Your SlideShare is downloading. ×
0
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

[S2-23] 1歩先を行く!クラウド・ライフサイクル管理

549

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
549
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. ORACLE PRODUCT LOGO 1歩先を行く!クラウドライフサイクル管理 戦略製品統括本部 テクノロジー製品推進本部1 担当シニアマネジャー 平井克人 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2. 2 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 3. Russia 17–18 April 2012 India 3–4 May 20123 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 4. San Francisco September 30–October 4, 20124 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 5. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。5 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 6. Program Agenda • クラウドライフサイクルの課題 • 計画フェーズにおける課題とその施策 • 設計・調達フェーズにおける課題とその施策 • 開発フェーズにおける課題と施策 • 運用フェーズにおける課題と施策 • Oracle Enterprise Managerと他社運用管理ツール • 本セッションのまとめ/お知らせ6 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 7. 7 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 8. 一般的なクラウドのライフサイクル管理 計画 調達・設計 開発 利用・運用クラウド アプリケーション 設計 アプリケーション アプリケーション サービス変更 利用者 開発・移行検討 リソース申請 開発/移行・テスト 改修・変更作業 コスト支払(業務部門) サービス リソース 作業 リソース 利用状況 変更依頼 カタログ 利用 申請 作業 申請 リソース 割当 リソース クラウド環境 報告 利用状況 変更依頼 ・支払 ポリシー 申請作業 申請 割当 報告 支払 申請 作業 申請クラウド クラウド基盤構築・ リソース申請の 管理者 システム監視/運用※保守/問合せ対応 ポリシー策定等 確認/調達/割当(情報システ ム部門) ※死活監視、パフォーマンス・キャパシティ・プロビジョニング・変更構成管理等 8 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 9. クラウド環境を構築したユーザからの声9 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 10. Oracle Enterprise Manager 12c Total Cloud Control クラウド フル・スタックの ビジネス視点による ライフサイクル管理 統合監視 アプリケーション管理セルフサービスIT | シンプル・自動化 | ビジネス視点 ユーザーインターフェースの刷新10 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 11. 11 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 12. 計画フェーズにおける課題 計画 調達・設計 開発 利用・運用クラウド アプリケーション 設計 アプリケーション アプリケーション サービス変更 利用者 開発・移行検討 リソース申請 開発/移行・テスト 改修・変更作業 コスト支払(業務部門) サービス リソース 作業 リソース 利用状況 変更依頼 カタログ 利用 申請 データベースクラウド基盤構築において、 割当 クラウド環境 申請 報告 ・支払 ポリシー DBサーバのコスト(サーバ台数・ライセ ンス)が思ったほど削減できなかったクラウド クラウド基盤構築・ リソース申請の 管理者 システム監視/運用※保守/問合せ対応 ポリシー策定等 確認/調達/割当(情報システ ム部門) 12 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 13. 物理統合ではコストが思ったほど削減できていない 統合前 統合後 会計システム/DBサーバ#1 (Oracle9i) 会計 販売管理 人事 システム システム システム 待機 待機 待機 OS OS OS 販売管理システム/DBサーバ#2(Oracle9i) 仮想化による 仮想化ソフトウェア 統合と集約 待機 待機 (IaaS) 人事システム/DBサーバー#3(Oracle10g) 待機 待機 待機DBサーバーのコスト削減したい コスト削減できていない- 他システムは仮想化統合できているがDBだけができない - 仮想化ソフトウェアが高価- 業務システム毎にサーバーが乱立 - 性能問題でサーバー数が思ったほど削減できない- 運用がバラバラ - 運用負担がさらに増加- サーバー利用効率が極端に悪い 13 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 14. データベースクラウドの課題と施策 課題 施策 仮想環境のコスト負担を少なく思ったほどコストが下がらない 高密度・高集約性能の課題 特にI/Oボトルネックを解消 仮想環境から上位のミドルウェアまでの一貫し運用の複雑化 た運用管理 14 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 15. データベースクラウドのアプローチRACによるインスタンス統合 VMによるサーバー統合-RACによるスケールアウト可能 -1台のサーバーをVMで分割し統合-高性能・高信頼で中規模から大規模までの統合 -中小規模システムの集約。