Your SlideShare is downloading. ×
0
Oracle Database 12c R1
主要新機能のご紹介
2013年7月3日(水)
日本オラクル株式会社

1

Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights re...
Oracle Database 12c New Features
マルチテナント型のデータベース統合、クラウドに必要な可用性、運用の自動化を提供
Cloud &
Consolidation

Multitenant Architecture

...
1. マルチテナント・アーキテクチャ: プラガブル・データベース
データベース内に仮想的なデータベースを作る機能
 マルチテナント・アーキテクチャでの構成にはMultitenant Container Database (CDB) と呼ばれる...
2. Heat Map
データの参照・更新の状況を保持し、情報ライフサイクル管理の基準となるデータを提供
 データベース、パーティション、列、または、ブロック/エクステントのレベルで利用状況のレポートを発行します
 本機能の利用には、 Ad...
3. Automatic Data Optimization (ADO)
設定したポリシーに従って自動でデータ配置を最適化
 表/表領域単位でポリシーを設定し、データの圧縮やレベル変更を自動で行うことができます
 ポリシーの条件はHeat ...
4. Data Redaction
アクセスするユーザーやアプリケーションに応じてデータをリダクション(編纂)して返す
 ユーザーに対しポリシーを設定することで、結果の返し方を設定します
 結果の返し方は、伏字・置き換え・ランダムなどから選...
5. Privilege Analysis
データベースでの最小権限許諾を遂行するためのチェック機能
 権限とロールの使用状況をキャプチャし結果を専用のディクショナリビューからレポート出力します

 不必要な権限を実績にもとづいて剥奪してい...
6. Flex ASM
ストレージ・グリッドとデータベース・グリッドを分離することで可用性を向上
 データベースインスタンスとASMインスタンスの依存関係を取り除き、それぞれ独立したクラスタとして構成
 ASMインスタンスを持たないRACノ...
7. Far Sync
災害対策サイトなどの遠隔スタンバイでゼロ・データロスを実現
 従来の同期転送でのネットワーク遅延やコミット処理への影響を最小化します
 Far Sync インスタンスと呼ばれるログ転送専用インスタンスから転送処理を行...
8. Global Data Service (GDS)
レプリケーション・サイト間でのフェイルオーバーとロードバランシングを実装
データセンターをまたがる複数のサイト間をサービスとしてまとめ、障害発生時の切り替えをロードバランスを考慮した上で...
9. Application Continuity (AC)
障害時にトランザクションをリプレイ
 最後のトランザクションの結果を返すAPI であるTransaction Guard と連携し必要に応じてトランザクションを再生します

 ア...
10. Consolidated Testing
システム統合後の稼働イメージを再生
 個別に稼働しているシステムの実際の稼働状態をそれぞれ記録し、統合後の状態として合わせて再生することで負荷

状況のシミュレートを行う機能です
 本機能の...
参考: WebLogic Server and Database 12c
WebLogic - DB12c 親和性向上
Application Continuity
NEW!
次期
WLS

Multitenant Architecture
A...
14

Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Confidential – Oracle Restricted
15

Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Confidential – Oracle Restricted
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Oracle Database 12c R1 主要新機能のご紹介

9,275

Published on

https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/entry/column_db12c
2013年7月、Oracle Database の最新版「Oracle Database 12c」の一般提供を開始しました。バージョンにCloudの頭文字「c」を冠した、Oracle Database 12c は、データベース・クラウドのために開発されたオラクルのデータベースです。

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
9,275
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
25
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Oracle Database 12c R1 主要新機能のご紹介"

