Your SlideShare is downloading. ×
0
Oracle Database Appliance
2.8 アップデート及びパッチ管理
について
日本オラクル株式会社
製品戦略事業統括本部
データベースコア製品推進本部
2013年11月
以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。
また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことは
できません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメン
ト(確約)する...
Oracle Database Appliance 関連URL
• 製品情報ページ:O.com > Oracle Database Appliance
– http://www.oracle.com/jp/products/database/d...
最新情報の入手方法
• ODA に関する最新情報は My Oracle Support よりご確認ください
– Oracle Database Appliance - 2.X Supported Versions & Known Issues ...
本資料について
• 本資料は、Oracle Database Appliance 2.8 に関するアップデート内容
とパッチ適用手順に関し、お客様及びパートナー様へ情報提供すること
を目的に作成しています
• Oracle Database A...
Program Agenda
 Oracle Database Appliance パッチ概要
 Oracle Database パッチ概要
 Oracle Database Appliance 2.8
– 概要
– 適用手順

7

|...
Oracle Database Appliance パッチ概要
ODA Bundle Patch
• Oracle Database Appliance のパッチ = ODA Bundle Patch
– 構成する全てのコンポーネントのパッチが...
ODA Bundle Patch
リリース履歴|詳細は Note (888888.1) をご覧ください
Version

Update

2011/09/21

11.2.0.2.3

 製品リリース

2.1.0.3.0

2012/02/...
Oracle Database Appliance パッチ適用ポリシー
概要
• オラクルは、Oracle Database Appliance を構成するコンポーネントの
パッチを ODA Bundle Patch としてまとめて提供していま...
Oracle Database Appliance パッチ適用ポリシー
各コンポーネント毎のパッチ適用ポリシー
Stack

Component

ODA Bundle Patch 以外の適用

Infra

 Firmware
 Orac...
Program Agenda
 Oracle Database Appliance パッチ概要
 Oracle Database パッチ概要
 Oracle Database Appliance 2.8
– 概要
– 適用手順

12

...
Oracle Database パッチの種類
名称

対象コンポーネント

Patch Set
Release
(PSR)

 Oracle Database
 Oracle Grid
Infrastructure

年次またはそれ
以上
...
パッチ・セットのロードマップ
* 猶予期間

猶予期間 (*)
継続して不具合修正を作
成する期間

* 詳細は Note (742060.1) をご覧ください
14

|

Copyright © 2013 Oracle and/or its...
参考:パッチ適用時実施いただきたいテスト内容
Interim Patch

SPU, PSU

PSR

インストールテスト

必要
* オラクルサポートのガイド
の元適用してください

必要

必要

不具合の確認
(回避策としてパッチを適用...
Program Agenda
 Oracle Database Appliance パッチ概要
 Oracle Database パッチ概要
 Oracle Database Appliance 2.8
– 概要
– 適用手順

16

...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
概要
• Oracle Database
– 11.2.0.2.x / 11.2.0.3.x から 11.2.0.2.12 / 11.2.0.3.8 へアップデート (PSU)
• 11.2...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
新機能:初期構築でのDB/EM作成が選択可能に
• データベース及び Enterprise
Manager Database Control の作
成をスキップすることが可能に
• 利用ケー...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
新機能:oakcli show コマンド (HW Monitoring for X3-2)
• Server: health details, power state,
ambient te...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 (ODA V1)
各コンポーネントのバージョン
GI

Infra
Contr
oller

Expa
nder

SSD_
SHA
RED

HDD_
LOC
AL

HDD_
SHA
R...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 (ODA X3-2)
各コンポーネントのバージョン
GI

Infra

Expa
nder

SSD
_SH
ARE
D

HDD
_LO
CAL

HDD
_SH
ARE
D

11.0...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
各コンポーネントのバージョン
• RDBMS
– ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 では、11.2.0.3.8 もしくは 11.2.0.4.0 に対応し
ています

• ...
Program Agenda
 Oracle Database Appliance パッチ概要
 Oracle Database パッチ概要
 Oracle Database Appliance 2.8
– 概要
– 適用手順

