国土地理院におけるFOSS4G 利用の取り組み ~利用者が求める電子国土Webを目指して~                      国土地理院 地理空間情報部                     情報普及課 ウェブシステム係長      ...
本日のラインアップ 1. 「電子国土」と「電子国土Webシステ    ム」とその歴史 2. 利用者が求めるサービスの提供を目    指して 3. 国土地理院でのFOSS4Gの利用   FOSS4Gは国土地理院に何をもたらしたか 4. まとめ  ...
スライドは3枚です 1. 「電子国土」と「電子国土Webシステ    ム」とその歴史 2. 利用者が求めるサービスの提供を目    指して 3. 国土地理院でのFOSS4Gの利用   FOSS4Gは国土地理院に何をもたらしたか 4. まとめ  ...
「電子国土」とは?産学官民にて活用              国・地方公共団体が            情報の取得       情報を取得 古地図                        気象情報 電子基準点情報             ...
電子国土Webシステムとは?  「電子国土」を実現するための1ツール情報発信者        地理情報     利用者                 ブラウザ上で               自動的に重ねて表示        背景地図国土地理...
電子国土Webシステムの歴史• 2003年:プラグイン版(Ver.1) – ソフトウェアインストールが必要                 今日の話は以下全てこれ• 2008年:非プラグイン版(Ver.2) – JavaScriptベースで動作...
スライドは30枚です 1. 「電子国土」と「電子国土Webシステ    ム」とその歴史 2. 利用者が求めるサービスの提供を目    指して 3. 国土地理院でのFOSS4Gの利用   FOSS4Gは国土地理院に何をもたらしたか 4. まとめ ...
この講演タイトルの・・・国土地理院におけるFOSS4G利用の取り組み~利用者が求める電子国土Webを目指して~   「利用者」って誰???    メインターゲットは   行政機関    8
行政事務従事者が求めるサービスを                     支援・協力       行政機関       (国・地方公共団体等)                     行政事務の効率化        より良い       行政サ...
そもそも・・・電子国土Webは何のためにある? • 利用者(行政従事者)のニーズに応えるため①ニーズ         ②サービスの提供                   具体的には             サービス(電子国土Web)     ...
これに加えて・・・  • 実際には「行政従事者」のニーズに応えてサービス    を提供することだけでは不十分民間の力を活かすためのサービスの提供      ニーズ                 ニーズ   支援・協力  GIS開発会社    ...
この1年くらいの電子国土Webの取り組みの紹介 ①地図データ     ②システム③地図閲覧サイト    ④その他という項目があるのですが・・・・                    12
民間の力を活かすためのサービスの提供     ニーズ                 ニーズ   支援・協力     (2) GIS開発会社            発注                       行政機関           ...
① 民間の力を活かすための  電子国土Webの取り組み ①地図データ    ②システム③地図閲覧サイト   ④その他                   14
①「地図データ」 その1 コンピュータが使いやすいデータ• 地図タイルを256ピクセルのものに変更                        15
いろいろなアプリケーションでの地図利用             国土地理院サーバ                           電子国土サイトでしか地図が使                           えなかったが・・・     ...
②「システム」を使いやすくこれまでは・・・             Web GISのシステム             を構築したいな。           国土地理院が「電子国土Web」という           のをやっているらしい。少し見て...
② 「システム」を使いやすくこの反省を活かして・・・・システムの仕様を特殊にしないようにするために、システムの基幹部分は、オープンソースを使って構築   OpenLayers   PostgreSQL/PostGIS   Proj4.js...
② 「システム」を使いやすくこれにより・・・             Web GISのシステム             を構築したいな。           国土地理院が「電子国土Web」というの           をやっているらしい。少し見...
(1)民間の力を活かすための電子国 土Webの取り組み まとめ①地図データ   →標準仕様に②システム    →オープンソースで民間によるシステム開発が容易に!!    20
民間の力を活かすためのサービスの提供       ニーズ                  ニーズ   支援・協力     (2) GIS開発会社             発注                        行政機関      ...
