AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」

2,259 views
2,062 views

Published on

私が自社メンバー+関連会社の方向けに行った、AWSを軸としたクラウドサービス勉強会の資料です。

Day1: 「クラウドサービス再定義」
 AWSの登場を機に本格的に変わったクラウドの世界。
 Day1ではクラウドサービスとは何か?とこれからクラウドの
 世界で起こっていく事象について解説します。

Day2:「進撃のAWS」
 IaaSクラウド界の雄「AmazonWebServices」を題材に
 クラウドサービスの本質的な部分をハンズオンデモを交えて
 ご紹介します。

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,259
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
43
Actions
Shares
0
Downloads
49
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」

  1. 1. AWSクラウドサービス勉強会 Day 2. 進撃のAWS 2014年1月29日 株式会社サイバーネーション 大橋 衛
  2. 2. Day 2.進撃のAWS Agenda Section 0. 前回の補足 Section 1. AWSサービス個別解説 〜休憩10分〜 Section 2. AWS利用ケーススタディ Section 3. ハンズオン   ①マネジメントコンソールにて   ②プログラムコードにて 質疑応答
  3. 3. Section 0. 前回の補足
  4. 4. クラウドサービスの「いま」 MM総研「国内クラウドサービス需要動向」 2013年8月28日発表 4,599法人へのアンケート結果 1.新規システムの構築方法 ❖ 新規システム導入時にクラウドの活用を優先的 に検討する法人ユーザーは7割に達する ❖ 米国と同様に日本においても「クラウドファース ト」の浸透が顕著 ❖ クラウドサービスの急拡大によりオンプレミスは 縮小してゆくものと予想される ❖ 国内事業者と海外事業者の競争はさらに激化
  5. 5. クラウド化されているシステム 「これはオンプレであるべき」という聖域は ほぼなくなりつつある 自社業務管理システム (ERP、SNS) 顧客情報管理システム (CRM) 情報系システム データ解析システム (BigData) ハイブリッドクラウド お客様向け Webシステム 日経BP社「パブリッククラウドを利用するユーザー企業100社への調査」
  6. 6. クラウド化に向かないシステム やり方次第で クラウド対応可
  7. 7. クラウド・イノベーションの段階的発展 「クラウドの未来 超集中と超分散の世界」 (小池良次/講談社現代新書)より抜粋 クラウド・コンピューティング クラウド・ネットワーク クラウド・デバイス クラウド・サービス 2015年頃 現在 2025年頃? 2020年頃? 今後約10〜15年で クラウド・イノベーションは 成熟期を迎える
  8. 8. Googleがスマート コンタクトレンズを開発 血糖センサと無線内蔵の医療用。LED内蔵も検討
  9. 9. インテル、SD カードサイズの超小型PC 『Edison』 発表デュ アルコアCPU、WiFi 搭載のウェアラブル端末用
  10. 10. クラウド・イノベーションのその先の世界?
  11. 11. Section 1. AWSサービス個別解説
  12. 12. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  13. 13. 仮想コンピューティング EC2(Elastic Compute Cloud)  コンピューティングノードで仮想ハードウェア  ネットワークカードなども仮想化されている Elastic IP  フローティング可能なグローバルIPアドレス  同じリージョン内ならいつでも、どのEC2にも移動できる Elastic LoadBalancer  簡単な設定で使用できる仮想ロードバランサ  配下に置くEC2インスタンスを指定して使う AutoScaling  様々な条件をトリガにEC2のスケールアウト/スケールインが可能  
  14. 14. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  15. 15. 仮想ネットワーキング VPC(Virtual Private Cloud)  仮想プライベートクラウド  AWS上に外部から隔離されたプライベートNWを構築できる  AZをまたいだサブネット構築や外部との疎通も可能 VPN Connection  AWS(VPC)とオンプレ環境をセキュアに繋ぐサービス  AWS側はすべて自動。オンプレ側も機種別configをDL可。  オンプレ側に特別な機器も不要(ソフトウェアルータでOK) Direct Connect  AWS-オンプレ間専用線接続サービス  インターネットに一切出ずにAWS側にデータをUL可能に  足回りは複数の国内プロバイダから選択可能
  16. 16. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  17. 17. 仮想ストレージ EBS(Elastic Block Store)  仮想ハードディスク  EC2に接続して起動ボリュームとしても使われている  プロビジョンドIOPSで性能を担保できる Strage Gateway  仮想iSCSI/テープドライブとして接続できるサービス  AWS外からS3+Glacierへ無意識で接続可能 S3(Simple Storage Service)  所謂オンラインス仮想ストレージ  同一リージョン内の3つのAZへの自動レプリケート機能  99.999999999%の耐久性、99.9%以上のSLA Glacier  永続化向けバックエンド仮想ストレージ  価格が安い(S3の約1/10)が取得に数時間が必要  S3と自動連携もできる
  18. 18. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  19. 19. 仮想データベース RDS(Relational Database Service)  仮想リレーショナルデータベースサービス  Oracle, SQL Server, MySQL, PostgreSQL  自動SO/自動バックアップ/MultiAZレプリ/IOPS指定可 DynamoDB  フルマネージドNoSQLデータベースサービス  SSD保存/自動SO/MultiAZレプリ/IOPS指定可 ElastiCache(※ベータサービス)  インメモリDBなどの高速オブジェクトキャッシュサービス  Memcached/Redisに対応 RedShift  仮想データウェアハウスサービス  カラムナ指向/分散指向DB  数百GB〜ペタバイト単位のデータに最適化
