jubaanomalyでキーストローク認証

8,809 views
8,704 views

Published on

Jubatusを使ったキーストローク認証を試してみた

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
8,809
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7,490
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

jubaanomalyでキーストローク認証

  1. 1. +Jubaanomalyでキーストローク認証小田哲(@oda_satoshi)
  2. 2. +jubaanomaly Breunigらによって提案された、データサンプルの周辺データ集合の密集度に応じた異常値を割り振る異常検出アルゴリズムLOF(Local Outlier Factor)をサポート オンライン処理、分散処理ができるように改良 0.4.0に新機能として追加
  3. 3. +キーストローク認証 個人ごとにキーボードの打鍵リズムは異なる、という仮説を利用した認証 特殊なハードウェアが不要なため、Web越しの認証として優秀 精度は指紋、静脈などの生体認証に比べれば低いがリスクベース認証におけるリスク算出の一要素としてならば十分利用できる
  4. 4. +予備実験:05000010000015000020000025000030000035000012345㍃秒‘oda.satoshi’を5回入力した時の、タイプ間隔分布
  5. 5. +そのまま入れてもダメらしい [[inf], [inf], [inf], [inf], [inf], [inf], [inf], [inf], [inf], [inf]] (´・ω・`) パラメタチューニング LOFのパラメタを調整する。 fv_converterを調整する。
  6. 6. +LOFのparameterを調整 "parameter" : {"nearest_neighbor_num" : 10,"reverse_nearest_neighbor_num" : 30,"method" : "euclid_lsh","parameter" : {"lsh_num" : 512,"table_num" : 4,"seed" : 1091,"probe_num" : 1,"bin_width" : 256,"retain_projection" : false }}
  7. 7. +距離をすべての点に対して追加のたびに更新すると、オンライン処理しきれない(時間に間に合わない)のでの点から近い順に10点が(10近傍)のみ更新する。対象の周辺点の密度の均一度"nearest_neighbor_num" : 3,"reverse_nearest_neighbor_num" : 10,の点から近い順に3点が(3近傍)がLOFの密度を計算するために使われる点。
  8. 8. +Euclid-LSHのパラメタfv [a, b, c, …] seedを元に整数値にランダム射影[0,…bin_width]lsh_num個probe_numtable_numretain_projectionがfalseだと毎回導出基本的には演算時間、メモリを食う分、精度があがる可能性がある。bin_widthだけは、適切な量子化幅を設定しないとまともな値が出ない。
  9. 9. +converterの調整 FAQ(http://jubat.us/ja/faq.html) 1: それぞれの特徴値を正規化する 近傍探索は各特徴のスケールの違いに影響されます。全ての特徴値を正規化 (0.0 から 1.0 に制限) するか、標準化 (標準偏差が約 1.0 となるように) するのが望ましいでしょう。 converterの設定"num_types": {"KEYINPUT": {"method": "dynamic","path": "libnormalize_num_feature.so","function": "create","max": "50000.0","min": "0.0"}"num_rules": [{"key" : "*", "type" : "KEYINPUT"}]
  10. 10. +それなりに動くように 精度はこれから 100回ぐらい学習しておけばあとは、それなりのスコアが出るようになった。一方、他人が入力すると、とても大きな値 or Infが出る。 Jubatus-exampleに近日公開予定

×