  1. 1. Oracle Database 12c R1 主要新機能のご紹介 2013年7月3日(水) 日本オラクル株式会社 1 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Confidential – Oracle Restricted
  2. 2. Oracle Database 12c New Features マルチテナント型のデータベース統合、クラウドに必要な可用性、運用の自動化を提供 Cloud & Consolidation Multitenant Architecture Consolidated Testing DB内に仮想DBを複数持つ構成 複数環境の合計負荷テスト Information Lifecycle Management Heat Map Automatic Data Optimization ポリシーベースでデータ運用を自動 化する Security データ利用頻度を目に見える形で レポートする Data Redaction In-Database Archiving DB内でデータをアーカイブと同等に 見せる Privilege Analysis High Availability 2 特権ユーザの利用状況を分析レ ポートとして発行する Flex ASM Cluster DBユーザ毎に動的マスキング Flex Cluster ASMインスタンスとDBインスタンスを 分離して配置 オラクルの新しいクラスタウェア、 Hub&Spoke型のクラスタを構成 Far Sync (Data Guard) Global Data Services Application Continuity 最小負荷でデータロスの無い災対 サイトを構築 複製サイトをまとめてサービス化し、 障害時の切替に負荷分散を適用 DBがダウンした際、成功するまでトラ ンザクションをリプレイする Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Confidential – Oracle Restricted
  3. 3. 1. マルチテナント・アーキテクチャ: プラガブル・データベース データベース内に仮想的なデータベースを作る機能  マルチテナント・アーキテクチャでの構成にはMultitenant Container Database (CDB) と呼ばれる新しいデータベースを 作成します。CDB内にはメモリ領域、プロセス、制御ファイルなどが構成され、各システムはPluggable Database (PDB) と呼ばれる仮想的なデータベース単位で管理されます  単一のCDBに複数のPDBを持つ場合には Multitenant のライセンスが必要です Oracle インスタンス Oracle インスタンス 従来のデータベース構成 データベースごとに独立したイン スタンスを立ち上げメモリ領域を 確保する。 システム・グローバル領域 プロセス群 システム・グローバル領域 プロセス群 データベース データベース (CDB) 制御ファイル アーカイブREDOログファイル データファイル REDOログ・ファイル データファイル ERP 3 データファイル CRM データファイル DWH Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 制御ファイル マルチテナント・アーキテクチャ 複数のPDB間でデータベース・イ ンスタンスとメモリ領域、プロセス などを共有する。 Confidential – Oracle Restricted アーカイブREDOログファイル データファイル REDOログ・ファイル データファイル データファイル データファイル PDB : ERP PDB : CRM PDB : DWH
  4. 4. 2. Heat Map データの参照・更新の状況を保持し、情報ライフサイクル管理の基準となるデータを提供  データベース、パーティション、列、または、ブロック/エクステントのレベルで利用状況のレポートを発行します  本機能の利用には、 Advanced Compression のライセンスが必要です y lic Po y lic Po 古いデータはまれに参照されるが更新 は一定期間行われていない 2 1 直近の過去データは頻繁ではないが参 照され、まれに更新も行われている 頻繁に参照・更新が行われている 4 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Confidential – Oracle Restricted
  5. 5. 3. Automatic Data Optimization (ADO) 設定したポリシーに従って自動でデータ配置を最適化  表/表領域単位でポリシーを設定し、データの圧縮やレベル変更を自動で行うことができます  ポリシーの条件はHeat Mapが取得するデータ操作からの経過時間によりパーティション・表領域のレベルで設定されます  本機能の利用には Advanced Compression のライセンスが必要です y lic Po y lic Po Policy1: 作成から90日後経ったら圧縮 2 ALTER TABLE sales ILM ADD CompressionPolicy COMPRESS Partitions for Query AFTER 90 days from creation; 1 Policy2: 180日以上変更がなければアーカイブ ALTER TABLE sales ILM ADD MovePolicy TIER Partitions TO ‘Archive_TBS’ AFTER 180 days of no modification; 5 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Confidential – Oracle Restricted
  6. 6. 4. Data Redaction アクセスするユーザーやアプリケーションに応じてデータをリダクション(編纂)して返す  ユーザーに対しポリシーを設定することで、結果の返し方を設定します  結果の返し方は、伏字・置き換え・ランダムなどから選択して、Enterprise Managerから指定することができます  本機能の利用には Advanced Security のライセンスが必要です ● コールセンタ 業務に関係ない個人情報は参照させ ないため、社会保障番号やIDなどの情 報は伏字にしてアプリケーションに表示 ポリシーを 有効化して データを リダクション Soc. Sec. # DOB ● 給与担当者 業務上必要となるので、全ての情報を アプリケーションに表示 PIN 115-69-3428 11/06/71 5623 6 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Confidential – Oracle Restricted
  7. 7. 5. Privilege Analysis データベースでの最小権限許諾を遂行するためのチェック機能  権限とロールの使用状況をキャプチャし結果を専用のディクショナリビューからレポート出力します  不必要な権限を実績にもとづいて剥奪していくことで、最小権限でのデータベース運営に近づけることができ、情報漏え いのリスクも最小化することができます  本機能の利用には Database Vault のライセンスが必要です Privilege Analysis Create … Select … Update … DBA role APPADMIN role 7 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Confidential – Oracle Restricted  どのユーザーがどの権 限でどの操作を行なって いるかを分析  高度な権限を持つ ロールが不要なユーザー に与えられていないかどう かをチェック
