顧客事例に学ぶ、事業継続のための情報資産保護と            情報システム基盤の実現            日本オラクル株式会社 製品事業統括 製品戦略統括本部 テクノロジー製品推進本部            担当シニアマネジャー 谷川...
2   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights    reserved.
以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するもので...
本日のアジェンダ4   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights    reserved.
情報資産の保護と事業継続の同時実現5   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights    reserved.
事業継続を妨げる様々な脅威6   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights    reserved.
投資対効果の適性化          に向けた指標                       許容停止時間                       許容復旧時間                              サービス品質   ...
企業の目的を支える要素技術の再考ストレージミラーリング                                                                         管理者=特権ユーザ           ...
事業継続に必要な情報基盤のあり方9   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights    reserved.
例:定期システム切替えによる効果的なDR構成                      Switch Over                                                                   ...
Oracleのテクノロジーとソリューション11   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
12   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
情報資産保護に必要な3原則13   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
Oracle Maximum Availability Architecture14   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
Five Steps to Maximize Availability                                                                                       ...
16   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
データベース機能における技術革新       ディザスタ・リカバリに対するストレージ技術の変遷 一般的に同機種でなければ構築できない  ため、本番サイトと同等の環境となり、                                   ...
Oracle Active Data Guard     データ保護と可用性の提供と同時に、適切なROIを実現                           プライマリ・サイト                               ...
「Zero Data Loss」を実現する同期モード               SYNC Process ArchitectureUser Transactions                                       ...
「Near-Zero Data Loss」を実現する非同期モード               ASYNC Process ArchitectureUser Transactions                                ...
ネットワーク負荷を考慮した構成のポイント      Primary Database                                                                        Standby ...
ストレージミラーの場合のネットワーク負荷イメージ      Primary Volumes                                                            Target Volumes   ...
Oracle Active Data Guardの賢い機能      データ保護に有効な「破損データブロックの自動修復機能」               プライマリ・サイト                                    ...
24   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
Oracle GoldenGate 製品概要25   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
Oracle GoldenGate 製品概要       バージョンの異なるOS/データベース間でのレプリケーションを実現       ■ 製品の主な特徴 ■                                           ...
Oracle GoldenGate 製品概要     シンプルな仕組みで多様な構成に対応27   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
Oracle GoldenGate 製品概要        アーキテクチャ・イメージ                                                                      Server A  ...
情報資産保護による事業継続の実現     レベルに応じた情報システム基盤の強化29   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
(御参考)ADGとGGの比較比較項目                                                                Oracle Active Data Guard         Oracle ...
ソリューション・ケーススタディ     統合/集約からの効果的なバックアップサイト構築31   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
Data Integrationによる効率的なConsolidation【GoldenGate】                                                      【Data Integrator】   ...
御客様事例/ケーススタディ33   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
株式会社東京証券取引所 様         事業継続を支えるセカンダリサイト構築事例会社概要                                                                  製品/サービスがもた...
楽天証券株式会社 様 Oracle Exadata と Maximum Availability Architecture により実現 高いパフォーマンス、耐障害、高可用性を実現                導入前 基幹DBの安定性に不...
【事例】リサーチ・イン・モーション 様 OracleのData Integrationの導入によって、拠点間でのレプリケーションを実現 事業継続性の確保とシステム・パフォーマンスの改善を実現 24*7*365のグローバル製造をサポート可能...
京都府様          500km超のデータセンター間レプリケーション事例                                                                       製品/サービスがもたらし...
“運用管理コストの削減と、事業継続のための情報システム  基盤を実現するためには、全国47場所と共同運用センター  のデータベースは完全な同期が必要だ”     島谷 二郎     理事(システム統括担当),公益社団法人国民健康保険中央会38 ...
高可用性/BCP/DR        公益社団法人国民健康保険中央会 様        次期介護保険・障害者自立支援システム(2014年5月稼働予定)顧客概要                                           ...
40   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
Open World Tokyo 2012 オススメのセッション                                                                     S1-4316:30  │        ...
42   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
ご質問・ご相談はOpenWorld終了後もお受けしております                                                         あなたにいちばん近いオラクル                     ...
44   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
45   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights     reserved.
