• Save
[S1-34] 開発責任者が語る、オラクルのSOA/BPM製品戦略
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

[S1-34] 開発責任者が語る、オラクルのSOA/BPM製品戦略

on

  • 940 views

 

Statistics

Views

Total Views
940
Views on SlideShare
940
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

[S1-34] 開発責任者が語る、オラクルのSOA/BPM製品戦略 [S1-34] 開発責任者が語る、オラクルのSOA/BPM製品戦略 Presentation Transcript

  • ORACLE PRODUCT LOGO 開発責任者が語る、オラクルのSOA/BPM製品戦略 オラクル・コーポレーション プロダクトマネジメント シニアディレクター1 デメド・レール Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。3 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Oracle SOAコミュニティにご参加を Twitter @OracleSOA #oraclesoa Facebook facebook.com/OracleSOA OracleのSOAブログ blogs.oracle.com/SOA http://oracle.com/SOA4 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • アジェンダ • 定義 • ITの現状 • Oracle SOA Suite • Oracle BPM Suite • 主な差別化要因 • お客様事例5 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • SOA 「… 相互運用可能なサービスと してソフトウェアを設計、開発す るための一連の原理と技法。」* サービス指向アーキテクチャ ERP メインフレーム サービス DB パートナー イベント6 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights (*: 出典 Wikipedia) reserved.
  • BPM 「組織内の複数の部門、システ ム、アプリケーションを網羅した ビジネスプロセスのモデリング、 自動化、測定、および最適化の ための明確なアプローチ」 ビジネスプロセス管理7 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • SOAとBPMが役立つ場面 実例 • このPOのステータスはどうなっているのか? なぜ保留になっているのか? 誰の承認が必要なのか? • 在庫量が少なすぎないか? 多すぎないか? 別な配送センターから出荷できないのか? • 上位顧客50社に対するSLAは達成できているのか? 達成できていないとすれば、 どのような影響があるのか? • 新入社員にもっと迅速にシステム・アクセスを提供できるか? • 従業員IDをシステムに入力したのに、もう1度入力が必要なのはなぜか?8 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • アジェンダ • 定義 • ITの現状 • Oracle SOA Suite • Oracle BPM Suite • 主な差別化要因 • お客様事例9 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • ポイントツーポイントの統合 アプリケーション 画面 データ収集 ダウンロード メッセージ アプリケーション アプリケーション ファイル 画面 キュー アプリケーション データ収集 ソケット 画面 トランザクション トランザクション データ収集 ファイル ファイル アプリケーション ソケット ダウンロード CICSゲートウェイ RPC ファイル ORB APPC アプリケーション メッセージ アプリケーション ORB アプリケーション メッセージ トランザクション キューアプリケーション ファイル メッセージ キュー トランザクション 画面 CICSゲートウェイ ファイル データ収集 ダウンロード APPC アプリケーション メッセージ RPC ファイル出典: Gartner10 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 柔軟性の低い方法で結合された、脆弱で冗長な相互接続ビジネス・プロセス DeleteOrderService RemoveOrder DeleteOrder CRUDOrderService NotifyCustomer NotifyCustomerService UpdateCustomerサービス CheckCredit CreditCheck CheckCreditService Microsoft SAP IBM メインフレーム 11 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • モデルと実装のギャップ モデル • 実行内容と設計内容 が異なる • 自由な解釈 印刷(または • プラットフォーム能力 電子メール) によって制限される • 変更をどのように組解釈 み込むのか? • 実行時の障害をどの ように解釈するのか? 