20140426 AWSのサービス全部紹介! - Cloud on the BEACH 2014
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

20140426 AWSのサービス全部紹介! - Cloud on the BEACH 2014

on

  • 3,018 views

Cloud on the BEACH 2014で発表した資料です。

Cloud on the BEACH 2014で発表した資料です。
末にAppendix(付録)として、参考サイトを載せています。

Statistics

Views

Total Views
3,018
Views on SlideShare
2,800
Embed Views
218

Actions

Likes
7
Downloads
37
Comments
0

9 Embeds 218

http://okeees.blogspot.jp 83
http://takkuru98.ti-da.net 77
http://s.deeeki.com 22
https://twitter.com 21
http://linkz.jp 8
http://www.slideee.com 4
http://okeees.blogspot.com 1
http://feedly.com 1
https://www.chatwork.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

20140426 AWSのサービス全部紹介! - Cloud on the BEACH 2014 20140426 AWSのサービス全部紹介! - Cloud on the BEACH 2014 Presentation Transcript

  • AWSのサービス全部紹介! Cloud on the BEACH 2014 2014.04.24 桶谷 拓也 Original Update by Donald Man / https://www.flickr.com/photos/best_photo/
  • Who am I ? Original Update by popowa / http://www.pixiv.net/member.php?id=4845725 ! ! ! 桶谷 拓也(おけたに たくや) サーバーワークス大阪オフィス セールスチーム ソリューションアーキテクト @okeee0315 / http://okeees.blogspot.jp/ ! Like:SQS / CloudFormation / クラウド / HTML5 / 沖縄
  • Serverworks ‣AWSに特化したSI ‣クラウドインテグレーター ‣業務系を中心に170社超の導入実績 ‣インフラのみ ‣東京 / 大阪 / 福岡 ‣APN Advanced Consulting Partner
  • ハッシュタグ #jawsug Original Update by stevegarfield / http://www.flickr.com/photos/stevegarfield/
  • 資料はここに公開します www.slideshare.net/ okeee0315 Original Update by Sylvain Kalache / https://www.flickr.com/photos/sylvainkalache/
  • Agenda ‣AWSのサービス ‣ガガガッと
  • AWSのサービス Original Update by Angelo DeSantis / https://www.flickr.com/photos/angeloangelo/
  • Amazon Web Services
  • Amazon Web Services
  • 複数のサービス
  • とにかく多い
  • どんどん増える
  • ホント、ホントに大変 (;´Д`)
  • それを丸っと全部説明します
  • 50分で全部やろうとすると 「雑」になってしまう かもしれませんが
  • そこはご了承くださいませ
  • 今日のゴールは 「何があるかをなんとなく」
  • 1つのキッカケ あとは「一歩前へ」
  • ということで早速
  • EC2 ‣仮想マシン ‣1時間あたりの料金 ‣Windowsの場合、ライセンス料も含まれる ‣時間あたりの料金は3つの料金体系 ‣オンデマンド、リザーブド、スポット ‣性能を自由に変更
  • EC2 ‣様々なOS ‣標準で提供されている以外のOS ‣自分で ‣SLA 99.95% ‣無料枠がある ‣AWSのコストの約7割 ←重要!
  • Auto Scaling ‣EC2の数(キャパシティ)を自動的に 拡大/縮小 ‣条件を定義しておく ‣EC2は即時起動されるわけではない ‣数分の時間が必要になる ‣課金は無い(起動するEC2分)
  • Elastic Load Balancing ‣ロードバランサー ‣トラフィックを分散させる ‣1時間あたりの料金、データ転送量あたり の料金 ‣ 無料枠あり
  • Workspaces ‣AWSが提供するVDI ‣1ヶ月当たりの料金 ‣スペック、付加ソフトの有無 ‣iOS/Androidなど、PC以外も利用可能 ‣Active Directoryとの連携
  • Workspaces ‣Windows Server 2008の Desktop Experience(UIはWindows7) ‣ まだbeta ‣東京リージョンは未対応 ‣もうすぐ… ‣アメリカのリージョンでも動作は快適