② 行政従事者を支援するための  電子国土Webの取り組み ①地図データ    ②システム③地図閲覧サイト   ④その他                   22
①「地図データ」その2 人間が「地図として」使いやすいデータコンピュータ的に使いやすいだけでは「ユーザにとって使いやすい地図データ」とは言えない。 「地図」の見た目そのものが利用者の用 途にあっていることが必要  見た目の表現を変えた地図を追加...
表現を変えた地図を追加         標準の地図                 24
表現を変えた地図を追加    モノトーン地図      新幹線                 白地図     地図を薄く     地図上に表示するものを目立たせる   25
モノトーン地図と白地図の用途          ○○報告書                 2012/11/04 佐藤壮紀1.概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2.ところ下図参照              ...
③「地図閲覧サイト」を使いやすく    これまでにあった苦情    •   地図の描画が遅い    •   地図のスクロールが遅い    •   拡大縮小も遅い    •   そもそも操作方法が分からない                    ...
旧サイト             これとか                    これとか      これとか民間サイトと大きく違っていて使いづらい!!      28
③「地図閲覧サイト」を使いやすく http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse/index.html                そして作ったのがこのページ                         29
③「地図閲覧サイト」を使いやすく      これまでにあった苦情      •   地図の描画が遅い      •   地図のスクロールが遅い      •   拡大縮小も遅い      •   そもそも操作方法が分からない          ...
③「地図閲覧サイト」を使いやすく     これまでにあった苦情     •   地図の描画が遅い     •   地図のスクロールが遅い     •   拡大縮小も遅い     •   そもそも操作方法が分からない               ...
地図閲覧ページ          写真に切替            全画面表示    使い勝手が劇的に向上した!   32
④その他いくつかあるのですが、本日は、「標高が分かるWeb地図」を紹介します                  33
2011年3月11日 東日本大震災発生 国民の防災意識の高まり防災意識の高まりを助けるために        ができることは? 標高データ!!              34
④その他のサービスの提供  標高がわかるWeb地図 地図上で指定した位置の標高が調べられる  大人気サイトになっています        35
標高データの活用                         ニーズを聞きながら、よ                         り良い形で標高データを       標高がわかるWeb地図       配信していきたい         ...
スライドは7枚です 1. 「電子国土」と「電子国土Webシステ    ム」とその歴史 2. 利用者が求めるサービスの提供を目    指して 3. 国土地理院でのFOSS4Gの利用   FOSS4Gは国土地理院に何をもたらしたか 4. まとめ  ...
何より大きかったのは・・・・・・  タイルの仕様を標準にできたこと!!国土地理院地図を利用するアプリが格段に増えた!!            ということもさることながら・・・国土地理院自らとしてもいろいろな取り組みが格段にしやすくなったスピーデ...
電子国土Webで使用している個別FOSS4Gツールの紹介                 39
OpenLayers + Proj4js + jQuery            Webサイト構築に利用                                40
PostgreSQL / PostGIS                検索機能で使用            検索データを作るための            前処理でも使用       41
白地図TileMillを使ってタイルデータを作成                        42
電子国土Webとは直接は関係ないが・・・     Quantum GIS   内部業務で幅広く利用                   43
このように電子国土WebはFOSS4Gに支えられています!!                 44
スライドは2枚です 1. 「電子国土」と「電子国土Webシステ    ム」とその歴史 2. 利用者が求めるサービスの提供を目    指して 3. 国土地理院でのFOSS4Gの利用   FOSS4Gは国土地理院に何をもたらしたか 4. まとめ  ...
FOSS4Gが支えている!!        電子国土Webの提供     ニーズ                ニーズ   支援・協力 GIS開発会社           発注                      行政機関        ...
最後のスライドです            FOSS4Gの発展 国土地理院のGIS業務・サービスが効率化・高度化     行政機関やGIS開発会社に対して      より良いデータ・サービスを提供   より良い行政サービスを国民に提供 国土地理院...
