Your SlideShare is downloading. ×
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介

69,469

Published on

https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/entry/column_psr_112040 …

https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/entry/column_psr_112040
Oracle Database 11g Release 2 の最新パッチセットである 11.2.0.4 がリリースされました。
Patch Set Release (PSR) とは、不具合修正や機能拡張を含む Oracle Database における重要なパッチです。
2013年10月時点で、PSR 11.2.0.4 が最新かつターミナルの PSR です。

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
69,469
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
20
Actions
Shares
0
Downloads
51
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Oracle Database 11g Release 2 PSR 11.2.0.4 のご紹介 2013年11月 日本オラクル株式会社 1 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2. PSR 11.2.0.4 について TERMINAL PSR 2 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 3. PSR 11.2.0.4 概要と各プラットフォーム版のリリース状況 ■概要  Oracle Database 11g R2 のターミナル・リリース – ターミナル・リリースとは Oracle Database の各メジャーバージョンでの最 後の PSR を指し、オラクルが提示しているサポート期間中はパッチの 作成が行われるバージョンとなります  新機能の追加、既存の機能の拡張 – Oracle Database 12c のいくつかの新機能が 11.2.0.4 で利用可能に なっています  Windows Server 2012 対応 – Windows Server 2012 に対応するバージョンとなります (シングル構成、クラスタ構成ともにサポートされます) ※注) Exadata の対応について – 3 Exadata は MOS に 11.2.0.4 へのアップグレード手順を公開済み、 One Command、Bundle Patch は追ってリリース予定です Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Platform Schedule Linux x86-64 2013年8月 Solaris 2013年8月 Windows 2013年10月 AIX 2013年10月 HP-UX Itanium 2013年10月 Exadata (注) 2013年9月 ODA 2013年11月 ※2013年11月時点(最新情報は MOSでご確認下さい)
  • 4. PSR 11.2.0.4 新機能 / 機能拡張 12c 新機能をバックポートして 11g で実装  Data Redaction (Advanced Security), データベース統合リプレイ(Real Application Testing), フラッシュバック・データ・アーカイブ最適化 (Advanced Compression) の使用には、それぞれ所定のオプションライセンスが必要です Oracle Data Redaction データベース統合リプレイ ▪ ユーザーの権限や接続しているクライアントなどの条件に応じて、 データをリアルタイムに「マスク表示(リダクション)」 ▪ アプリケーションやデータには手を入れずに、ユーザーに対する データ表示のみをマスキング ▪ 複数のデータベース(DB 10g 以降)から取得したワークロードを 統合して、統合先の環境で同時にリプレイ ▪ データベース検討時に、統合後のデータベースのリアルな負荷検 証を実施可能に 動的統計 フラッシュバック・データ・アーカイブ最適化 ▪ 11.2.0.3 まで「動的サンプリング」機能と呼ばれていたもの ▪ オプティマイザ統計が取得されていない、または古い場合に、 データをサンプリングし一時的な統計を取得 ▪ サンプリング・レベルと取得ブロック数を自動決定 ▪ 履歴データ格納先のテーブルを圧縮 ▪ 圧縮によりストレージ容量削減と検索パフォーマンス向上の両 立を実現 ▪ 圧縮機能の利用有無を選択可能 4 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 5. Oracle Advanced Security で実現する 2 つの機能 データの暗号化 Transparent Data Encryption リアルタイムアクセス制御 Oracle Data Redaction 5 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. NEW
  • 6. Oracle Data Redaction ユーザーの権限に応じたリアルタイム・アクセスコントロール データ 責任者 業務 オペレーター Policy クレジットカード番号 4451-2172-9841-4368 5106-6342-4881-5211 4891-3311-0090-5055  ユーザーの権限やクライアント情報に応じてリアルタイムにデータをリダクション  アプリケーションのコード修正は必要のないデータベース内で完結する列アクセス制御  コールセンターやサポート業務などの職責に応じた顧客情報へのアクセス制御の実現や PCIDSS に対応したクレジットカード番号の表示、アプリ開発者の直接アクセスも制御 6 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 7. Oracle Database のアクセス制御の特徴 Virtual Private Database 機能概要 必要ライセンス バージョン 対象アクセス 説明 特権ユーザー 設定 7 Database Vault Data Redaction 行・列のアクセス制御 表のアクセス制御 特権ユーザー管理 列のアクセス制御 & リダクション Enterprise Edition Database Vault Option Advanced Security Option 8i~(列は10g R1~) 10g R2~ 11.2.0.4、12c~ 列・行(DML) オブジェクト・SQLコマンド 列(SELECT) 表に定義した VPD ポリシーの条件に応 じて WHERE 句を自動的に付与するこ とで行を表示させない。 