ビジュアル思考ワークショップ 札幌市立大学主催 産業界ニーズGP事業関連イベント

1,186 views
1,165 views

Published on

Published in: Design
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,186
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ビジュアル思考ワークショップ 札幌市立大学主催 産業界ニーズGP事業関連イベント

  1. 1. 札幌市⽴立立⼤大学主催 産業界ニーズGP事業関連イベント ビジュアル思考ワークショップ 2014年年3⽉月5⽇日 株式会社グラグリッド  尾形慎哉・三澤直加
  2. 2. ⾃自⼰己紹介 尾 形   慎 哉 サービスプロデューサー 三 澤   直 加 エクスペリエンスデザイナー 広報:ぐらぐり君 2
  3. 3. 本⽇日のアジェンダ 18:35〜~ イントロダクション・⾃自⼰己紹介 18:45〜~ 話題提供 「ビジュアルで捉える・考える・発想する」 19:00〜~ デモンストレーション 19:10〜~ ファシリテーショングラフィック作成体験1 19:40〜~ ファシリテーショングラフィック作成体験2 20:10〜~ 全体でのディスカッション 20:30 終了了
  4. 4. ⾒見見えること と ⾒見見えるようにすること? 4
  5. 5. 4万年年前から描き続けているホモ・サピエンス ⾃自然の形状にモノのイメージを ⾒見見⽴立立てていた証拠 アルタミラ洞洞窟の天井画の⼀一部
  6. 6. モノにイメージを「⾒見見⽴立立てる」 奈奈良良の⻑⾧長⾕谷寺にある橋の袂 ⼈人は、表情をつかって コミュニケーションするため、 顔認知が優れている 6
  7. 7. メタファで「たとえる」 奈奈良良の⻑⾧長⾕谷寺にある橋の袂 安政江⼾戸地震を描いた浮世絵の⼀一つ。遊郭の「新吉原」 馴染みのあるものに置き換えて 表現することで 捉えやすくする 7
  8. 8. ビジュアルで ⾃自⼰己紹介をしてみよう! 8
  9. 9. ⾃自⼰己紹介 ⾃自分を⾷食べ物にたとえたら?
  10. 10. なぜ、今 ビジュアライズが 必要なのか?
  11. 11. 複雑化・多様化している社会 顧客側 提供側 (ほしい⼈人・買う⼈人・使う⼈人) ⼼心の豊かさを 求める⼈人々 経験に価値を ⾒見見いだす⼈人々 どんな顧客? (作る⼈人・売る⼈人) 働き⽅方を シフトする⼈人々 提 供 価 値 は ? 技術の進化へ 対応しなければ ならない⼈人々 作る・売る仕組みは? 創造的なアプローチが 求められている
  12. 12. 新しいことを考える時は、 暗闇の中を歩いているようなもの 創造的なプロセスでは、 進んでいる⽅方向、 ⽬目的地がわかりにくい。 12
  13. 13. おもしろいアイデアは、 すぐに消えてしまう。 直感的なアイデアは、⼀一瞬でやってくる そして、すぐに消える 13
  14. 14. 同じ⾔言葉葉で語り合っても ⾒見見える世界は違う 多様なメンバーでは、同じ⾔言葉葉で語 り合っても、異異なる世界が⾒見見える。 14
  15. 15. 創造的なプロセスだからこそ必要なこと だからこそ、 考え・意⾒見見・アイデアを たとえたり、視点を変えたりしながら 捉え、作っていく必要がある。 15
  16. 16. グラグリッドが考える“ビジュアル思考” 創造的なプロセスをビジュアライズでサポートする 1.  全体像を⾒見見えるようにして捉えること: 頭の中だけで考えず視覚的なアウトプットをつく り、俯瞰して構造的に捉えること 2.  カタチにして発想すること: イラストなどの表象で描き出し、存在しないもの をイメージしながらアイデアを発想すること
  17. 17. ファシリテーション グラフィック って何をしているの? 17
  18. 18. ファシリテーション・グラフィック それって こういうことですか? 会議をビジュアル化する技法 捉えた 事  実 考えや 意⾒見見 アイデア 複数⼈人の前で書き出し、共通認識識をつくる
  19. 19. ケース1  俯瞰して捉えられず・・・ ディスカッションで、 いろんな意⾒見見を聞きたいのに、 話しが拡がらない。
  20. 20. 発⾔言の“内容”に注⽬目し、内容別に記録する 複数⼈人の意⾒見見から、 発⾔言内容を 構造的に、⾒見見えるように 書き上げる
  21. 21. ケース3  必死にメモをとっていて・・・ 講座や研修で、 いろいろと ⼤大事な話しを聞いたけど、 要点がわからなく なっちゃった