本番とテスト環境など異 に対応可能 なる環境を同居 会計 販売管理 人事 会計システム用インスタンス システム システム システム 販売管理システム用インスタンス 特にI/Oボトルネックを解消 人事システム用インスタンス OS OS OS Hypervisor RACデータベースの標準化、システム要件のグルーピング、コストと要件に応じた技術の適用15 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 16. データベース環境の統合コストイメージ 標準化の検討 データベースのバージョン、OSの標準化 OS OS OS 仮想化製品のコスト比較 Oracle VM 3.0 十分な密度・集約率を得られるか - 仮想環境のオーバーヘッドの考慮 - 特にデータベースでは、I/Oがボトルネック になりやすい - パラレル処理、インメモリ処理、フラッシュ キャッシュ、ストレージ・グリッド技術の採用 を検討 統合環境を一貫した管理 - 統合環境全体の監視・管理 - パフォーマンス診断の強化16 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 17. データベース環境の統合コストイメージ Oracleソフトウェア のライセンスおよび 全体的なコスト削減に サポート費用 よって、費用を抑えながら 追加要件の実現 拡張要件の費用 サーバーおよび 災害対策 ストレージの費用 セキュリティ対策 Oracleソフトウェア OSのライセンス のライセンスおよび 高性能・高密度化の およびサポート費用 サポート費用 実現によって高額な仮想化 仮想化ソフトウェア サーバーおよび 全体的なシステム構ソフトの関連費用 のライセンスおよび ストレージの費用 成コストを削減 サポート費用 Oracle Linuxのサポート費用 ライセンスフリーかつ低コス Oracle VMのサポート費用 トのサポート 他社仮想化ソフトウェア Oracle VM 17 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 18. I/Oボトルネック解消に役立つデータベース技術 2012年 1~3月 2011年 4~6月 2011年 7~9月 SGA 売上表 2011年 10~12月 Oracle Partitioningで大規模な表を分割することでI/O分散を実現 Buffer Cache Flash Cache データ圧縮。Advanced CompressionではOLTPも参照中心アプリも対応 論理設計 表領域、表、索引 ディスク 物理設計 ASMによるストレージ仮想化 グループDatabase Smart Flash Cacheでキャッシュ ディスク・ドライブ容量を増やすことでボトルネックを解消 ASMによる自動的なI/O負荷分散 18 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 19. クラウド管理(Oracle VM連携) • クラウド基盤としてのVM管理 – Hypervisorの管理、仮想マシンの管理、各種ソフトウェアコンポーネントの管理 • セルフデプロイ・セルフプロビジョニング リクエストに応じて自動 でマシンがデプロイ利用者自身による EMによるマシンの マシンリクエスト 稼働監視 19 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 20. Oracle Enterprise Manager 12c による仮想マシン管理• 仮想マシンに関する基本的な操作を提供 – 仮想マシンの作成/停止/削除/休止/開始/ライブマイグレーションなど20 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 21. Consolidation Planner クラウド環境への移行計画の立案支援• 統合対象のサーバーの負荷状況から、統合後の負荷状況を見積もる• 広範な統合の選択肢 – Physical to Physical (P2P) – Physical to Virtual (P2V) – Database Consolidation on Exadata + = ו Consolidation Plannerが使用する情報 – 過去に計測した各リソースの使用率(ソース、ターゲットサーバー共に) + = ○ – 統合先の推定性能(CPUの SPECint 情報など) – メトリック:CPU, メモリ, ストレージ, I/O, ネットワーク – 制約 (物理的な制限やビジネス的要件など)• シナリオとプロジェクト – シナリオ:統合元サーバーや統合先サーバー、制約を定義する – プロジェクト:複数のシナリオから構成される。情報の収集期間やスケジュールを定義する 21 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 22. Consolidation Planner のレポート それぞれのリソース毎に統合 後のリソース使用量を表示 リソースの使用率をパーセン テージで色分けして表示22 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 23. 