Oracle Database Enterprise Edition で解決するデータベースシステムの課題 (12c対応版)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Oracle Database Enterprise Edition で解決する データベースシステムの課題 (12c対応版)

on

  • 13,509 views

 

Statistics

Views

Total Views
13,509
Views on SlideShare
1,503
Embed Views
12,006

Actions

Likes
4
Downloads
33
Comments
0

15 Embeds 12,006

https://blogs.oracle.com 11914
http://www.slideee.com 46
http://feedly.com 19
https://www.google.co.jp 5
http://s.deeeki.com 4
https://bigip-blogs-cms-adc.oracle.com 4
https://twitter.com 3
http://www.google.co.jp 2
http://www.feedspot.com 2
http://news.google.com 2
http://digg.com 1
http://cache.yahoofs.jp 1
http://validator.w3.org 1
http://geechscamp.lovepop.jp 1
http://webcache.googleusercontent.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Oracle Database Enterprise Edition で解決するデータベースシステムの課題 (12c対応版) Oracle Database Enterprise Edition で解決する データベースシステムの課題 (12c対応版) Presentation Transcript

  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Database Enterprise Edition で解決するデータベースシステムの課題 (Oracle Database 12c 対応版) 日本オラクル株式会社 OracleDirect
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また 、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。 以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するもの ではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関し て記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定さ れます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中 の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Database の進化 ~時代の必要性に合わせた機能拡張 ‘92 ‘97 Oracle7 パラレルクエリ Oracle8 パーティション表 Oracle8i コンポジット パーティション FGA(セキュリティ) Java/XML対応 Oracle9i RAC Data Guard Oracle 10g EM Grid Control Clusterware ASM Oracle 11g DB Vault Audit Vault 自動チューニング テスト支援 データ圧縮 エンタープライズ システム 大規模DB 対応 インターネット 対応 ミッションクリティカル 対応 エンタープライズ グリッド 利便性・安全性 強化 可用性と拡張性を 両立するクラスタ 技術と災害対策 機能の実装 システム統合を実現 するグリッド技術によ るオープン化促進 大規模データ管理と 標準技術の採用 セキュリティ強化 と運用最適・ 効率化による データ管理コストの 最適化を実現 様々なデータ活用 ニーズに革新的な 基盤ソリューション を提供 クラウド時代 Oracle Exadata Smart Scan コモディティ機器 Infiniband 超並列データ処理 列圧縮 HW暗号 大規模データ 超高速処理 統合基盤 Oracle 12c マルチテナント・ データベース Consolidation Replay Heat Map Automatic Data Optimization Data Redaction マルチテナント・ アーキテクチャを 始めとする、データベー ス・クラウド実現に必 要な機能強化 データベース・ クラウド基盤 ‘99 ‘01 ‘03 ‘06 ‘09 ‘13 Oracle Databaseの起源 •1977年:ラリー・エリソンが創業 •1977年:CIAのプロジェクト”Oracle”を受注 •1979年:Version2を初の商用RDBMSとしてリリース
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Standard Edition と Enterprise Edition • Standard Edition – 部門システム等に利用 – 求められる要件が低いシステムを、 手ごろな価格で構築可能 – 使用できる機能、 CPUソケット数等に制限あり • Enterprise Edition – 性能、可用性、セキュリティ等を 重視するシステムに不可欠な機能 – オプションにより個別の要件に 柔軟に対応可能 Standard Edition Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Enterprise Edition の利用による課題解決例 運用項目 Standard Edition Enterprise Edition バックアップ オンラインバックアップの取得 (データ量が多くなれば時間もかかる…) 高速増分バックアップ機能で高速にバックアップ (データ量が多くなってもバックアップ時間を最小に) 監視 領域監視 スクリプトで定期的に情報取得 (管理者が手動で実行/分析する必要…) しきい値を設定し、領域が不足する前にアラート通知 (手動監視をしなくても領域問題を速やかに検知) 性能監視 CPU使用率やメモリヒット率の確認 (管理者が手動で実行/分析する必要…) 監視に必要な情報が自動収集+性能劣化時に通知 (手動監視をしなくても性能問題を速やかに検知) 構成監視 OSやDBの情報をExcel等で個別管理 (管理漏れ等により、トラブル解決が長引く…) ホスト/OS/データベースの構成情報の自動取得 (漏れなく情報を収集し、トラブル時速やかに原因究明) チューニング 再現を待ってボトルネックを特定 インフラ担当へ連絡→インフラチューニング 開発担当へ連絡→SQLチューニング (原因の特定に時間がかかる) (各担当に個別に依頼しなければならない) 自動チューニング機能でボトルネックを自動診断+通知 (GUIで問題のSQLを特定して改善アドバイスを取得) (アプリケーションを変えることなく性能を改善) 122% 3年間でのROI 81%削減 DBAの作業時間 ※弊社データセンターに おける実績値 1/18 に削減 バックアップ時間 ※1 Forrester Research, The TEI of Oracle Enterprise Manager Database Management Packs ※1
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | アジェンダ パフォーマンスを向上させる機能 情報ライフサイクル管理(ILM) 可用性を高める機能 データの統合(Consolidation、Integration) データベース・セキュリティ 運用管理、保守
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | アジェンダ:パフォーマンスを向上させる機能 パラレル処理 パーティショニング データ圧縮 結果キャッシュ システムの処理に適した2つの索引 スキルに依存しない性能監視/性能改善(チューニング)
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | CPUがボトルネックだったケースは、わずか 9%(*弊社統計)  マルチコアを使いきることができておらず、ストレージI/Oや非効率なSQLがボトルネック データベースの性能問題に関する近年の傾向 *データ:Oracle Directが直近で実施したパフォーマンスクリニックの結果より 性能ボトルネックの原因の傾向  CPU:9%  ストレージI/O: 43%  非効率なSQL文、索引の設計等 :48% 非効率なSQLが多い ストレージI/Oがボトルネック 効率的な監視による問題点の検出と改善 パラレル処理でCPUを効率よく使う 物理読み込み量を削減する Enterprise Manager(EM) パラレル処理 Oracle Partitioning Compression