23

...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
はじめに

必ず確認

• 留意事項
– ODA Bundle Patch 適用の際には、システム停止が伴います
– ODA Bundle Patch 適用の前後に、データベース及びシステム...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
はじめに

必ず確認

• 留意事項:2.8.0.0.0
– ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 は、2.2.x 以降に対してのみ適用可能です
• 既存環境が 2.1.x ...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
適用時間の参考数値

• 弊社検証環境で実施した結果です
– いずれも RAC 環境で Oracle Home 及び DB は1つです
環境

Infra

GI

Database

OD...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
適用の流れ

• データベース構築の状況により適用手順が異なる
データベース構築前

Update (infra)*

Deploy

Update
(database)

Create
U...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
データベース構築後の場合|Infra/GI 適用

操作は
root ユーザー
で実施します

1. 現在のバージョンを確認し、2.2.0.0.0 以降であることを確認(両ノードで実施)
T...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
データベース構築後の場合|Infra/GI 適用
4. パッチを適用:“Infra”コンポーネント(片ノードで実施)
Terminal
# oakcli update -patch 2.8....
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
データベース構築後の場合|Infra/GI 適用
6. Grid Infrastructure Stack が起動してることを確認、必要に応じて起動(両ノードで実施)
Terminal
# ...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
データベース構築後の場合|Infra/GI 適用
7. Enterprise Manager Cloud Control の Agent を導入している場合、Agent を停止
Termin...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
適用の流れ

• データベース構築の状況により適用手順が異なる
データベース構築前

Update (infra)*

Deploy

Update
(database)

Create
U...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
データベース構築後の場合|Database 適用(PSU)
1. Database を確認(両ノードで実施)
Terminal
# oakcli show databases
Databas...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
適用の流れ

• データベース構築の状況により適用手順が異なる
データベース構築前

Update (infra)*

Deploy

Update
(database)

Create
U...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
データベース構築後の場合|Database 適用(PSR)
1. Database Home を確認(片ノードで実施)
Terminal
# oakcli show dbhomes
Orac...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
データベース構築後の場合|Database 適用(PSR)
3. 11.2.0.4.0 の Database Home を作成(片ノードで実施)
Terminal
# oakcli crea...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
データベース構築後の場合|Database 適用(PSR)
5. Database をアップデート、指定 Home 内の全 Database が対象(片ノードで実施)
Terminal
# ...
ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0
データベース構築後の場合|適用状況の確認
1. 最後に ODA Bundle Patch 適用状況を確認(両ノードで実施)
Terminal
# oakcli show version –d...
39

|

Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
40

|

Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Oracle Database Appliance 2.8 アップデート及びパッチ管理について

6,945

Published on

http://bit.ly/XsKYON
Oracle Database Applianceは、可用性の高いOracle Databaseを構築する際に必要なハードウェア機器を事前構成したデータベース・アプライアンスです。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
6,945
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Oracle Database Appliance 2.8 アップデート及びパッチ管理について"