参考1:データベースのセキュリティ 原因追究 DB操作履歴 と対策 の取得 不正アクセス DBA権限の制限 検知/防御 /職務分掌 Allow Sensitive Procurement Log Confidential HR Alert Substitute Public Rebates 特権ユーザによる クライアント Block 不正行為 外部からの攻撃 データ盗難/紛失 DB内データ バックアップ・データ テストデータの の暗号化 の暗号化 マスキング23 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 24. 参考2:セルフサービスを利用する上でのセキュリティ機能 権限/ロール設定 • 150以上の権限によりきめ細かな設定が可能 • 様々な事前定義済みのロールを提供 (Out-of-Boxロール) • 主に4つに分類 • Viewer: テンプレート、ターゲット、ソフトウェア・ ライブラリなどを参照 きめ細かな権限設定 • Operator: パッチなどの処理を行う • Designer: プロビジョニングなどの計画 • Admin: パッチ、セルフ・サービスなどの管理 • EMユーザーにロールを付与することにより、安全に手間なく必要 • ジョブ • ホスト な権限のみの付与が可能 • タスク • データベース • 企業全体の権限およびロール管理を一元化して簡素化 • レポート • アプリケーション・サーバ • EMロールと企業ロールの統合 • メトリックス • アプリケーション (Oracle APM (Authorization Policy Management) • アラート などの外部ロール/権限管理ツールを利用) …24 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 25. 25 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 26. 調達・設計、運用フェーズにおける課題 計画 調達・設計 開発 利用・運用クラウド アプリケーション 設計 アプリケーション アプリケーション サービス変更 利用者 クラウド基盤全体でどれくらいのリソ 開発・移行検討 リソース申請 開発・テスト 改修・変更作業 コスト支払 ースを準備すべきか?(業務部門) 各アプリケーションへ最適なリソース サービス リソース の割当や課金(社内でのコスト配賦) 作業 リソース 利用状況 カタログ 利用 申請 はどうするか? 申請 報告 変更依頼 ポリシー 割当 クラウド環境 ・支払クラウド クラウド基盤構築・ リソース申請の 管理者 システム監視/運用※保守/問合せ対応 ポリシー策定等 確認/調達/割当(情報システ ム部門) ※死活監視、パフォーマンス・キャパシティ・プロビジョニング・変更構成管理等 26 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 27. 最適なリソースの調達と割当• アプリケーションからディスクまでの費用計測を実現 – 物理マシン、仮想マシン、データベース、Oracle Weblogicが対象 – CPU、メモリ、ストレージに対してのユニバーサル・チャージ・プラン – 管理者が独自に設定可能な拡張チャージ・プラン• メトリックに基づくチャージ – 使用量に応じて算出する項目(リソースやアクティビティ) – 構成に応じて算出する項目(エディションやオプション、OSのバージョン) – 固定で算出する項目• レポート 1. クラウド環境の構築/管理 クラウド環境 2. クラウド環境の利用 3. クラウド環境の使用量に応じてコストを請求 IT部門 4. 請求されたコストをIT部門にチャージする ユーザー部門 27 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 28. 28 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 29. 開発フェーズのおける課題 計画 調達・設計 開発 利用・運用クラウド アプリケーション 設計 アプリケーション アプリケーション サービス変更 利用者 開発・移行検討 リソース申請 開発/移行・テスト 改修・変更作業 コスト支払(業務部門) サービス リソース 作業 リソース 利用状況 変更依頼 カタログ 利用 申請 申請 割当 クラウド環境 報告 ・支払 ポリシー アプリケーション開発/移行時に際し、 安全かつ効率的なテストができるか?クラウド クラウド基盤構築・ リソース申請の 管理者 システム監視/運用※保守/問合せ対応 ポリシー策定等 確認/調達/割当(情報システ ム部門) ※死活監視、パフォーマンス・キャパシティ・プロビジョニング・変更構成管理等 29 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 30. クラウド基盤への移行イメージ 業務A 業務B DB DB フェーズ 1 OS OS 業務C 業務D 業務E 業務B 業務A DB DB DB フェーズ 2 OS OS OS DB 業務F 業務G DB DB OS OS OS フェーズ 3 OS OS データベース・クラウド基盤サイロ化された現行システム群30 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 31. アプリケーション移行時における課題31 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 32. スムーズな移行を行うためには 移行前に入念なテストを行う by 人手 by ツール by パイロット• リアルなワークロードではない • 本番でも同じようにうまくいくと • リスクをともなう は限らない • 問題発生時にすぐにきり戻し できない• 工数がかかる 業務C 業務D 業務E • 時間がたりない • 現行ワークロードの調査・再現 • テストフェーズの期間は計画 • 移行する業務ごとに工数が よりも短くなりがち 発生する 安全に、かつ少ない工数でリアルなテストを行える仕組み作りが求められる DB 32 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 33. Real Application Testingによる効率的なテスト 現行システム群 再生&レポート! 