  22. 22. 話の“要点”を、その⼈人の⾔言葉葉で書く スピーカーの主張・要点を 後から⾒見見返してもわかるよう に書き出していく
  23. 23. ケース3  頭の中だけで考えていて・・・ ブレインストーミング、 その時はおもしろいと 思っていたのに。 具体的にイメージできて いたのは⾃自分だけだった
  24. 24. 発⾔言から得られる“イメージ”をイラストにする アイデアを その場で素早く ドローイングする
  25. 25. ⽬目的や状況に合わせたビジュアライズ 例例えば… テーマを探る時 発⾔言の“内容” 構造的に 発⾔言の“要点” 時系列列に 構造的に 発⾔言から 得られる “イメージ” 写実的に カラフルに たとえて (フリーディスカッション) 情報を聞き取る時 (研修・講座・インタビュー) 発想する時 (ブレスト) ⽬目的や状況にあわせて 使い分け、くみあわせる
  26. 26. ファシリテーション グラフィックを ⾒見見てみよう! 26
  27. 27. デモセッションのテーマ 札幌の魅⼒力力 とは? 27
  28. 28. 話された要点を、内容別に記述する⽅方法をデモ
  29. 29. ファシリテーション グラフィック ⾃自分たちも作ってみよう! 29
  30. 30. チームの構成 ディスカッション ファシリテーション グラフィック 発⾔言の要点を テキストでメモする役 (時間軸または、構造的に) 発⾔言の内容を イラストとしてメモす る役
  31. 31. セッション1のテーマ 北北海道で楽しく 暮らすコツとは? 31
  32. 32. セッション2のテーマ 北北海道の冬を快適に 過ごすにコツとは? 32
  33. 33. チーム内で、 グラフィックを⾒見見ながら ディスカッション内容を ふりかえろう! ・関連するものは? ・理理由が同じものは? 33
  34. 34. 俯瞰して捉え、⼤大事なことを探る
  35. 35. ファシリテーション グラフィックがあることで どんな効果があったか? 35
  36. 36. ビジュアライズの 効果とは? 36
  37. 37. 会議をビジュアル化するメリット(2) 1.  参加意識識を向上させられる –  「聴いてもらえた!」と、主体的に話し合いに関 わるようになる。 –  その場で起こっていることに集中できる。 37
  38. 38. 会議をビジュアル化するメリット(2) 2.  全体の関係性が把握できる –  広い視野で俯瞰して情報を捉えられる。 –  ⽐比較したり、隠れた法則性を⾒見見出したりできる。 38
  39. 39. 会議をビジュアル化するメリット(3) 3.  記憶が共有化される –  発⾔言内容を⾒見見える情報と合わせて記憶できる。 –  ⾒見見えているモノを共通の記憶にできる。 39
  40. 40. Thank  you! 株式会社グラグリッド http://www.glagrid.jp/ お問合わせ:info@glagrid.jp ぐらぐり君が⾏行行く:http://glagri-‐‑‒road.blogspot.jp/
  41. 41. 尾形  慎哉 三澤  直加 ogata@glagird.jp misawa@glagird.jp 株式会社グラグリッド サービスプロデューサー 株式会社グラグリッド エクスペリエンスデザイナー 1977年年福島県⽣生まれ。東北北⼯工業⼤大学にて⼯工業デザイン、 ⼈人間⼯工学を学ぶ。2000年年からデザイン事務所にて、組込 1977年年⻑⾧長野県⽣生まれ。⾦金金沢美術⼯工芸⼤大学にてプロダクトデ ザインを学び、2000年年からデザイン事務所で、携帯電話や みシステムや産業機器など様々な製品を対象に、利利⽤用者 パソコンのソフトウェアの企画、情報設計、操作性のデザイ 視点での使いやすさの評価や、製品設計のための仕様検 討業務に従事。2010年年に⼩小樽商科⼤大学⼤大学院アントレプ ンに従事。使う⼈人が好きになる商品を提供するために、感性 ⼯工学を応⽤用したデザインを展開する。2011年年に株式会社グ レナーシップ専攻修了了後、2011年年に株式会社グラグリッ ラグリッド設⽴立立。さまざまな企業や団体へ向けて、課題発⾒見見 ド設⽴立立。現在は、企業や地域が本来持っている資源を発 と仮説構築を中⼼心に、経験価値の創造のためのコンサルティ 掘し、新たな価値を⽣生み出すサービス創出に向けた取り 組みを進めている。 ング、デザイン⽀支援を⾏行行なっている。
  42. 42. 共創型プロジェクトデザインで 領領域横断の事業を設計する

×