実装&導入12 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • アジェンダ • 定義 • ITの現状 • Oracle SOA Suite • Oracle BPM Suite • 主な差別化要因 • お客様事例13 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • この混乱を、如何に構造化されアジャイルな状態にするか? アプリケーション スクリーン ・スクレイピング ファイルの アプリケーション メッセージ ・ファイル アプリケーション ・キュー スクリーン アプリケーション ・スクレイピング ソケット スクリーン トランザクション トランザクション ・スクレイピング ・ファイル ・ファイル アプリケーション ソケット ファイルの CICSゲートウェイ RPC ダウンロード ORB APPC アプリケーション メッセージORB アプリケーション アプリケーション メッセージ トランザクション ・キュー ・ファイル アプリケーション メッセージ ・キュー スクリーン CICSゲートウェイ トランザクション ・ファイル ・スクレイピング APPC アプリケーション メッセージ ファイルの RPC ・ファイル14 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Oracle SOA Suite JDev POLICY EM BAM Web MANAGER BPEL & BPMN ビジネス・ルール ヒューマン・ワークフロー 複雑な イベント 処理 サービス・バス ERP メインフレーム サービス DB パートナー イベント15 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 稼働環境の状況を包括的に可視化 Enterprise Managerでエンド―ツーエンドのトラッキングが瞬時に可能16 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 例外処理 障害および 例外• 単一の例外処理 フレームワーク (「エラー・ホスピタル」): リカバリ画面 ログ • 検索 • 削除 • 障害インスタンスのリカバリ (個別またはバッチ)• 該当するログ・エントリに リカバリ・アクション 直接アクセス ペイロードの編集17 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • アジェンダ • 定義 • ITの現状 • Oracle SOA Suite • Oracle BPM Suite • 主な差別化要因 • お客様事例18 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • モデルと実装のギャップを如何に解消するか?19 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Oracle BPM Suite プロセス ビジネス オーナー ・アナリストプロセス・モデリングと プロセス・モデリング、シミュレー文書化 シングル・プロセス ション、設計、バインディング ・モデル ビジネス プロセス豊富なプロセス分析 ・ユーザー 実装と統合 開発者 20 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Process Accelerators概要• Oracle BPMおよびE2.0に基づく、すぐに導入、利用が 可能なソリューション• Oracle Applicationほどの機能性はない• 例: オンボーディング、インシデント・レポート、出張承認価値提案• すぐに使えるプロセスを提供して導入を促進; 特にIT 導入が遅れがちな分野に適している• ビルディング・ブロックやスターティング・ポイントの提供に よって、価値実現を早期化 Fusion Middleware• お客様独自に実装を進められるよう詳細な計画を提供 21 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • アジェンダ • 定義 • ITの現状 • Oracle SOA Suite • Oracle BPM Suite • 主な差別化要因 • お客様事例22 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Oracle SOA & BPM – 主な差別化要因 ベスト・オブ 完全 統合 オープン ・ブリード #1 包括的なSOA 連携運用を見据 標準ベースの ソリューション えた設計 アーキテクチャ 業界リーダー ワンストップの 少ない手間で 既存および将来の 堅牢で実証済みの 統合ソリューション 多くの価値を提供 投資を最大化 業界をリードする ソフトウェア23 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • SOA & BPMを単一プラットフォームとして統合ビジネス・ メディエー BPEL Rulesアナリスト ション Human メディエー Task Webコンポーザー ション統合開発者 BPEL オーケス トレーション 人的タスク Web SCAコンポジット サービスと ビジネス・ アダプタ ルール IDE SOA & BPMコンポジット・エディタ SOA の運用 Webコンソール ヒューマン・ ビジネス・ WebLogic BPEL BPMN Mediator ワークフロー ルール BAM 11g Service Infrastructure (SCA) B2B 共通のJCAベース接続インフラストラクチャ Policy Manager 最適 バインディング Oracle Service Bus CEP レポジトリ 24 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Oracle SOA & BPMをご利用のお客様 6,500を超える お客様リストより抜粋 顧客企業 金融/銀行 公共部門 製造/運輸 通信 ハイテク ヘルスケアMedia / Energy 小売業/ CPG その他 OOW Tokyo 2012で事例発表 25 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • オラクル社内でのSOA導入アプリケーション ミドルウェアFusionアプリケーション Oracle Unified Content Management SOA Suite 11gをすべての次世代アプリケーションの基礎として使用 BPEL