業務C 業務B 業務A 業務C DB DB OS OS OS OS OS OS 安全かつリアルなデータベースのテストを実現 キャプチャ! データベース・クラウド基盤 Oracle Enterprise Managerの豊富な管理機能と連携33 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 34. 参考:クラウド環境への開発・移行を支援するテストツール群 アプリケーション, ミドルウェア,データベースのテストツール ATS(Application Testing Suite) アプリケーションテスト Oracle Functional Oracle Load Oracle Test Testing Testing Manager RAT(Real Application Testing) SQL Performance Application インフラストラクチャテスト Analyzer Database Replay Replay Application Replay Data Discovery テストデータ管理 Data Masking and Modeling Data Subsetting Test Data Mgmtシステム全体の ワークロード 本番環境のワークロード テストデータ管理 34 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 35. 35 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 36. 運用フェーズにおける課題 計画 調達・設計 開発 利用・運用クラウド アプリケーション 設計 アプリケーション アプリケーション サービス変更 利用者 開発・移行検討 リソース申請 開発・テスト 改修・変更作業 コスト支払(業務部門) サービス クラウド管理者の業務負荷の増加 リソース 作業 利用状況 リソース カタログ ・問合せ・作業依頼件数の増加 変更依頼 利用 申請 申請 報告 割当 ・パフォーマンス劣化の改善 ポリシー クラウド環境 ・支払クラウド クラウド基盤構築・ リソース申請の 管理者 システム監視/運用※保守/問合せ対応 ポリシー策定等 確認/調達/割当(情報システ ム部門) ※死活監視、パフォーマンス・キャパシティ・プロビジョニング・変更構成管理等 36 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 37. 運用フェーズにおける課題とその施策 課題 施策クラウド利用者からの問い合わせ・作業依頼件数が増え、クラウド管理者の業務量が増加 クラウド利用者自身が好きな時に作業ができ(例) る仕組みの導入 ・リソースの追加申請の対応 ・システム変更による再起動処理 等性能劣化に起因するトラブル解決の長期化複数のアプリケーションでDBサーバを共有しているため、性 アプリケーション処理からデータベースまでの能劣化の問題が多発。(例) 性能を管理できる機能の導入 ・ジョブ終了時間の遅延 等 37 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 38. セルフサービス・ポータル クラウド利用者自身による環境の管理• 専用のUI(セルフサービス・ポータル)を実装 – 特別なセットアップは不要 – 最小限のステップで、必要となるリソースのデプロイを実現• サービスカタログを利用したデプロイ – VMテンプレートやアセンブリ – データベース• 基本的なオペレーションの実行 – 起動/停止 – 追加リソースのリクエスト – チャージバック情報の確認 – クオーター監視 38 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 39. 事例 オラクル・コーポレーション製品開発部門 セルフサービスによるシステムリソースの管理 リソース Submit 構成変更 セルフサービス 利用申請 Enterprise アプリケーション Manager システムの 利用状況の Grid Control Notifications 起動・停止 確認開発者 効果 メタ・データの保管場所 • 開発生産性の向上と運用担当者の負荷軽減 • サーバ・アプリケーション構築作業コストを80%削減 • 物理サーバを75%削減 ハードウェアリソース群 成果物の保管場所 39 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 40. データベースの性能の自動診断・アドバイス Diagnostics Pack/Tuning Pack 要因の分析 解決方法の発見 問題の発見• データベース特有の指標から • データベース/SQLのチューニング 性能問題を発見 アドバイスを取得、実装 • 現在のセッションを分析し、遅延の原因に なっているセッションやSQLを即座に特定 問題の解決 • データベース総合診断結果を参照し、 ボトルネック発生個所や影響範囲を把握 • 定期レポートで経過観察 40 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 41. 