その際に特定の列を NULL 表示させる こともできる レルム、ルール、コマンドルールの各要 素を使って、オブジェクト(表やビュー、 表に定義したリダクションポリシーの条 PL/SQL 等)へのアクセス、SQL コマンド 件に応じて、列を表示させないまたは、 自体の実行を詳細に強制アクセス制御 任意の値にリダクション することができる ポリシーは適用されない どのユーザーでも ポリシーは適用される ポリシーは適用されない DBMS_RLS パッケージ または、Oracle Enterprise Manager DVSYS.DBMS_MACADM パッケージ または、Oracle Enterprise Manager DBMS_REDACT パッケージ または、Oracle Enterprise Manager Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 8. Oracle Data Masking との違い データをマスクする結果は同じだが、用途が異なる Oracle Data Masking Oracle Data Redaction 実装方式 DBMS_REDACT パッケージ または、Oracle Enterprise Manager 目的 表を直接マスキングし、 本番に近いテストデータを作成 ユーザーの権限に応じて表やビューを リダクションするアクセス制御 オフライン オンライン 実行タイミング 表・データベースのクローン作成後に マスキングを実行 問い合わせ結果にリアルタイムで マスク処理を実行 格納データへの影響 8 Oracle Enterprise Manager 永続的にデータを変更 影響なし Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 9. サポートされるリダクションの種類 用途の応じたデータの参照範囲を定義 格納されているデータ 10/09/1992 Full Partial Regular Expression Random 9 リダクション結果 01/01/2001 052-51-2147 XXX-XX-2147 tim.lee@acme.com [hidden]@acme.com 4451-2172-9841-4368 4943-6344-0547-0110 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 10. データベース統合リプレイ データベースの統合テストを支援  ひとつまたは異なる複数のデータ ベース(DB 10g 以降)から取得した ワークロードを統合してテスト環境で 同時にリプレイ SALES  スキーマ統合、プラガブル・データ ベースによるデータベース統合の 評価などに有効 HR  ワークロードのリプレイ先に ERP PDB を指定することも可能 ワークロードを統合してリプレイ  DB 12.1 以降または DB 11.2.0.2 / 11.2.0.3 + パッチ、 DB 11.2.0.4 で利用可能 CRM ワークロード 10 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 11. データベース統合リプレイ サポートされるワークロード・キャプチャのタイプ  同一または異なる OS 上で動作する ひとつまたは複数の Oracle Database 10g 以降のワークロード・キャプチャを利用可能 ERP Oracle Database 10g Release 2 on AIX CRM Oracle Database 11g Release 2 on Solaris SPARC ワークロード 11 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 12. データベース統合リプレイ 12 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 13. PSR 11.2.0.4 新機能 / 機能拡張 11gR2 機能の拡張 /サポート・ユーティリティの統合  現環境の設定の値がアップグレードで上書きされることはありません  新規に追加されたパラメータについては、現環境と同じ動作にするために設定が必要なものがあります Oracle Data Guard の拡張 Oracle GoldenGate 連携の拡張 ▪ 新規のData Guard Broker のプロパティ追加 ▪ Data Guard構成でプライマリ・データベースのLost Write発生を スタンバイ側で検知した際プライマリ・データベースの処置を設定 ▪ 通信状況に応じた振る舞いの設定 ▪ 新規のデータベースの初期化パラメータ追加 ▪ 基本的に GoldenGateを使用する際には設定が必須なパラ メータ ▪ ソース / ターゲットの双方で設定が必要 sqlnet.ora の拡張 サポート・ユーティリティの統合 ▪ 新規のsqlnet.oraファイルのパラメータ追加 ▪ データベース接続をSSL認証する際に使用する証明書の「拡張 鍵用途」を設定 ▪ クラスタの診断情報を取得するユーティリティ、RAC構成の監査 を行うツールが同梱 ▪ クラスタワイドでの迅速かつ網羅的なログ収集が可能 ▪ ベスト・プラクティスに基づいた構成レビューが可能 13 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 14. サポートサイクルとバージョン選定について LIFETIME SUPPORT POLICY 14 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 15. Oracle Database の パッチの種類と位置づけ Patch Set Release とは  Patch Set Release は、不具合修正や機能拡張を含む Oracle Database における重要なパッチです  全てのパッチの中で、最も長いリリース・サイクルを持っています  Oracle Database のバージョン番号のうち、 4桁目によって PSR が識別されます パッチ名称 Interim Patch (One-off, PSE) 適用対象 リリース・ コンポーネント サイクル Oracle Database Security Patch Update Oracle Database (SPU) -- f.k.a.:CPU 不定期 四半期ごと 11.2.0.4.0 プラットフォーム固有の メンテナンス番号 PSR の識別番号 Patch Set Updates (PSU) (Database製品では未使用) Patch Set Release (PSR) 15 Oracle Database 四半期ごと Grid Infrastructure Oracle Database 年次 Grid Infrastructure またはそれ以上 メンテナンス・リリース番号 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. メジャー・リリース番号