  • S3 ‣データストレージ ‣保存データ量あたりの料金 ‣無料枠がある ‣99.999999999の耐久性、99.99%の可用性 ‣容量は無制限
  • S3 ‣ストレージとしての用途以外にも ‣静的サイトホスティング ‣CSS,JavaScript ‣この場合はデータ転送量も
  • Glacier ‣低コストのストレージ ‣制限がある分、低コストに ‣保存データ量あたりの料金 ‣古いログの保管、テープの代替手段 ‣S3に保存したデータをライフサイクルで Glacierに移すことが可能
  • Storage Gateway ‣オンプレミスにクラウドのストレージを 接続 ‣ S3をオンプレミスサーバにマウント ‣ S3、Glacierと連携 ‣ iSCSI ‣ 1GW当たり、保存データ量当たりの料金
  • EBS ‣ 仮想ハードディスク ‣ 保存データ量あたりの料金 ‣ 容量の拡張・縮小が可能 ‣ スナップショットの取得 ‣ バックアップ
  • EBS ‣ I/Oが必要な場合はプロビジョンドIOPS ‣ SSD ‣ EBS最適化インスタンス ‣ EC2とEBSで一定のスループットを確保 ‣ プロビジョンドIOPSとEBS最適化を 合わせて使うことで高性能なHDDに
  • AWS Import/Export ‣ ポータブルストレージ(外付けHDD)を AWSに ‣ S3にImport/Exportする ‣ 東京リージョンでは未サポート ‣ 1デバイスあたり、データ読み込み時間 あたりの料金 ‣ システム移行、DR対策
  • DynamoDB ‣ 完全マネージドNoSQL ‣ KeyValue型 ‣ ハードウェア調達、インストール、設 定、レプリケーション、修正プログラ ムの適用、クラスタ化…などが不要 ‣ API経由で利用する
  • DynamoDB ‣ データベース容量は自動的に拡張 ‣ 必要なパフォーマンスを確保 ‣ スループットの指定 ‣ データは複数のAZにコピーされる ‣ 保存データ量あたり、指定されたスルー プットの容量あたりの料金 ‣ 無料枠がある
  • Amazon RDS ‣ リレーショナルデータベースサービス ‣ よく利用されるDB ‣ MySQL、Oracle、SQLServer、PostgreSQL ‣1時間あたりの料金 ‣無料枠がある ‣ Oracle、SQLServerについてはライセンス 料も含まれる、BYOLも可能
  • Amazon RDS ‣ ストレージにはEBSを使用する ‣ プロビジョンドIOPSも使用できる ‣ EBSのスナップショットでバックアップ ‣ Multi-AZ配置 ‣ 複数のAZにDBインスタンスを維持 ‣ 異常が発生した場合は自動でフェイル オーバーされる
  • Redshift ‣ 完全マネージドデータウェアハウス ‣ フォールトトレラント、自動バックア ップ、暗号化、ネットワーク分離 ‣ 1時間あたりの料金 ‣ 列指向型 ‣ 並列処理 ‣ PostgreSQLのDriverで操作が可能
  • ElastiCache ‣ メモリキャッシングサービス ‣ Memcached、Redisをサポート ‣ 1時間あたりの料金
  • Amazon VPC ‣ 仮想プライベートネットワーク ‣ VPC自体は無料 ‣ オンプレミスとVPCでVPN接続が可能 ‣ Default VPC ‣ 現在では標準でVPC上に構築される ‣ InBound/OutBoundで細かい制御が可能 ‣ VPC同士を繋ぐことができる
  • Route 53 ‣ SLA100%のDNSサービス ‣ DNSフェイルオーバー ‣ Sorryページへの遷移 ‣ レイテンシーベースルーティング ‣ 遅延が最小になるようにルーティング ‣ 管理するホストゾーンあたり、リクエス トあたりの料金
  • CloudFront ‣ コンテンツ配信(CDN) ‣ ストリーミング配信など ‣ エッジロケーションから配信される ‣ データ転送量あたり、リクエストあたり の料金 ‣ S3との連携 ‣ 低コストで配信サービス
  • AWS Direct Connect ‣ AWSへの専用線接続 ‣ AWSとDC、オフィス、コロケーション環境 で閉域網による接続を実現する ‣ オンプレミスとのハイブリッド環境 …
  • AWS Direct Connect ‣ 詳細については、この後に比企さんから
  • Amazon EMR ‣ 分散処理基盤 ‣ HadoopのAWS実装 ‣ 分析、シミュレーション、など ‣1時間あたりの料金
  • Amazon Kinesis ‣ ストリーミングデータのリアルタイム処 理 ‣ ソーシャルメディアの分析 ‣ 料金はEC2+α ‣ http://www.slideshare.net/shimy_net/ kinesis-32355276
  • Amazon Kinesis ‣ ストリーミングデータのリアルタイム処 理 ‣ ソーシャルメディアの分析 ‣ 料金はEC2+α ‣ http://www.slideshare.net/shimy_net/ kinesis-32355276
  • AWS Data Pipeline ‣ 定期的にデータ処理、データ移動 ‣ 無料枠がある ‣ 「アクティビティ」という単位に対する 月あたりの料金
  • CloudSearch ‣ 完全マネージド型の検索サービス ‣ 最近、日本語に対応!! ‣ beta ‣ 1時間あたりの料金
  • Amazon SWF ‣ 複数のコンポーネントに分散する作業の 「実行基盤」を提供する ‣ オンプレミスと連携して ‣ 人と連携して ‣ 疎結合 ‣ ステートレス ‣ 非同期