性能問題の改善方法の比較(エンジニア VS EM) ボトルネックの発見から分析、解決までをシームレスに実現Oracle Enterprise Managerが 無い場合の性能管理CPU使用率などOS層のリソース監視を中 アプリケーションやインフラのパフォー心にして問題を検知 問題発見 マンス情報を24時間365日追跡し、性能 問題を迅速に発見エンジニアによる手作業 パフォーマンス情報をもとに、アプリケ ・性能問題の解決にとても時間と工数が 問題分析 ーションやデータベースインスタンスの かかっている! どこに問題があるかを分析 ・スキルが「個人」に依存する ・外注するためコストがかかる ・業務に影響がでてクレームが来ている パフォーマンスに影響を与えている要 問題解決 因に対して具体的な解決方法をアドバ ・手作業によるミスが発生 イス41 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 42. リアルタイムSQLモニタリング 実行に時間のかかっているSQLを自動で監視 DBパフォーマンスに影響なく自由にモニタリン グすることが可能 各SQL実行状況の監視が可能 情報監視の表示  グローバル実行レベル  計画操作レベル  並列実行レベル チューニング効果をガイド アクティブレポートとして利用可能 PL/SQL 監視機能の拡張 42 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 43. 43 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 44. Oracle Enterprise Managerの革新 DB管理ツールから統合システム管理製品へ 2011~ 2010~ Enterprise Manager Enterprise Manager 12c R1 (12.1.0.1) 2006~ 11g R1 (11.1.0.1) フレームワーク刷新 Enterprise Manager 10g オラクルサポートとの統合 クラウド管理 2004~ R2~R5 (10.2.0.x) etc. Exadata管理の強化 Enterprise パフォーマンス管理の強化 etc. Manager 10g R1 品質管理の強化 2001~ etc. (10.1.0) Oracle9i Web UI化 1999~ 統合管理の導入 Oracle8i 1992~ Oracle71977~Oracle2 DB管理ツール 統合システム管理製品 44 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 45. EMと他社運用管理ツールとの比較 オラクル製品の深い監視・管理 他社製品との差別化ポイント 出所:弊社調査より45 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 46. 他社運用管理ツールとの連携イメージ コマンド連携/コネクタ連携46 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 47. EMと他社運用管理ツールとの連携状況(2012/4月現在) コマンド連携/コネクタ連携 項目 コマンド連携 コネクタ(Event/Ticket Connector) 連携方法 Webサービス OSコマンド (テクノロジー) (Java)イベントメッセージの EMの EMの 発生元 Cloud Control Cloud Controlアラート更新時の 不可 可能 同期 EM上の実画面(アラート文書)を表示 EMの画面 ログイン画面を表示 (Ticket Connectorの場合) Systemwalker(富士通) 対応製品 WebSAM(NEC), Tivoli(IBM) 等 JP1(日立製作所)47 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 48. 48 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 49. 本セッションのまとめ 計画 調達・設計 開発 利用・運用クラウド アプリケーション 設計 アプリケーション アプリケーション サービス変更 利用者 開発・移行検討 Oracle リソース申請 Enterprise Manager 開発/移行・テスト 改修・変更作業 コスト支払(業務部門) サービス リソース 作業 リソース 利用状況 変更依頼 カタログ 利用 申請 申請 割当 クラウド環境 報告 ・支払 ポリシークラウド クラウド基盤構築・ リソース申請の 管理者 システム監視/運用※保守/問合せ対応(情報システ ポリシー策定等 Oracle Enterprise Manager 確認/調達/割当 ム部門) Enterprise Managerのクラウド管理機能により業務の自動化・簡素化を実現 49 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 50. 関連展示のご案内 小間番号:O-28 Oracle Databaseのパフォーマンス 管理とライフサイクル管理 小間番号:O-29 自動化によるテストの効率化と 品質の向上 小間番号:O-30 クラウドライフサイクル管理50 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 51. Oracle Enterprise Manager 12c によるシステム運用ガイド51 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 52. ご質問・ご相談はOpenWorld終了後もお受けしております あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct 0120-155-096 (平日9:00-12:00 / 13:00-18:00) http://www.oracle.com/jp/direct/index.html Oracle Direct 検索 各種無償支援サービスもございます。52 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 53. ご清聴ありがとうございました53 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 54. 54 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 55. 55 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

×