PMを文書ワークフローに使用 BPEL PMを請求書処理ソリューションに使用 Workflow Serviceをすべてのヒューマン・ワークフローと承認マネージャに使用 11gR1 Oracle BPM上で次世代ワークフローを構築 EDNをイベントに使用 WebCenter BPEL、BPMN、BPA SuiteおよびBusiness Rulesを多用 Worklist portlet Exchangeとの同期Applications Unlimited (EBS、Peoplesoft、Siebel、JDE) Identity Management SOA Suiteを顧客向けの統合アプローチに推奨(たとえば、8.48、8.51 BPEL PMをアイデンティティ・プロビジョニング・ワークフローに使用 Peopletools、およびSOA Suiteで認定されたそれ以外のもの) Business Intelligence EBS 12.1.1バンドルSOA Suite EBSアダプタを使用してサービスの パブリッシングを行う ODIをBI EE、Hyperion、BAM内での新しいETLツールとして使用業界別担当部門(小売、公益事業など) SOA Suiteを顧客向けの統合アプローチとして推奨 運用 Primavera: Oracle BPM 11gによってワークフローを置換 Oracle Global IT 金融サービス(iFlex)組み込みBPM、SOA、およびCEPApplication Integration Architecture(AIA) 11g SOA Suiteによってすべてのパートナーおよびサプライヤとのインタラクション を実現 SOA Suite、BPEL PM、およびODIで実装されたアプリケーション間の統合 プロセスは事前定義済み BPEL PMをOracle Alertsワークフローに使用 BPEL PMを、Oracle EBS Global Single InstanceとSiebelの間での顧客データ および見積りの同期に使用 26 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • スケーラビリティの高いプラットフォーム 欧州大手銀行 米国運輸企業 • SiebelとMQ Seriesバックエンドを含む複数の顧客 • 3,000,000プロセス・インスタンス/日、170,000/時間 チャネルの統合 – 500種の連携(コンポジット)を稼働中 • 5,000,000プロセス・インスタンス/日 • 80%は同期、 20%が非同期 • ピーク・インスタンス: 350,000/時間 • 3つのクラスタ。各クラスタは2台のマシンで構成 • サービス呼び出しの90%は一過性(dehydrationなし) – 各8CPUとメモリー16GBの環境 • 10台のサーバー(クラスタリングなし)、それぞれに • 11gへのアップグレードを検討中で、11.1.1.4 上で 5つのCPUを搭載、OS: AIX 5.3.8.3 64 bit 10倍の処理量を予定 自動車保険金請求処理企業 アジアの電子機器メーカー • 統合自動車保険および保険制金請求処理サービス・ • 700~800プロセスの導入 プロバイダ • 400万~500万インスタンス/日。トランザクションの • 1,200,000プロセス・インスタンス/日 80%は営業時間内(8時間) • ピーク・インスタンス: 101,000/時間 • ピーク・インスタンス: 500,000/時間 • 10ノードが本番稼動中 – 8 x Sun Fire v2900 、v490 (1) • 4つのクラスタ・ノード + グローバル・トランザクション およびDehydration store M4000 (1) 用に1ノード。OS: p595、AIX 5.327 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Industrial SOA Exalogic: 高パフォーマンスSOAおよびBPMプラットフォーム • 高パフォーマンスのコンピューティング・ノード • 統合ストレージ SOA 11g • InfiniBand相互接続ファブリック 応答時間 • チューニングおよび最適化済み 520ミリ秒 SOAプラットフォーム: 9倍 • XML処理の高速化 • スケーラビリティの最適化 • プラットフォームの最適化 58ミリ秒 Standard Hardware Exalogic28 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 28
  • オラクルはSOA分野をリード 2010年10月にGartner Magic Quadrantsを受賞 Shared SOA Interoperability Application infrastructure for Application infrastructure for Infrastructure Projects Systematic Application Integration Projects Systematic SOA-Style Application Projects Magic Quadrants for Application Infrastructure, 2010 http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/oracle/article160/article160.html http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/oracle/article162/article162.html http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/oracle/article163/article163.html29 使用事例: Oracle and/or its affiliates. All rights Copyright © 2012,O2 Uses Offshore Software Factory to Drive SOA Initiative http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/oracle/article159/article159.html reserved.
