Tabok第5章太田担当分
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Tabok第5章太田担当分

on

  • 636 views

TABOK

TABOK

Statistics

Views

Total Views
636
Views on SlideShare
636
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
1
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Tabok第5章太田担当分 Tabok第5章太田担当分 Presentation Transcript

  • 第5章自動テストフレームワーク設計太田 健一郎
  • 5.3 フレームワークディレクトリ構造 自動テストフレームワークの標準ディレクトリ構造を決定しておく  どこに何があるかを知るため  フレームワークにポータビリティーを持たせるため  構成管理に載せやすくするため 標準ディレクトリ構成例  フレームワークルートディレクトリ  初期化スクリプト  設定スクリプト  関数ライブラリ  ドライバースクリプト  テストスクリプト 担当者つっこみ(補足)  Ruby on Railsの標準ディレクトリ構成は参考になります  JavaだとMavenの推奨ディレクトリ構成も良いと思います
  • 5.4 実装標準 実装標準の種類  コーディング標準  構成管理標準  手動テストから自動テストへの変換標準  テスト結果のロギングの標準 実装標準が必要な理由  管理のしやすさと効率化のため  公益、機密、防衛など特定のドメインではそもそも納入基準に各種の標準が 厳密に決められている 担当者突っ込み (補足)  テスト自動化特有としては手動テストから自動テストへの変換標準でしょう か  自動化可能な手動テストの基準、自動化のためのシナリオの変換ルールなど ある自動化プロジェクトを担当したときにはガイドとして作成しました
  • 5.4.1 コーディング標準 スクリプトのネーミングルール 変数のネーミングルール  ハンガリアン記法 スクリプトの標準構造  ヘッダー標準 担当者突っ込み (補足)  ハンガリアン記法は現在はバッドプラクティスと言われることが多いの ですが、Visual Basic 6互換のスクリプト言語が多いキャプチャ&リプ レイツールではハンガリアン記法の方がありがたいのでしょうか?  Seleniumのように複数の実装言語が使えるフレームワークでは書く言 語の標準をそのまま採用した方が良いと思います
  • 5.4.2 構成管理標準 テスト自動化に関するフレームワークやスクリプトも他のあら ゆる成果物と同じように構成管理下におき、構成管理標準に従 うようにする 担当者つっこみ (補足)  自動テストの元になるテスト仕様書は案外バージョン管理下に置か れておらず、ファイルサーバーで管理されていたりしませんか?  脇道にそれますが、トレーサビリティーをどこまで取るべきなのか を議論したいです
  • 5.4.3 手動テストから自動テストへの変換標準 どのような手動テストなら自動化できるかの基準を決定する 自動化対象とする手動テストケース群に印をつけておく 手動テストを自動化した際に出てきた課題を共有する 自動化かされた手動テストに印をつけておく 修正が必要な自動テストに印をつけておく 担当者つっこみ (補足)  コストと労力、得られるメリットのバランスをとって、自動化対象 を決定し、複数のツールを使い分けることが多いです  バッチまたぎの業務フローシナリオなどが特に難易度が高く、変換 ルールの標準化、テスト仕様書レベルでの変換ルールなどをガイド としてまとめた経験があります
  • 5.4.4 テスト結果のロギングの標準 共通フォーマットに従っていると結果の分析に使用するのが容易に なる 解析のためには個別のログとして残しておいた方が良い レポートのためにはフィルタリングして、一つのログにまとめた方 が良い 担当者標準  ツールベンダー標準もありますが、JenkinsのようなCIツールと連携さ せることが考えると、デファクトスタンダードに沿っておくと便利だと 思います  Java  JUnit形式  Checksytle形式  Perl  TAP形式