Your SlideShare is downloading. ×
0
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
20140603 ogp asia conf. report final
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

20140603 ogp asia conf. report final

778

Published on

2014/6/3 アジアのオープンガバメント戦略の最前線 ~オープン・ガバメント・パートナーシップ アジア会議参加報告会 発表資料

2014/6/3 アジアのオープンガバメント戦略の最前線 ~オープン・ガバメント・パートナーシップ アジア会議参加報告会 発表資料

Published in: Government & Nonprofit
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
778
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Open Government Partnership Asia Pacific Regional Conference Unlocking Innovative Openness: Impetus to Greater Citizen Engagement 川島宏一、Open Knowledge Foundation Japan 副理事長 オープン・データ・トークシリーズ第10回、2014年6月3日@日本財団 満足度に応じた 募金をお願いします http://goo.gl/JmGsh9
  • 2. 2つの招待状 May 6-7, Open Government Partnership Asia Pacific Regional Conference, Gov. of Indonesia May 4-5, CSO Day and Marketplace, Transparency International Indonesia
  • 3. Open Government Partnership (OGP) とは? OGPとは、政府の透明性を向上させ、市民参加を促進し、汚職 と闘い、新しいテクノロジーを活かし、そして、よりオープンで、 効果的で、説明能力のある政府をつくるために、政府から具体 的なコミットメントを得ることを目的とした政府と市民社会との間 の多国間イニシアティブ。このイニシアティブの特徴は、市民と 政府が協力して共通の問題を解決するための新しい方法を作 り出す点。また、こうした共通の問題において、国は、市民社会 と積極的に協働して、国のコミットメントを起草、実施、あるいは 報告、モニタリングすることを期待されている。
  • 4. OGPは、2011年9月20日、8カ国(ブラジル、インドネシア、メキシコ、ノルウエイ、フィリピン、南 アフリカ、英国及び米国)の創設メンバー政府の参加のもとで立ち上げられ、オープンデータ 宣言を承認し、国別行動計画を発表した。その後、OGPは参加64カ国に成長している。
  • 5. (途中略)
  • 6. OGPはどのようにマネジメントされているのか? OGPは、マルチ・ステークホルダーで構成される国際的なステアリング・コミッ ティによって監督されている。ステアリング・コミッティは、現在、9つの政府と 9つのリーダー的な社会組織の代表で構成されている。また、ステアリング・ コミッティは、議長政府、副議長(次期議長)政府と2つの副議長市民社会組 織によってリードされている。 【Governments】 Minister Kuntoro Mangkusubroto, Indonesia* Minister Florencio Abad, Philippines State Secretary Paul Chaffey, Norway Alejandra Lagunes, Mexico* Deputy Minister Ayanda Dlodlo, South Africa Minister Francis Maude, the United Kingdom Under Secretary Sarah Sewall, the United Stares Minister of State Jorge Hage, Brazil Minister Mathias Chikawe, Tanzania 【Civil Society】 Ms. Iara Pietricovsky, INESC Mr. Nikhil Dey and Ms. Aruna Roy, MKSS Mr. Alejandro Gonzalez, GESOC Ms. Veronica Cretu, Open Government Institute Mr. Rakesh Rajani, Twaweza* Ms. Maryati Abdullah, Pubish What You Pay Indonesia Mr. Martin Tisne, Transparency and Accountability Initiative Ms. Suneeta Kaimal, Revenue Watch Institute* Mr. Warren Krafchik, International Budget
  • 7. 各国はどのようにOGPに参加し、何をすることを期待されるのか? 参加政府は、以下の期待に応えるとともに、OGPに参加し続けなければならない。 1. 最少適格基準に適合すること 2. OGP副議長4人にレターを送り、政府がOGPに参加する意思があることを示す 3. 幅広く市民との協議を行って、政府がOGPにコミットしていることを伝え、そのコミットメ ントの実行について市民社会との対話を続けて行くためのマルチ・ステークホルダー・ フォーラムを設置する 4. 市民社会と一緒になってOGPの4つの原則(Accountability, Technology & Innovation, Citizen Participation, Transparency) を反映させた国別の具体的なプランをつくる 5. 公開の場でオープンガバメント宣言を承認し、国別アクションプランを提出し、公表する 6. 参加12ヶ月後に進捗報告を公開し、独立報告機関による報告書作成に協力する 7. ベストプラクティス等を共有することで多国のオープンガバメント化の進捗に貢献する 8. OGPタイムラインに沿って、7段階の完了時期を決めること
  • 8. THE OGP CALENDAR FOR PARTICIPATING COUNTRIES Note: countries officially join when they present their action plans to the Steering Committee and endorse the Open Government Declaration.