ご清聴ありがとうございました国土地理院では、皆様のニーズに合ったサービスを提供して行きたいと考えています。どんなご意見ご要望もWelcomeですので、ここからご連絡をいただけると幸いです。また、TwitterからでもWelcomeです。   @...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

国土地理院におけるFOSS4G利用の取り組み~利用者が求める電子国土Webを目指して~(国土地理院・佐藤様,東京発表)

1,247 views
1,110 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,247
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
12
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

国土地理院におけるFOSS4G利用の取り組み~利用者が求める電子国土Webを目指して~(国土地理院・佐藤様,東京発表)

  1. 1. 国土地理院におけるFOSS4G 利用の取り組み ~利用者が求める電子国土Webを目指して~ 国土地理院 地理空間情報部 情報普及課 ウェブシステム係長 たけのり 佐藤 壮紀 平成24年11月4日 FOSS4G Tokyo 1Ministry of Information Authority of Japan TourismGeospatial Land, Infrastructure, Transport and
  2. 2. 本日のラインアップ 1. 「電子国土」と「電子国土Webシステ ム」とその歴史 2. 利用者が求めるサービスの提供を目 指して 3. 国土地理院でのFOSS4Gの利用 FOSS4Gは国土地理院に何をもたらしたか 4. まとめ 2
  3. 3. スライドは3枚です 1. 「電子国土」と「電子国土Webシステ ム」とその歴史 2. 利用者が求めるサービスの提供を目 指して 3. 国土地理院でのFOSS4Gの利用 FOSS4Gは国土地理院に何をもたらしたか 4. まとめ 3
  4. 4. 「電子国土」とは?産学官民にて活用 国・地方公共団体が 情報の取得 情報を取得 古地図 気象情報 電子基準点情報 古地図 活用 共有 各種地図 道路・河川等 空中写真 施設管理情報 災害情報簡単に言うと、Web+GISの普及により、みんなが地理空間情報を利用でき、相互の利活用が進む社会のこと 4
  5. 5. 電子国土Webシステムとは? 「電子国土」を実現するための1ツール情報発信者 地理情報 利用者 ブラウザ上で 自動的に重ねて表示 背景地図国土地理院• オープンソース化により、「電子国土Webシステ ム」として他のシステムと区別する必要もなくなっ 5 てきた気がします。
  6. 6. 電子国土Webシステムの歴史• 2003年:プラグイン版(Ver.1) – ソフトウェアインストールが必要 今日の話は以下全てこれ• 2008年:非プラグイン版(Ver.2) – JavaScriptベースで動作するようにした• 2011年:オープンソース版(Ver.3) – オープンソースを使って、Ver2を改良した• 2012年:固定ピクセル版(Ver.4) – 地図の仕様をデファクトスタンダードなものにした 6
  7. 7. スライドは30枚です 1. 「電子国土」と「電子国土Webシステ ム」とその歴史 2. 利用者が求めるサービスの提供を目 指して 3. 国土地理院でのFOSS4Gの利用 FOSS4Gは国土地理院に何をもたらしたか 4. まとめ 7
  8. 8. この講演タイトルの・・・国土地理院におけるFOSS4G利用の取り組み~利用者が求める電子国土Webを目指して~ 「利用者」って誰??? メインターゲットは 行政機関 8
  9. 9. 行政事務従事者が求めるサービスを 支援・協力 行政機関 (国・地方公共団体等) 行政事務の効率化 より良い 行政サービスの提供 9
  10. 10. そもそも・・・電子国土Webは何のためにある? • 利用者(行政従事者)のニーズに応えるため①ニーズ ②サービスの提供 具体的には サービス(電子国土Web) ①地図データ ②システム ③地図閲覧サイト ④その他 利用者 10
