WindowsでもVagrantとChefでLaravelのローカル環境を(自分で)つくりたい!
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

WindowsでもVagrantとChefでLaravelのローカル環境を(自分で)つくりたい!

on

  • 1,826 views

2014年4月5日に開催されたLaravel Meetup Tokyo Vol.3で発表させていただいた資料です。

2014年4月5日に開催されたLaravel Meetup Tokyo Vol.3で発表させていただいた資料です。

Statistics

Views

Total Views
1,826
Views on SlideShare
1,181
Embed Views
645

Actions

Likes
1
Downloads
1
Comments
0

4 Embeds 645

http://blue-goheimochi.hatenablog.com 543
http://blog.comnect.jp.net 100
https://twitter.com 1
http://cache.yahoofs.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

WindowsでもVagrantとChefでLaravelのローカル環境を(自分で)つくりたい! WindowsでもVagrantとChefでLaravelのローカル環境を(自分で)つくりたい! Presentation Transcript

  • Windowsでも VagrantとChefで Laravelのローカル環境を (自分で)つくりたい! Laravel Meetup Tokyo Vol.3 2014.04.05 Yuta Ohashi
  • 2014.04.05 Yuta Ohashi で、ハマった話・・・
  • すでGitHubとかにあるやつ使えばいいじゃ(ry
  • 自分でやってみる! という気持ちは大事! すでGitHubとかにあるやつ使えばいいじゃ(ry
  • すでGitHubとかにあるやつ使えばいいじゃ(ry 自分でやってみる! という気持ちは大事! だと思う・・・
  • 誰ですか? ・大橋 佑太(おおはし ゆうた) ・ @blue_goheimochi ・株式会社オウケイウェイヴ ・プログラマ ・Laravel、GitHub Flow、TDD、Travis CI、 アジャイル開発、カンバン、Vagrant、Chef・・・ などなどモダンっぽいことやりたい年頃 ・ブログ:http://blue-goheimochi.hatenablog.com/
  • 何ができましたか? https://github.com/blue-goheimochi/laravel-vagrant-centos 一応開発環境を自分でつくるのはできた! これができるまでに、 ハマったあれこれを5つ紹介します! (5つ以上あった気もしますが・・・笑)
  • ハマったこと その1 Windowsだと vagrant ssh できない。
  • ハマったこと その1
  • `ssh` executable not found in any directories in the %PATH% variable. Is an SSH client installed? Try installing Cygwin, MinGW or Git, all of which contain an SSH client. Or use the PuTTY SSH client with the following authentication information shown below: Host: 127.0.0.1 Port: 2222 Username: vagrant ハマったこと その1
  • Puttyかなんかの SSHクライアントで アクセスしましょう。 Windowsだと vagrant ssh できない。 ハマったこと その1
  • ハマったこと その2 なんかSSHの ポートが変わってる
  • ・Vagrantfileに追記 config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.100" Host: 192.168.33.100 Port: 2222 Username: vagrant ハマったこと その2
  • 先ほどの Host: 127.0.0.1 Port: 2222 Username: vagrant であれば接続できる ハマったこと その2
  • ハマったこと その2 Host: 192.168.33.100 Port: 22 Username: vagrant 試しにポートを22にしてみると・・・ つ・・・つながった・・・
  • ハマったこと その2 のいずれかでアクセスできます。 この情報はあくまで、ローカル・ループバック・アドレスを指定した 場合の設定で、上記設定でアクセスするとポートフォワードして vagrantで立ち上げたサーバーにアクセスすることができるように なっています。(あくまでホストのCentOSのSSHのポートは22) Host: 127.0.0.1 Port: 2222 Username: vagrant Host: 192.168.33.100 Port: 22 Username: vagrant Host: localhost Port: 2222 Username: vagrant なぜかというと・・・ (おまけで) つまり、結論
  • ハマったこと その2 → こう解決! なんかSSHの ポートが変わってる サーバーのIPでアクセスす る場合はPortは22 (ポートが変わっているわけじゃない)
  • ハマったこと その3 Windowsだと knife solo cook <host> できない。
  • ハマったこと その3 C:¥Users¥Yuta Ohashi¥Desktop¥laravel>knife solo cook vagrant@192.168.33.100 Running Chef on 192.168.33.100... Checking Chef version... Enter the password for vagrant@192.168.33.100: Uploading the kitchen... ERROR: RuntimeError: Failed to launch command ["rsync", "-rL", "-- chmod=ugo=rwX", "--rsh=ssh vagrant@192.168.33.100", "--delete", "-- exclude =revision-deploys", "--exclude=tmp", "--exclude=.git", "--exclude=.hg", "-- exclude=.svn", "--exclude=.bzr", "/cygdrive/C/opscode/chef/embedd ed/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/knife-solo-0.4.1/lib/knife- solo/resources/patch_cookbooks/", ":~/chef-solo/cookbooks-1"] rsyncに対応していない。。
  • ハマったこと その3 これをすることで共有フォルダにおかれているCookBookを Hostサーバ上で実行できます。 ・Vagrantfileに追記 # Install chef config.vm.provision :shell, :inline => "curl -L 'http://www.opscode.com/chef/install.sh' | sudo bash" # provisioning with chef solo. config.vm.provision :chef_solo do |chef| chef.cookbooks_path = "./chef/cookbooks“ chef.data_bags_path = "./chef/data_bags“ chef.add_recipe "httpd“ end
  • ハマったこと その3 Windowsだと knife solo cook <host> できない。 Vagrantのprovision を 利用しましょう
  • ハマったこと その4 Chefでyum使うとデフォで base repositoryからイン ストールされる。
  • ハマったこと その4 Chefのレシピでリポジトリを明示的に指定すればOK。 package "php" do action :install options "--enablerepo=remi" not_if "rpm -q php" end PHPのインストールでハマった。 remiリポジトリからPHP5.4インストールしたい。 remiリポジトリインストールして、PHPに関してはそちらを使うよ うに設定書き換える。 sshでつないでやる分にはうまくいく。
  • ハマったこと その4 Chefでyum使うとデフォで base repositoryからイン ストールされる。 Chefのレシピで使うリポ ジトリを指定しましょう。
  • ハマったこと その5 Vagrantの config.vm.provision:shell でcomposer installできない
  • ハマったこと その5 これだとcomposer installがうまくいかない。 もちろん、sshでログインしたうえだとうまくいく。 # composer install config.vm.provision :shell, :inline => <<-EOS cd /var/www/laravel.loc composer install EOS
  • ハマったこと その5 Vagrantの config.vm.provision:shell でcomposer installできない CookBookのほうで何とかし ましょう
  • ハマったこと まとめ もっとベストな解決策が あるかと思いますが、 その時はこっそり 教えて(プルリク)ください・・・笑 https://github.com/blue-goheimochi/laravel-vagrant-centos
  • 今後は何したい? ・Chef レシピの追加 ・TDD ・Travis CIとの連携 ・ちゃんと何か Laravel使って作る。
  • 今後は何したい?
  • 最後に・・・
  • ハマったらどうするか・・・? 1.Google先生に聞く 2.人に聞く
  • ハマったらどうするか・・・? 3.OKWaveで聞く(宣伝)
  • ハマったらどうするか・・・?
  • 解決済!! Laravelに関する すべての質問が ハマったらどうするか・・・?
  • 総件数5件ですが・・・ ハマったらどうするか・・・? 解決済!! Laravelに関する すべての質問が
  • 総件数5件ですが・・・ 解決済!! Laravelに関する すべての質問が てへぺろ(・ ハマったらどうするか・・・?
  • ご静聴ありがとうございました!