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | パラレル処理 • バッチ処理などの時間のかかるSQL処理を高速化 Enterprise Editionでは、1つの処理をパラレル(複数CPU)で実行可能 Standard Edition では 1つのSQLは単一プロセス(CPU)で処理 CPUコアを追加しても、「単一のSQL文」の 処理速度向上は期待できない1つのSQLを複数プロセスを使用して実行 複数のCPUコアを有効に活用することが可能 Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | パラレル処理 • パラレル処理の進化 – インメモリパラレル処理(11gR2~) • 共有メモリを利用した より高速なパラレル処理が可能に – 自動パラレル度設定 • SQL毎に必要とするデータ量と ストレージ能力を照らし合わせて、 パラレル度を自動決定 • パラレル処理の効果 40X 10X 6000万件(13GB)のデータの集計処理が • パラレル処理で、約10倍高速 • インメモリパラレル処理で約 40倍高速
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 複数のSELECT結果のマージの実行時間短縮 • Union(ALL)での各SELECTの同時実行 DB12c EE~ DB11g、DB12c SE 30+α 秒 Union (ALL)検索 それぞれのSELECTはシリアル実行 (個々のSQLはパラレル化可能) 10+20+30+α 秒 10秒かかる 20秒かかる 30秒かかる Union (ALL)検索 複数のSELECTを同時に実行可能に 10秒かかる 20秒かかる 30秒かかる Enterprise Edition • リモート表(DBLINK経由)が対象の場合、特に大きな効果が見込まれる
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | パーティショニング • 大量データ/長期間のデータ保持を効率化 – データ量の増加による 性能劣化の抑止 – 統計収集やバックアップ等のメンテナンス時間短縮 Partitioning 機能を使わない場合 データ量が増えると、検索時のアクセス対象 も増大(I/O増加) 必要なパーティション表だけにアクセス DiskI/Oを削減し、性能を向上 Enterprise Edition Partitioning Option
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | パーティショニング • Oracle Partitioningの効果 – データの検索範囲に合わせて表を分割 検索時にアクセスする範囲が限定され検索性能が向上 (例)月単位で分割して、直近のデータのみにアクセス (例)契約会社ごとにデータを分割、自社のデータのみにアクセス – 運用(バックアップや統計取得)をパーティション単位で実施可能 処理時間の検証 Enterprise Edition Partitioning Option
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データ圧縮 Oracle Advanced Compression • 格納データ量:約1/2から1/3(ストレージ容量の節約) • ディスクI/O量が減り、性能向上 検索処理時間の検証 検索処理における 処理時間の内訳イメージ 更新処理における 処理時間の内訳イメージ 更新処理時間の検証 非圧縮環境 非圧縮環境 圧縮環境 圧縮環境 更新のオーバーヘッド もほとんどない ■CPU時間 ■I/O時間 検索の処理時間が 大幅に短縮 ■CPU時間 ■I/O時間 Enterprise Edition Advanced Compression Option
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 問い合わせ結果をキャッシュ、検索性能の性能向上 結果キャッシュ • SQL問合せの結果とPL/SQLファンクションの結果をメモリ領域に格納 • 問合せおよびファンクションが繰り返し実行される場合、結果をキャッシュ・メモリ ーから直接取得することで、レスポンス時間を高速化 Inventory Back Orders Line Items Pick Lists Orders 従来のキャッシュ 結果キャッシュ Inventory Back Orders Line Items Pick Lists Orders 読み込みブロック全体 をキャッシュ SQL検索結果のみ キャッシュするため、 読み取りがより高速 結果 Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 結果キャッシュの活用検証 • PL/SQLファンクション結果キャッシュの活用による再帰処理の高速化 100.00 50.57 0 20 40 60 80 100 120 なし あり 結果キャッシュなし 結果キャッシュあり □PL/SQLファンクション結果キャッシュ設定例 (商品マスター表から単一商品の価格を取り出すファンクション) create or replace function get_price(v_prod_name in varchar2) return number result_cache relies_on(test.prod_tbl) as v_prod_price number(10); begin select price into v_prod_price from prod_tbl where prod_name = v_prod_name; return v_prod_price; end get_price; □ 実行時間の比較(結果キャッシュなしを100とした場合) 結果キャッシュの活用により、実行時間を削減 Enterprise Edition  商品マスター表(10,000件)から単一商品の価格を取り出すファンクションを100,000回実行
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 集計処理の高速化 マテリアライズド・ビュー(MVIEW)およびクエリー・リライト • 複雑な集計や結合処理の結果を保持、データの集計分析処理性能を向上 • クエリー・リライト機能により、アプリケーションの改修の必要なし – 実表に対する問い合わせが自動的にMVIEWを参照するよう書き換えられる 集計・結合結果を MVIEWとして作成 表A 表B 受注集計(MVIEW) Select ~ From 表A,表B Where ~ Select ~ From 受注集計 Where ~ クエリーリライト でMVIEW参照に 自動書き換え 受注の集計 をしたい… 更新データは、高速リフレッシュで 差分のみ適用可能 Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | システムの処理に適した2つの索引 OLTPに適したBツリー索引/DWHに適したビットマップ索引 Bツリー索引 ビットマップ索引 カーディナリティの高い (種類の多い)列に適している カーディナリティの低い (種類の少ない)列に適している ORを使用した検索には それほど適していない OR条件などのビット演算による 高速な検索を行うことが可能 更新のオーバーヘッドが大きい 更新のオーバーヘッドが非常に大きい OLTP向き DWH向き 索引のサイズ比較的大きい 索引のサイズ比較的小さい 標準機能 EEのみ 1~40 1~20 20~30 1..10 11..20 21..30 31..40 ROWID 男 女 ID1 1 0 ID2 0 1 Bツリー索引のイメージ ビットマップ索引のイメージ Enterprise Edition • EEなら、より効率的に索引のメンテナンスを実現可能! • オンラインでの索引再ビルドおよび索引構成表編成 • 索引作成および再ビルドのパラレル実行 索引再構築や再作成に 時間がかかり、夜間メンテナンス が終わらない・・・
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | DWH システムでのビットマップ索引の効果 活用例:売上表と顧客表に基づいた購買分析 列 値の種類 ID ユニークな数値 名前 ランダムな文字列 性別 男/女 地域 5地域 列 値の種類 ID ユニークな数値 ユーザID 顧客表のIDに紐づくID 購買日 日付 商品 6種類 顧客表 30万件 約24MB 売上表 50万件 約40MB Bツリー索引もしくは ビットマップ索引を作成 顧客表と売上表を結合した ビットマップ結合索引を作成 0.29 1.00 0.19 1.00 ビットマップ索引 Bツリー索引 INDEX ビットマップ索引 Bツリー索引 INDEX 索引サイズ(相対比) Bツリー索引 (性別) ビットマップ索引 (性別) Bツリー索引 (地域) ビットマップ索引 (地域) CREATE BITMAP INDEX bitmap_join_idx ON 売上表(顧客表.性別,顧客表.地域) FROM 売上表 JOIN 顧客表.ID WHERE売上表.ユーザID, 顧客表.ID ビットマップ索引はコンパクト! Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | DWH システムでのビットマップ索引の効果 活用例:売上表と顧客表に基づいた購買分析 100% 62.9 % 30.5% 100% 62.58% 2.42%0% 20% 40% 60% 80% 100% 120% 時間 物理読込 フルスキャン ビットマップ索引 ビットマップ結合索引 2.関東に住む女性の購買分析 100% 61.5% 0.7% 100% 16.72% 0.04% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 120% フルスキャン ビーツリー(gender/area) ビットマップ(gender/area) 時間 物理読込 1.関東に住む男女比の分析 フルスキャン Bツリー索引 ビットマップ索引 表の結合を含む分析の場合は、 ビットマップ結合索引を使用することで改善! Bツリー索引では改善しきれない性能が、 ビットマップ索引を使用することで、大幅改善! Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | スキルに依存しない性能監視 Oracle Enterprise Manager Diagnostics Pack Enterprise Managerがあれば! 一般的に必要な監視項目は事前設定、自動情報収集済み • 過去の情報も遡って確認可能 • 事前定義済みしきい値により、アラート通知 様々なツールやコマンドを駆使して管理・監視 • 情報の収集に手間と時間がかかる • 十分な情報収集がなく、問題発生時に困ることが多い • 収集した情報のグラフ化、レポート化のコスト Enterprise Managerがないと… Enterprise Edition Enterprise Manager Diagnostics Pack