  • 16. (参考) Oracle 製品に対するリリースとサポート期間の原則 参照: Lifetime Support Policy、他 • Premier Support: 新規パッチ作成と新規プラットフォーム対応がされる期間で、グローバル GA から5年間提供されます • Extended Support: 所定の料金を支払うことにより継続して新規パッチの提供を受けることができる期間で、Premier Support 終了から 3年間提供されます • Sustaining Support: Premier Support期間中に作成された各種のパッチ提供と、技術QAを受けられる期間で、無期限で提供されます • Grace Period: 新規パッチ提供期間は PSR ごとに決められています。次のPSR のGAから2年後に(ただし最初のPSRに関しては1年後)当 該PSR はSustaining Support に移行し、新規パッチの提供がされなくなります。次のPSRがリリースされてからの2年間(最初のPSRは1年 間)はアップグレードのための期間という意味でGrace Period と呼ばれます。 メンテナンス・リリース 1.1 Terminal Release Premier Support Patch Set Release 1.1.0.1 Patch Set Release 1.1.0.2 パッチ提供期間 Extended Support パッチ提供期間 メンテナンス・リリース 1.2 Premier Support Patch Set Release 1.2.0.1 Patch Set Release 1.2.0.2 Terminal Release パッチ提供期間 Patch Set Release 1.2.0.3 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Extended Support パッチ提供期間 Grace Period Grace Period 1年間 16 Sustaining Support 1年間 パッチ提供期間 Grace Period 2年間
  • 17. バージョン選定について 新規環境に利用するデータベースのバージョン選定 (11.2.0.4 / 12.1.0.1)  選択の基準として下記4点をご検討下さい 1. 新規パッチ提供を、いつまで必要か (またはPremier Support にて受けられる期間がいつまで必要か) 2. 新規パッチ提供を、PSR の適用無しに受けられる期間がいつまで必要か 3. Exadata または ODA が プラットフォームの検討対象か 4. 12.1.0.1 でなければ実現できない機能要件があるか メジャー・リリース 12c Release1 (12.1) Premier Support 2015年1月末まで 2018年7月31日まで Extended Support 2018年1月31日まで(初年度はES料金無償) 2021年7月31日まで パッチ・セットリリース 11g Release2 (11.2.0.4) 12c Release1 (12.1.0.1) メンテナンス終了 2018年1月31日 次の PSR のGAから1年後 Exadata での稼働 サーティファイ済み サーティファイ済み (一部制限事項あり) ODA での稼働 17 11g Release2 (11.2) サーティファイ済み 対応予定 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 18. バージョン選定について 現在稼働しているシステムのアップデート/アップグレードについて  11.2.0.2 以前のバージョンで稼働しているシステム  継続してシステム稼働が予定されている場合には、11.2.0.4 以上 にアップデートして頂き、セキュリティ・パッチをご利用可能 な環境にして頂くようお願い致します  11.2.0.3 で稼働しているシステム  2015年2月以降に、新規パッチ提供のサービスのため Extended Support が必要になる場合は、2015年8月27日までにター ミナルバージョンである 11.2.0.4 以上へのアップデートが必要となります  上記に該当しない場合にも、2015年9月以降も継続してシステム稼働が予定されている場合は、2018年1月末までセキュ リティパッチをご利用頂けるよう 11.2.0.4 以上 へのアップデートをお願い致します  11.2.0.3 およびそれ以前のバージョンから12c へのアップグレードについて  前ページの「新規環境に利用するデータベースのバージョン選定」の各項目をご参照の上、アップグレード先のバージョンをご 検討下さい  12.1.0.1 へ直接アップグレードが可能なバージョンは、10.2.0.5、 11.1.0.7、および 11.2.0.2 以上となります 18 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 19. (参考)各PSR バージョンのサポート期間について 2013年10月現在 (※最新情報はMy Oracle Supportからご確認下さい) 11g R1 2011 2012 2013 2014 Premier Support Extended Support (2012年8月末まで) (2015年8月末まで) 11.1.0.6 Premier Support (2015年1月末まで:例外的に5年以上に設定) 11.2.0.1 パッチ提供期間 (2013年10月末まで) 2018 2019 2020 2021 Sustaining Support パッチ提供期間 (2011年9月13日まで) 11.2.0.2 2017 パッチ提供期間 (2008年9月-2015年8月末まで) 11g R2 2016 パッチ提供期間 (2009年9月18日まで) 11.1.0.7 2015 11.2.0.3 Extended Support (2018年1月末まで) ※ Sustaining Support Free Extended Support 提供期間(Extended Supportを無償で提供) ※11.2.0.4 の出荷をカバーする期間まで延長済み パッチ提供期間 (2011年9月-2015年8月27日まで) 11.2.0.4 パッチ提供期間 (2013年8月-2018年1月末まで) 12c R1 Premier Support (2018年7月末まで) 12.1.0.1 パッチ提供期間 (2013年6月- TBD) 19 ※HP-UXのみ (2020年1月末まで) Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Extended Support (2021年7月末まで)
  • 20. 20 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 21. 21 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

×