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

[S1-43] 顧客事例に学ぶ、事業継続のための情報資産保護と情報システム基盤の実現

852

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
852
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

[S1-43] 顧客事例に学ぶ、事業継続のための情報資産保護と情報システム基盤の実現

  1. 1. 顧客事例に学ぶ、事業継続のための情報資産保護と 情報システム基盤の実現 日本オラクル株式会社 製品事業統括 製品戦略統括本部 テクノロジー製品推進本部 担当シニアマネジャー 谷川 信朗1 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  2. 2. 2 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  3. 3. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。3 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  4. 4. 本日のアジェンダ4 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  5. 5. 情報資産の保護と事業継続の同時実現5 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  6. 6. 事業継続を妨げる様々な脅威6 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  7. 7. 投資対効果の適性化 に向けた指標 許容停止時間 許容復旧時間 サービス品質 情報区分7 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  8. 8. 企業の目的を支える要素技術の再考ストレージミラーリング 管理者=特権ユーザ 暗号化=コスト高 ウィルス対策 災対環境=遊休資産 手動システム切替 HA構成RAS = ハイエンド・サーバ バックアップ/リカバリ 8 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  9. 9. 事業継続に必要な情報基盤のあり方9 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  10. 10. 例:定期システム切替えによる効果的なDR構成 Switch Over 相互運用の奨め Active Data Guard の Switch Over / Back 機能を 実行して、相互運用に慣れる 事で、実際の障害時に備える Switch Back ビルメンテナンスに伴う計画 ログ転送の方向を 停電に対し実際に行われて 入れ替える運用 いる運用方法マスター・サイト レプリカDB・サイト 10 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  11. 11. Oracleのテクノロジーとソリューション11 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  12. 12. 12 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  13. 13. 情報資産保護に必要な3原則13 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  14. 14. Oracle Maximum Availability Architecture14 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  15. 15. Five Steps to Maximize Availability Golden Gate Active Data Guard • Flexible planned maintenance and • Database failure heterogeneous • System failure migrations Flashback • Site failure • Zero or near-zero • Continuous • Zero data loss downtime Oracle RAC point-in-time upgrades and recovery • Automatic • Instance failure database failover migrationsASM, • Server failure • Granular repair • Schema migration in • Best corruptionRMAN, of logical consolidated environments • Rolling corruptions protectionOSB maintenance • Bi-directional and • Database rolling• Storage failure • Transaction multi-master replication • Performance upgrade• Data recovery scale-out • Table • Distribute read-write • Offload read-only• Backups • Consolidation • Database and backups workload 15 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  16. 16. 16 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  17. 17. データベース機能における技術革新 ディザスタ・リカバリに対するストレージ技術の変遷 一般的に同機種でなければ構築できない ため、本番サイトと同等の環境となり、 待機系の業務利用 通信量の削減 完全な2重投資 スタンバイ側は業務活用できないため、 正副切り替え 運用簡易化 何も起きず使われないままハードウェア として寿命を全うするケースがほとんど データベース・トランザクション認識 複数のバックアップサイトを構築しがたい (有事の際に復旧まではSPoFとなる) ※2次災害=電力不足含む 一般的にソフトウェア実装と比較して 正副切り替えのコストが高い (ダウンタイム の長期化) 17 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  18. 18. Oracle Active Data Guard データ保護と可用性の提供と同時に、適切なROIを実現 プライマリ・サイト スタンバイ・サイト ネットワーク 同期/非同期 Data Guard DRサイトの 利活用18 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  19. 19. 「Zero Data Loss」を実現する同期モード SYNC Process ArchitectureUser Transactions QueriesQueries, Updates, DDL Reports Testing Commit Backups Primary Online Redo Logs SGA LGWR Standby Redo Redo Logs Buffer NSS RFS MRP Oracle NetPrimary Database Active Standby 19 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  20. 