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 性能監視(自動情報収集、アラート通知) • データベースの監視に必要な稼動情報(メトリック)を自動的に収集・保存 • 監視項目(メトリック)に対し「しきい値」を設定、管理者にアラート通知可能(メール通知も可能) • 障害分析用の履歴データやキャパシティプランニングにも活用可能 メトリックの例 ■運用管理 データベースの稼動確認 リスナーの稼動確認 アラートログの定常監視 ■領域管理 表領域の空領域監視 ■性能 CPU使用率の監視 メモリ使用量の監視 DISK I/O性能の確認 アクティブセッション数の確認 しきい値を超えるとアラートが発生 履歴データも簡単に参照可能 「警告」と「クリティカル」の 2段階のしきい値 アラート発生時に自動的に 実行する処理の定義 Enterprise Edition Enterprise Manager Diagnostics Pack
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 性能改善(チューニング・アドバイザ機能) Enterprise Managerがあれば! SQLチューニングに必要な多くの作業を自動化できる • パフォーマンス画面から非効率なSQL文を特定 • 「チューニング・アドバイザ」を使ってアドバイスを取得 • アプリケーションを変更することなく、チューニング可能 SQLのチューニングには、複雑な調査と時間が必要 • 非効率なSQL文を見つけるために、処理を再現 • 非効率なSQLを特定 • 非効率なSQLの実行計画を取得し、分析(専門家に依頼) • SQL文を変更(アプリケーション変更) • チューニングの効果を測定(十分な効果を得られなかった場合に は、再度SQL文を分析) Enterprise Managerがないと… Enterprise Edition Enterprise Manager Tuning Pack
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 性能改善(チューニング・アドバイザ) • (例)SQL文のチューニング アドバイスボタン をクリック リアルタイムで負荷状況を確認 (過去にさかのぼって確認可能) 負荷の高いSQL文や セッションを特定可能 アドバイスと効果。実装したい項目をクリック Enterprise Edition Enterprise Manager Tuning Pack
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Enterprise Manager (リアルタイムSQL監視によるチューニングの効率化) 各ステップごとの実行 タイミングや実行時間、 待機イベントの発生 個所などが分かる 「今ここ!」マークで、現 在どの処理が実行されて いるかが分かる • 時間のかかるSQLを自動的に取得/表示、処理の進捗状況や処理時間の内訳を確認可能 • チューニングに必要な情報をまとめて保存、チューニング担当者に送付可能 Enterprise Edition Enterprise Manager Tuning Pack 進行状況がわかるため、 「あとどれくらいでバッチ 処理が終了するか」等の 見当をつけられる
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | デモ Oracle Enterprise Managerによる 性能改善
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | チューニングの例 (シリアル実行)
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | チューニングの例(パラレル処理に変更)
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | チューニングの例(インメモリ・パラレル処理化)
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | アジェンダ:情報ライフサイクル管理(ILM) Heat Map機能 Automatic Data Optimization
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 効率的なデータの保存管理(ILM) アクセス頻度などのサービスレベルに応じたデータの分割管理 • パーティショニングとCompression による、データの効率的な管理 (例)古いデータを 「パーティション毎削除」、「高圧縮領域に移動」、「読み取り専用にして定期バックアップから除外」 ハイエンド ストレージ層 ローコスト ストレージ層 オンラインアーカイブ ストレージ層 オフライン アーカイブ 高アクセス 低アクセス 履歴データ アーカイブ Q4Q4 4年前 新年度 Q1 Q1Q4Q3 Q2 1年前 ・・・ ・・・ パーティショニング データ圧縮 4年前以降 Enterprise Edition Partitioning Option Advanced Compression Option
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データの移動・圧縮の自動化 • 適切な対策を適切なタイミングで実施 – Heat Map機能 • データへのアクセスパターンを内部的に記録 (アクセスが最後に発生した日時など) – Automatic Data Optimization機能 • ILMアクション(圧縮/移動)の自動化 • タイミングをポリシー設定 • アクセスパターン(Heat Map情報)を利用 Enterprise Edition Advanced Compression Option ALTER TABLE sales ILM ADD CompressionPolicy COMPRESS Partitions for Query AFTER 90 days from creation; ALTER TABLE sales ILM ADD MovePolicy TIER Partitions TO ‘Archive_TBS’ AFTER 180 days of no modification; Policy1: 作成から90日後経ったら圧縮 Policy2:180日以上変更がなければアーカイブ
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | アジェンダ:可用性を高める機能 Automatic Storage Management(ASM) Real Application Clusters(RAC) Data Guard/Active Data Guard GoldenGate Flashback Technology
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データベース・システムの停止の種類 停止の種類 原因 説明 計画外停止 サイト障害 • 停電、自然災害、テロ、悪意ある攻撃 • サイト全体のNetwork障害 クラスタ障害 • クラスタ内の全サーバー停止 • インターコネクト全障害、クラスタウェア障害 ノード (サーバ)障害 • ハードウェア、NIC障害 • OS障害、インスタンス障害 ストレージ障害 • ディスクドライブ障害 • ディスクコントローラ障害 データ破損、 書込み欠落 • OS、ストレージデバイスドライバ障害 • ソフトウェアの不具合 人的エラー • 入力ミス • ファイル、テーブル等の誤削除 計画停止 システム変更 • クラスタノード、ストレージ追加、ディスク追加 • H/W、ソフトウェア、アプリケーションのアップグレード、パッチ適用
