Your SlideShare is downloading. ×
0
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

AWSクラウドサービス勉強会 Day2:「進撃のAWS」

1,534

Published on

私が自社メンバー+関連会社の方向けに行った、AWSを軸としたクラウドサービス勉強会の資料です。 …

私が自社メンバー+関連会社の方向けに行った、AWSを軸としたクラウドサービス勉強会の資料です。

Day1: 「クラウドサービス再定義」
 AWSの登場を機に本格的に変わったクラウドの世界。
 Day1ではクラウドサービスとは何か?とこれからクラウドの
 世界で起こっていく事象について解説します。

Day2:「進撃のAWS」
 IaaSクラウド界の雄「AmazonWebServices」を題材に
 クラウドサービスの本質的な部分をハンズオンデモを交えて
 ご紹介します。

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,534
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
43
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. AWSクラウドサービス勉強会 Day 2. 進撃のAWS 2014年1月29日 株式会社サイバーネーション 大橋 衛
  • 2. Day 2.進撃のAWS Agenda Section 0. 前回の補足 Section 1. AWSサービス個別解説 〜休憩10分〜 Section 2. AWS利用ケーススタディ Section 3. ハンズオン   ①マネジメントコンソールにて   ②プログラムコードにて 質疑応答
  • 3. Section 0. 前回の補足
  • 4. クラウドサービスの「いま」 MM総研「国内クラウドサービス需要動向」 2013年8月28日発表 4,599法人へのアンケート結果 1.新規システムの構築方法 ❖ 新規システム導入時にクラウドの活用を優先的 に検討する法人ユーザーは7割に達する ❖ 米国と同様に日本においても「クラウドファース ト」の浸透が顕著 ❖ クラウドサービスの急拡大によりオンプレミスは 縮小してゆくものと予想される ❖ 国内事業者と海外事業者の競争はさらに激化
  • 5. クラウド化されているシステム 「これはオンプレであるべき」という聖域は ほぼなくなりつつある 自社業務管理システム (ERP、SNS) 顧客情報管理システム (CRM) 情報系システム データ解析システム (BigData) ハイブリッドクラウド お客様向け Webシステム 日経BP社「パブリッククラウドを利用するユーザー企業100社への調査」
  • 6. クラウド化に向かないシステム やり方次第で クラウド対応可
  • 7. クラウド・イノベーションの段階的発展 「クラウドの未来 超集中と超分散の世界」 (小池良次/講談社現代新書)より抜粋 クラウド・コンピューティング クラウド・ネットワーク クラウド・デバイス クラウド・サービス 2015年頃 現在 2025年頃? 2020年頃? 今後約10〜15年で クラウド・イノベーションは 成熟期を迎える
  • 8. Googleがスマート コンタクトレンズを開発 血糖センサと無線内蔵の医療用。LED内蔵も検討
  • 9. インテル、SD カードサイズの超小型PC 『Edison』 発表デュ アルコアCPU、WiFi 搭載のウェアラブル端末用
  • 10. クラウド・イノベーションのその先の世界?
  • 11. Section 1. AWSサービス個別解説
  • 12. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  • 13. 仮想コンピューティング EC2(Elastic Compute Cloud)  コンピューティングノードで仮想ハードウェア  ネットワークカードなども仮想化されている Elastic IP  フローティング可能なグローバルIPアドレス  同じリージョン内ならいつでも、どのEC2にも移動できる Elastic LoadBalancer  簡単な設定で使用できる仮想ロードバランサ  配下に置くEC2インスタンスを指定して使う AutoScaling  様々な条件をトリガにEC2のスケールアウト/スケールインが可能  
  • 14. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  • 15. 仮想ネットワーキング VPC(Virtual Private Cloud)  仮想プライベートクラウド  AWS上に外部から隔離されたプライベートNWを構築できる  AZをまたいだサブネット構築や外部との疎通も可能 VPN Connection  AWS(VPC)とオンプレ環境をセキュアに繋ぐサービス  AWS側はすべて自動。オンプレ側も機種別configをDL可。  オンプレ側に特別な機器も不要(ソフトウェアルータでOK) Direct Connect  AWS-オンプレ間専用線接続サービス  インターネットに一切出ずにAWS側にデータをUL可能に  足回りは複数の国内プロバイダから選択可能
  • 16. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  • 17. 仮想ストレージ EBS(Elastic Block Store)  仮想ハードディスク  EC2に接続して起動ボリュームとしても使われている  プロビジョンドIOPSで性能を担保できる Strage Gateway  仮想iSCSI/テープドライブとして接続できるサービス  AWS外からS3+Glacierへ無意識で接続可能 S3(Simple Storage Service)  所謂オンラインス仮想ストレージ  同一リージョン内の3つのAZへの自動レプリケート機能  99.999999999%の耐久性、99.9%以上のSLA Glacier  永続化向けバックエンド仮想ストレージ  価格が安い(S3の約1/10)が取得に数時間が必要  S3と自動連携もできる
