Your SlideShare is downloading. ×
20110607
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

20110607

294
views

Published on


0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
294
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. mvcConf @:Japan~ ASP.NET MVC ブート キャンプ ~ MVC の M あおい情報システム株式会社 小野 修司 Microsoft MVP for ASP.NET/IIS blogonos.wordpress.com twitter.com/onos
  • 2. アジェンダ MVC の M として何を用いるか Entity Framework 4.1 CodeFirst OData 連携 2
  • 3. Entity Framework 4.1 CodeFirst 3
  • 4. Entity Framework 4.1 CodeFirstdemo ... 4
  • 5. POCO クラス定義 データ構造を意識したクラス定義 主キー ナビゲーションプロパティ、外部キー レイジーローディング 計算項目 クラス定義=テーブル設計 設定に勝る規約(Convention over Configuration) 属性による設定 Fluent API による設定(DbContext 内) 5
  • 6. Fluent API の例:[Required]public class GroupContext : DbContext{ public DbSet<Member> Members { get; set; } public DbSet<Category> Categories { get; set; } protected override void OnModelCreating(DbModelBuilder modelBuilder) { modelBuilder.Entity<Member>() .Property(m => m.Name).IsRequired(); }}#DB定義は同じになるが検証等のプログラム上の処理は異なる 6
  • 7. DbContext 定義 クラスと DB のマッピングを設定 設定に勝る規約(CoC) Fluent API により詳細な設定 7
  • 8. 接続文字列定義 利用(構築)する DB の場所を設定  設定に勝る規約(CoC)  該当する接続文字列がない場合、 SQLExpress インスタンスを利用<add name=“GroupContext“ connectionString="Data Source=|DataDirectory|Group.sdf" providerName="System.Data.SqlServerCe.4.0"/> 8
  • 9. データベースの初期化 Initializerクラス  DBの構築/修正  基底クラスにより設定  POCOクラスの定義変更を即座にDBに反映可能  項目の初期値設定  Seedメソッドのオーバーライド  常に同じデータを設定-テスト環境として有効  パッケージの初期値投入 9
  • 10. スキャッフォールディング コントローラー/ビューを一括追加 DbContext(コードファースト)、ObjectContext (DBファースト/モデルファースト)を利用可能 コントローラーでのデータの扱い方の参考となる [参考] MvcScaffolding  NuGet からインストール  リポジトリパターン/ユニットテストコードも生成可 10
  • 11. データ取得○単一データ取得 db.Members.Find(id);○複数データ取得(リンクなし) db.Members.ToList();○複数データ取得(一括ローディング) db.Members.Include(m => m.Category).ToList(); 11
  • 12. データ追加/更新/削除○データ追加 db.Members.Add(member); db.SaveChanges();○データ更新(Attachして更新状態に変更) db.Entry(member).State = EntityState.Modified; db.SaveChanges();○データ削除 Member member = db.Members.Find(id); db.Members.Remove(member); db.SaveChanges(); 12
  • 13. DropDownList の使い方○コントローラーで SelectList を作成し、ViewBag.フィールド名 に詰め込むViewBag.CategoryID = new SelectList(db.Categories, "CategoryID", "Name");○ビューではフィールド名とオプションラベルのみ指定@Html.DropDownList("CategoryID", String.Empty) 13
  • 14. バリデーション 属性による設定 スキャッフォールドで作成されるビューでは JQuery.Validate を利用しクライアント側で検証 クラスレベルでの関連チェック IValidatableObject を実装する ValidationResult を yield で返す 14
  • 15. 同時実行制御 制御用の項目を作成 Timestamp 属性を指定 エラーハンドリング View に制御用項目の Hidden フィールドを追加 DbUpdateConcurrencyException をキャッチ 15
  • 16. 実行環境 .NET Framework 4 MVC 3 Tools Update のテンプレート  MVC 3 の dll を参照済み  EF 4.1 の dll を参照済み  SQL Server Compactを利用可 配置可能な依存関係の追加  MVC 3、SQL Server Compact  EF 4.1 はローカルコピーを True に 16
  • 17. OData 17
  • 18. WCF Data Servicesとの連携demo ... 18
  • 19. WCF Data Services 標準でODataを利用  デフォルトのデータ表現はAtomPub  JSONにはHTTP要求ヘッダーにより対応 19
  • 20. OData クライアント DataServiceContext を利用  サービス参照の追加により自動生成  LINQ ベースでデータを操作  MetaData による検証属性の付加が可能 20
  • 21. まとめ 21
  • 22. MVC の 「 M 」 用意されているデータアクセス機能をいか に活用するか  DbContext  ObjectContext  DataServiceContext . . . LINQ によるデータ抽出 データの追加/更新方法は Context により異なる 22
  • 23. 参照リンク 23
  • 24.  Entity Framework  http://msdn.microsoft.com/en-us/data/gg192989  http://www.asp.net/entity-framework/tutorials OData  http://www.odata.org/  http://msdn.microsoft.com/en-us/data/hh237663 WCF Data Services  http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc668792 24
  • 25. © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows Vista and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.