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データベースの停止への対策 停止の種類 原因 対処するための主な機能 計画外停止 サイト障害 • Data Guard/GoldenGateによる複数DBの保持 クラスタ障害 • Data Guard/GoldenGateによる複数DBの保持 ノード (サーバ)障害 • Data Guard/GoldenGateによる複数DBの保持 • RAC/RAC One Node によるフェイルオーバー ストレージ障害 • Data Guard/GoldenGateによる複数DBの保持 • ASMによるミラー化、自動リバランス データ破損、 書込み欠落 • ASMによるミラー化、破損修復 • RMANによるブロック単位でのリストア、リカバリ • Active Data Guardによる自動ブロック修復 人的エラー • Flashbackテクノロジ 計画停止 システム変更 • Data Guard/GoldenGateによる複数DBの保持 • RACのローリングパッチ適用 • ASMのリバランス • オンライン・メンテナンス
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データベースのボリューム・マネージャ兼ファイル・システム Automatic Storage Management(Oracle10g~) 複数のディスクを「ディスク・グループ」として一つの単位で管理 • ASMの代表的な機能 – ストライピング:ディスク・グループ内の、全てのディスクで ストライピング (ホットスポットが発生しない) – ミラーリング:ファイルの種類に応じて、 Oracleレベルでミラーリング (ミラーなし / 二重化 / 三重化) – 動的リバランシング: ディスクの追加/削除時に自動的に再配置
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ダウンタイムの極小化 Oracle Real Application Clusters • 高可用性:Active-Activeのクラスタ構成 障害時に別ノードで処理を引き継ぎ、サービスの継続提供 • 高拡張性:サーバの追加によって容易にスケールアウトが可能 Active Active Active 障害 障害発生 Enterprise Edition Real Application Option Or Standard Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | HA構成、RAC One、RACの比較 HA構成 RAC One Node RAC イメージ メリット ・既に他社のクラスタウェアを利用している場 合は、他の環境と統一できる ・全てオラクル製品で統一できる ・計画停止(メンテナンス等)時 オンラインでのノード切替が可能 ・全てオラクル製品で統一できる ・2台分のサーバ・リソースによる負荷分散 ・サーバ障害時 ダウンタイム極小(数十秒) デメリット ・利用可能サーバ・リソースは常に1台 ・サーバ障害時の切り替え時間がかかる (ノード、ストレージパスの切り替え) ・Oracle DBに関して監視できる項目が少 なく、問題切り分け工数がかかる ・利用可能サーバ・リソースは常に1台 ・サーバ障害時には自動的にもう1台のサーバ に切り替わるが、若干のダウンタイムが発生 (数分~数十分) ACTIVE STANDBY DB 他社Clusterware DB ACTIVE ACTIVE Oracle Clusterware DB ACTIVE STANDBY DB Oracle Clusterware DB
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | リアルタイム・データベース複製、災害対策 Oracle Data Guard(Oracle9i~) • 本番データベースのコピーを作成し、データを保護 • 災害対策/データ保護、移行/アップグレード DB ログを転送 REDOログ 適用 REDOログ情報を 自動的に転送 本番データベース スタンバイ・データベース  データ誤差無し  高速なデータ同期、ネットワーク帯域小  トランザクションの順次性保障 Enterprise Edition 同期転送 (SYNC) 非同期転送 (ASYNC) データ保護 プライマリの更新はスタ ンバイへの転送完了後 に確定 プライマリでの更新はス タンバイへの転送未完 了でも確定 性能への 影響 あり スタンバイへの更新適 用を待機 なし
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | アクティブなスタンバイ・サイトを実現 Oracle Active Data Guard(Oracle11g~) 本番データベース スタンバイ・データベース ネットワーク ログ転送 Active Data Guard DRサイトの利活用破損データブロック の自動修復機能 Enterprise Edition Active Data Guard Option スタンバイサイトのリソースを徹底活用し、TCOの大幅削減が可能
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 遠隔地スタンバイ構成での同期転送 Far Sync • 同期転送のオーバーヘッド軽減  近距離の遠隔同期インスタンスまでの同期転送 • ゼロ・データロスの実現  Primary DB 停止時にも、必要な REDO データは 遠隔同期インスタンスへ転送済み • 最小限のファイル構成  遠隔同期インスタンスは制御ファイルと REDO ログファイルのみから構成 • シームレスなロール変換  遠隔同期インスタンスを意識せずスイッチオーバーの実行が可能 Standby Primary 同期転送 非同期転送 Far Sync 遠隔地スタンバイで実現が難しかった 「ゼロ・データロスのスタンバイ構成」を実現 Enterprise Edition Active Data Guard Option
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | リアルタイム・データ・レプリケーション Oracle GoldenGate • 既存のデータベースやネットワークへの負荷は最小限 • 稼働中のデータベース同士で双方向に連携が可能 • 異なるデータベースやOSの種類・バージョンで構成されたシステム間での連携が可能 • データベース全体だけではなく、表・列など必要な部分に絞った柔軟な連携が可能 ログの高速転送 システムA Database GoldenGate Database GoldenGate 双方向同期 片方向データ複製 システムB Oracle GoldenGate
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | RAC RAC One Node Data Guard/ Active Data Guard GoldenGate 機能概要 Active-Activeのサーバ・ クラスタ構成 Active-Standbyのサー バ・クラスタ構成 同期/非同期でのログ転送 によりデータベース複製 異環境間でも実現できる リアルタイム・レプリケーション 適応ケー ス • サーバ障害やインスタンス 障害発生時のゼロダウンタ イム • 複数ノードのリソースを活 用して性能拡張 • 低コストでサーバ冗長化を 実現したい • 計画停止時(メンテナン ス)のダウンタイムゼロ • 完全なデータベースの複製 • あらゆる障害リスクに対応 した強固な構成 • スタンバイ側リソースを有効 活用(参照処理のオフロ ード/バックアップ実行) • 異種OS,データベースを混 在した構成 • SE(One)で実現 • オブジェクト/スキーマ単位 で連携 留意点 • サーバのクラスタリングなの で、サイト障害/ストレージ 全損/ブロック破損には対 応できない • サーバのクラスタリングなの で、サイト障害/ストレージ 全損/ブロック破損には対 応できない • スタンバイ側の更新は不可 • 同一のデータベース同士で あることが原則 • ブロック破損に対処できな い • データベース自体は論理 的な複製なので、リカバリ に時間と手間がかかる 可用性を高める各種機能の比較
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 人的エラーへの対応 Oracle Flashback Technology • Flashback Technologyが必要とされる背景 • アプリケーション障害の約40%はオペレータまたはユーザーのエラー • ユーザーエラーの復旧は非常に困難 • Flashback Technologyの目的 • 人為的(ユーザー)エラーからの早急かつ容易な復旧(数分でシングル・コマンドで復旧) - 間違ったデータの削除、間違った表の削除、違うバッチを流してしまった など • Flashback Technologyの効果 • データベースのバックアップ全体のリストアは不要 - 変更されたブロックのみをリストア、DBを特定時点にまで戻す • 過去データの参照が可能! - 不正なデータ改竄防止に効果 Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Flashback Technology の種類 機能名 使用する領域 利用するデータ 概要 機能カテゴリ 指定方法 使用可能な エディション Flashback Query UNDO UNDOデータ テーブル単位で過去時点のデータを表示 参照 SCN TIMESTAMP SE/EE Flashback Version Query UNDO UNDOデータ 指定した時間間隔のすべての変更履歴を 行単位で表示 参照 SCN TIMESTAMP SE/EE Flashback Transaction Query UNDO UNDOデータ サプリメンタルログ 一定期間に行われたトランザクションの 変更履歴とUNDO_SQL文を表示 参照 XID EE Flashback Data Archive FDA領域 