  11. 11. これに加えて・・・ • 実際には「行政従事者」のニーズに応えてサービス を提供することだけでは不十分民間の力を活かすためのサービスの提供 ニーズ ニーズ 支援・協力 GIS開発会社 発注 行政機関 (国・地方公共団体等) 開発 より良い行政サービス 11
  12. 12. この1年くらいの電子国土Webの取り組みの紹介 ①地図データ ②システム③地図閲覧サイト ④その他という項目があるのですが・・・・ 12
  13. 13. 民間の力を活かすためのサービスの提供 ニーズ ニーズ 支援・協力 (2) GIS開発会社 発注 行政機関 (国・地方公共団体等) 開発 より良い行政サービス(1)と(2)に対するサービスの提供という (1)「対象別」という観点で分けて説明します 13
  14. 14. ① 民間の力を活かすための 電子国土Webの取り組み ①地図データ ②システム③地図閲覧サイト ④その他 14
  15. 15. ①「地図データ」 その1 コンピュータが使いやすいデータ• 地図タイルを256ピクセルのものに変更 15
  16. 16. いろいろなアプリケーションでの地図利用 国土地理院サーバ 電子国土サイトでしか地図が使 えなかったが・・・ 様々なソフトで使えるように! 地図・空中写真 国土地理院地図データを利用する GISソフト 電子国土サイト ソフトウェアの開発を促進!! 16 GISソフトで利用 電子国土サイトでの利用 スマートフォンで利用
  17. 17. ②「システム」を使いやすくこれまでは・・・ Web GISのシステム を構築したいな。 国土地理院が「電子国土Web」という のをやっているらしい。少し見てみるか なるほど、悪くはない。でも、機能が足り ないので、少し機能を追加しようか。 システムの仕様が特殊すぎて機能追加 のための情報がない。使いづらい(怒) 17
  18. 18. ② 「システム」を使いやすくこの反省を活かして・・・・システムの仕様を特殊にしないようにするために、システムの基幹部分は、オープンソースを使って構築  OpenLayers  PostgreSQL/PostGIS  Proj4.js など 18
  19. 19. ② 「システム」を使いやすくこれにより・・・ Web GISのシステム を構築したいな。 国土地理院が「電子国土Web」というの をやっているらしい。少し見てみるか なるほど、悪くはない。でも、機能が足 りないので、少し機能を追加しようか。 システムの仕様が分かりやすく、類似の情報も たくさんある。これなら機能追加できそうだ(嬉) 19
  20. 20. (1)民間の力を活かすための電子国 土Webの取り組み まとめ①地図データ →標準仕様に②システム →オープンソースで民間によるシステム開発が容易に!! 20
  21. 21. 民間の力を活かすためのサービスの提供 ニーズ ニーズ 支援・協力 (2) GIS開発会社 発注 行政機関 (国・地方公共団体等) 開発 より良い行政サービス (1) 21
  22. 22. ② 行政従事者を支援するための 電子国土Webの取り組み ①地図データ ②システム③地図閲覧サイト ④その他 22
  23. 23. ①「地図データ」その2 人間が「地図として」使いやすいデータコンピュータ的に使いやすいだけでは「ユーザにとって使いやすい地図データ」とは言えない。 「地図」の見た目そのものが利用者の用 途にあっていることが必要 見た目の表現を変えた地図を追加 23
  24. 24. 表現を変えた地図を追加 標準の地図 24
  25. 25. 表現を変えた地図を追加 モノトーン地図 新幹線 白地図 地図を薄く 地図上に表示するものを目立たせる 25
  26. 26. モノトーン地図と白地図の用途 ○○報告書 2012/11/04 佐藤壮紀1.概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2.ところ下図参照 ここ 報告書や資料での 活用を想定3.内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26
  27. 27. ③「地図閲覧サイト」を使いやすく これまでにあった苦情 • 地図の描画が遅い • 地図のスクロールが遅い • 拡大縮小も遅い • そもそも操作方法が分からない など 27