  1. 1. Oracle Database Appliance 2.8 アップデート及びパッチ管理 について 日本オラクル株式会社 製品戦略事業統括本部 データベースコア製品推進本部 2013年11月
  2. 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。 また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことは できません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメン ト(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さ い。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期につい ては、弊社の裁量により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 3 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  3. 3. Oracle Database Appliance 関連URL • 製品情報ページ:O.com > Oracle Database Appliance – http://www.oracle.com/jp/products/database/databaseappliance/overview/index.html • 製品技術ページ:OTN > Oracle Database Appliance – http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/engineeredsystems/database-appliance/overview/index.html • サポートページ:MOS > Information Center: Oracle Database Appliance [ID 1417713.2] • 最新情報/資料まとめサイト:オラクルエンジニア通信 > Oracle Database Appliance – https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/entry/cat_db_appliance 4 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  4. 4. 最新情報の入手方法 • ODA に関する最新情報は My Oracle Support よりご確認ください – Oracle Database Appliance - 2.X Supported Versions & Known Issues (Doc ID 888888.1) – Information Center: Oracle Database Appliance (Doc ID 1417713.2) • 情報更新を電子メール配信により通知可能です 1. My Oracle Support >上部タブメニュー > 設定 > 電子メールによるホット・トピック 2. 電子メールの内容 > 記事と情報 > 追加の製品 3. Oracle Database Appliance (X3-2) を追加します 5 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  5. 5. 本資料について • 本資料は、Oracle Database Appliance 2.8 に関するアップデート内容 とパッチ適用手順に関し、お客様及びパートナー様へ情報提供すること を目的に作成しています • Oracle Database Appliance のモデルによって情報が異なる場合はそ の旨記載しています – 従来モデル:ODA V1|現行モデル:ODA X3-2 • なお、仮想化構成についての情報は割愛しています • 最新情報は関連マニュアル及び My Oracle Support をご確認ください 6 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  6. 6. Program Agenda  Oracle Database Appliance パッチ概要  Oracle Database パッチ概要  Oracle Database Appliance 2.8 – 概要 – 適用手順 7 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  7. 7. Oracle Database Appliance パッチ概要 ODA Bundle Patch • Oracle Database Appliance のパッチ = ODA Bundle Patch – 構成する全てのコンポーネントのパッチが一括で提供されます – 通常四半期に一度リリースされます(1,4,7,10月予定) • My Oracle Support の Note にパッチ情報が集約されています – Oracle Database Appliance - 2.X Supported Versions & Known Issues (Doc ID 888888.1) – パッチ一覧とリリース履歴、既知の問題が掲載されています • ODA Bundle Patch の適用にはシステム停止が伴います – Oracle Data Guard 構成により、停止時間の極小化が可能です 8 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  8. 8. ODA Bundle Patch リリース履歴|詳細は Note (888888.1) をご覧ください Version Update 2011/09/21 11.2.0.2.3  製品リリース 2.1.0.3.0 2012/02/29 11.2.0.2.5  ASR の統合 2.2.0.0.0 2012/04/17 11.2.0.3.2  Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) の採用  パッチ管理:GI/DB の個別適用及びクラスタ・ワイドでの一括適用に対応  外部ストレージによる容量拡張のサポート 2.3.0.0.0 2012/07/23 11.2.0.3.3  Multiple Oracle Home のサポート 2.4.0.0.0 2012/11/01 11.2.0.3.4  ASM の冗長性レベルで NORMAL REDUNDANCY(二重ミラー)を選択可能に 2.5.0.0.0 2013/02/04 11.2.0.3.5  外部 ASR Manager のサポート 2.5.5.0.0 2013/03/05 11.2.0.3.5  Oracle Database Appliance X3-2 専用リリース 2.6.0.0.0 2013/05/03 11.2.0.3.6  SAP Application 向け構成の Deploy に標準対応 2.7.0.0.0 2013/08/09 11.2.0.3.7  Oracle Linux 5.9 / UEK R2 へのアップデート 2.8.0.0.0 | DB/GI 2.1.0.0.0 9 Date 2013/11/19 11.2.0.4.0  初期構築でのDB/EM作成が選択可能に Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  9. 