履歴表データ 一定期間の履歴データを保持し、 テーブル単位で遠い過去のデータを表示 参照 SCN TIMESTAMP EE +Adv.Comp Flashback Transaction UNDO UNDOデータ サプリメンタルログ トランザクション単位での操作取り消し リカバリ XID EE Flashback Table UNDO UNDOデータ テーブル単位で過去の時点へ復旧 リカバリ リストアポイント SCN TIMESTAMP EE Flashback Drop RECYCLEBIN RECYCLEBIN Drop したテーブルを復旧 リカバリ テーブル指定 SE/EE Flashback Database 高速リカバリ 領域 Flashback log データベース全体を過去の特定の時点に復旧 リカバリ リストアポイント SCN TIMESTAMP EE Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Flashbackの機能で救われた実例 RAC/ASM構成(Exadata) +Data Guard による DR環境 性能を重視しセカンダリに Flashback Log を確保 RAC+ASM カットオーバ直前(数時間前)に 実施したバッチが誤っていた (通常の復旧作業では間に合わない・・) DG Switch Over 運用で ロール切替(正副入替) Flashback DB 機能で 処理実行直前へ巻き戻し DG Stand by 再構築 再びDG Switch Overで ロール切替(正副) 正規の処理を確実に実施 -> 無事運用開始へ https://blogs.oracle.com/dbjp/entry/exadata_000193 Flashback Database RAC+ASM DataGuard Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | アジェンダ:データの統合(Consolidation、Integration) マルチテナント(Multitenant) リソースマネージャ Enterprise Manager
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 複数データベースのマルチテナント統合 Oracle Multitenant 顧客管理 DB 販売管理 DB 経理 DB これまでのデータベース・アーキテクチャ  メモリ、プロセス、データファイルによって構成 データベースごとに専有のメモリやプロセスが必要  企業によっては、数百のデータベースがあるケースも稀ではない マルチテナント・コンテナ・データベース (CDB) Oracle Database 12c マルチテナントを実現する新しいアーキテクチャ  メモリとバックグラウンドプロセスは共有  運用管理はデータベース単位で  システムはPDB毎に稼働 Enterprise Edition Multitenant Option
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データベース統合手法の進化 スキーマ統合の課題を解決するマルチテナント・アーキテクチャ Hypervisor OS DB App OS DB App OS DB App App App OS 12c CDB PDB PDB PDB App App App スキーマ スキーマ スキーマ サーバ物理統合 インスタンス統合 スキーマ統合 1台もしくは複数台の サーバーにまとめる OSを1つにまとめ、 インスタンス単位で統合 インスタンスを1つにまとめ、 スキーマ単位に統合 マルチテナント化 インスタンスを1つに データベースは複数 OS DB App OS DB App DB App DB App Enterprise Edition Multitenant Option
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | マルチテナント・アーキテクチャ  メモリとバックグラウンドプロセスは共有  1つのコンテナDB(CDB) に、複数の仮想DB(PDB) を構築  管理リソース(制御ファイル、REDOなど)は効率的に共有  運用管理はデータベース単位  アップグレード、バックアップなど(PDB毎でも可)  パッチ適用はCDB  システムは PDB ごとに稼働  1つのデータベースに複数作ることができる  アプリケーション&DBに変更は不要  移動、コピー、環境作成などは簡単なコマンドで実施できる データベース Oracle インスタンス システム・グローバル領域 バックグラウンド・プロセス群 PDB : ERP データファイル PDB : CRM データファイル PDB : DWH データファイル  全体の可用性・対障害性  RAC、スタンバイ(DataGuard)構成に対応 制御ファイル、REDOログファイル、 アーカイブREDOログファイル Enterprise Edition Multitenant Option
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データベース統合を支える効率的なリソース管理 Oracle Resource Manager • サーバ内の柔軟なリソース制御が可能 • 処理特性毎にリソース利用ポリシーを定義、アプリケーション毎のサービスレベル管理が可能 • 時間帯による運用切り替えも可能 • インスタンス・ケージング インスタンス単位のCPUリソース制限可能 • Maximum Utilization Limit 特定グループの CPU リソースの 使用率を任意の値に制限可能 • I/O Resource Manager (Exadataのみ) コンシューマグループ毎にIO帯域を割り当て、 優先度に応じたサービスレベルの管理が可能 Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 複数データベース環境を1つの画面で一括管理 Oracle Enterprise Manager Cloud Control ・1つのDBを1つの箱で表現 ・負荷が高いDBは面積が大きく表示される ・主な負荷のタイプ(CPU負荷やIO負荷や 待機)により色分けされる DB1 DB2 DB3DB4 DB5 クリックで各DBに ログイン可能 管理している全てのDBに 対するインシデントが確認 可能 複数DB対して情報の 表示やログインが可能 ※Cloud Control の 利用には外部サーバが 必要
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | アジェンダ:データベース・セキュリティ データの暗号化機能(Advanced Security) 不正アクセスの検知・防御(Database Firewall) 取り漏れのない監査・モニタリング(Audit Vault) アクセスレベルに応じたデータ・リダクション(Data Redaction) 機密性の高いデータのテスト環境の作成(Data Masking)
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データベースのセキュリティ対策 Sensitive Confidential Public クライアント Block Log Allow Alert Substitute 外部からの攻撃 データ盗難/紛失 原因追究 と対策 データの暗号化 (DB内データ/バックアップデータ) データの アクセス制御 不正アクセス ブロック・検知 監査ログの 取得・モニタリング 権限に応じた データアクセス
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データの暗号化機能 透過的データ暗号化 • Oracle Database内部で暗号/復号処理を行うため、アプリケーションの変更な し • 性能への影響を最小限にした暗号化機能が可能 バックアップデータ の暗号化 データの暗号化 AES-NI との組み合わせにより、さらに高速な暗号化処理を実現 (Advanced Encryption Standard New Instructions) Intel® Xeon® プロセッサー 5600 番台から搭載された新しい命令セット 暗号化/復号処理を プロセッサー側で高速処理 非暗号 暗号(AES-NI使用) 暗号(AES-NI未使用) 500GBの表に対するSELECT文の処理時間 Enterprise Edition Advanced Security Option
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 不正なデータベースアクセス対策 Oracle Database Firewall Block Log Allow Alert Substitute (変換) Database Firewall Server (SQL文法解析による正確なブロッキング) Sybase IBM Microsoft 正規アクセス • ホワイトリスト/ブラックリストによるブロッキング • OS/DBユーザ名、IPアドレス、アプリケーション名、SQL文などの 要素の組み合わせで定義 外部からのSQLインジェクション 開発者・管理者の内部アクセス 不正アクセス Oracle Audit Vault and Database Firewall
