Your SlideShare is downloading. ×
20130622 AWSの全サービスお話します - 環境自動構築 - CloudFormation - jaws-ug osaka#08
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

20130622 AWSの全サービスお話します - 環境自動構築 - CloudFormation - jaws-ug osaka#08

1,942

Published on

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,942
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. - AWSの全サービスお話します - 環境自動構築 AWS CloudFormation JAWS-UG Osaka 第8回勉強会 Beginners 2013.06.22 桶谷 拓也
  • 2. 自己紹介 • 桶谷 拓也(おけたに たくや) • 業務系エンジニア • AWS認定ソリューションアーキテクト- アソ シエイト • @okeee0315 ! • Like:SQS/Queuing Chain/Self Registration • クラウド/HTML5/Node.js
  • 3. 目次 • CloudFormation • Stack • Template • cloud-init • CloudFormer • 最近の情勢 • さいごに
  • 4. CloudFormation
  • 5. CloudFormation • 様々なAWSのサービスを使用したシステム構 成を設定ファイル(Template)を元にStack を構築するサービス。 • Templateを作成することで、自由なシステム 構成が可能。 • 利用料金は無料! ➡Templateで構築するAWSリソースに対する料金のみ。
  • 6. CloudFormation • イメージ Amazon EC2 Amazon EC2 Amazon EC2 Amazon EC2 Bucket with Objects DynamoDB Amazon RDS Amazon SNSAmazon SQS Template Stack Templateから色々な サービスを起動できる
  • 7. CloudFormation • いつ使うの? ‣ 一度Templateを作成すれば、いつでも同じシステム構成を構築す ることが出来る。 • 開発環境/評価環境の構築。 • 再利用可能なシステム構成(LAMPなど)の構築。 ‣ 公開されているTemplateを利用したシステム構築。 • アプリケーションが必要な場合、Templateが公開されているも のであれば、それを利用することで簡単に構築可能。一から (OSインストール、アプリケーションインストール...etc)作 成する必要はない。 • Tracks、Redmine、WordPress、LAMP、RoR ...etc
  • 8. Stack • リソースの集合。対応しているリソースは… ! ! ! ! • リソース単位で構築/破棄を行うことが出来る。 • Templateで指定された依存関係で構築順が決 まる。 Amazon EC2 インスタンス(オンデマンドインスタンス、スポッ トインスタンス、およびリザーブドインスタンス) Amazon Elastic Block Store(EBS)ボリューム Elastic Load Balancers Elastic IP アドレス Amazon EC2 セキュリティグループ Auto Scaling グループ Amazon Relational Database Service(RDS)インスタンス Amazon RDS セキュリティグループ Amazon ElastiCache クラスタ Amazon ElastiCache セキュリティグループ Amazon ElastiCache パラメータグループ AWS Elastic Beanstalk Amazon CloudWatch アラーム Amazon Simple Storage Service(S3)バケット Amazon Simple DB ドメイン Amazon Simple Queue Service(SQS)キュー Amazon Simple Notification Service(SNS)トピック Amazon SNS サブスクリプション Amazon Route 53 DNS レコード Amazon CloudFront のディストリビューションと複数オリジン のサポート AWS Identity and Access Management ユーザーおよびグルー プ AWS Identity and Access Management ポリシー Amazon Virtual Private Cloud VPC、サブネット、ゲートウェ イ、ルートテーブル、およびネットワーク ACL Amazon DynamoDB テーブル
  • 9. Stack • 構築手段 ‣ AWS Management Console ‣ AWS CloudFormation Command Line Tools ‣ 各種SDK • Java、.NET、PHP
  • 10. Template • CloudFormationで一番重要な部分。 • Stackの設計書。 • JSONフォーマットで記述する。 ! • サンプルテンプレート ➡http://aws.amazon.com/jp/cloudformation/aws-cloudformation- templates/
  • 11. Template • どんなもの? ‣ Parameters、Mappings、Resources、 Outputsの4つの定義を記述。 ‣ 可変項目はパラメータ化、Mapping。 ‣ Functionsで文字結合も出来る。 ‣ 参照関係が存在する部分はCloudFormationが よしなに。
  • 12. cloud-init
  • 13. cloud-init • 初期設定ツール • EC2インスタンス起動時にuserdataとして設 定したスクリプトを実行させる。 • シェルスクリプト、コマンドラインスクリプト、PowerShellスク リプト ...etc ! • example ➡http://bit.ly/14OLL3V
  • 14. cloud-init •何が出来るの? ‣ パッケージのインストール ‣ パッケージのアップデート ‣ hostnameの設定 ‣ インスタンス情報の取得 ...etc ! スクリプトで出来ることは何でも!
  • 15. cloud-init • 何に使うの? ‣ インスタンス起動時にインスタンスを初期 化する。 • 全ての設定を詰め込んだAMIを用意して運用すると、OS/アプ リケーションのバージョンアップなどの際にAMIの再作成が必要 になる。 ➡更新/変更される可能性がある部分をcloud-initに分離する ことでAMIの再作成が不要に。 ➡同じ構成で別の環境を構築する際、環境差異をcloud-initに 分離しておくことでAMIの再利用が可能に。
  • 16. Cloud Former
  • 17. Cloud Former • 構築済みのシステム構成からテンプレートを作 成するツール。 • Cloud Former自体をテンプレートから起動す る。 • Cloud FormerのStackを構築し、Webアクセ スして、ウィザード形式でリソースの選択を行 い、Templateを作成する。 ! ※ベータ版(ベータが外れる日はいつ...?)
  • 18. Cloud Former • 何に使うの? • 既にAWS上に構築されているシステム構成からTemplateを作成す る。 • システム構成の再利用。 ➡同じシステム構成の別のアプリケーションの構築。 ➡同じシステム構成の開発/評価環境の構築。
  • 19. 最近の情勢
  • 20. • AWS OpsWorks(おぷすわーくす)の登場 ! ! ! ! ! • OpsWorks(AWSのDevOpsソリューション/Chefレシピ使用可能) に流れるかと思いきや意外とそうでもなかった。 • 既にAWSとPuppet/Chef/Fabricを組み合わせる事例多数。 • 個人的にはOpsWorksに遷移していく感じ。 最近の情勢
  • 21. 最近の情勢 • OpsWorksについては… • この後のセッションで! • 2013/07/06(土)にJAWS-UG神戸の OpsWorks(Chef)特集、で! ➡ http://www.zusaar.com/event/615003
  • 22. さいごに
  • 23. AWSに触れるとき • わからないことがあったら? • Google先生に聞いてみる。 • Twitterで #JAWSUG タグで質問してみる。 ! • おすすめのドキュメント • 公式 • AWSマイスターシリーズ ➡ http://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/
  • 24. ありがとうござい ました。

×