• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-5 : 開発者とディレクターの視点を変えていく方法
 

Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-5 : 開発者とディレクターの視点を変えていく方法

on

  • 8,999 views

発表者 岡崎隆之 (@watermint) ...

発表者 岡崎隆之 (@watermint)
発表者紹介 2006年頃よりHudson/Jenkinsを使い始めて以来、Sun Microsystems在籍時代はエンタープライズJava、ACCESS在籍時代はiOSや電子書籍、GREE在籍の今はWebサービス基盤の開発と、それぞれ異なる局面におけるJenkins導入してきたJenkinsユーザです。
概要 ソフトウエア開発には多くのステークホルダーが介在します。Jenkinsを単に開発ツールとしてではなく、開発ワークフローの中心的存在に持ち上げ、視点をツールによる効率化からワークフローの最適化へ向けていくことがJenkins導入の重要なポイントです。本セッションでは利用事例をはじめとして、Jenkinsを中心としたワークフロー立ち上げについてご紹介します。
キーワード Android, iOS, PHP, github, ワークフロー

Statistics

Views

Total Views
8,999
Views on SlideShare
2,716
Embed Views
6,283

Actions

Likes
11
Downloads
27
Comments
1

11 Embeds 6,283

http://labs.gree.jp 6253
http://webcache.googleusercontent.com 11
http://www.newsblur.com 8
http://s.deeeki.com 3
http://translate.googleusercontent.com 2
http://ja.sci-tech-watch.com 1
https://si0.twimg.com 1
http://ss.dotbranch.com 1
http://www.mefeedia.com 1
http://localhost 1
http://rssc.dokoda.jp 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel

11 of 1 previous next

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
  • Hello
    My name is amarilla, I saw your profile today and become interested in you. Please reply to me at(amarilla.adura01@yahoo.co.uk) I have much more to discuss with you.
    Thank you.
    Miss amarilla
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-5 : 開発者とディレクターの視点を変えていく方法 Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 S406-5 : 開発者とディレクターの視点を変えていく方法 Presentation Transcript

    • 開発者とディレクターの視点を変えていく方法 岡崎隆之 (@watermint) グリー株式会社Jenkins User Conference 2012, 2012-07-29, S406-5
    • 岡崎 隆之@watermintwatermint.org Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 岡崎 隆之エンジニアグリー株式会社labs.gree.jp/blog Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 開発者とディレクターの視点を変えていく方法 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • グリーでの開発スタイル Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • エンジニアディレクターデザイナープロジェクトマネージャーJenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • グリーでの開発プロセスJenkins導入前 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • デザイナー ディレクター レビュー依頼 ビルド エンジニア Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • デザイナーディレクター レビュー v4 v3 v2 v1エンジニア 修正&ビルド Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • デザイナーディレクター レビュー v4 v3 v2 v1 修正&ビルドエンジニア Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 導入前の問題点 作業の属人化 成果物の管理残課題管理が手薄 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 導入前の問題点 作業の属人化 問題を放置すると... 成果物の管理残課題管理が手薄 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • つかまら 頼みづらい ない デザイナー ディレクター ビ ル ド 集中でき 法が分から ない ない エンジニア エンジニア Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • デザイナー 旧Ver紛失ディレクター 旧Verで 検証 v4 v3 v2 v1 管理がエンジニア 修正&ビルド 煩雑 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • Issueの 散乱 デザイナーディレクター v4 v3 v2 v1 直ったか わからないエンジニア Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • グリーでのJenkins導入初期導入 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • ディレクター デザイナーエンジニア Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • つかまら Issueの 頼みづらい ない 散乱 ビ ル ド集中でき 直ったか 法が分から ない わからない ない旧Verで 管理が 旧Ver紛失 検証 煩雑 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • つかまら Issueの 頼みづらい ない 散乱 ツールの導入で解決 ビ ル ド集中でき 直ったか 法が分から ない わからない ない旧Verで 仕組みの改善で解決 旧Ver紛失 管理が 検証 煩雑 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 導入初期のポイント, その1理屈よりも、早期にメリットを実感できることを優先 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • Androidアプリのビルドリリース用 本番環境 ステージング 開発 煩雑な手作業は 自動化のメリットがiOSアプリのビルド すぐに実感できるリリース用 本番環境 ステージング 開発 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 導入初期のポイント, その2迅速なサポート Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • ディレクター デザイナー問い合わせ集中 ビルドの失敗 エンジニア Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • ディレクター デザイナー Jenkinsサポートの メーリングリストや チャットを準備エンジニア Jenkinsサポート Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • ディレクター デザイナー Jenkinsサポートの メーリングリストや Jenkinsに詳しい一部のサポーター チャットを準備エンジニア 組織の中でのサポート体制 Jenkinsサポート Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • グリーでのJenkins導入より進んだ導入 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 各種指標 指標の集計 単体テスト数 テストカバレッジ 通知 コミット 静的解析結果 パフォーマンスエンジニア etc... Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 各種指標 単体テスト数テストカバレッジ 静的解析結果 パフォーマンス etc... Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 各種指標 単体テスト数テストカバレッジ 指標が活かされない 静的解析結果 パフォーマンス etc... Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • リリース 指標の集計 通知 指標とリリース基準 コミット が結びつかないとエンジニア 無視される Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • リリース あるべき論、精神論 指標の集計 通知 指標とリリース基準 コミット が結びつかないと しくみ、制度化エンジニア 無視される Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 改善のポイント, その1しくみの整備制度による統制 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • リリース手順を見直す制度化して統制する リリース Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 改善のポイント, その2フレームワークの整備と指標の活用 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • コピー&ペースト多発バグを生みやすい記述パフォーマンス劣化テストカバレッジの低下コメント記述の不足 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • リリース手順に組み込む リリース Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • フレームワーク改善やリファクタリングの成果確認のために指数を利用する 施策2 施策3 施策1 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • フレームワーク改善やリファクタリングの成果 コード品質の低下は自然と考える確認のために指数を利用する 施策2 施策3 フレームワークで下支えする 施策1 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • グリーでのJenkins導入まとめ Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 導入初期のポイント, その1理屈よりも、早期にメリットを実感できることを優先 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 導入初期のポイント, その2迅速なサポート組織的なサポート体制チャットやメーリングリストの準備 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 改善のポイント, その1しくみの整備制度による統制 Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • 改善のポイント, その2フレームワークの整備と指標の活用フレームワークで下支えする Jenkins User Conference 2012, Copyright (c) 2012 GREE, Inc. All rights reserved.
    • Thank You!
    • gree.co.jp/recruit