20061122
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

20061122

on

  • 311 views

 

Statistics

Views

Total Views
311
Views on SlideShare
311
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    20061122 20061122 Presentation Transcript

    • どっとねっとふぁんhttp://dotnetfan.org 小野 修司
    •  この名前のファイルを置くとWebアプリケー ションの動作が停止 すべてのリクエストに対してApp_Offline.htm の内容が返される システム運用時の保守作業時等に有効 512バイト以上の内容がないとIEがファイル無 しと判断してしまうため、コメント行等でバイ ト数を稼ぐ
    •  web.configの特定のセクションを暗号化 aspnet_regiis -pef "connectionStrings" web.configがあるフォルダ 読み込み時に自動的に復号化される App.configも名前を一時的にweb.configに変更 すれば暗号化できる マシンが異なる場合はRSAキーの同期が必要
    •  ブラウザを指定してプロパティを限定適用 <asp:Label ID="Label1" runat="server" Text="IEの場合はラベルが見えます" ie:Visible="true" mozilla:Visible="false" /> C:WindowsMicrosoft.NETFrameworkv2. 0.50727CONFIGBrowsers
    •  Webアプリケーションから別のWebアプリやWebサー ビスを参照するときは注意 デフォルトではローカルのプロキシ設定をみにいくが、 アクセス権の関係でエラーになり、時間がかかる <configuration > <system.net> <defaultProxy> <proxy bypassonlocal="true" usesystemdefault="false" /> </defaultProxy> </system.net> </configuration>
    •  開発サーバ単体実行 WebDev.WebServer /port:8080 /path:物理パス VS(VWD含む)に付属
    •  VS上でコメントアウト(c)、コメントアウト解 除(u) ソースコードだけでなくaspxファイルや web.configでも有効
    •  デバッグ実行時自動で生成されたソースコード が保存される Aspxファイルからどのようなコードが生成され るのか確認できる C:WindowsMicrosoft.NETFrameworkv2.0. 50727Temporary ASP.NET Files
    •  Webアプリケーションで実行時のユーザを確認 開発サーバではログインユーザ、IISでは ASPNETやNT AUTHORITYNetwork Service  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)  {  this.Label1.Text = System.Security.Principal.WindowsIdentity.GetCurren t().Name;  }
    •  クラスのソースコードが表示できる データセット(xsdファイル)から生成される ソースコードが確認できる Partialクラスでデータセットを拡張する場合は 必須