  • Amazon SWF ‣ 利用者がやりたいことを自由に決める ‣ 全体的にSWFが管理してくれる ‣ 面倒なこともSWFがやってくれる ‣ 無料枠がある ‣ ワークフローという単位に対して料金
  • Amazon SES ‣ メール配信専用のサービス ‣ 送信するメール数に対して料金 ‣ 大量のメールも大丈夫 ‣ 統計、バウンス対応、ウィルス検出
  • Amazon SNS ‣ メッセージングサービス ‣ プッシュ ‣ 無料枠がある ‣ 送信リクエストに対して料金 ‣ beta
  • Amazon SNS ‣ モバイルデバイスへのPush ‣ SMS/Eメール ‣ 他のサービスと連携して何か発生した時 にPush通知する
  • Amazon SQS ‣ キューサービス ‣ 無料枠がある ‣ リクエスト数に対して料金 ‣ 「疎結合」を実現するためには必須 ‣ 「疎結合」を実現することでクラウドの メリットを享受しやすく
  • Elastic Transcoder ‣ 完全マネージド型の動画変換サービス ‣ 無料枠がある ‣ 変換する動画の再生時間と解像度で料金 ‣ CloudFrontと合わせて動画配信サービス
  • AWS IAM ‣ AWSのリソースへのユーザーアクセス管理 ‣ 役割によって必要なリソースのみに アクセスできるように ‣ 無料で使える
  • CloudWatch ‣ AWSのリソースをモニタリングする ‣ 無料枠がある ‣ 監視する対象数、リクエスト数に対して 料金 ‣ 料金情報なども監視できる ‣ SNSでメッセージ連携 ‣ トラフィックが急上昇したら通知、等
  • Elastic Beanstalk ‣ ウェブアプリケーションの簡単な開発、 デプロイ、スケーリングのサービス ‣ 無料で使える ‣ PaaS ‣ 簡単な分、制限もある ‣ 全てをConfig(設定)で制御する
  • CloudFormation ‣ AWSのリソースのプロビジョニングを自動 化するサービス ‣ 無料で使える ‣ JSON形式で制御ファイルを作成 ‣ 同じ環境を簡単に複製できる ‣ 既にある環境から制御ファイルを作れる ‣ CloudFormer
  • OpsWorks ‣ アプリケーション全てのプロビジョニン グを自動化するサービス ‣ 無料で使える ‣ CloudFormationはAWSのリソース(インフ ラ)まで、OpsWorksはその上のミドル ウェアまで
  • OpsWorks ‣ Chef on AWS ‣ Chefのレシピが使用できる ‣ EC2を起動して、RDSも起動してapache をインストールして、gitからコードを 持ってきてデプロイする、を自動化 ‣ 同じ環境を何度でも
  • CloudTrail ‣ AWSのリソースへのアクセスログを取得 ‣ 無料で使える、けど東京はまだ… ‣ AWSは全てがAPI呼び出し ‣ APIの呼び出しログ ‣ 開発者が何を実行したか、運用担当者が 何を実行したか
  • SDKs ‣ Java、JavaScript、Python、PHP、.NET、 Ruby、Node.js、iOS、Android
  • Toolkit ‣ Visual Studio、Eclipse、Windows PowerShell、CLI
  • ここまで!
  • 気になった 使えそう
  • まずは触ってみること
  • http:// aws.amazon.com/jp/ campaigns/2014gw/
  • http:// aws.amazon.com/jp/ campaigns/2014gw/
  • 「無料で使える」
  • やってみて 疑問があれば
  • 勉強会で聞く 懇親会で聞く
  • 技術的なことじゃなくても
  • Twitterで「#jawsug」で 質問する
  • 全国のjawsugメンバー ADSJの中の人 その他、AWSに携わっている人
  • JAWS-UG コミュニティの力
  • Original Update by stevendepolo / http://www.flickr.com/photos/stevendepolo/ Questions? とにかく多いサービスたち #jawsug まずはやってみる
  • Appendix ‣ AWSのサービス一覧 https://aws.amazon.com/jp/products/ →ここを眺めると全サービスがなんとなくわかる ‣ リージョンごとのサービス一覧 http://aws.amazon.com/jp/about-aws/ globalinfrastructure/regional-product- services/ →東京リージョンでどのサービスが使えるのか
  • Appendix ‣ AWS クラウド資料集 http://aws.amazon.com/jp/aws-jp- introduction/ →Black Belt(旧マイスターシリーズ)がオススメ。公式よりわかりや すい ‣ AWSセキュリティセンター http://aws.amazon.com/jp/security/ →AWSが取得している第三者認証、ホワイトペーパーなど
  • Appendix ‣ Cloud Design Pattern http://aws.clouddesignpattern.org/ →よくあるシステム構成をパターン化したもの ‣ エンタープライズAWS導入ガイド http://www.serverworks.co.jp/aws_guide →4/25に公開されたAWSパートナーが共同執筆したガイドブック