20131108 コスト × No EC2 × 私 - serverworks社内LT

599 views
534 views

Published on

11/08の社内LTで使用した資料です。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
599
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20131108 コスト × No EC2 × 私 - serverworks社内LT

  1. 1. コスト × No EC2 × 私 社内LT 2013.11.08 桶谷 拓也
  2. 2. Agenda ‣Who am I ? ‣AWSで必要になるコスト ‣No EC2
  3. 3. Who am I ? • 桶谷 拓也(おけたに たくや) • セールスグループ所属 • 元業務系エンジニア • 大阪市在住(今は地蔵通りを抜けたあたり) • 富山県出身 • Like:料理、沖縄、ラーメン、お酒(何でも)、映画 • @okeee0315 / http://okeees.blogspot.jp/ • JAWS-UG Osaka コアメンバー(多分)
  4. 4. Who am I ? • 桶谷 拓也(おけたに たくや) • セールスグループ所属 • 元業務系エンジニア • 大阪市在住(今は地蔵通りを抜けたあたり) • 富山県出身 • Like:料理、沖縄、ラーメン、お酒(何でも)、映画 • @okeee0315 / http://okeees.blogspot.jp/ • JAWS-UG Osaka コアメンバー(多分) ! 楽しく生きる 楽しく仕事する
  5. 5. 元エンジニアとして ‣プリセールス / テクニカルセールス的な ‣案件切り出し鉄砲玉(派遣→受託切出) ‣要求分析 / 要件定義 ‣自社サービス顧客フォロー / 保守
  6. 6. 元エンジニアとして ‣Windows / Linux ‣アプリケーション開発 / サーバー構築、 運用 / 情シス・社内システム管理者 ‣.NET Framework ‣言語は広く、それなりに深く ‣ISMS認証取得 / 情報システム管理者
  7. 7. 元エンジニアとして ‣AWS(クラウド) ‣HTML5 ‣Node.js ‣DevOps ‣自動化
  8. 8. AWSで必要になるコスト Original Update by stopnlook/ http://www.flickr.com/photos/crazyneighborlady/
  9. 9. AWSの課金ポイント ‣ 仮想マシン EC2, RDS ‣ ストレージ S3, EBS ‣ 通信
  10. 10. AWSの課金ポイント ‣ 仮想マシン EC2, RDS ‣ ストレージ S3, EBS ‣ 通信 仮想マシンが 総額の7,8割
  11. 11. AWSの課金ポイント ‣ 仮想マシン EC2, RDS ‣ ストレージ S3, EBS ‣ 通信 ココを減らす ことが最優先
  12. 12. 仮想マシンの課金を減らす ‣ 不要なインスタンスは停める ‣ 不要な時間は止める ‣ 不要な性能は減らす ‣ RI / Spot の利用
  13. 13. 仮想マシンの課金を減らす ‣ 不要なインスタンスは停める ‣ 不要な時間は止める ‣ 不要な性能は減らす ‣ RI / Spot の利用 ‣そもそも仮想マシンを使用しない
  14. 14. 仮想マシンの課金を減らす ‣ 不要なインスタンスは停める ‣ 不要な時間は止める ‣ 不要な性能は減らす ‣ RI / Spot の利用 ‣そもそも仮想マシンを使用しない ! No EC2 パターン
  15. 15. No EC2 パターン
  16. 16. No EC2 パターン ‣ CDP(Cloud Design Pattern) ‣ 「Incubator (作成中)」 ‣ EC2を使わないで動的ページ(サイト)を構築する ‣ 誰が言い出したのか知らない ‣ 期待、期待、期待…だけどイツマデタッテモ…
  17. 17. 救世主現る Original Update by LadyDragonflyCC - >;< / http://www.flickr.com/photos/ladydragonflyherworld/
  18. 18. AWS SDK for JavaScript
  19. 19. AWS SDK for JavaScript ‣ 1週間前に発表 ‣ JavaScript(Client Side)からAWSのリソースにアクセ スできる ‣ 開発者プレビュー版 ‣ S3 / SQS / SNS / DynamoDB
  20. 20. やってみた
  21. 21. 感触 / 感想 ‣ 今回の内容の構築(with Bootstrap 3)は1hで出来た ‣ 認証周りもちゃんと対応してる ※今回未実装 ‣ Web Identity Federationを利用可能 ‣ Facebook / Google / Login with Amazon ‣ 一時的なCredential ‣ ちゃんとDocument(もちろん英語)もある ‣ 開発環境はどうなるんだろ
  22. 22. 用途 ‣ たまにしか使わないけど24/365で動かす必要がある 機能(ex. 管理者向けの画面) ‣ ちょっとしたAWS管理Webツール ‣ JS信仰なフロントエンジニアがアプリケーション層の 開発を行う場合
  23. 23. まとめ ‣ AWS SDK for JavaScriptを使用してNo EC2 パター ンを実現することは可能 ‣ そこまでしてNo EC2 パターンにこだわる必要なし ‣ でも、コスト改善は大切なので、引き続き追究する
  24. 24. Original Update by stevendepolo / http://www.flickr.com/photos/stevendepolo/ Question?

×