9. Oracle Database Appliance パッチ適用ポリシー 概要 • オラクルは、Oracle Database Appliance を構成するコンポーネントの パッチを ODA Bundle Patch としてまとめて提供しています • オラクルは、定期的な ODA Bundle Patch の適用を推奨します • なお、通常の Oracle Database 向けに提供されているパッチ(PSU, one-off patch 等)を個別要件に応じ、サポートのガイドに従い、任意に 適用することが可能です – ODA Bundle Patch には、Oracle Database の PSU, PSR が含まれます – また、Oracle Database Appliance を構成する Oracle Database 以外のコン ポーネントへのパッチ適用については、ODA Bundle Patch 以外を認めてお りません 10 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  10. 10. Oracle Database Appliance パッチ適用ポリシー 各コンポーネント毎のパッチ適用ポリシー Stack Component ODA Bundle Patch 以外の適用 Infra  Firmware  Oracle Linux  OAK, HMP, ASR, etc 認められていません GI  Oracle Grid Infrastructure Database  Oracle Database 11 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 通常提供されているパッチを個別要件に 応じ、サポートのガイドに従い、任意に適 用することが可能です
  11. 11. Program Agenda  Oracle Database Appliance パッチ概要  Oracle Database パッチ概要  Oracle Database Appliance 2.8 – 概要 – 適用手順 12 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  12. 12. Oracle Database パッチの種類 名称 対象コンポーネント Patch Set Release (PSR)  Oracle Database  Oracle Grid Infrastructure 年次またはそれ 以上 Patch Set Updates (PSU)  Oracle Database  Oracle Grid Infrastructure 四半期 Security Patch Update (SPU) Interim Patch (One-off, PSE, 個別パッチ)  Oracle Database  Oracle Database リリース周期 四半期 不定期 バージョン番号 ODA BP 説明 11.2.0.4.0 含まれます Oracle Database における最も基本的かつ重要な パッチであり、 最も優先してあてていただきたいパ ッチです。ひとつの PSR には数十個以上のソフト ウェア修正が含まれており、弊社のエンジニアが十 分に統合テストを行った上で配布しています 11.2.0.3.8 含まれます 厳選された不具合の修正と、最重要セキュリティ修 正が含まれるパッチです。1度のパッチ適用で多く の問題に対応する事ができます - (PSU に含まれ ます) PSU から、セキュリティ修正のみを抜き出したパッ チです。PSU と同時期に出荷されるため、セキュリ ティ修正に加えて通常のデータベース修正も含ん でいる PSU を一般的にはお勧めしています - 一つの不具合に対して特別に作成されるパッチで す。ビジネス上の理由で次の PSR やバージョンア ップまで待つことができない場合に、お客様の環境 に合わせてひとつひとつ作成しているパッチです - * 詳細は KROWN#151913「初心者のための Oracle Database パッチ」をご覧ください 13 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  13. 13. パッチ・セットのロードマップ * 猶予期間 猶予期間 (*) 継続して不具合修正を作 成する期間 * 詳細は Note (742060.1) をご覧ください 14 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 1番目のパッチ・セットでは、新し いパッチ・セットがリリースされて から最長1年(最短で3ヶ月)、2番 目以降のパッチ・セットで最長2年 です。猶予期間中は、前のパッ チ・セットと最新のパッチ・セットに 対して新しい不具合修正を作成し ます。猶予期間中に最新のパッ チ・セットをインストールすることを 推奨します 詳細は KROWN#127321 をご覧 ください
  14. 14. 参考:パッチ適用時実施いただきたいテスト内容 Interim Patch SPU, PSU PSR インストールテスト 必要 * オラクルサポートのガイド の元適用してください 必要 必要 不具合の確認 (回避策としてパッチを適用 する時) 関連箇所が検証可能な場 合実施 関連箇所が検証可能な場 合実施 関連箇所が検証可能な場 合実施 DB基本動作確認、基本的 なアプリケーション動作、代 表的な負荷によるパフォー マンステスト 不要 オプション 必要 アプリケーション全機能テ スト、パフォーマンステスト 不要 不要 必要 * PSR 毎の修正内容・既知の問題等は各 Note (ex: 1562139.1 ”11.2.0.4 Patch Set Availability and Known Issues”) に集約されていますので、必ずご確認ください 15 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  15. 15. Program Agenda  Oracle Database Appliance パッチ概要  Oracle Database パッチ概要  Oracle Database Appliance 2.8 – 概要 – 適用手順 16 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  16. 16. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 概要 • Oracle Database – 11.2.0.2.x / 11.2.0.3.x から 11.2.0.2.12 / 11.2.0.3.8 へアップデート (PSU) • 11.2.0.2.x 向け PSU は猶予期間終了により、今後リリースされません (P13 参照) • ターミナルリリースである 11.2.0.4.x へアップデートすることをお奨めします – 11.2.0.2.x / 11.2.0.3.x から 11.2.0.4.0 へアップデート (PSR) • Grid Infrastructure – 11.2.0.3.x から 11.2.0.4.0 へアップデート (PSR) • Oracle Appliance Kit – 初期構築でのDB/EM作成が選択可能に * 詳細は Note (888888.1) 及び Oracle Database Appliance Release Notes をご覧ください 17 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  17. 17. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 新機能:初期構築でのDB/EM作成が選択可能に • データベース及び Enterprise Manager Database Control の作 成をスキップすることが可能に • 利用ケース – “oakcli create”によりデータベース を任意のバージョン (11.2.0.2 / 11.2.0.3 / 11.2.0.4) で作成したい場 合 – Enterprise Manager Cloud Control を利用して管理する場合 18 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  18. 18. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 新機能:oakcli show コマンド (HW Monitoring for X3-2) • Server: health details, power state, ambient temperature, locator indicator, power consumption, open problems count/detail • Processor: health details • Memory: health details, correctable ECC errors • Cooling Units: health details, % , RPM • Network: health details, LinkStatus, Die temp • Power Supply: health details, InputPower, OutputPower, InletTemp, ExhaustTemp 19 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  19. 19. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 (ODA V1) 各コンポーネントのバージョン GI Infra Contr oller Expa nder SSD_ SHA RED HDD_ LOC AL HDD_ SHA RED 2.3.0.0.0 05.00.29. 00 0342 E125 SA03 2.4.0.0.0 11.05.02. 00 0342 E125 2.5.0.0.0 11.05.02. 00 0342 2.6.0.0.0 11.05.02. 00 0342 11.05.02. 00 0342 11.05.03. 00 0342 OAK 2.7.0.0.0 2.8.0.0.0 20 | Databa se ILOM BIOS IPMI HMP OEL TFA ASR GI RDBMS 0B25 3.0.16.22 r73911 12010309 1.8.10.4 2.2.4 5.8 - 3.7 11.2.0.3.3 11.2.0.3.3 SA03 0B25 3.0.16.22 .a r75629 12010310 1.8.10.5 2.2.4 5.8 2.4 3.9 11.2.0.3.4 11.2.0.3.4 E12B SA03 0B25 3.0.16.22 .a r75629 12010310 1.8.10.5 2.2.4.161 39 5.8 2.5.1.2 3.9 11.2.0.3.5 11.2.0.3.5 E12B SA03 0B25 3.0.16.22 .b r78329 12010310 1.8.10.5 2.2.6.1 5.8(2.6.32- 2.5.1.4 4.4 11.2.0.3.6 11.2.0.3.6 3.0.16.22 .c.r80379 12010311 2.5.1.5 4.4 11.2.0.3.7 11.2.0.3.7 3.0.16.22 .d r83408 12010311 2.5.1.5 4.5 11.2.0.4.0 11.2.0.3.8 11.2.0.4.0 E12B E12B SA03 SF04 SA03 Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 0B25 0B25 A700 300.32.5.el 5uek) 1.8.10.5 2.2.6.2 5.9(2.6.39400.111.1. el5uek) 1.8.10.5 2.2.6.4 5.9(2.6.39400.126.1. el5uek)
  20. 20. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 (ODA X3-2) 各コンポーネントのバージョン GI Infra Expa nder SSD _SH ARE D HDD _LO CAL HDD _SH ARE D 11.05.02 .00 000F 9432 A3D0 11.05.02 .00 11.05.02 .00 000F 9432 A3D0 11.05.02 .00 11.05.02 .00 000F 11.05.03 .00 11.05.03 .00 0018 Cont roller _INT Cont roller _EXT 2.5.5.0.0 11.05.02 .00 2.6.0.0.0 OAK 2.7.0.0.0 2.8.0.0.0 21 | 9432 9440 A3D0 A3D0 A31A Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Datab ase ILOM BIOS IPMI HMP OEL TFA ASR GI RDBM S A31A 3.1.2.10 r74387 1702130 0 1.8.10.5 2.2.6.1 5.8 2.5.1.3 4.3.1 11.2.0.3.5 11.2.0.3.5 A31A 3.1.2.10 r74387 1702130 0 1.8.10.5 2.2.6.1 5.8(2.6.3 2.5.1.4 4.4 11.2.0.3.6 11.2.0.3.6 3.1.2.10 r74387 1702130 0 1.8.10.5 2.5.1.5 4.4 11.2.0.3.7 11.2.0.3.7 3.1.2.10. d r83372 1705010 0 1.8.10.5 2.5.1.5 4.5 11.2.0.4.0 11.2.0.3.8 11.2.0.4.0 A31A A31A 2300.32.5. el5uek) 2.2.6.2 5.9(2.6.3 9400.111.1 .el5uek) 2.2.6.4 5.9(2.6.3 9400.126.1 .el5uek)