  • 18. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  • 19. 仮想データベース RDS(Relational Database Service)  仮想リレーショナルデータベースサービス  Oracle, SQL Server, MySQL, PostgreSQL  自動SO/自動バックアップ/MultiAZレプリ/IOPS指定可 DynamoDB  フルマネージドNoSQLデータベースサービス  SSD保存/自動SO/MultiAZレプリ/IOPS指定可 ElastiCache(※ベータサービス)  インメモリDBなどの高速オブジェクトキャッシュサービス  Memcached/Redisに対応 RedShift  仮想データウェアハウスサービス  カラムナ指向/分散指向DB  数百GB〜ペタバイト単位のデータに最適化
  • 20. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  • 21. 運用管理/開発環境 CloudWatch  統合監視サービス  EC2/EBS/RDS等から様々な情報を集積/蓄積/表示可能  条件を指定してのアラーム通知も可能     CloudTrail(※ベータサービス)  API呼出管理サービス  何のAPIがどれだけ呼び出されたかをログ化できる  S3と連携/イベント通知    
  • 22. 運用管理/開発環境 CloudFormation  プロビジョニングテンプレート化サービス  AWSサービスの構築の自動化を可能にしテンプレート化が可能 自動 ロールバック/テンプレートテキスト出力    OpsWorks  アプリケーション構築自動化ツール  AWSインフラ〜ミドル/アプリの構築を完全自動化可能に  テンプレート+Chefレシピ/ソースライクなテキスト出力    ElasticBeansTalk  AWSのインフラを自動構成したPaaS  デプロイだけを意識すればあろは全部AWSがやってくれる  .Net/Node.js/PHP/Ruby/Java/Pythonに対応  
  • 23. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  • 24. 分析基盤 ElasticMapReduce  HadoopとHiveを簡単に使えるサービス  BigData解析に最適化され準備不要ですぐ使える  自動分散/自動SO/低価格/他AWSサービスと連携可    DataPipeLine  データ駆動型ワークフロー管理システム  AWS-オンプレ間のデータ転送を容易に行えるサービス  オンプレ側のデータの定期取得をトリガに処理とUL実施可能    Kinesis(※ベータサービス)  大規模ストリーミングデータ処理サービス  リアルタイム処理と大規模なキャッシュが可能   処理後のデータはS3やGlacierに保存可能
  • 25. AWSの基本的サービス郡 仮想コンピューティング仮想データベース 仮想ストレージ 開発環境/運用管理 仮想ネットワーキング 分析基盤 Appサービス
  • 26. Appサービス SimpleEmailService  大規模メール配信サービス  メーリングリストの管理や処理がAPI経由で可能に    Simple Queue Service  メッセージキューイングサービス  フロントとバックの間に入り処理をシーケンシャル化できる    Cloud Front  Webコンテンツキャッシュサービス  CDNetworks/アカマイと同等の機能    
  • 27. Appサービス Route53  権威DNSサーバサービス  各ISPなどに付与されているものと同等の機能     WorkSpaces(※ベータサービス)  仮想デスクトップ環境サービス  Amazon初?の定額制サービス  WindowsのRDP環境を容易しユーザーは外部からそれを使える  ここを踏み台にして他のEC2等にアクセスも可能  社内ネットワークをVPCで構築が可能に    
  • 28. AWS サービスカテゴリ 1) 仮想コンピューティング 2) 仮想ストレージ 3) 仮想ネットワーキング 4) 運用管理/開発環境 5) 分析基盤 6) App サービス
  • 29. 10:00
  • 30. Section 2. AWS利用ケーススタディ
  • 31. Cloud Desgin Pattern ↓AWS-CloudDesignPattern http: //aws.clouddesignpattern.org/ クラウドを使ったSA設計を行う際 に発生する、典型的な問題とそ れに対する解決策・設計方法を、 分かりやすく分類して、ノウハウ として利用できるように整理した もの クラウドアーキテクトの暗黙知を 形式知に変換したものの集大成
  • 32. AWSで組めるシステムサンプル3例 1) 守るべきデータと開放すべきデータを別NWに 分離してルーティングする 2) 大量データの高速処理を月に1回だけ行う 3) どこまで増えるかわからないデータを半永久的 に保存する
  • 33. 1) 守るべきデータと開放すべきデータを別NWに 分離してルーティングする Subnet A Subnet B
  • 34. Subnet A 2) 大量データの高速処理を月に1回だけ行う ・・・
  • 35. 3) どこまで増えるかわからないデータを半永久的 に保存する /mnt/s3fs aaaaa.log LifeCycle [host名] aaaaa.log aaaaa.log どちらも無限に スケール可能 仮想fsマウント 自動でaging S3fS
  • 36. Section 3. ハンズオン
  • 37. ハンズオンのまえに ● AWSはWebAPIで全て操作できる ➔ 「Open化されたIaaS/PaaS」 ➔ AWS Management Console ● 言語/環境別SDKが提供済み ➔ 上記APIの呼出を簡略化させるライブラリ ➔ 言語を選ばずInfrastructure as a Codeが実現可
  • 38. AWS Management Console
  • 39. AWS SDK/コマンドラインツール AWS SDK Android、iOS、Java、.NET、Node.js、PHP、Python、 Ruby、JavaScript コマンドラインインターフェース Mac、Linux、Unix、Windows(MS-DOS)、 Windows PowerShell IDEツールキット Eclipse, Visual Studio
  • 40. Hands-on Sample VPC Subnet 2( AZ-c) Subnet 1(AZ-a) Internet GW Route Table EC2 EC2 AMI EC2 EIPEIP ※Floating IP Pattern
  • 41. AWS Management Consoleで ハンズオン!
  • 42. AWS Command Line Interfaceで ハンズオン!
  • 43. Any Question?

×