初期費用 70円 サポート費用 30円 初期費用 サポート費用 50円 50円 11
  • 12. 使用事例 • NetCommonsベースの予約サイト • 大学教務システムとNetCommonsを連携 させた学生WEBポータル • 大学教務システムとSNS(OpenPNE) を連繋させた大学SNS • 書店と読者をつなぐ本のSNS • 企業内WEBサイト、グループウェア ※ 記載されている製品名や会社名は、各社の商標または登録商標です。 12
  • 13. システムをユーザの手に • 費用の掛け方を変えること • サポートにより、業務で使いやすいもの へ徐々にカスタマイズすること OSS活用でシステムを活かす! 13
  • 14. NetCommons紹介 14
  • 15. NetCommons事例 http://opensource-workshop.jp/ • 弊社WEB • 中小企業でのWEB サイトには最適 • 機能・環境・使いや すさ 15
  • 16. NetCommons事例 http://www.nii.ac.jp/ • 国立情報学研究所 • NetCommonsの 開発元 • 大きな組織での事 例 16
  • 17. NetCommons事例 http://nishiaoiro.sakura.ne.jp/ • 江東西青色申告会 • 情報が発信しやす くなった • 結果、会員の獲得 に役立っています。 17
  • 18. NetCommons事例 http://hitsuji.atnifty.com/ • 写真ブログ • テンプレートのカ スタマイズが容易 • デザインはかなり 自由度がある 18
  • 19. NetCommonsの特徴。その1 使いやすい • 操作性の統一 • 対象ユーザのコンピュータ・リテラシー • オールインワン 19
  • 20. NetCommonsの特徴。その2 CMS& グループウェア • 使用用途が広い • LMSにも使用可能(小テストモジュール) 20
  • 21. NetCommonsの特徴。その3 オールインワン • だから、簡単 • ユーザ機能25モジュール • 管理機能13モジュール • アドオンモジュールもあります。 21
  • 22. NetCommonsの特徴。その4 自由に作れるサイト構成 • 直感的なサイト構成作成方法 • 実際のサイトを見ながら構成作成 デモをご覧ください。 22
  • 23. デモ • ページ・カテゴリ の追加 • サイトを見ながら の構成変更 ここにページ • 管理画面を使わな を追加します。 いから直感的 23
  • 24. デモ セッティング・ モード • セッティング・ モードにします。 (クリック①) 24
  • 25. デモ • メニューを編集 モードに (クリック②) • ページ追加ボタン (クリック③) ページ追加 25
  • 26. デモ • 新規ページが作成 されました。 ページが追加 されました 26
  • 27. デモ • セッティングモー ド終了 (クリック④) • ここまで、操作は 追加された クリック4回 ページ 27
  • 28. NetCommonsの特徴。その5 環境が簡単 • 環境作成工数が少ない • PJTのバックアップが取りやすい • 環境の切り替えが楽 • デモなどでも使いやすい 28
  • 29. NetCommonsの開発元 国立情報学研究所 • NetComonsは研究者の共同研究基盤を 構築するため、あるいはその基盤を初等 中等教育で再利用するための研究開発 • 研究結果をOSSとして公開 29
  • 30. NetCommonsのライセンス FreeBSD • NetCommons2.xはFreeBSDライセンス • NetCommons1.xはGPL • 「NetCommons」という言葉は国立情報学研究所が属する情報・ システム研究機構の商標です。 • NetCommonsのロゴマークは国立情報学研究所が属する情報・シ ステム研究機構の著作物です。 30
  • 31. NetCommonsのカスタマイズ 書籍・セミナー セミナー 書籍 • NPO法人コモンズネット • コモンズネット会員企業 31
  • 32. 内閣府認証NPO法人 コモンズネット 32
  • 33. コモンズネットとは? NPOです。 • NetCommonsの普及促進を行うNPO • ユーザ同士の使い方情報交換の場 • ベンダーの技術情報交換の場 33
  • 34. WEBサイト http://www.commonsnet.org 会員数 現在、法人会員で40数社、 個人会員で約40名 34
  • 35. コモンズネットの活動 ベンダーのメリット • 技術情報の共有(セミナーなど) • インフラ部会 • NetCommonsソリューションリスト 35
  • 36. パートナー コモンズネット・ パートナー一覧ページ 今後、WEBサイトで各 社の事例の紹介も行う予 定です。 36
  • 37. ありがとうございました 質疑応答 • 何でも聞いてください。(^^) • 本日は一日いますので、いつでもお声掛 けください。 37