  20. 20. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  21. 21. 運用管理/開発環境 CloudWatch  統合監視サービス  EC2/EBS/RDS等から様々な情報を集積/蓄積/表示可能  条件を指定してのアラーム通知も可能     CloudTrail(※ベータサービス)  API呼出管理サービス  何のAPIがどれだけ呼び出されたかをログ化できる  S3と連携/イベント通知    
  22. 22. 運用管理/開発環境 CloudFormation  プロビジョニングテンプレート化サービス  AWSサービスの構築の自動化を可能にしテンプレート化が可能 自動 ロールバック/テンプレートテキスト出力    OpsWorks  アプリケーション構築自動化ツール  AWSインフラ〜ミドル/アプリの構築を完全自動化可能に  テンプレート+Chefレシピ/ソースライクなテキスト出力    ElasticBeansTalk  AWSのインフラを自動構成したPaaS  デプロイだけを意識すればあろは全部AWSがやってくれる  .Net/Node.js/PHP/Ruby/Java/Pythonに対応  
  23. 23. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  24. 24. 分析基盤 ElasticMapReduce  HadoopとHiveを簡単に使えるサービス  BigData解析に最適化され準備不要ですぐ使える  自動分散/自動SO/低価格/他AWSサービスと連携可    DataPipeLine  データ駆動型ワークフロー管理システム  AWS-オンプレ間のデータ転送を容易に行えるサービス  オンプレ側のデータの定期取得をトリガに処理とUL実施可能    Kinesis(※ベータサービス)  大規模ストリーミングデータ処理サービス  リアルタイム処理と大規模なキャッシュが可能   処理後のデータはS3やGlacierに保存可能
  25. 25. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  26. 26. Appサービス SimpleEmailService  大規模メール配信サービス  メーリングリストの管理や処理がAPI経由で可能に    Simple Queue Service  メッセージキューイングサービス  フロントとバックの間に入り処理をシーケンシャル化できる    Cloud Front  Webコンテンツキャッシュサービス  CDNetworks/アカマイと同等の機能    
  27. 27. Appサービス Route53  権威DNSサーバサービス  各ISPなどに付与されているものと同等の機能     WorkSpaces(※ベータサービス)  仮想デスクトップ環境サービス  Amazon初?の定額制サービス  WindowsのRDP環境を容易しユーザーは外部からそれを使える  ここを踏み台にして他のEC2等にアクセスも可能  社内ネットワークをVPCで構築が可能に    
  28. 28. AWS サービスカテゴリ 1) 仮想コンピューティング 2) 仮想ストレージ 3) 仮想ネットワーキング 4) 運用管理/開発環境 5) 分析基盤 6) App サービス
  29. 29. 10:00
  30. 30. Section 2. AWS利用ケーススタディ
  31. 31. Cloud Desgin Pattern ↓AWS-CloudDesignPattern http: //aws.clouddesignpattern.org/ クラウドを使ったSA設計を行う際 に発生する、典型的な問題とそ れに対する解決策・設計方法を、 分かりやすく分類して、ノウハウ として利用できるように整理した もの クラウドアーキテクトの暗黙知を 形式知に変換したものの集大成
  32. 32. AWSで組めるシステムサンプル3例 1) 守るべきデータと開放すべきデータを別NWに 分離してルーティングする 2) 大量データの高速処理を月に1回だけ行う 3) どこまで増えるかわからないデータを半永久的 に保存する
  33. 33. 1) 守るべきデータと開放すべきデータを別NWに 分離してルーティングする Subnet A Subnet B
  34. 34. Subnet A 2) 大量データの高速処理を月に1回だけ行う ・・・
  35. 35. 3) どこまで増えるかわからないデータを半永久的 に保存する /mnt/s3fs aaaaa.log LifeCycle [host名] aaaaa.log aaaaa.log どちらも無限に スケール可能 仮想fsマウント 自動でaging S3fS
  36. 36. Section 3. ハンズオン
  37. 37. ハンズオンのまえに ● AWSはWebAPIで全て操作できる ➔ 「Open化されたIaaS/PaaS」 ➔ AWS Management Console ● 言語/環境別SDKが提供済み ➔ 上記APIの呼出を簡略化させるライブラリ ➔ 言語を選ばずInfrastructure as a Codeが実現可
  38. 38. AWS Management Console
  39. 39. AWS SDK/コマンドラインツール AWS SDK Android、iOS、Java、.NET、Node.js、PHP、Python、 Ruby、JavaScript コマンドラインインターフェース Mac、Linux、Unix、Windows(MS-DOS)、 Windows PowerShell IDEツールキット Eclipse, Visual Studio
  40. 40. Hands-on Sample VPC Subnet 2( AZ-c) Subnet 1(AZ-a) Internet GW Route Table EC2 EC2 AMI EC2 EIPEIP ※Floating IP Pattern
  41. 41. AWS Management Consoleで ハンズオン!
  42. 42. AWS Command Line Interfaceで ハンズオン!
  43. 43. Any Question?

×