  28. 28. 旧サイト これとか これとか これとか民間サイトと大きく違っていて使いづらい!! 28
  29. 29. ③「地図閲覧サイト」を使いやすく http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse/index.html そして作ったのがこのページ 29
  30. 30. ③「地図閲覧サイト」を使いやすく これまでにあった苦情 • 地図の描画が遅い • 地図のスクロールが遅い • 拡大縮小も遅い • そもそも操作方法が分からない など OpenLayersでサイトを構築することで、劇的に改善 30
  31. 31. ③「地図閲覧サイト」を使いやすく これまでにあった苦情 • 地図の描画が遅い • 地図のスクロールが遅い • 拡大縮小も遅い • そもそも操作方法が分からない など民間サービスを参考にユーザインターフェースを改良 31
  32. 32. 地図閲覧ページ 写真に切替 全画面表示 使い勝手が劇的に向上した! 32
  33. 33. ④その他いくつかあるのですが、本日は、「標高が分かるWeb地図」を紹介します 33
  34. 34. 2011年3月11日 東日本大震災発生 国民の防災意識の高まり防災意識の高まりを助けるために ができることは? 標高データ!! 34
  35. 35. ④その他のサービスの提供 標高がわかるWeb地図 地図上で指定した位置の標高が調べられる 大人気サイトになっています 35
  36. 36. 標高データの活用 ニーズを聞きながら、よ り良い形で標高データを 標高がわかるWeb地図 配信していきたい 標高情報 GIS開発会社 発注標高情報 行政機関 (国・地方公共団体等) 開発 行政サービス (ハザードマップ等)防災意識 UP! 36
  37. 37. スライドは7枚です 1. 「電子国土」と「電子国土Webシステ ム」とその歴史 2. 利用者が求めるサービスの提供を目 指して 3. 国土地理院でのFOSS4Gの利用 FOSS4Gは国土地理院に何をもたらしたか 4. まとめ 37
  38. 38. 何より大きかったのは・・・・・・ タイルの仕様を標準にできたこと!!国土地理院地図を利用するアプリが格段に増えた!! ということもさることながら・・・国土地理院自らとしてもいろいろな取り組みが格段にしやすくなったスピーディーにサービスの提供が可能に!! 38
  39. 39. 電子国土Webで使用している個別FOSS4Gツールの紹介 39
  40. 40. OpenLayers + Proj4js + jQuery Webサイト構築に利用 40
  41. 41. PostgreSQL / PostGIS 検索機能で使用 検索データを作るための 前処理でも使用 41
  42. 42. 白地図TileMillを使ってタイルデータを作成 42
  43. 43. 電子国土Webとは直接は関係ないが・・・ Quantum GIS 内部業務で幅広く利用 43
  44. 44. このように電子国土WebはFOSS4Gに支えられています!! 44
  45. 45. スライドは2枚です 1. 「電子国土」と「電子国土Webシステ ム」とその歴史 2. 利用者が求めるサービスの提供を目 指して 3. 国土地理院でのFOSS4Gの利用 FOSS4Gは国土地理院に何をもたらしたか 4. まとめ 45
  46. 46. FOSS4Gが支えている!! 電子国土Webの提供 ニーズ ニーズ 支援・協力 GIS開発会社 発注 行政機関 (国・地方公共団体等) 開発 より良い行政サービス 46
  47. 47. 最後のスライドです FOSS4Gの発展 国土地理院のGIS業務・サービスが効率化・高度化 行政機関やGIS開発会社に対して より良いデータ・サービスを提供 より良い行政サービスを国民に提供 国土地理院は今後もFOSS4Gの発展を期待し、 協力して行きます 47
  48. 48. ご清聴ありがとうございました国土地理院では、皆様のニーズに合ったサービスを提供して行きたいと考えています。どんなご意見ご要望もWelcomeですので、ここからご連絡をいただけると幸いです。また、TwitterからでもWelcomeです。 @ gsi_cyberjapan 48

×