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 従来の監査機能 Unified Auditing(12c~) 監査対象オブジェクト の定義 監査対象毎に定義 ポリシー定義により、一つのポリシーで DB内のすべてを監査可能 監査条件の指定 指定不可 条件と監査頻度の指定可能 監査対象ユーザの指定 BYで監査ユーザ指定 BYで監査ユーザ指定 EXCEPTで免除ユーザ指定 監査ログ書き込み の仕組み 同期書き込みのみ ログのとり漏れはないが、パフォーマンスへの影響があり 同期書き込み ログのとり漏れはないが、パフォーマンスへの影響があり 非同期書き込み DBが異常停止の場合、SGA上のログが失われる可能性がある ログの書き込み先 監査の種類による (OSファイル、Syslog、XMLファイル、内部表) UNIFIED_AUDIT_TRAIL に統合 ユーティリティ操作のログ 取得不可 取得可能 (RMAN、DataPump、exp/imp、 SQL*Loader Direct Path Load) 低負荷、機能強化されたデータベース監査機能 Unified Auditing(標準機能) 監査設定が簡易に 除外ユーザ設定が 可能に パフォーマンスへの影 響を小さくすることが 可能に ログを一元的に管 理・分析することが 可能に ログを一元的に管 理・分析することが 可能に
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | OS, ディレクトリ 独自ログの監査ログ 取り漏れのないデータベース操作ログ取得 Oracle Audit Vault and Database Firewall Audit Vault Server アプリ ケーション データベース スイッチ Database Firewall Server Sybase IBM Microsoft Firewall のログレポート・分析、アラートメール Oracle Audit Vault and Database Firewall
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Audit Vault and Database Firewall 最小限の投資で最大限のセキュリティ対策を実現 モニタリングとブロッキングの両方を、 シンプルかつお求めやすい価格で提供 ソフトウェア・アプライアンスで簡単・短期間に構築 • インストールは1日で完了。監査目的であれば、約1ヶ月で構築可能
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 権限に応じたリアルタイム・データリダクション Oracle Data Redaction • ユーザーの権限やクライアント情報に応じてリアルタイムにデータをリダクション • アプリケーションのコード修正は不要 • コールセンターやサポート業務などの職責に応じた顧客情報へのアクセス制御の実現、 PCIDSSに対応したクレジットカード番号の表示、アプリ開発者の直接アクセスも制御 クレジットカード番号 4451-2172-9841-4368 5106-6342-4881-5211 4891-3311-0090-5055 データ 責任者 業務 オペレーター ポリシーの条件となる要素 - IPアドレス - DBユーザー - 時間 - - アプリケーションID等 Policy Enterprise Edition Advanced Security
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 機密性の高いデータの検証DB環境の作成 Oracle Data Masking • 機密性の高い情報を不可逆な形式にマスキング – 個人情報、医療情報、患者情報、クレジットカード番号・・・ • 稼働中のデータベースのデータ特性を維持しつつテスト用に最適化 – 列データの要素数、分布、件数などが本番データと同等になるようにマスキング – マスキングされたデータで実稼働と同条件でのクエリー実行 • 定義済みフォーマット・ライブラリを提供 LAST_NAME CREDIT_ID SALARY ANSKEKSL 111—23-1111 60,000 BKJHHEIEDK 222-34-1345 40,000 LAST_NAME CREDIT_ID SALARY AGUILAR 203-33-3234 40,000 BENSON 323-22-2943 60,000 本番データベース テスト・データベース Enterprise Edition Masking Pack
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Database Security Products 解決策と製品のまとめ セキュリティ観点 解決策・機能名 製品名 データの暗号化 透過的データ暗号化(TDE) Oracle Database Enterprise Edition + Oracle Advanced Security Option 不正なデータベースアクセスのブロック・検知 Database Firewall Oracle Audit Vault and Database Firewall 取り漏れのないデータベース監査ログの取得 Audit Vault Oracle Audit Vault and Database Firewall 権限に応じたリアルタイム・データリダクション Oracle Data Reduction Oracle Database Enterprise Edition + Oracle Advanced Security Option 機密性の高いデータの検証DB環境の作成 Oracle Data Masking Oracle Database Enterprise Edition + Oracle Data Masking Pack
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | アジェンダ:運用管理・保守 オンライン・メンテナンス バックアップ・リカバリ(Recovery Manager) テストの効率化(Real Application Testing) システム構成情報管理
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 計画停止時間を極小化 オンライン・メンテナンス • ストレージのパラメータ変更、表領域の変更、表の定義変更などの再定義を、 オンライン状態(トランザクション(DML)が発生している状態)で実行可能 メカニズム 元表(emp) 仮表(int_emp) ② 更新履歴の記録 ① 表データの変換 ③ 更新履歴の反映 スナップショット・ログ 適応例 Empno Name Salary Hire_Date 100 林 真彦 350,000 2001/06/01 200 鈴木 成美 250,000 2010/04/01 Empno Name Sal Hire_Date Deptno 100 林 真彦 385,000 2001/06/01 10 200 鈴木 成美 275,000 2010/04/01 10 列名変更 1.1倍 削除 列追加 パーティション化 索引 索引再構築 ※実行後、元表はユーザーが削除、スナップショットログは自動削除されます ④ 表の入れ替え Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | システム停止による機会損失を防ぐ オンライン・メンテナンス • オンライン・メンテナンス機能により、 システムを停止することなくメンテナンス作業を実施できます Enterprise Edition 機能 Enterprise Edition Standard Edition 機能概要 オンライン索引ビルド ○ × オンラインで索引の構築/再構築が可能 オンライン表再編成/再定義 ○ × オンラインで表の論理/物理構造を 再定義することが可能 オンライン列追加/変更 ○ ○ オンラインで列の追加/変更が可能 オンラインパーティション操作 ○ × オンラインでパーティションの 追加/削除/移動などの操作可能
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | オンラインでのデータファイルの移動 MOVE DATAFILE コマンドによるファイルの移動 • データファイルの MOVE/RENAME ALTER DATABASE MOVE DATAFILE '<移動前のパス>' TO '<移動後のパス>'; 表領域 X Disk1 Disk2 Datafile1 Datafile2 Datafile3 Datafile2 オンライン実行 • DB が ONLINE の状態で実行可能 • 表領域の OFFLINE 化不要 • コマンド実行中の更新も移動先に反映 ファイルの自動コピー • 物理ファイルのコピーも実行 • 手動でのファイルのコピー、移動は不要 • ASM にも対応 ※ コマンド実行中は最大で (移動するファイルサイズ x 2) の DISK 領域が必要 Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracleの推奨するバックアップ・リカバリ Recovery Manager(RMAN) • バックアップ、リストア、リカバリ、バックアップ・ファイルの管理用ユーティリティ – 操作がシンプル – バックアップファイルの管理が容易 (必要なバックアップのセットを一元管理など) – Oracleのデータブロックを利用しているため、効率的に復旧可能 – バックアップのサイズ縮小、高速化の機能 – リカバリアドバイザによる、復旧時間短縮 リストア/リカバリの時間 障害解析に要する時間 総ダウンタイム 障害解析に要する時間 =人間が考えている時間 リカバリアドバイザ で短縮可能!