  • アジェンダ • 定義 • ITの現状 • Oracle SOA Suite • Oracle BPM Suite • 主な差別化要因 • お客様事例30 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • オラクル社内事例 Sun 買収後の社内システム統合を迅速に完了 チャレンジ • 受注処理、請求処理、出荷処理等々のために、迅速に オラクルとSun両社のインフラストラクチャを統合する必要があった。 • 異種間連携を実現する必要があった。 アプリケーション間、企業間(B2B)、 既存ツールとの連携(Java CAPS, Gentran, GXS, 他) ソリューション • Oracle SOA Suite 11g に標準化する 一日あたりの処理量 • Oracle E-Business Suite と Oracle Siebel CRM の統合 B2B: 24,410 doc/day EDI, OAG, RN,UBL、等々8種のドキュメン トタイプを利用。約20社の取引先と接続。 結果 年間10億$の取引 • 8ヶ月以内という迅速な統合を実現した SOA Composites: • 連携に関する障害対応時間が1/10に短縮 152,761 process instances • サービスの新規開発に要する時間が、3ヶ月→2週間に短縮 (41 SOA Composites)31 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • SOAによる迅速な市場投入 SOAによって以下を実現 お客様のコメント 「プロジェクトの75%は、プロジェクト開始前にすでに完了していま した(サービスの再利用により)」 OnStar、チーフアーキテクト、 Doug Mutart(ダグ・ミュタート)氏 • モジュール型設計 課題 • 標準化されたインタフェース • 多くのシステムでビジネス・ロジックが重複していたため、変更が難しか • コンポーネント・サービスの再利用 った • カスタム・クライアント/サーバー・ソリューションの保守と変更が非常に • ビジネスからの直接的なインプット 難しかった • 全体的に、複数のインタフェースをポイントツーポイントで、柔軟性のな (BPA/BPM) い方法で結合していたため、レガシー・システム間で数百万行の • 宣言型のビジネス・プロセスと コードで「つなぎ合わせていた」 ルール 成果 • 標準化されたスキルセット • 柔軟性の高い方法で結合された、モジュール型の再利用可能なサービ スをOracle SOAを使用して構築することで、大きな利点が得られた • ポイントツーポイントの統合に比べて、アプリケーション開発作業量を 40%削減 • 予想されるアプリケーション維持コストの削減率は45%32 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • SOAによる新規チャネルの実現 お客様のコメント SOAによって以下を実現 「オラクル製品を使用することで、新しいサービスの市場投入までの 時間を2/3に短縮し、2年前のソリューション導入以降、35~39の • マルチチャネル・エンゲージメント: 新規サービスを作成しました。」 北米シェアード・サービス組織、 Goutham Nellutla • ポイントツーポイント統合を行わずに (ゴーサム・ネルトラ)氏 新規サービスを追加 課題 • Web、コール・センター、エージェント、 • 新しいサービスの市場投入を加速し、運用コストを削減して競争力を 電子メールの追加 維持 • サービス指向アーキテクチャ(SOA)アプローチによって、サービスの • アプリケーションとプロセスの一元 再利用を実現し、コスト効率の最大化、アプリケーション開発時間の 短縮、標準化推進を行う 化されたバック・オフィス・セット • 規制コンプライアンスの促進、新しい市場への参入のスピードアップ、 既存のITインフラストラクチャへの新規コンポーネントの簡単な導入 • ビジネスを一元化して表示 • 全チャネルの顧客を一元化して表示 結果 • すべてのエンタープライズIT資産をあらゆる角度から把握 • B2Bの活用により、パートナーと安 —ITガバナンスを改善 • 新しい製品の投入と新規市場への参入をスピードアップ 全で信頼性の高いメッセージング • 新しいITサービスの構築時間を3分の2に短縮 • 新しい市場での規制要件達成に必要な時間を短縮33 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • http://bit.ly/ana-osb 明日のセッションでお話します Day2 (4/5) - S2-24 14:10-14:5534 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • (次のステップ) Oracle Business Integration をご利用のお客様の声を お聞きください: www.oracle.com/customers35 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Oracle SOAおよびBPM Suites – 関連書籍 チュートリアル SOA BPM 参考資料 http://snipurl.com/soa11gbook http://snipurl.com/bpm11gbook OSB 管理 BPEL36 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 37 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 38 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.