  • 9. OGP Asia Pacific Regional Conferenceとは? As an important milestone for Indonesia's OGP Chairmanship in 2013-2014, we are pleased to host the OGP Asia Pacific Regional Conference on May 6-7 2014 in Bali, Indonesia. •The OGP Asia Pacific Regional Conference, the first in Asia since OGP’s inception, will serve as a platform for countries and communities within the region to connect, share and learn from each other on the benefits and opportunities across open and good governance practices. • Highlights of the Conference will include Keynote Address by President Susilo Bambang Yudhoyono, remarks by high level speakers from both participating and non- participating OGP countries in Asia Pacific, and interactive discussions with leading open government actors and public innovators. • The Conference aims to tap new potential and to reinvigorate efforts to support a wider application of openness, good governance, and civic participation.
  • 10. Agenda First Day AM (in parallel) - Opening up: Inspiring Stories from Transparent and Accountable Local Governments - Open Data in Asia-Pacific: a Cross-Country Learning Discussion - Perfecting Openness: Bridging Open Government Partnership and Traditional Access to Information (ATI) Law - Roundtable on Open and Good Governance in Post-2015 Development Agenda - Effective Success Measurement for Public Participation in Asia Pacific - Meaningful Youth Engagement in the OGP - Building Trust between Private and Public Sectors for a Competitive and Sustainable Economy - OGP Coaching Session: OGP 101
  • 11. Second Day AM (in parallel) - How To (& Not To) Open Data: Lessons on Designing and Implementing Open Data Interventions - Be the Change! Social Accountability success stories and obstacles - Transparent and Accountable Policing for Safer Community - OGP-GIFT Fiscal Openness Working Group Session - OGP Coaching Session: Action Plan / Independent Reporting Mechanism Second Day PM (in parallel) - Co-creation & Partnership: Improving service delivery through social accountability - Civil society & the media: Levers for Transparency, Participation, and Accountability - Framework in Efforts: Better Access to Information for Better Accountability - Legislative Openness Working Group Workshop: Building Openness and Citizen Engagement in the Legislative Process - Models of Openness in Sustainable Natural Resources Management
  • 12. A. Promotion and Protection of the Civic Space B. Advocating Governance Issues in Post-2015 C. Improving membership compliance to values and country mechanism in OGP governance CSO Day and Marketplace
  • 13. Civil Society Joint Communiqué to the Asia Pacific OGP Regional Meeting …, we considered three following issues to be relevant and timely for consideration by the Chair and Co-Chair, Steering Committee, and OGP country members: - First, the importance and need for establishing, expanding and consolidating civic space; - Second, the formulation of the post 2015 agenda including sustainable development goals and the fundamental needs to incorporate good governance; and - Third, the need for OGP to establish and maintain civil society participation mechanism and standard for compliance with OGP’s values.
  • 14. 1) アジア各国のOpen Data活動における主要issuesを把握する 2) アジア各国のOpen Data Peopleとのネットワーキングを深める 3) 日本のOpen Dataに関する取組み状況をシェアする 4) OGP参加について意義について情報収集、考察する 5) アジア各国とのコラボレーションの可能性について情報交換する OKFJとしての会議参加目的
  • 15. 1) アジア各国のOpen Data活動における主要issuesを把握する。 (日本において、政府・自治体、大学、IT エンジニア、IT企業が中心となってい る動かしている著作権、データ構造、ビジネス化促進方策といったissuesとは 異なるissuesのspectrumを各国は持っていると推測。そのずれがどこにあり、 そこから我々が得られる示唆、含意は何か?) 透明で説明責任の高い政府をつくり、汚職を防止するという大きな文 脈の中の重要なアジェンダの一つとしてオープンデータが議論されて いる。他のアジェンダとしては、たとえば、Post-2015のなかでオープン ガバメントをどう位置づけるか、財政の透明性をどのように高めるか、 政策形成の中で市民の責任ある関与をどう位置づけるか、立法プロ セスのオープン性をどう確保するか等がある。 OGPの最も特徴的な点は、公共部門の政策形成に市民社会の声を反 映させる(市民社会の役割を強化する)というマルチ・ステークホル ダー・アプローチを、多国が混じり合ったフラットな環境で進めている点 にある(Multi-stakeholder approach in a multilateral setting)。 OKFJとしての参加目的と成果
