Your SlideShare is downloading. ×
Sql server 2014 新機能の紹介 改訂版
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Sql server 2014 新機能の紹介 改訂版

2,931

Published on

MVP Community Camp 2014 大阪 …

MVP Community Camp 2014 大阪
http://atnd.org/event/E0024087

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,931
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
30
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. SQL Server 2014 新機能の紹介 2014/03/22 MVP Community Camp 大阪 SQLWorld お だ
  • 2. やっとリリース日が公開されました!! 2014/04/01
  • 3. 自己紹介 織田 信亮 大阪で開発者しています SQLWorld の代表です http://odashinsuke.hatenablog.com/ Twitter:@shinsukeoda
  • 4. SQL Server 2014 (CTP2)新機能の紹介 CTP2 時点での情報が主です(製品版では変更あるかも) 参考資料 SQL Server 2014 CTP2 製品ガイド MSDN SQL Server 2014
  • 5. SQL Server 2014 は劇的に状況を変える! Mission-Critial Performance 処理の高速可、可用性、セキュリティ、… Platform for Hybrid Cloud バックアップ、移行、スケールアウト、… Faster Insight from Any Data Excel、様々なデータ、…
  • 6. 全部は紹介出来ないので… 個人的に興味がある 機能を中心にご紹介します
  • 7. Mission-Critial Performance
  • 8. インメモリ OLTP (Hekaton) 100倍速くしたい => Hekaton SQL Server があれば OK! メインメモリ最適化 T-SQL フルコンパイル ロックフリーの高並列
  • 9. メモリ最適化テーブル(Memory Optimized Table) 全データをメモリに格納することが前提 データの永続化は選択可能 永続化しないという選択肢もある ロックフリー tempdb を使わないスナップショット分離レベル ロック/ラッチは基本無し! 同時更新はCPU命令を使った楽観的同時実行制御(先勝ち)
  • 10. メモリ最適化テーブル(Memory Optimized Table) マルチバージョン 行はタイムスタンプで管理された複数バージョンを持つ 削除や更新されても古いデータは直ぐには削除されない インデックス ポイント参照用の非クラスター化ハッシュインデックス 範囲/ソート スキャン用の非クラスター化インデックス 最大8個まで
  • 11. ハッシュインデックスと行データ
  • 12. ファイル構成 永続化する場合に書き込みが発生する 永続化しない場合でもファイル/ファイルグループは必要 トランザクションログ 通常のテーブルと同じファイル ボトルネックになる場合は、「遅延した持続性」を使う事も メモリ最適化用ファイルグループ データファイル/デルタファイル ある範囲のタイムスタンプのデータが1対となって書き込まれている。 データファイル:追加/更新した新しいデータ デルタファイル:削除/更新された古いデータ データ行は、データファイルがもってるので参照情報のみ
  • 13. ネイティブコンパイル ストアドプロシージャ 作成時にコンパイルされる 通常のストアドは初回実行時にコンパイル メモリ最適化テーブルにしかアクセス出来ない ATOMIC ブロックによるトランザクション制御 明示的な COMMIT/ROLLBACK は不要 ATOMIC ブロックはネスト出来ない 構文/演算子/関数等に制限がある outer join 出来ないとか ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャでサポートされる構造 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn452279(v=sql.120).aspx
  • 14. 制限事項 DDL の変更は出来ない ちょっと列追加しよう/インデックス追加しようが出来ない 新しいテーブルを作成し、データを移し替える必要がある 行の最大サイズが決まっている(8060バイト) varchar(max), varbinary(max) 等の LOB は使えない トランザクション分離レベルの制限… etc Transact-SQL によるインメモリ OLTP のサポート http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn133180(v=sql.120).aspx SQL Server によるインメモリ OLTP のサポート http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn133189(v=sql.120).aspx
  • 15. 列ストアインデックス クラスタ化列ストアインデックス が追加された 更新可能 非クラスタ化列ストアインデックスは更新不可※ テーブルに1つのインデックスのみ クラスタ化列ストアインデックスのみ インデックス = データ データサイズが少ない
  • 16. 行ストア 通常のテーブルのデータ格納方式 行を基準にデータを格納 データの読み込みはページ単位(8K)
  • 17. 列ストア SQL Server 2012 から追加された列を基準にデータを格納する データの読み込みはセグメント単位。セグメントは1列のデータ を大体100万件格納した単位。 列単位でデータを格納するが、同じ行のデータはRowGroup と いう単位でまとめられている。
  • 18. クラスタ化列ストアインデックス 列ストアはデータの更新が出来ない! 行ストア (デルタストア:追加されたデータを格納) 削 除 済 マ ー ク 列ストア
  • 19. クラスタ化列ストアインデックス データの追加は? 行ストア(デルタストア)を持てばOK データを削除は? 行ストア内のデータ:そのまま削除 列ストア内のデータ:削除済みとしてマーキング データの変更は? 行ストア内のデータ:そのまま変更 列ストア内のデータ:追加と削除
  • 20. クラスタ化列ストアインデックス デルタストアは、100万行程度が格納されると書き込み を止めて、新しいデルタストアを作成 書き込みが止まったデルタストアは、タプルムーバーと 呼ばれるバックグラウンドジョブで列ストアに変換 一括読み込み(BULK INSERT) である程度の行数が追加 される場合は、デルタストアを経由せず直接列ストアに 格納される。(102,400行以上) クラスター化列ストア インデックスの使用 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn589807(v=sql.120).aspx