  21. 21. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 各コンポーネントのバージョン • RDBMS – ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 では、11.2.0.3.8 もしくは 11.2.0.4.0 に対応し ています • HDD_LOCAL 及び HDD_SHARED – FW Version は環境により異なる場合があります – “oakcli show version -detail”で確認し、”Up-to-date”と表示されていれば問 題ありません 22 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  22. 22. Program Agenda  Oracle Database Appliance パッチ概要  Oracle Database パッチ概要  Oracle Database Appliance 2.8 – 概要 – 適用手順 23 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  23. 23. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 はじめに 必ず確認 • 留意事項 – ODA Bundle Patch 適用の際には、システム停止が伴います – ODA Bundle Patch 適用の前後に、データベース及びシステムディスクのバ ックアップを取得することを推奨します – Oracle Database Appliance - 2.X Supported Versions & Known Issues (Doc ID 888888.1) に既知の問題が記載されていますので、必ずご確認くだ さい – ODA Bundle Patch に関する情報/適用手順は Bundle Patch の Readme をご覧ください 24 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  24. 24. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 はじめに 必ず確認 • 留意事項:2.8.0.0.0 – ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 は、2.2.x 以降に対してのみ適用可能です • 既存環境が 2.1.x 以前の場合には、一度 2.2 へのアップデートが必要になります – これまでにディスク交換を実施され、2.4.x 以前の環境から 2.5.x 以降へアッ プデートする場合は、事前にオラクル・サポートまでお問い合わせください – PSR 11.2.0.4 へアップデートされる場合は、以下の点をご確認ください • 修正内容・既知の問題等の確認 – 11.2.0.4 Patch Set - Availability and Known Issues (Doc ID 1562139.1) • 適切な各種テストの実施(P15 参照) 25 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  25. 25. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 適用時間の参考数値 • 弊社検証環境で実施した結果です – いずれも RAC 環境で Oracle Home 及び DB は1つです 環境 Infra GI Database ODA V1 (2.7.0.0.0 -> 2.8.0.0.0) 70分(+再起動) 29分 15分 (PSU) 26分 (PSR) * ODA X3-2 (2.7.0.0.0 -> 2.8.0.0.0) 82分(+再起動) 28分 13分 (PSU) 25分 (PSR) * * PSR: 11.2.0.3.8 -> 11.2.0.4.0 * 上記以外にも、データベース及びシステムディスクのバックアップを取得する時間 を確保することを推奨します 26 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  26. 26. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 適用の流れ • データベース構築の状況により適用手順が異なる データベース構築前 Update (infra)* Deploy Update (database) Create Upgrade データベース構築後 Update (infra) * 既に筐体が ODA 2.8 の場合は不要 27 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. [PSU Update] 11.2.0.2.x → 11.2.0.2.x 11.2.0.3.x → 11.2.0.3.x [PSR Update] 11.2.0.3.x → 11.2.0.4.x Update (gi)
  27. 27. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 データベース構築後の場合|Infra/GI 適用 操作は root ユーザー で実施します 1. 現在のバージョンを確認し、2.2.0.0.0 以降であることを確認(両ノードで実施) Terminal # oakcli show version Version 2.7.0.0.0 2. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 (Patch 17630367) を取得/展開(両ノードで実施) Terminal # oakcli unpack –package <**.zip> 3. パッチ適用されるコンポーネントを確認(両ノードで実施) Terminal # oakcli update -patch 2.8.0.0.0 --verify 28 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  28. 28. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 データベース構築後の場合|Infra/GI 適用 4. パッチを適用:“Infra”コンポーネント(片ノードで実施) Terminal # oakcli update -patch 2.8.0.0.0 --infra 5. 以下の2点を確認、必要に応じて再起動(両ノードで実施) Terminal # dmidecode -t 1 [“Not Available”と表示されたら再起動] # fwupdate list controller | grep –v Intel [“SAS LSI Logic 0x0072”の”FW Version”が表示されなかったら再起動] 29 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  29. 29. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 データベース構築後の場合|Infra/GI 適用 6. Grid Infrastructure Stack が起動してることを確認、必要に応じて起動(両ノードで実施) Terminal # /u01/app/11.2.0.3/grid/bin/crsctl check crs CRS-4638: Oracle High Availability Services is online CRS-4537: Cluster Ready Services is online CRS-4529: Cluster Synchronization Services is online CRS-4533: Event Manager is online # /u01/app/11.2.0.3/grid/bin/crsctl start crs [起動していない場合] 7. アップデートを確認 Terminal # oakcli show version –detail [BIOSのバージョンが古い場合、しばらく待ってから再実行] 30 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  30. 30. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 データベース構築後の場合|Infra/GI 適用 7. Enterprise Manager Cloud Control の Agent を導入している場合、Agent を停止 Terminal # emctl stop agent 8. パッチを適用:“GI”コンポーネント(片ノードで実施) Terminal # oakcli update -patch 2.8.0.0.0 --gi 9. アップデートを確認(両ノードで実施) Terminal # oakcli show version -detail GI_HOME 11.2.0.4.0 31 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  31. 31. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 適用の流れ • データベース構築の状況により適用手順が異なる データベース構築前 Update (infra)* Deploy Update (database) Create Upgrade データベース構築後 Update (infra) * 既に筐体が ODA 2.8 の場合は不要 32 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. [PSU Update] 11.2.0.2.x → 11.2.0.2.x 11.2.0.3.x → 11.2.0.3.x [PSR Update] 11.2.0.3.x → 11.2.0.4.x Update (gi)
  32. 32. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 データベース構築後の場合|Database 適用(PSU) 1. Database を確認(両ノードで実施) Terminal # oakcli show databases Database Name Database Version tpcc 11.2.0.3.7 2. パッチを適用:“Database”コンポーネント(片ノードで実施) Terminal # oakcli update -patch 2.8.0.0.0 --database # oakcli show version -detail Database Name tpcc 33 | Database Version 11.2.0.3.8 Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  33. 33. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 適用の流れ • データベース構築の状況により適用手順が異なる データベース構築前 Update (infra)* Deploy Update (database) Create Upgrade データベース構築後 Update (infra) * 既に筐体が ODA 2.8 の場合は不要 34 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. [PSU Update] 11.2.0.2.x → 11.2.0.2.x 11.2.0.3.x → 11.2.0.3.x [PSR Update] 11.2.0.3.x → 11.2.0.4.x Update (gi)
  34. 34. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 データベース構築後の場合|Database 適用(PSR) 1. Database Home を確認(片ノードで実施) Terminal # oakcli show dbhomes Oracle Home Name Oracle Home version OraDb11203_home1 11.2.0.3.8 2. 11.2.0.4.0 END-USER RDBMS Clone (Patch 17770873) を取得/展開(片ノードで実施) Terminal # oakcli unpack –package <**.zip> 35 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  35. 35. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 データベース構築後の場合|Database 適用(PSR) 3. 11.2.0.4.0 の Database Home を作成(片ノードで実施) Terminal # oakcli create dbhome -version 11.2.0.4.0 # oakcli show dbhomes Oracle Home Name Oracle Home version OraDb11203_home1 11.2.0.3.8 OraDb11204_home1 11.2.0.4.0 4. Database を確認(片ノードで実施) Terminal # oakcli show databases Database Name | Database Version tpcc 36 Database HomeName OraDb11203_home1 11.2.0.3.8 Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  36. 36. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 データベース構築後の場合|Database 適用(PSR) 5. Database をアップデート、指定 Home 内の全 Database が対象(片ノードで実施) Terminal # oakcli upgrade database -db tpcc -to OraDb11204_home1 # oakcli show databases Database Name | Database Version tpcc 37 Database HomeName OraDb11204_home1 11.2.0.4.0 Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  37. 37. ODA Bundle Patch 2.8.0.0.0 データベース構築後の場合|適用状況の確認 1. 最後に ODA Bundle Patch 適用状況を確認(両ノードで実施) Terminal # oakcli show version –detail 38 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  38. 38. 39 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  39. 39. 40 | Copyright © 2013 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×