  • 16. 選 挙 結 果 環 境 統 計 気 象 統 計 教 育 健 康 国 際 貿 易 公 共 交 通 時 刻 表 立 法 法 人 登 記 政 府 支 出 政 府 予 算 国 勢 調 査 土 地 登 記 地 図 ス コ ア 95 82 63 62 53 46 45 英国 米国 ニュージーランド オーストラリア 韓国 日本 ケニヤ Open Data Barometerによる各国の情報公開度スコア
  • 17. World Bank’s Activities
  • 18. 2) アジア各国のOpen Data Peopleとのネットワーキングを深める OKFメンバー、Open Society メンバーをはじめとするアジア各国の市民社会組 織メンバーや各国政府との関係性を構築することができた(53名と名刺交換)
  • 19. 37 JOHN WONDERLICH policy director SUNLIGHT FOUNDATION 38 ARTHIT (ART) SURIYAWONGKUL PEDESTRIAN THAI NETIZEN NETWORK 39 Major Rozni Hashim (Rtd) RMAS UK The Malaysian Society for Transparency and Integrity Executive Council TRANSPARENCY INTERNATIONAL 40 Rukshana Nanayakkara Regional Outreach Manager Asia Pacific Department TRANSPARENCY INTERNATIONAL 41 Dadang Trisasongko Secretary General TRANSPARENCY INTERNATIONAL INDONESIA 42 ASHISH THAPA EXECUTiVE DIRECTOR TRANSPARENCY INTERNATIONAL NEPAL 43 KIM, Geo-Sung Chariperson/Ph.D. TRANSPARENCY INTERNATIONAL- KOREA 44 Rakesh Rajani Founder Twaweza 45 Mardianto Jatna Asisten UNIT KERJA PRESIDEN BIDANG PENGAWASAN DAN PENGENDALIAN PEMBANGUNAN 46 Lalanath de Silva Director The Access Initiative WORLD RESOURCES INSTITUTE 47 Andreas Pawelke Project Manager, Open Data WORLD WIDE WEB FOUNDATION 48 Ramda Yanurzha IT & Open Data Consultant asia knowledge & innovation lab 49 Siti Fatimah Executive Director bigs 50 TH Schee code for tomorrow 51 Arif Nurdiansah Knowledge & Communication Officer kemiTraan 52 Lucy Park Data miner team popong 53 Reena Khatoon Programme Manager | Right to Information Democracy and Governance the yp foundation
  • 20. 3) 日本のOpen Dataに関する取組み状況をシェアする。 • Breakout Session(How to (&Not To) Open Data)で日本のオープンデー タ運動の動向と教訓を紹介(写真上) • Breakout Session(Open Data in Asia-Pacific: a Cross-Country Learning Discussion)で、オープンデータの経済的な成功事例の必要性を強調 • CSO Day and Marketplaceで、OKFJの活動内容(Spending.jpなど)を紹介 • そのほか会った人皆に、OKF Jの活動内容をPR
  • 21. 4) OGP参加について意義について情報収集、考察する • 世界64カ国が参加している場で意見交換し、海外最新動向や 国内議論とのズレを把握し、国内共有することは、国内議論を 活性化する意義がある • たとえば、会議中に、米国でData Actが連邦議会を通過という ニュースがあり、Sunlight Foundationスタッフに背景情報を聴い たところ、同FoundationスタッフがData Actを半分くらいドラフトし ているという情報を得た • また、今回得られたネットワークで、各自がテーマを設定し、交 流機会を持つことは、国外では得られない視点、発想から、 様々な気づき、発見を得られる可能性が高い
  • 22. • ただし、OGPの活動全体は、政府の汚職防止、途上国の 開発支援、司法・立法の透明性確保など幅の広いス コープで議論が展開されているので、日本から参加する 場合、当面は、国内での関心の高い「オープンデータ活 用による経済活性化」に焦点を当てて、その分野での知 識交流から知見を得ることに軸足を置くべきではないか。 • また、政府として参加する場合にも、参加の成果として 何を求めるのかについて関係者間で最初にしっかりと定 義し、その成果を挙げるために必要な資源を的を絞って 投入する必要があるのではないか。OGPの活動全体に 曖昧なコミットメントをしてしまうと、投入資源が拡散し、 目指す成果を挙げずらくなるおそれがあり、注意が必要。
  • 23. • OKFのメンバー間では、行政データのオープン化から価値を生み 出すことに軸足を置いており、議論の親和性が高く、今後、様々な 情報交換の機会創出を図り、相互啓発して行く価値がある • なかでも、台湾、中国は日本との交流拡大を図ろうとする意欲が 大変強い • 今後は、共同プロジェクトの創出、OKF Fest.のアジア開催やOKF Asia Conf.の開催等をテーマに情報交換を継続する方向 5) アジア各国との コラボレーションの可能性 について情報交換する。
  • 24. 日本のオープンデータ運動の方向性に関する考察
  • 25. 考察①:日本のオープンデータ運動の方向性 透明性、説明責任、市民協働の視点も包含した展開へ 目的 概念 存在 概念 経済性 社会性 政治性 Open Data Big Data Personal Data •情報政策 •情報システム •産業振興 •市長公室 Open Data •総合政策 •広報・広聴 •情報公開 •行政改革
  • 26. オープンデータ戦略 情報公開法令 (Open by Default) (Closed by Default)VS. 考察②:日本のオープンデータ運動の方向性 運動から制度変革へ
  • 27. 考察③:経済インパクトのマイクロ分析を
  • 28. 考察④:国際公共財への貢献を
  • 29. 【次回の予告】 世界のオープンデータ最新事情 ~世界銀行、OKFグローバルメンバーの取り組みと今後の行方~ 日時: 2014年6月10日(火) 19:00~21:00 会場: 国際大学GLOCOM お申込み: http://peatix.com/event/39210 主催: OKF Japan 国際大学GLOCOM社会イノベーションラボ

×