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 様々なバックアップ・リカバリ機能を搭載 Recovery Manager(RMAN)で実現できること SE EE 機能概要 増分バックアップ 〇 〇 オンラインバックアップ 〇 〇 ARCHIVE LOGモードでの運用が必要 高速増分バックアップ (ブロック変更トラッキング) × 〇 増分バックアップの際、EEではバックアップ時間の短縮が可能 ・ SE:すべてのデータにアクセス ・ EE:更新部分のみの読込みだけにアクセス ブロックのスキップ (未使用ブロックの圧縮) × 〇 バックアップ・サイズを大幅に縮小可能 ・ SE:RMANでデータファイルのすべてのブロックが読み取る ・ EE:バックアップ時にその時点で未使用のブロックを削除 ブロックレベル・ メディア・リカバリ × 〇 1つのブロックが破損した場合 ・ SE:データファイルをオフラインしバックアップをリストア ・ EE:ブロック単位にリカバリが可能、短時間で復旧可能 パラレル・バックアップ/リカバリ × 〇 RMANのバックアップ操作を並列化、高速なバックアップ実行が可能 表領域のPoint-in-Timeリカバリ × 〇 他の表領域およびオブジェクトには影響を及ぼさずに、過去の時点まで迅速に表領域をリカバリ 試行リカバリ × 〇 メディア・リカバリ時の問題解決の手段として、リカバリのシミュレーションができる機能。試行リカバ リはメモリー内でのみ発生。 ファスト・スタート・リカバリ × 〇 インスタンス障害またはシステム障害からのリカバリにかかる時間を予測できる機能。 Enterprise Edition
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 増分バックアップ 高速増分バックアップ (Enterprise Edition) 特徴 • データ・ファイル全体を読み込み、更新のあった ブロックをコピーする • データの変更時に更新ブロック情報を記録 • バックアップ時は記録されたブロックのみを読み込み バックアップに要する時間 全体バックアップと比較して変わらない 全体バックアップと比較して短縮可能 イメージ図 バックアップサイズの縮小、高速化 高速増分バックアップなど 水 火 月 月 水 火 火 月 水 水 月 火 RMAN 水 水 水 水 水 火 月 月 水 火 火 月 水 水 月 火 RMAN ブロック・チェンジ・ トラッキング・ファイル CTWR 水 水 水 水 Enterprise Edition Enterprise Editionでは、 •未使用ブロックをスキップすることにより、バックアップ・サイズを縮小可能 •パラレル処理により、バックアップ処理の高速化が可能
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ブロック破損からの迅速な復旧 ブロック・メディア・リカバリ • ブロック破損=ブロックレベルのデータ消失 – 通常、広範囲なデータ消失は引き起こさない – 断続的でランダムなI/Oエラーや、破損したメモリーがディスクに書き込まれることが原因で発生 • RMANでは、1つ以上の破損したデータ・ブロック単位でリカバリ可能 • リカバリが必要なブロックのみがリストア、リカバリされるため、リカバリ時間が短縮 • 同一データファイルに存在している、リカバリが不要なオブジェクトはオンラインのまま利用可能 Enterprise Edition 表領域(オンライン) バックアップ領域 データファイル ブロック・メディア・ リカバリRMANではバックアップの際に ブロック破損をチェック、 正常なバックアップセットから 確実にリストア可能
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データベース特化のテスト効率化 Real Application Testing  本番環境での処理を Capture & Replay  Upgrade や Patch 適用などによるパフォーマンス影響を判断可能 – 実業務のワークロードに即したデータベースの包括的なテスト • 疑似クライアントで高負荷状態も再現可能 – 特定の重要な SQL に関してシステム変更による パフォーマンス影響の有無を確認する SQL の単体テスト • システム変更前後における実行計画や実行時の統計値の比較 SALES HR ERP CRM 複数DBの稼働状況を重ね合わせることも可能(Oracle12c~) Enterprise Edition Real Application Testing
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | テスト結果・分析レポートの活用 Database Replay / SQL Performance Analyzer (SPA) パフォーマンスが劣化/改善した SQL を特定 EMの機能を利用して、SQLチューニングを実施 パフォーマンス/エラー/データの違い AWR/ASH比較レポート Enterprise Edition Real Application Testing
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 構成情報を一元的に管理(本番&検証&開発環境) 構成として保持したいタイミングでベースラインを作成。 以降、構成変更が入る度にベースラインを更新。 (ディクショナリ・ベースライン) ⇒スナップショットによる変更履歴の管理 検証環境と本番環境の差違を確認する際は、 お互いのベースライン、または、どちらかのベースライン を作成し、比較対象環境(ベースライン)と比較。 (ディクショナリの比較) ⇒ 環境間・世代間の差分チェック 必要に応じて同期処理を実施 ※世代管理しているので戻すことも可能 (ディクショナリの同期) ⇒ 検証環境から本番環境へのロールアウト 構成情報 の保存 構成情報 の比較 構成情報 の同期 本番DB 検証用DB 開発用DB Enterprise Edition Lifecycle Management Pack
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 本日お話した内容 Enterprise Editionのメリット 効果的に管理/運用する機能を「自動実装」 • Enterprise Edition データベース・サーバの課題/懸念を 「自動解決」、「管理/運用を効率化」 するための仕組みを実装 • パフォーマンス、可用性、運用効率化、 セキュリティなどの要件を求められる システムでは、 Enterprise Edition の機能が有効 Enterprise Edition パフォーマンス 情報 ライスサイクル 管理 可用性 データの統合 セキュリティ 運用管理
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Enterprise Edition導入事例 75
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 顧客事例:朋和産業様 低コストにDB基盤を再構築。3時間かかっていた処理を20分に短縮 76 •システムの概要と課題 • パッケージ製品の生産管理、経理・帳票システム • 処理量・データ量の増加に伴い、基幹システム (SE/HA構成)のパフォーマンス問題が発生していた • 履歴データの退避や業務切り出しで対応したため DBが分散し、可用性レベルがバラバラに • データセンター障害を見据えたBCP対策が必要に EEおよびOracle Database Appliance(ODA)導入効果 • ODAの大容量メモリと高性能ストレージ機能を有効活用し、全体的な性能を向上 • Oracle Enterprise Managerを活用して性能問題のあるSQLを特定、 チューニングを効率化。自社での監視、チューニングを実現 • 月次帳票出力で300秒以上かかっていた処理が1秒未満に、仕掛状況確認で 3時間以上かかっていた処理も20分程度に短縮 • RAC One NodeとData Guardにより障害や災害に強い安定したDB環境を構築 帳票インスタンス 退避インスタンス 経理インスタンス 生産系インスタンス (HA構成) 生産・帳票 インスタンス 経理 インスタンス 生産・帳票 待機 経理 待機 Data Guardによる 災害対策サイト構築 生産・帳票 災害対策 経理 災害対策 テスト環境 プライマリ・サイト スタンバイ・サイト 刷新前 刷新後