20. 「Near-Zero Data Loss」を実現する非同期モード ASYNC Process ArchitectureUser Transactions QueriesQueries, Updates, DDL Reports Testing Commit Backups Primary Online Redo Logs SGA LGWR Standby Redo Redo Logs Buffer NSS RFS MRP Oracle NetPrimary Database Active Standby 20 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  21. 21. ネットワーク負荷を考慮した構成のポイント Primary Database Standby Database Active Data Guard Log Buffer No data or storage Oracle Apply Online Logs & Validation type restrictions fil Archive Logs Strong isolation Flashback Logs End-to-end validation Control Files Detect silent corruption Data Files Automatic block repair SYSTEM USER Real-time reporting TEMP UNDO Storage agnostic21 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  22. 22. ストレージミラーの場合のネットワーク負荷イメージ Primary Volumes Target Volumes Network I/O Log Buffer 7X more Online Logs network volume fil Archive Logs 27X more Flashback Logs network I/Os Control Files No Oracle validation Data Files Poor isolation SYSTEM USER Idle standby TEMP UNDO systems22 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  23. 23. Oracle Active Data Guardの賢い機能 データ保護に有効な「破損データブロックの自動修復機能」 プライマリ・サイト スタンバイ・サイト (2) データブロックの破損を検知!!!! (3) DRサイトにリカバリをリクエスト(1) データアクセス NW(5) 何事も無くデータ取得 (4) 正常なデータブロックを転送 23 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  24. 24. 24 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  25. 25. Oracle GoldenGate 製品概要25 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  26. 26. Oracle GoldenGate 製品概要 バージョンの異なるOS/データベース間でのレプリケーションを実現 ■ 製品の主な特徴 ■ システムA システムBPerformance 双方向同期 高速かつ軽量な動作で高い パフォーマンスを実現 片方向データ複製Flexible シンプルな複製はもちろん、複 Oracle Database Oracle Database 雑な構成での連携をサポート ログの高速転送 GoldenGate GoldenGateReliable 障害からの復旧や処理の中断 に対しても信頼性を提供 26 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  27. 27. Oracle GoldenGate 製品概要 シンプルな仕組みで多様な構成に対応27 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  28. 28. Oracle GoldenGate 製品概要 アーキテクチャ・イメージ Server A Server BDatabase GoldenGate GoldenGate Database System Manager Manager System Data Pump Data Pump Collector Replicat Replicat ExtractDatabase Database Trail File Trail File Checkpoint Log Log Checkpoint Checkpoint Operating System Operating System 28 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  29. 29. 情報資産保護による事業継続の実現 レベルに応じた情報システム基盤の強化29 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  30. 30. (御参考)ADGとGGの比較比較項目 Oracle Active Data Guard Oracle GoldenGateオンライン処 転送方式 DBトランザクション単位 DBトランザクション単位理時の挙 転送モード 同期 / 非同期 非同期動 転送単位 DB全体 表単位 転送対象 REDOログ Trailファイル情報 転送される処理 DML / DDL DML / DDL災害時の 切り替え時間 短時間で起動可能 短時間で起動可能挙動 切り替え処理内容 用意されたSQLで切り替え可能 SQL+GoldenGateコマンドで切り替え構築/保守 スタンバイ側の利用 検索用など利用可能 検索以外にも様々な用途に利用可能運用コスト H/Wの制限 完全に同一OS / DBバージョンである必要 異OS / 異バージョンDBでも利用可能 あり ライセンスコスト Active Data Guardオプション(11g)ライセ GoldenGateライセンスが必要 ンスが必要 30 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  31. 31. ソリューション・ケーススタディ 統合/集約からの効果的なバックアップサイト構築31 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  32. 32. Data Integrationによる効率的なConsolidation【GoldenGate】 【Data Integrator】 【Active Data Guard(or GoldenGate)】高速な差分同期/複製機構を活用して、 DB機能を最大限生かした 計画外/計画停止に対応した手動/自動切り替システムのダウンタイムを極小化した ”E-LTアーキテクチャ”により、ビジ え機能を活用して、設備投資コストを回収する段階的統合が可能 ネスに必要なデータへ高速変換。 運用が可能 ※GoldenGateのライセンスには、Active Data Guardとして使うことが可能な権利が含まれます。 1 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  33. 33. 御客様事例/ケーススタディ33 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  34. 34. 株式会社東京証券取引所 様 事業継続を支えるセカンダリサイト構築事例会社概要 製品/サービスがもたらした導入効果株式会社東京証券取引所 低コスト、短期間でのセカンダリサイト追加構築により「ITマスター[ http://www.tse.or.jp/ ] プラン」の事業目標を達成、事業継続のための情報基盤を実現。資本金:115億円  Oracle Data Guardによるセカンダリサイトの実現により、ストレ従業員数:407名 (平成23年3月末現在) ージコストの削減とNWへの負荷抑制を実現  Oracleコンサルタントによる技術支援により、短期間でのセカン業務要件/ITの課題 ダリサイト構築を実現 国際競争力の強化という観点から、事業継続のための情 報システム実現が急務 2008年公開のITマスタープランに基づき、「セカンダリサ イト立ち上げ」の方針 市場インフラの信頼性及び事業継続性を確保からセカン ダリサイトによるIT基盤強化を実施 他業務への影響に配慮し、NW帯域の圧迫はあってはな らない。 短期間での構築に必要な、技術的ノウハウの補完が必要 34 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  35. 35. 楽天証券株式会社 様 Oracle Exadata と Maximum Availability Architecture により実現 高いパフォーマンス、耐障害、高可用性を実現 導入前 基幹DBの安定性に不安を抱えている HA (Active/Standby)構成でリソースを有効活用できない スケーラビリティが難しい、消費電力が高い 導入後 6台のHigh End UNIXサーバ、3台の StorageがOracle Exadata Full Rack 1台に集約 Oracle Data Guardによる3重の構成(Primary, Logical /Physical Backup )により高い可用性とビジネス継続性を実現 電力コストを大幅に削減 35 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  36. 36. 【事例】リサーチ・イン・モーション 様 OracleのData Integrationの導入によって、拠点間でのレプリケーションを実現 事業継続性の確保とシステム・パフォーマンスの改善を実現 24*7*365のグローバル製造をサポート可能とし事業の成長に大きく貢献 実現のポイント36 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  37. 37. 京都府様 500km超のデータセンター間レプリケーション事例 製品/サービスがもたらした導入効果  大規模災害なども想定した500kmを超える長距離(京都-北海道)でのレプリ ケーションにより、緊急事態発生直後でも速やかな業務復旧・行政機能の継続 が可能顧客概要  GoldenGateにより、異種システム環境(異なるOS、異なるバージョン)でのレ京都府 プリケーションを実現[ http://www.pref.kyoto.jp/ ]  GoldenGateのリアルタイムな同期により、平常時におけるアクセス負荷分散も一般会計歳入:887,841百万円(H23年度) 可能職員数:29,105名  RAC/VMの併用によって緊急時のシステム拡張が可能業務要件/ITの課題 利用者 ※切替 地方公共団体のみが保有する住民、企業に関する情 報消失させることは、影響の大きさから回避必須 単一点障害にならないよう、遠隔地バックアップサイトと 10gR2 11gR2 の連携が必要 複数のプラットフォームが混在するデータセンター間で もコスト効果を意識した単一のレプリケーション方式で の実現が必要 37 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  38. 38. “運用管理コストの削減と、事業継続のための情報システム 基盤を実現するためには、全国47場所と共同運用センター のデータベースは完全な同期が必要だ” 島谷 二郎 理事(システム統括担当),公益社団法人国民健康保険中央会38 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  39. 39. 高可用性/BCP/DR 公益社団法人国民健康保険中央会 様 次期介護保険・障害者自立支援システム(2014年5月稼働予定)顧客概要 Oracle GoldenGateの採用ポイント公益社団法人国民健康保険中央会  (共同運用センターへの集約による運用管理コスト削減)[ http://www.kokuho.or.jp ]  業務継続のためのデータをリアルタイムに同期することで会員:47都道府県国民健康保険団体連合会 事業継続のための基盤を実現可能職員数:約80名  Active-Active構成での同期により、各場所側でのデータ 利活用が可能業務課題 / ITへの要件  圧縮に対応した軽量な伝送方式により、センター側への 全国47都道府県で運用しているシステムについて、 負荷集中を抑制可能 全体としての運用管理コストを抑制することが必要 事業継続のために、有事の際にも各場所では基幹 47都道府県国民健康保険団体連合会 業務を遂行するための情報基盤が必要 全国47場所に設置されるリソースを有効活用するた めの仕組みが必要 ネットワークに対する負荷の集中を抑制し、システム が提供するサービスレベルを維持するための仕組み が必要 共同運用センター 39 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  40. 40. 40 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  41. 41. Open World Tokyo 2012 オススメのセッション S1-4316:30 │ 「事業継続」「BCP」「データ/情報資産保護」にオススメ17:15 S2-0311:50 │ 「リアルタイムDWH」「基盤統合/DBコンソリデーション」「データレプリケーション」「BCP/DR」にオススメ12:35 S2-1213:00 │ 「MAA/最大高可用性」「事業継続」「データ破損対策」にオススメ13:45 S2-4416:30 │ 「データインテグレーション」「リアルタイムDWH」「基盤統合/DBコンソリデーション」にオススメ17:15 41 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  42. 42. 42 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  43. 43. ご質問・ご相談はOpenWorld終了後もお受けしております あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct 0120-155-096 (平日9:00-12:00 / 13:00-18:00) http://www.oracle.com/jp/direct/index.html Oracle Direct 検索 各種無償支援サービスもございます。43 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  44. 44. 44 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  45. 45. 45 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

×