  • 21. クラスタ化列ストアインデックス インデックスの再構築 (REBUILD) オンラインでは出来ない デルタストアと列ストアのデータをマージし、全て列ストア に変換 列ストアのデフラグ(削除済マーク行は削除) インデックスの再構成 (REORGANIZE) 書き込みを止めたデルタストアを列ストアに変換
  • 22. 2012 より強化された列ストアインデックス データ型の追加 decimal, datetimeoffset でフル桁OK! binary/varbinary (maxはNG) バッチモードの強化 OUTER JOIN とかが バッチモードで動く様になった 行モードとバッチモードがあって、バッチモードの方が CPU の負荷 が低い バッチモードは、パラレル必須!
  • 23. バッファプール拡張 Standard から使えるようになりました! バッファプールに SSD とかの速いディスクを使おう メモリが足りない時に、速いディスクでカバー たくさんメモリを積んでるサーバーは対象外 128GB より大きいサーバーはだめ~ サイズは、Max Server Memory の32倍まで 128GB * 32 = 4TB が Max 他社製品にも同じようなのあるよ Oracle Database Smart Flash Cache
  • 24. バッファプール拡張 ディスクからデータを読むのは一般に遅い 一度読んだデータはメモリ(バッファプール)にキャッ シュ(保持)しておく メモリが足りなくなったら、あまり使われなかったデー タはキャッシュアウトされる(メモリから消される) そこで、SSD 等の早いディスクを第二のキャッシュとし て利用する! ディスクに読み書きするのでディスクの性能には注意
  • 25. AlwaysOn AG の強化 セカンダリレプリカの台数増加 4 => 8 へ (最高で9レプリカ構成) 同期コミットのレプリカ数は変わらず(プライマリ含めて3レプリカ) 障害発生時の読取維持 プライマリ/クラスタークォーラムがダメになっても、セカン ダリの読取は維持するよー
  • 26. Always On SQL Server 2012 から追加された高可用性の仕組み Always On FCI フェールオーバークラスタインスタンス 以前の機能で近いのは、フェールオーバー Always On AG 可用性グループ 以前の機能で近いのは、ミラーリング
  • 27. 権限の追加 責務の分離と特定の目的に沿った権限 DB管理者だけど、ユーザーデータにはアクセス出来ない 追加された権限 許可される内容 CONNECT ANY DATABASE 既に作成済、今後作成される全てのデータベースに対しての接続可能。 接続可能なだけで、データの検索等の権限は無い。 IMPERSONATE ANY LOGIN 他のログインの権限を借用出来る。 SELECT ALL USER SECURABLES ユーザーが接続出来る全てのデータベースのデータを閲覧可能。 監査目的で使われる。 ALTER ANY DATABASE EVENT SESSION 全てのメタデータを読み取る権限。SCOM(System Center Operation Manager) 等、監視のために使われる。
  • 28. 他にも色々強化されてます リソースガバナー 遅延した持続性 パーティションインデックスの再構築/オンライン操作の ロック優先順位 基数推定機能の見直し etc…
  • 29. Platform for Hybrid Cloud
  • 30. バックアップ/復元の強化 Windows Azure ストレージへバックアップ SQL Server 2012 SP1 CU2 から可能 単発指定。運用するには自前で何か作る必要あり。 バックアップ自動化機能の追加 (Smart Backup) SQL Agent を使ったバックアップポリシー管理/自動化 復元も Azure ストレージ から直接可能 以前は、ローカルにコピーしてから
  • 31. Azure ストレージとの連携 バックアップだけではなく、データファイルを Azure ス トレージに配置することが出来る 障害対策/移行/事実上無制限のストレージサイズ サーバーに障害が起きても、別サーバーに SQL Server をイ ンストール、Azure ストレージのファイルをアタッチ パフォーマンス的には察してください
  • 32. AlwaysOn 可用性グループ AlwaysOn 可用性グループ が Window Azure VM に 高可用性/障害復旧/DR 対策 読取のスケールアウト/レポートサーバー バックアップ AlwaysOn 可用性グループ リスナー もサポート レプリカを Azure の仮想マシンに追加するウィザード 幾つかの制限があるが、SSMS から可能 SQL Server 2014 というよりは、Windows Azure 側のサポート。 SQL Server 2012 でも大丈夫です
  • 33. オンプレの データベース を クラウドへ配置 SQL Server Management Studio (SSMS)から GUI で SQL Database(旧SQL Azure) は、SSMS 2012 から SQL Server on Windows Azure VM は、SSMS 2014 から
  • 34. Faster Insight from Any Data 注意:SQL Server 2014 関係無い話しが多いです!
  • 35. 使い慣れたツールで Excel! PowerQuery (旧 Data Explorer) 色んなデータソースからデータを取得 RDB/Azure Marketplace/JSON/XML/OData/HDInsight … PowerMap (旧 Geo Flow) 地図にグラフを乗せるかっこいいやつ。
  • 36. PowerView の多次元モデル(キューブ)サポート SQL Server 2012 SP1 CU4 から SharePoint, SSAS, SSRS を使った、キューブを扱う PowerView が作成可能 Excel 版では無理 PowerView 体験サイト http://msbi.cloudapp.net/SitePages/%E3%83%9B%E3%83%B C%E3%83%A0.aspx
  • 37. 近々開催されるイベント Accelerate your insights SQL Server 2014 and Power BI for Office 365 2014/04/15 10:00-12:00(PDT) http://www.microsoft.com/en-us/server- cloud/new.aspx?WT.mc_id=social_all_aprildata_paid#fbid=v5O9I AuB3fn
  • 38. 参考資料 Microsoft® SQL Server® 2014 CTP2 製品ガイド http://www.microsoft.com/ja- jp/download/details.aspx?id=41203 MSDN SQL Server 2014 (日本語) http://msdn.microsoft.com/ja- jp/library/bb418470(v=sql.10).aspx

×