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 顧客事例:小泉成器様 営業支援システム群を3ヶ月で統合、バッチ処理性能が従来の4倍に 77 • 営業支援システム等のDB基盤 • 自社ブランドによるビューティケア製品、家電照明、 調理器具の企画・製造・販売に加え、国内外のナ ショナル・ブランド商品の卸売 • 売上高750億円、従業員数304名 • EE(ODA)導入による効果 – 従来システム毎に個別に構築していたデータベース群 の統合、性能向上も実現 • システム基盤製品「intra-mart WebPlatform」 で利用するデータベースを中心に統合 • バッチ処理性能が従来の4倍に – 小規模かつ低コストでスタートができ、高い拡張性を 持っている – 可用性の向上 / 大規模データへの対応 – 容易な運用管理の実現 * プレスリリース http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=2988&NewsAreaId=2
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 顧客事例:京阪百貨店様 繁忙期のバッチ処理が最大6倍高速化、DB見える化により安定運用を実現 78 • ギフト商品の対面受注システムDB • 大阪府内に5店舗を展開する京阪電気鉄道傘下 の百貨店。売上高550億円、従業員数1,041名 • ギフト受注パッケージソフトを利用したシステム • EE導入による効果 – バッチ処理の高速化を実現 • データ増加にともない5~6時間を要していた 夜間バッチ処理が1時間に短縮 – データベースの見える化により安定運用を実現 • 従来は、性能問題が発生しても、システム状況の 把握が困難 • Enterprise Manager による見える化 – さらに他のデータベースを統合予定 * プレスリリース(アシスト様共同) http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?R eleaseID=3134&NewsAreaId=2
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 顧客事例:ニコン様 Advanced Compressionでデータ量を約1/4に削減、圧倒的な高速処理を実現。 79 •業種: ハイテク •業務内容: カメラ他製造、精密機器製造販売 •対象業務:原価計算システム •導入製品:Oracle Database 11g Oracle Partitioning Oracle Advanced Compression ■ホスト上の基幹システムのブラックボックス化 ・コスト、そしてメンテナンス面での大きな課題。 ・最終的な整合性チェックは経理部門が紙を目視して実施 ・オープン化に際しては、安全性、確実性、信頼性を実現する ことが要件 ■原価計算のバッチ処理の高速化 ・従来月次処理で行っていた内容を日時処理で実施したい お客様 概要 背景・課題 • 性能が大幅に向上し、ほとんどのバッチ処理が5分以内に。 3時間かかっている処理が15分に短縮。 • Advanced Compressionを利用することでデータ量を約1/4に削減 • 10年以上の使用実績があるデータベースの最新版のOracle Database 11gを採用 • PartitioningとAdvanced Compressionにより、処理を高速化 Why Oracle ? 導入効果 SPARC Enterprise M4000 SPARC Enterprise M4000 ETERNUS4000 Advanced Compressionで データ量約70%削減!!
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ニコン様事例のポイント • Oracle Advanced CompressionとOracle Partitioningによって、 データ量大幅削減、処理を大幅高速化。 – Oracle Advanced Compressionでデータ量を約1/4に削減 – 新システムによって性能が大幅に向上。3時間のバッチ処理が15分に • 従来は月次処理で実施していた。データの信頼性の確認は経理部門が ホストから印刷された紙を数日間かけて目視して実施。 • 新システムではこういった作業が必要なくなった。 • 原価計算システムというお客様の基幹システムでの採用 – 経済産業省や株主総会でも報告義務のある信頼性、 確実性が求められるデータ – 安全性、確実性、信頼性が求められるシステムで Oracle Database 11gが採用 80
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | データベースシステムの運用・更改の際に、お客様の環境に基づいたアドバイス&最適なソリューションをご提案します オラクル 無償支援 検索各サービスの詳細については、ホームページもしくは担当営業にご連絡ください。 サービス名 ご支援内容 Oracle Database 構成相談(サイジン グ) • Oracle Databaseサーバーに必要なCPU数やメモリのお見積り • 要件に基づいたお勧めの機能や構成についてのご案内 サーバー統合アセスメント • 現在のサーバー情報から、統合した際に必要なCPU数をお見積り • 要件に基づいた最適な機能や構成についてのご案内 Oracle Database パフォーマンス・クリニック • お客様環境の性能情報にも続き、ボトルネックを分析 • ボトルネックに基づいた改善アドバイスのご案内 Oracle Database バージョンアップ支援 • 旧バージョンのOracle Databaseから最新版へバージョンアップをする 際の、一般的な手順や注意点をご案内 データベース課題解決のための無償支援サービス OracleDirect 無償支援サービス
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 技術情報の入手、最新情報キャッチアップのポータル オラクルエンジニア通信 オラクルエンジニア通信Keyword 検索 「○○を知りたい!調べたい!」 キーワードを自由に入力し、関連情報を一括検索できます。 例) 「バージョンアップ」「レプリケーション」「11gR2」 カテゴリ 検索 「興味のあるテーマについて幅広く知りたい!」 ジャンルから、興味のあるテーマの情報を探すことができます。 例) 「インストールとDBの作成・構築」「他社製品との比較・移行」 マニュアル 検索 製品機能についてはまずマニュアルを確認 各マニュアル内をキーワードで検索することが可能です。 例) 「Oracle Database 11g R2」 特集テーマ Pick Up ニーズの高い技術情報をまとめてお届け 開発や運用の現場で役立つ情報・Tipsをテーマ毎に。 例)「性能改善特集」「サーバ仮想化特集」「.Net特集」 スマホでも学習できます(無償)
  • Copyright © 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |