• Save
[S1-39] アプリケーション統合: 統合プロジェクトの成功の秘訣と最新ベストプラクティス
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

[S1-39] アプリケーション統合: 統合プロジェクトの成功の秘訣と最新ベストプラクティス

on

  • 684 views

 

Statistics

Views

Total Views
684
Views on SlideShare
684
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

[S1-39] アプリケーション統合: 統合プロジェクトの成功の秘訣と最新ベストプラクティス Presentation Transcript

  • 1. Application Integration: 21st Century Best Practices for Ensuring Successful Integration Projects アプリケーション統合: 統合プロジェクトを成功に導く21世紀のベスト・プラクティス オラクル・コーポレーション Product Management Senior Director1 ティム・ホール Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2. 2 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 3. ロシア 2012年4月17~18日 インド 2012年5月3~4日3 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 4. サンフランシスコ 2012年9月30日~10月4日4 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 5. アジェンダ • 21世紀のアプリケーション統合 • ベスト・プラクティス5 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 6. 経営者層の懸念事項 2011年グローバルCIO調査 – Information Week誌 ビジネス・プロセスの効率化 48% IT主導の新しい製品とサービスの投入 34% ITコストとビジネス・コストの削減 33% 新しいビジネス・モデルの構築または収益ストリームの生成 27% より多くの従業員により早くビジネス・インテリジェンスを提供 24% 顧客サービスの改善 24% 出典: Information Week Analytics 2011 Global CIO Survey of 209 IT executives、2011年2月6 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 7. 統合プロジェクトに影響を与える要因 現状を招いた原因は? IT予算 組織 統合されたソリューションアプリケーション テクノロジー 7 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 8. この状況を招いた原因は? IT支出の現実 IT支出 そして … ITに求めら より支出を抑え X%が統合費用 れているのは より多くの事を システム保守 新機能追加8 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 9. この状況を招いた原因は? 企業が直面している現実• 人材 • プロセス – チームが広域に分散 – 目標/目的/選択肢/代案のコミュニケーション • 地理的 方法に一貫性がない – M&A(合併と買収) – レビューと承認の実施方法に一貫性がない • 組織的 – チーム間のプロセス連携がされておらず、 – アウトソーシング 共通の成果物やマイルストーンが欠如 – 部門を超えた「共有」が課題 – エラーが発生しやすい手動プロセスが依然 として数多く存在 9 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 10. この状況を招いた原因は? 企業が直面している現実• 人材 • プロセス • コミュニケーションとコラボレーションへ – チームが広域に分散 の取り組みを「新しい組織」をサポート – 目標/目的/選択肢/代案のコミュニケーション できるものに改正しなければならない 方法に一貫性がない • 地理的 • チーム間で使用するツール、技術、手法 – レビューと承認の実施方法に一貫性がない – M&A(合併と買収) が異なるのに、どうすれば組織全体を • 組織的 – チーム間のプロセス連携がされておらず、 サポートできるのか? – アウトソーシング 共通の成果物やマイルストーンが欠如 – 部門を超えた「共有」が課題 – エラーが発生しやすい手動プロセスが依然 として数多く存在 10 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 11. この状況を招いた原因は? 企業におけるアプリケーション使用の現実… ベスト・オブ・ブリード エンタープライズ・スイート •特定の機能要件を満たす様々な ソリューションの混在 + •機能間でプロセスが統合されている •スイート内でサブプロセスが統合されて •想定される統合の負荷 いる– ERP、SCM、CRM11 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 12. この状況を招いた原因は? 結果として発生した統合の課題… データ・モデル 機能、構成 Oracle E-Business Suite + の相違 の相違 Oracle CRM On Demand Salesforce Siebelビジネス・プロセス カスタマイズ SAP の相違 と 拡張 Hyperion 多数のアプリケーション・インスタンス Agile Demantra 12 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 13. この状況を招いた原因は? 結果として発生した統合の課題… • 年商10億ドル規模企業 における平均 アプリケーション数: 500以上 機能データ・モデルの違い • アプリケーションの統合または標準化 構成 アプローチによって、根本的な問題は の違い 解決されるのか?ビジネス・プロセス の違い カスタマイズ& 拡張 + 多数のアプリケーション・インスタンス 13 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 14. 現状を招いた原因は? 利用可能なテクノロジーの現実 アプリケーション・アーキテクチャの進化の結果… 多数の統合スタイルクラウド /SaaS/ データを中心とする統合モバイル Webベース サービス ネイティブなインターフェイスを通じた統合 クライアント コンポーネント /サーバー Webサービスを通じた統合 オブジェクト異種混在アプリケーション 参照データ・クエリ データ プロセスを中心とする統合 密 疎 結合 14 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 15. この状況を招いた原因は? 利用可能なテクノロジーの現実 アプリケーション・アーキテクチャの進化が招いた結果… 多数の統合スタイルクラウド/SaaS/ • 単一であらゆる統合要件を満たすことのデータを中心とする統合モバイル できる統合ソリューション/アプローチ/ Webベース サービス テクノロジーは存在するか? ネイティブなインターフェイスを通じた統合 クライアント/ コンポーネント サーバー Webサービスを通じた統合 オブジェクト異種混在アプリケーション 参照データ・クエリ データ プロセスを中心とする統合 密 疎 結合 15 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 16. アジェンダ • 21世紀のアプリケーション統合 • ベスト・プラクティス16 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 17. 統合プロジェクトに影響を与える要因 組織とテクノロジーをサポートするベスト・プラクティス IT予算 組織 組織 統合ソリューション テクノロジーアプリケーション テクノロジー 17 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 18. 統合アーティファクトのカタログへの投資 何を? 誰が? どのように?• すべての統合関連コンテンツを 可視化• すべてのステークホルダーに共 通の開始点• カタログを常に「最新」の状態に 保つには、自動化が不可欠 アーキテクト/ 開発者 チーム・リーダー18 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 19. 遂行業務に適したツールを使用 統合スタイル ネイティブイン 参照データ・ プロセスを中 データを中心 Webサービス とする統合 ターフェイスを を通じた統合 クエリ 心とする統合 通じた統合19 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 20. Human Yes, for intermediate approvals プロセス中心 vs participation START during movement? No or just for final approval データ中心 決定ツリー Yes (data lookups, intermediate validation, etc.) Conditional steps? No, mostly just transformation 統合スタイル PROCESS Any data Yes, complex ORIENTED enrichment Use Service requirement? Integration None, or simple foreign-key type DATA CENTRIC Use Data Smaller data set Integration How complex are the transformations? Immediate Transformation applied availability can vary based on content requirements and other factors Transformation to apply is always the > 10Mb with repeating same, regardless of content record structure Error After insertion of handling and complete set reconciliation On a msg-per-msg basis in staging tables Large and batch oriented20 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 21. 解決すべき問題に適した技法を使用 設計パターンおよび参照アーキテクチャメッセージ処理パターン• 非同期メッセージング 特長:• イベント駆動型コンシューマ • 配信保証• 競合型コンシューマ • 高いスループットおよび拡張性• サービス・インスタンス・ルーティング • 疎結合インタラクション• 配信保証• リクエスト/応答サービス/EBOガバナンス・パターン• 互換/非互換の変更 特長:• スキーマ/サービスのバージョニング • 組織の俊敏性を向上• サービスのリタイヤメント • プロバイダ契約変更からコンシューマを保護• サービスの分解 • コンシューマとプロバイダの同じペースでの進化の必要性を排除統合アーティファクト拡張性パターン• スキーマの拡張性 特長:• サービスの拡張性 • 事前定義済みの拡張性ポイント• 変換の拡張性 • 拡張性はアップグレードに対応• ビジネス・プロセスの拡張性 21 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 22. START How many applications are on each end of integration? 直接 vs 間接 Only one product on each More than one product on either side 設計パターンおよび 参照アーキテクチャ end of the integration Requirement for ~ 5s OK low latency? High throughput? Absolutely needless than 5s end-to-end and 60% of thisalready spent in processing at endpoint Yes • AIA、Fusion Appなど オラクル全体で統合 over 100,000 msg/h (~ 30 msg/s) No less than 100,000 msg/h Yes Over 60% of the work is transformation Transformation intensive? ガイドラインを順守 No • パートナー、ISV、 お客様にも適用 WS interfaces Data integration and XSD much or process- better-suited for oriented? Direct Data-centric Process-oriented no Explore Direct Use canonical pattern Integration & EBOs22 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. yes
  • 23. まとめ 重要なポイント • 統合は広範囲にわたる選択肢で構成される – 要件に基づいて決定ツリーを作成し、この決定ツリーを活用して 統合に関する質問への反復的な回答を作成する • 人材の重要性を認識する – 技術的な課題は、多くのプロジェクトに蔓延している人材および プロセスの問題よりもはるかに解決が容易23 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 24. OERとFoundation Pack 併用が効果的!• 統合資産カタログ • 設計パターンおよび• 自動依存関係追跡 参照アーキテクチャ• 設計時ポリシー • 統合手法 • 開発者ユーティリティ アーキテク 開発者 ト/チーム ・リーダー 統合ライフサイクル管理ツール 24 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 25. Q&A25 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 26. 26 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 27. 27 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.