  8. 8. 6. Flex ASM ストレージ・グリッドとデータベース・グリッドを分離することで可用性を向上  データベースインスタンスとASMインスタンスの依存関係を取り除き、それぞれ独立したクラスタとして構成  ASMインスタンスを持たないRACノードは他ノードのASMクライアントとして動作し、接続先のASMインスタンスがダウンし た場合には、他のASMインスタンスに接続を切り替えます  ASMインスンタンスの障害にデータベースインスタンスが影響を受けなくなるため、データベースサーバは生きたままの運用 が可能であり、更にASMインスタンスの可用性も確保されるようになります RAC Cluster RAC Cluster Database Instance Database Instance ASM Instance Node1 ASM Instance Node2 Node3 Node4 Node5 ASM Cluster Pool of Storage Disk Group A 8 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Node1 Node2 Node3 Node4 Node5 ASM Cluster Pool of Storage Disk Group B Confidential – Oracle Restricted ASM Disk Disk Group A Disk Group B ASM Disk
  9. 9. 7. Far Sync 災害対策サイトなどの遠隔スタンバイでゼロ・データロスを実現  従来の同期転送でのネットワーク遅延やコミット処理への影響を最小化します  Far Sync インスタンスと呼ばれるログ転送専用インスタンスから転送処理を行うため、同期転送時のネットワーク・レイテ ンシを最小限に押さえ、本番環境へのパフォーマンス影響を最小化した上でゼロデータロスの環境を構築します  本機能の利用には Active Data Guard のライセンスが必要です サイトA 同期 本番環境 9 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. サイトB 非同期 Far Sync インスタンス Confidential – Oracle Restricted スタンバイ環境
  10. 10. 8. Global Data Service (GDS) レプリケーション・サイト間でのフェイルオーバーとロードバランシングを実装 データセンターをまたがる複数のサイト間をサービスとしてまとめ、障害発生時の切り替えをロードバランスを考慮した上で 自動的に行い、手動による切り替えのラグや管理の負荷を下げることができます • 複数のデータセンターにスタンバイ環境がまたがっているなどで、複数サイトでの障害などが想定される場合に有効です • 本機能の利用には Active Data Guard が必要です • 従来のバックアップサイト切替 組合せごとに複製や切替の方 法が異なり、また切替時の負荷 分散は手動管理となる Primary Active Standby GoldenGate 10 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Global Data Service 本番環境とスタンバイ環境を複 数まとめてサービスとして登録し、 サービス内で負荷分散を配慮し た切替を行う Confidential – Oracle Restricted Global Data Services
  11. 11. 9. Application Continuity (AC) 障害時にトランザクションをリプレイ  最後のトランザクションの結果を返すAPI であるTransaction Guard と連携し必要に応じてトランザクションを再生します  アプリケーションのエラー処理をコミット状況に応じて分けることができるため、エラー処理のパターンを明確に定義付けるこ とができ、結果として障害時の二重処理や未処理が減るためにユーザーエクスペリエンスを向上させることができます ユーザーがWebアプリケーションから行った処理をデータベースサーバに送信 End User X Application Servers データベースが処理を開始しCOMMITを発行する前に障害でダウン 応答がないため、アプリケーションは Transaction Guard を経由して COMMIT 状態を把握 Network Switches Database Servers 11 COMMIT されていないので Application Continuity を利用してトランザク ションをリプレイ ユーザーには通常通りのトランザクションの成功が返される Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Confidential – Oracle Restricted
  12. 12. 10. Consolidated Testing システム統合後の稼働イメージを再生  個別に稼働しているシステムの実際の稼働状態をそれぞれ記録し、統合後の状態として合わせて再生することで負荷 状況のシミュレートを行う機能です  本機能の利用には、Real Application Testing ライセンスが必要です 個別サーバで運用されているシステム の稼働イメージを個別に取得 SALES HR ERP 複数のイメージを重ねて再生 CRM 12 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Confidential – Oracle Restricted
  13. 13. 参考: WebLogic Server and Database 12c WebLogic - DB12c 親和性向上 Application Continuity NEW! 次期 WLS Multitenant Architecture Application Continuity  Database 12cの新機能を積極的にサポート DB内に仮想DBを複数持つ構成 DBがダウンした際、成功するまでトラ ンザクションをリプレイする Global Data Services 複製サイトをまとめてサービス化し、 障害時の切替に負荷分散を適用 NEW! 次期  WLS インフラ集約を促進する新機能を提供 アプリのコー ドに手を入れ ることでしか 実現不能  既存WebLogicももちろん対応  DB12c対応WebLogic: 11g(10.3.6), 12c (12.1.1, 12.1.2) (※DB12c新機能対応は12.1.2から) Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Confidential – Oracle Restricted Managed Server Managed Server Machine 1 Machine 2 GridLink Data Source 他社App Server 2.残存ノードへの接続を 使ってクエリを再実行 1.FANによりノー ド障害を通知 Listener Database Resident Connection Pooling 対応 DB接続を効率利用し、WebLogicの集約度を向上 13 WebLogic 12.1.2 Oracle Database 12c Listener Listener ONS ONS ONS Machine 1 Machine 2 RAC RAC Node 1 Node 2 RAC Node 3 Machine 3 Down RAC Cluster
  14. 14. 14 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Confidential – Oracle Restricted
  15. 15. 15 Copyright © 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Confidential – Oracle Restricted
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×