DevLove20090622

753 views

Published on

LightningTalks at DevLove in Tokyo.
2009/6/22のDevLOVEでのLTです。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
753
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

DevLove20090622

  1. 1. DevLOVE::世界のすべてをテストせよ。::LT TestLOVE⊂DevLOVE DevLOVE  2009.06.22@田町 近江  TestLOVE     
  2. 2. はじめに DevLOVEのコンセプト (http://sites.google.com/site/devloveofficial/より引用、本書作成時点) ”1. 開発の楽しさを発見しよう。広げよう。” ”2. 開発の現場を前進させよう。”
  3. 3. はじめに テスト⊂開発なのだから、 テストも楽しさ発見 &前進させたい 開発 テスト
  4. 4. はじめに ・現実は…  「テストに興味があるんです」  「…」
  5. 5. 本題 本題
  6. 6. 本題 テストの楽しさ発見&前進 をするには? →まずは、テストのイメージを  もっと前向きにできないだろうか?
  7. 7. 本題 ・前向きでないのはなぜ? ①「作業」が多いから?単調? ②バグ報告が憂鬱だから?
  8. 8. 本題::①「作業」が多いから? 単調? ・前向きでないのはなぜ? ①「作業」が多いから?単調? ②バグ報告が憂鬱だから?
  9. 9. 本題::①「作業」が多いから? 単調? データ用意して~ボタン押して~画 面ハードコピーとって~次のデータ 用意して… →でも…
  10. 10. 本題::①「作業」が多いから? 単調? 見方を変えれば… 「作業」が多いからこそ、 効率化もしやすいのでは?  ・実施順を工夫してエビデンスをとる   時間が短縮できないか?  ・コマンドを事前に用意しておけば   より早く正確にできないか?
  11. 11. ①「作業」が多いから? 単調? ・効率化を考える≠「作業」 ・結果が出れば「作業」は減る ・効率化を考える中で、新たな発見も  ex)テスト技法から観点を知る
  12. 12. ①「作業」が多いから? 単調? →見方を変えれば、  やり方次第で「作業」は変えら れる →工夫の余地がある「作業」が 多い
  13. 13. 本題::②バグ報告が憂鬱だから? ・前向きでないのはなぜ? ①「作業」が多いから? 単調? ②バグ報告が憂鬱だから?
  14. 14. 本題::②バグ報告が憂鬱だから? ・なぜ憂鬱?  ・報告される側:   責められているみたい  ・報告する側:   自分の報告で雰囲気が… …いつの間にか対立関係?
  15. 15. 本題::②バグ報告が憂鬱だから? ・バグ報告する側もされる側もいいものをつ くりたいという目標は同じはず 見方を変えれば… ・バグ報告  =同じ目標を持つ者同士の   「コミュニケーション」    のひとつとして考えてみる
  16. 16. ②バグ報告が憂鬱だから? コミュニケーションだから… ・相手が理解しやすいように  ・デバッグや再テストに必要な情報は? コミュニケーションだから… ・対等な立場での協力を  ・報告する側もされる側も、   どちらが上ということではなく
  17. 17. ②バグ報告が憂鬱だから? →見方を変えれば、 コミュニケーション  =お互いの注意で改善できる →憂鬱になりやすいからこそ、  モチベーションアップのチャン スかも   
  18. 18. まとめ まとめ
  19. 19. まとめ 何だかんだ言ってみましたが… テストは、 お客様(ユーザ)と開発側 双方が心地良く過ごす為の ものだと思う   ・不安なく納品できる&使える   ・手を滑らせてもデータが壊れない   etc....
  20. 20. まとめ 心地よく過ごすために、 少し見方を変えてみる  ①本当に単調な「作業」ばかり?  ②バグ報告はコミュニケーション まずは、テストをポジティブに →楽しさ発見&前進へ
  21. 21. まとめ TestLOVE⊂DevLOVE テストから開発の 楽しさ発見&前進へ 繋げられたらいいな…
  22. 22. 謝辞 ご清聴 ありがとうございました

×